株やFXへの投資!「キャッシングで調達した資金」を投資に使う時に注意すべきポイント

510view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

pixta_38799687

「株やFXなどへ投資してみたいけれど、投資に使えるお金がない…」、「投資信託でお金を増やしたい! だけど手持ちのお金に余裕がない…」など、資産を築くために『投資』をしたいけれど、手持ちの資金がなくて悩んでいる方もいるでしょう。

本記事では、「カードローンでキャッシングしたお金を投資に使えるのか?」、「キャッシングしたお金を、株やFX、投資信託などへ使う時の注意点」など、『投資におけるカードローン・キャッシングの活用方法』について詳しく解説します。

キャッシングのお金を投資に使えるの?

銀行や消費者金融のカードローンで借りたお金を「投資」に使えるのでしょうか。

一般消費者に向けて提供されているカードローンのキャッシングは、資金使途(=借りたお金の使い道)が決められていません。そのため、カードローンで借りたお金は「投資」にも利用できます

カードローンで借りたお金の使い道の一例

  • 家賃
  • 電気代、ガス代、水道代
  • 食費
  • 電話代、通信費
  • 交際費
  • 冠婚葬祭の費用
  • 投資 など

カードローン・キャッシングの利用目的を聞かれたら?

denwa_keitai_man

しかし、カードローンの申し込み時に「借りたお金の使い道」について聞かれた場合は要注意です。素直に「キャッシングで借りたお金を投資に使う」と答えてしまうと、「カードローン利用の計画性の無さ」が露呈してしまい、カードローンの審査が否決されるでしょう。

「投資」はもちろん悪い行為ではありません。しかし、借りたお金を投資に使うと「投資に失敗した時点で赤字(=借金)」になる大きなリスクがあるためです。

実際に、投資の口座開設時(例:FXなど)には、資産状況などの審査が実施されます。もしキャッシングしたお金しか資産が無ければ、投資口座の開設でも「否決」される仕組みになっています。

カードローンの使い道は「生活費に使う」と答えておく

キャッシングでの資金の運用は(原則)認められていませんが、追証などで『どうしても投資の資金が必要』な場合は「家賃や食費、光熱費などのお金を借りる」と、建前上では生活費の資金を借りることにしておきましょう。

「投資」に使えないローンもある!

なお、以下「目的別ローン」は利用目的が限定されているため、「投資」には利用できません。

「投資」に使えないローンの種類

  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • リフォームローン
  • メモリアルローン(葬儀)
  • メディカルローン(医療) など

目的別ローンで借りたお金を、別の目的(=投資など)に利用すれば「契約違反」となり、ローンの強制解約(=一括返済)が行われる恐れもあります。

キャッシングしたお金の投資もOK! 投資の収益パターンの種類

そもそも個人でできる『投資』にはどのような種類があるのでしょうか。キャッシングの借入金を「正しく運用できるかどうかの可能性」について考えてみましょう。

投資は2種類の収益パターンに分類できる

まず、投資の収益には下記の2種類があります。

投資による収益の種類

  • インカムゲイン
  • キャピタルゲイン

インカムゲインとは?

インカムゲインとは、「資産」の保有により、継続的に得られる利益のことを指します。株式の配当金や株主優待、不動産の賃貸による家賃収入、FXでのスワップポイント(=金利の差で利益を生み出す方法)などが「インカムゲイン」です。

【解説】インカムゲイン

インカムゲインとは、株式や債券などの資産の保有中に得られる収益のことです。

例えば、株式では配当金、債券では利子、不動産では賃貸することにより得られる家賃収入がインカムゲインに当たり、それら資産を保有し続けることで、継続的な収入を期待することができます。

出典:「SMBC日興証券」

キャピタルゲインとは?

一方、キャピタルゲインは、資産の売買などで得られる利益のことを指します。株式や為替、不動産の売買による収益がキャピタルゲインです。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの「仮想通貨」の売買による収益も、キャピタルゲインに分類されます。

【解説】キャピタルゲイン

キャピタルゲイン(capital gain)とは債券や株式、不動産など資産価値の上昇による利益のことを言う。

購入価格(から購入経費を差し引いた額)と売却価格(から売却経費を差し引いた額)の差による収益(ただし一般事業の仕入れと販売のような流動性・反復性の高い物は含まない)で、資本利得、資産益と訳せる。

価格が下がって損をすることもあるが、この場合はキャピタルロス(capital loss)と呼ぶ。

出典:ウィキペディア(キャピタルゲイン)

投資の収益には、上記のような「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類が存在します。

いずれにせよ、カードローンで借りたお金を投資に使うのは危険です。余裕金のなかから投資や資産運用の資金を捻出しなければ、損益を出したときのリスクが大きくなります。

キャッシングしたお金を投資に回すと、「損失を出してしまった時点で借金を背負ってしまう」という点に十分注意して下さい。

カードローン・キャッシングのお金で投資信託も|個人でできる投資の種類

個人が投資できる商品には、具体的にどういった商品があるのでしょうか。個人で利用しやすい投資の商品を下の表にまとめてみました。

個人で利用できる投資商品(一例)

  • 株(キャピタルゲイン / インカムゲイン)
  • FX(キャピタルゲイン / インカムゲイン)
  • 仮想通貨(キャピタルゲイン)
  • 不動産(キャピタルゲイン / インカムゲイン)
  • 投資信託(キャピタルゲイン / インカムゲイン)

株(キャピタルゲイン / インカムゲイン)

株の初期投資は最低5万円〜10万円必要です。株価には「相場」がなく、企業の経営方針により「最低の購入単位」が異なっています。

※1株から売買できる銘柄もあれば、100株単位で売買する銘柄もあります。

株主とは?

企業が一般の投資家から資金を集めるには、自社の株を売り出す必要があります。大勢の投資家が株の売買をおこなう場所を「証券取引所」といいます。

株式を発行して証券取引所で売買できる企業は、一定の条件(業績など)をクリアしなければなりません。

この証券取引所には「株を買いたい人」と「株を売りたい人」が集まり、市場を形成します。一般の投資家が株を購入でき、株主になれる企業を上場企業といい、上場していない企業を未上場企業といいます。一般の投資家は未上場企業の株を買うことはできません。
株主になれば、利益の一部を受け取れるほか、経営方針についても意見を出すことが可能になります。

出典:「はじめての株式」(Yahoo!ファイナンス)

株式を保有すると、配当金や株主優待などで「利益の一部を受け取る」インカムゲインでの収益を得られます。また、株式の売買により(キャピタルゲインとして)収益も期待できます。

キャッシングで借りたお金は、「株の購入」費用として利用することも可能です。

FX(キャピタルゲイン / インカムゲイン)

kabu_chart_man_happy-1

FXは数千円という少額の資金から始められます。「FX (Foreign Exchange)」は、外貨の売買により為替の差益から利益を得る投資方法です。

例えば1ドル100円の時にドルを購入し、1ドル120円になった時にドルを売却すれば、「(1ドルあたり)20円の利益(=キャピタルゲイン)」を得られます。

さらに、FXではスワップポイント(2つの通貨の金利差)による「利益」(インカムゲイン)も期待できます。

ただし、FXでは資金の数十倍の売買が可能なレバレッジ(日本のFXの個人口座では最大25倍)により高額な収益を得られる可能性がありますが、失敗すれば投資の数十倍という大きな損失を出してしまう恐れがある点に注意しましょう。

カードローンのキャッシングで借りたお金をFXに利用するときには、ハイリスクのレバレッジに十分に注意して下さい。

※ただし、キャッシングの資金しか「資産が無い」状況で、FX口座は開設できません。必要証拠金等も自己資金から捻出してください。

参考:FX初心者はレバレッジ何倍で取引するのが適正?失敗しないレバレッジ設定

仮想通貨(キャピタルゲイン)

money_kasoutsuuka_kasou

数千円という少額の資金から始められる仮想通貨。ビットコイン(Bitcoin)を中心に、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)などの通貨が売買されています。

2017年度1月には、ビットコイン価格は10万円ほどでしたが、2017年12月には約175万円に跳ね上がりました。仮想通貨もFXなどと同じく、通貨の売買によって利益(キャピタルゲイン)を得ることができる投資手法です。

少額の投資でも「非常に高額な利益を生む」可能性があるため、投資対象として非常に人気があります。

ただし、FX同様仮想通貨の購入費用は、余裕金のなかから捻出してください。キャッシングを軍資金とするのは、リスクが大きすぎるため大変危険です。

不動産(キャピタルゲイン / インカムゲイン)

不動産は高額なため、投資を始めるには数百万円〜数千万円以上が必要です。アパートやマンション、一戸建てを「賃貸」として貸し出すことで継続的な安定収入(インカムゲイン)を得たり、不動産売買により利益を得たり(キャピタルゲイン)する方法があります。

カードローンでキャッシングしたお金を不動産の費用に利用しても原則問題はありませんが、他の投資同様に「余裕金のなかから捻出する」のが基本です。

また、カードローンのキャッシング枠の上限は100万円程度なので、高額な資金を不動産に投資することはできないと考えておきましょう。実際に、不動産投資の中にもリスクの大きい取引(例:スルガ銀行のシェアハウス向け融資など)があるので、キャッシングを不動産投資に流用するのはオススメしません。

投資信託(キャピタルゲイン / インカムゲイン)

syouken_torihiki_man

投資信託は、1万円程度の資金から効率的な資産運用を期待できます。投資信託とは、多くの人から(投資信託で)集めたお金を、「資産運用のプロ」が、様々な金融商品に「投資」し、得られた利益を投資信託の購入者に分配するという資金運用の代行サービスのことです。

投資信託には損失を出してしまう「リスク」もあります。しかし、資産運用のプロに任せられるので、投資初心者でも安心して購入しやすい金融商品でしょう。

ただし、「投資信託」も基本的に自己資金から運用するサービスです。キャッシングしたお金を投資信託に流用するのもオススメではありません。

投資信託とは?

投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品。

運用による利益・損失は投資家に帰属する。投資信託は流動性のある一項有価証券である

出典:ウィキペディア(投資信託)

銀行や消費者金融カードローンで調達した資金を「投資」に使う時の注意点

最後に、銀行や消費者金融カードローンで借りたお金を「投資」に使う時の注意点についてまとめておきます。

投資しても必ず黒字になるとは限らない!

投資すれば「利益」を期待できますが、「損失」を出してしまう恐れもあります。株やFX、仮想通貨などの取引は、100%黒字になるわけではありません

特にカードローンでキャッシングしたお金を投資に使って、損失を出してしまった場合は要注意です。投資で大きな損失を出してしまうと、投資に使ったお金から返済ができなくなるため、「自己資金」からの返済が必要になります。

カードローンを投資に使うなら? キャッシングの金利以上の利益確保が必須!

また、投資で利益を得られたとしても、利益率に注意しましょう。

消費者金融カードローンの上限の金利
消費者金融名 金利 30日間無利息期間の有無
アイフル 18.00%
アコム 18.00%
プロミス 17.80%
SMBCモビット 18.00%
新生フィナンシャル レイクALSA 18.00% 有(30日間無利息、または、180日間5万円まで無利息のサービスから選択できる)

上記から分かる通り、カードローンの金利の上限は「17.8%〜18.0%」となっています。例えば50万円を1年間借りた状態であれば、

50万円 × 18.0% = 9万円(1年間の最大利息)

の利息が発生します。カードローンで借りたお金を投資に使って損しないためには、「カードローンの金利以上の利益率」が不可欠なのです。
(※カードローンの利息以上の利益を上げられる「超優良な」投資先を見つけるのは、非常に困難です。)

本記事内で何度も取り上げていますが「カードローンで借りたお金を投資」に使って黒字化させるのは難しく、「損失時に大きなリスクがある」という点には十分に注意しておいてください。

まとめ|カードローン・キャッシングのお金は投資に使ってもOK!

本記事では、「キャッシングと投資」の関係について詳しく解説してきました。

キャッシングのお金は投資に使えるが計画性が必要!

  • カードローンでキャッシングしたお金は投資に使えるが、投資は「余裕金のなかから捻出」するのが基本
  • 目的別ローンなどで借りたお金は投資に使えない
  • 投資の収益パターンはインカムゲインとキャピタルゲイン
  • 投資には数千円から始められるものや、数百万円以上必要なものなど様々ある
  • キャッシングしたお金を投資に使うなら「金利以上の利益率」が不可欠
  • キャッシングのお金を投資に使う場合は計画的に

投資には、数千円で始められるFXや仮想通貨、数万円から始めやすい株、数百万円以上の資金が必要な不動産投資など、様々な種類があります。

ただし、キャッシングしたお金を投資に使っても「カードローンの金利以上の利益率」が無ければ、収益が赤字になり借金を背負ってしまうことになります。このため、借りたお金を「投資に流用」するのは「非常に大きなリスク」があるのです。

投資を考えている方は「借りたお金を投資に使う」のではなく、貯金などの「余裕金」から資金を捻出し、投資へ使うようにして下さい。

投資用に使う資金が必要
そんな方におすすめのカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP