カードローンのキャッシング枠が無くなった!?復活させるための方法とは?

30view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンのキャッシング枠が無くなった!?復活させるための方法とは?

カードローン契約していて、キャッシングを利用していたけど「あれ? まだキャッシング利用枠が残ってたはずなのに、利用可能額が0円?」という状況になって焦ってしまった人もいるでしょう。

実はカードローンの利用枠は、キャッシングの利用状況などにより、利用枠が残っていても、いきなりキャッシング枠を取られてしまう可能性もあるんです。また、万が一キャッシング枠が無くなってしまった場合、どのようにすればカードローンのキャッシング枠を復活できるのでしょうか。

この記事では、「キャッシング枠が無くなってしまう状況」と「キャッシング枠を復活させるための方法」とを併せて解説していくので、急にキャッシング枠が無くなった…という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

カードローンのキャッシング枠が無くなってしまうケースとは?

まず、カードローンのキャッシング枠が無くなってしまうケースについて確認していきます。どのようにカードローンを利用していると、キャッシング枠を取られてしまう可能性があるのでしょうか。

  • 総量規制に引っかかってしまった
  • 短期間で滞納を繰り返し起こしてしまった
  • カードローンの使い方が普通でない場合
  • 勤務先を辞めて無職となった
  • 本人情報の変更届け出をしていなかった
  • いつまでも在籍確認が取れない

総量規制に引っかかってしまった

総量規制に引っかかってしまった

総量規制の抵触は、複数のカードローン利用者がよく起こしてしまうケースです。消費者金融カードローンでは「利用者の年収3分の1超のお金を融資してはいけない」という、貸金業法内の総量規制という法律が影響しています。また、この年収3分の1とは、1社からの借り入れではなく、複数の消費者金融からの与信枠の総額となります。

複数のカードローン利用者は総量規制に注意

このため、複数のカードローン利用者は、総量規制に引っかかってしまう可能性がある点には注意しておきましょう。例えば年収300万円の人で、すでに2社から合計90万円の限度額があり、3社目で30万円の限度額をもらえたとしましょう。しかし、総量規制の影響から年収300万円の人は、最大100万円までしか限度額をもらえません。

この場合では、合計の限度額が120万円となってしまい、総量規制に抵触して法律違反となるため、利用していたカードローンの限度額が0円に制限される可能性があります。

複数のカードローン利用者は増枠にも注意しておく

また、複数のカードローン利用者は、カードローンの増枠にも注意しておきましょう。増枠申請によって利用限額がアップし、カードローンの限度額の総額が総量規制を超えてしまった場合、カードローンの利用を制限されてしまう恐れもあります。

短期間で滞納を繰り返し起こしてしまった

短期間のうちに滞納などを繰り返して起こしている人は、信用情報に傷が残っていき、個人の信用度が下がっていきます。信用情報が極端に下がってしまうと、カードローン会社から見ても「本当に返済してくれる人なのか」「お金の管理に甘い人なのでは?」というような判断をされてしまい、貸し倒れされるリスクからカードローンの利用を止められてしまう可能性もあります。

信用情報は利用者の返済意思が確認しやすい

カードローンの使い方が普通でない場合

この信用情報とは、国内にある3つの大きな信用情報機関で「消費者金融系の利用履歴」「銀行系の利用履歴」「クレジットカード系の利用履歴」がそれぞれ残されています。また、過去の利用履歴や返済履歴が残されているため、個人の返済意思を確認しやすいんですよね。

これまでの信用情報に何のトラブルもない人は「今回もしっかりと返済してくれるはず」と判断されるため、審査が有利となるでしょう。反対に滞納履歴が多いと審査に不利となります。

カードローンの使い方が普通でない場合

「カードローンの使い方が普通ではない場合」とは、常識を外れた方法でカードローンを利用している場合です。例えば「同じ日に何度も何度もキャッシングしているというケース」や、「毎日同じ時間に一定のお金をキャッシングしているケース」などが考えられるでしょう。

カードローンが何かの悪事のために利用されている可能性や、なりすましによるカードローンの利用などの可能性が考えられた場合、一方的にカードローンの利用を制限されてしまう場合があります。

勤務先を辞めて無職となった

勤めていた会社をやめて無職となった人で、正直にカードローン会社に「会社を辞めた事実」を伝えてしまった場合、カードローンの利用を止められてしまう可能性があります。もちろん安定した収入がなくなれば返済の可能性が低くなるため、カードローン会社も貸し渋るのは当たり前ですよね。

もし勤め先をやめて無職となった場合でも正直にやめた事実を伝えず、次の仕事へ転職してから勤務先変更の手続きをする方法がおすすめです。

本人情報の変更届け出をしていなかった

引っ越しして住所が変わったり、電話のキャリアを変更して電話番号が変わった場合など、本人情報が変わった時には、できるだけすぐに変更手続きを行っておきましょう。

本人に連絡が取れないのは契約違反となる

もし利用時が返済をうっかり忘れていて滞納してしまった時など、特に注意が必要です。カードローン会社が利用者の登録電話番号へ連絡しても繋がらない=電話番号が使われていない場合、「カードローン利用者に逃げられた?」と思われてしまい、非常に悪い印象を与えてしまう可能性があるでしょう。

このように連絡先に電話しても繋がらないような場合は、カードローンの限度額を制限されてしまい、キャッシングが使えなくなる可能性も考えられます。

いつまでも在籍確認が取れない

いつまでも在籍確認が取れない

カードローンの審査時には在籍確認と呼ばれている、勤務先への在籍を確認する審査が行われます。この在籍確認とは通常電話により勤務先に「本人の在籍を確認する電話」がかけられます。

この時、土日や祝日などで在籍確認が取れない場合では、仮の審査通過となり、必要最低限の限度額が与えられる場合があります。その後、平日に在籍確認が取れれば限度額を引き上げてもらえます。

しかし、平日になり、何度も勤務先に電話したけれど「誰も電話に出ない」というような状況の場合は在籍が確認できずに「虚偽の勤務先かも」と疑われてしまい、カードローンの利用停止となるケースもあるでしょう。

カードローンのキャッシング枠を復活させる方法

カードローンの利用が止められてしまうケースは、このようにたくさんあるんですよね。また、実際にカードローンの限度額が引き下げられた場合、どのようにしてキャッシング枠を復活させれば良いのでしょうか。先ほど解説した、限度額が引き下げられるいくつかのケースの解決策を紹介していきます。

  • 総量規制に引っかかってしまったら?
  • 短期間で滞納を繰り返し起こしてしまったら?
  • 本人情報の変更届け出は早めに行う

総量規制に引っかかってしまったら?

もし、消費者金融などの総量規制に引っかかってしまったことが原因でカードローンの利用を止められた、と考えられる場合はこれから解説する方法を検討してみましょう。

利用していないカードローンでも借金として見なされる

カードローンはキャッシングしなければ余計なお金は発生しません。このため、カードローンでのキャッシングを完済した後も、カードローンの解約をしないままの人も多いんですよね。

しかし、カードローンを解約しないと、カードローンの与信枠がついたままとなります。この与信枠は、総量規制に関係してくるんです。利用していないカードローンがあったとしても、そのカードローンに与信枠がついていれば、その分が借金として見なされるんです。

利用していないカードローンはすぐに解約を

このため、利用していないカードローンがある人は、すぐに解約手続きしておきましょう。カードローンを解約することで利用できる与信枠が復活するため、利用を止められていたカードローンを再度使えるようになるでしょう。

また、利用していないカードローンを解約した後は、利用したいカードローン会社へ「〇〇カードローンを解約した」事実を伝えておきましょう。解約を伝えておくことでスピーディーなキャッシング枠の復活が期待できるはずですよ。

短期間で滞納を繰り返し起こしてしまったら?

もし短期間で滞納を繰り返してしまって信用情報に傷がついてしまい、カードローンの利用が制限されてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

延滞履歴は最長5年間残される

カードローンの履歴が残される信用情報には、延滞の履歴が最長5年間残されます。このため、何度も延滞を起こしてしまったような人は履歴が消えてから、再度カードローンへの申し込み、または、カードローンへの限度額の増枠申請をするようにしましょう。

本人情報の変更届け出は早めに行う

本人情報の変更届け出は早めに行う

もし、引っ越しでの住所変更があった場合や、電話番号の変更、または、勤務先の変更などがあった場合は、速やかにカードローン会社へ連絡しておきましょう。カードローン会社が利用者の本人情報の変更に気づかなければ、何不自由なく今まで通りカードローンを利用できるでしょう。

しかし、キャッシングの滞納や増枠連絡など、何かしらのタイミングで利用者への連絡がつかなくなった場合は、利用者の本人情報に差異があると判断されるため、急にカードローンを利用停止されてしまう可能性があります。このため、本人情報に変更があった場合にはできるだけ早く変更手続きを行っておくようにしましょう。

どうしてもキャッシングの限度額が復活できない時は?

キャッシング枠、限度額がどうしても復活できないという場合は、下記の項目を検討してみましょう。

他社カードローンへの申し込みを検討してみる

すでに複数のカードローンを利用していて、総量規制に引っかかってしまったような人には適していませんが、総量規制以外の理由でカードローンの利用が制限されたという人は、他社のカードローンへの申し込みを検討してみても良いかもしれませんね。

両親や親戚から借金をする

また、どうしてもカードローンが利用できないという場合は、両親や親戚などからの借金も検討してみても良いかもしれませんね。借りたお金の使い道が真っ当であれば、両親や親戚に借金をお願いするのも恥ずかしくないはずです。

もし、借りたお金の使い道を説明するのが恥ずかしく思うようなことであれば、「本当にキャッシングが必要なのか?」をもう一度検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンのキャッシング枠の復活は簡単ではない

この記事では、カードローンのキャッシング枠が急に制限されるようなケース、また、キャッシング枠を復活させる方法などについて詳しく解説してきました。

信用情報に傷がつけばキャッシング枠の復活は難しい

カードローンの利用履歴である信用情報に傷がついてしまった場合、信用情報のネガティブな履歴を消すには長い年月が必要となります。このため、滞納や未納などにより信用情報に大きな傷をつけてしまった場合、短期間でキャッシング枠を復活させるのは至難の業であると言えます。

信用情報にだけは注意しておこう

このため、現在カードローンを利用しているという人は、信用情報に傷がつかないよう、返済期日に遅れないようにしっかりと返済を続けるようにして下さいね。

カードローンの利用制限を受けた原因を突き止める

カードローンの利用制限を受けた原因を突き止める

カードローンの限度額を下げられた場合や、カードローンの利用を停止された場合、必ず原因があるはずです。利用制限を受けた原因が分かれば、キャッシング枠を復活できる可能性も高まるでしょう。

キャッシング枠の制限を受けてしまったと言う人は、ぜひこの記事を参考にしながら、原因をつきとめてキャッシング枠が復活できるよう検討してみてはいかがでしょうか。

一本化で新規借入!
おまとめ専用ローンがオススメ

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP