ネットだけでカードローンの審査が終わる「WEB完結」とは?

1,011view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

WEB完結

ネットだけでカードローンの審査が終わる「WEB完結」と呼ばれるサービスをご存じでしょうか?一般的に「WEB完結」と呼ばれるのは、単なる「ネット申込」を指すことが多いです。

しかし、本当のWEB完結サービスは、カード会社からの電話連絡が無く、審査もネット上だけで済ませられる便利な仕組みを指します。

本記事では電話連絡が無く、ネットだけでカードローンに申し込める『WEB完結』について詳しく解説しましょう。なおWEB完結については、以下の記事でも詳しく解説しています。本記事と合わせて参考にしてください。

WEB完結は、本当にネットだけでカードローンのに申し込めるのか?

WEB完結で最も有名なのがカードローン「モビット」のサービスです。他社でも一部「WEB完結」と呼ばれるサービスを実施していますが、モビットのものとは大きく内容が異なります。

以下にモビット「WEB完結」の特徴をまとめてみました。WEB完結とはどのようなサービスなのか、ぜひ一度確認してみてください。

モビット「WEB完結」の特徴

  1. 電話連絡なし
  2. 郵送物なし
  3. カードの発行もなし

①〜③について、更に詳しく解説します。

① 電話連絡なし

モビットのWEB完結では、電話連絡がありません。勤め先確認などの電話も無く、本人への審査結果通知もメールによって行われます。

※ ただし、書類に不備があった場合や特別な場合には、電話連絡が来る可能性があります。

② 郵送物なし

入会に伴う、契約書やカードの発行は一切ありません。すべてオンライン上で交付されるので、契約書の確認は画面上で行います。

また、契約書や確認書類はダウンロードして画面上で確認(=PDFファイルなど)をしたり、必要な時にはプリントアウトできるよう工夫されています。

③ カードの発行もなし

②でも説明した通り、モビットローンには「ローンカード」の発行がありません。こうしたカードの無い取引は「カードレス」と呼ばれることがあります。

またカードがない場合の借り入れは、オンライン上にて借り入れ手続きを行います。ネットバンキング(=インターネット銀行)を利用された方なら、すぐに分かると思いますが、オンラインで希望する口座に宛てて(※ 自分名義の口座)振込キャッシングを行います。

借り入れできるのは「限度枠の範囲内」だけです。ただ、利用額を超えなければ何度でも入出金できるため、操作性は「ネットバンク」口座の入手金操作と非常に似ています。

キャッシングの豆知識『無人契約機の歴史』について

WEB完結をはじめ、ネットキャッシングと切っても切れない関係にあるのが「無人契約機」です。カードローン業界に無人契約機が導入されたのは1993年のことで、アコムのむじんくんが「国内ローン業界最初の自動契約機」とされています。

インターネットが普及するまでは、即日融資といえば「=無人契約機」というイメージがあったようです。しかし今では、ほとんどの方がネット上から申込を行い、振込に関してもオンラインキャッシングを利用するようになりました。このため、無人契約機を利用するのは、契約書やキャッシュカードの即日受け取りや、追加融資を相談される方に限られる様です。

WEB完結の大きな落とし穴とは

壊れたPC

WEB完結には大きな落とし穴があります。それは、モビットのようなWEB完結と、他社の「WEB完結」には(サービスや手続き上)大きな違いがあることです。

実は「WEB完結」という名称は、至る所で使用されています。本来は(モビットのように)電話連絡なしのローンサービスを指していましたが、いつの間にか「ネットで申し込むサービス」を総じてWEB完結と呼ぶようになりました。

しかし、モビットのようなWEB完結と思って「他社のWEB完結」を申し込むと、電話連絡があったり、カード発行が実施されるなど、使い勝手が全く違うので混乱する可能性があります…。

このため、WEB完結ローンを申し込む際には、以下のポイントをチェックしてから申し込むようにしましょう。

WEB完結で『確認すべきポイント』

  • 電話連絡はあるのか?
  • ネット申込=WEB完結と呼んでいるのかどうか
  • 職場への電話連絡があるのか

モビットWEB完結の売りは「職場への在籍確認がないこと」です。実は、在籍確認を嫌う人は多く(=同僚などにカードの利用を知られたくない為)電話確認を避けるために、モビットWEB完結を申し込む人が増えているのです。

しかし、モビットと同じようなサービスと思って申し込むと、会社に電話が掛かってきたり、自宅にキャッシュカードが送られてくるなど「想定外のこと」が起こる可能性があります。

モビットの他にも「プロミス」でもWEB完結を扱っています。しかしこちらも、モビットとは違ったサービスを実施しているので注意が必要です。

以下にモビットとプロミスWEB完結の違いをまとめてみました。

モビットとプロミスWEB完結の違い
項目 モビットWEB完結 プロミスWeb完結
カードの発行 なし なし
書類の郵送 なし なし
電話連絡 なし あり
申込の条件 三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座をもっている方で、社会保険証や組合保険証をお持ちの方(国民健康保険=自営者はNG)に限る。 申込時に、プロミス指定の口座振替を登録し「カード発行無し」を選択すればOK!

一見同じような名称のサービスでも、モビットには電話連絡(在籍確認も含む)が無いものの、プロミスにはしっかり「電話連絡」があります。

同様に他社のWEB完結サービスも、電話連絡があるものや無いサービスに分かれるので、必ず各ローンの申込条件をしっかり確認してから申込をしてください。

WEB完結が利用できないのは、こんな人

モビットの場合、自営業の方はWEB完結に申し込めない決まりになっています。しかしプロミスの場合は、個人事業者に関する記載は無いので(自営者の方でも)自由に申込ができます。

WEB完結の注意点「職場の電話連絡」を無くすには?

モビット以外のローンで、どうしても「電話連絡して欲しくない」方は、こちらから電話を掛けるようにしましょう。例えば、ローン申込をする際に携帯電話から「電話連絡について打ち合わせ」をしておけば、電話による手違いが無いので安心です。

カード会社のほとんどは、電話を掛ける時間帯や日時のリクエストに応えてくれます。また、電話が不安な方はネット申込をする際に「こちらから電話を掛けるので、メールにて連絡先を教えて欲しい」等、詳しく取引条件を相談してみてはいかがでしょうか。

電話

勤務先への在籍確認にしても、保険証や社員証で代用できる場合があるので、カード会社の担当者に相談をした上で「最も安心できる方法」で審査をお願いしてみてください。

口コミによると、ローン会社の審査において電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってもらえたケースが確認出来ます。方法はケースバイケースだと思いますが、多くのカードローンの公式サイトが、「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください」と表明しています。電話審査が嫌いな方は、ダメ元でも良いので(審査方法の打診に)チャレンジしてみましょう。

まとめ|便利なWEB完結で、今日中にお金を借りよう!

モビットのようなWEB完結を利用すれば、ネット手続きだけで、簡単にローンキャッシングが利用できます。融資をお急ぎの方は、WEB完結に申込をしてみてください。各社毎に条件は異なりますが、スマホやパソコンから申込ができるので、大変便利です。

WEB完結OK
今すぐネットで審査の申込み!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP