カードローンを一括返済して利息を減らす方法

346view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

40032895_M

現在、カードローンでキャッシングをしている方は、カードローンの「一括返済」を検討してみませんか。カードローンのキャッシングを一括返済すれば、借金を一気に完済可能です。

本記事では、「カードローンの一括返済について」や「カードローンでの一括返済の方法」など、カードローンを返済するための方法のひとつである『一括返済』について詳しく解説していきます。

カードローンの利息を圧縮できる一括返済とは?

カードローンの『一括返済』を解説していく前に、まずはカードローンの「返済方法」について確認しましょう。カードローンには2種類の返済方法が用意されています。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法 返済方法の内容
約定返済(やくじょうへんさい) 毎月決められた日(=約定日)に決められた金額(=約定返済額)の返済を行う。
カードローンによって毎月1回である場合や、35日毎の返済となる場合もある。
随時返済(ずいじへんさい) 毎月の約定返済以外に、追加(随時)で返済する方法。約定返済後に利用できる。

上の表のように、カードローンの返済方法には「約定返済」と「随時返済」という、2つの返済方法が存在します。カードローンでお金を借りた後は、これらの返済方法を組み合わせてキャッシングを返済していくことになるのです。

約定返済額は少額となる場合が多い

カードローンは、『残高スライドリボルビング方式』と呼ばれる返済方式を採用していることが多いです。

【メモ】残高スライドリボルビング方式とは?

カードローンの借り入れ「残高」によって、毎月の返済額が「スライド」する返済方式のこと。

例えば「100万円の借り入れ残高の場合は毎月1万円の返済」、「50万円の借り入れ残高の場合は毎月5,000円の返済」、「10万円の残高の場合は2,000円の返済」というように、借り入れ残高により約定返済額が変動する。

少額の返済でOKなので毎月の返済負担を抑えられるメリットがあるが、借りたお金(=元金)をなかなか減らせないというデメリットもある。

上記のように、カードローン約定返済だけでは、短期間で完済することはできません。長期的な返済が必要になります。

そのため、カードローンの利用時には約定返済と併せて随時返済を行い、返済期間の短縮(=利息の圧縮)を目指しましょう。

カードローンの一括返済とは「随時返済」のこと

約定返済と随時返済の2つの返済方法について確認してきましたが、「カードローンの一括返済」とは、どのような返済方法・サービスを指すのでしょうか。

実はカードローンの一括返済とは、カードローンの随時返済を利用して、「借りたお金を一括で全額返済する方法」のことを指します。

一括返済とボーナス返済はどう違う

ここで、「一括返済(随時返済)と、ボーナス返済の違い」について確認しましょう。下の表に違いをまとめてみました。

一括返済とボーナス返済の違い
返済方法 内容
一括返済(随時返済) 好きなタイミングで(一括)返済する方法。お金に余裕があるタイミングで返済できる。
ボーナス返済 ボーナス時期(6月や12月)にまとまったお金を返済する方法。住宅ローンやマイカーローンなどの高額ローン、またはクレジットカードなどの利用時に「前もって」ボーナス返済を設定する。

「一括返済」と「ボーナス返済」は、どちらも「まとまったお金を返済する」という意味では同じですが、返済するタイミングが異なる点に注意しましょう。一括返済が「随時」返済するのに対し、ボーナス払いでは「ボーナス時期」に返済します。

カードローンはボーナス払いができない?

kyuryou_bonus_woman2

クレジットカードは「ボーナス払い」が利用できます。クレジットカードのボーナス払いを利用したことがある方も多いでしょう。

ボーナス払いとは、「ボーナス時期の一括返済(または複数回で返済)」です。つまり、クレジットカードの支払いは、ボーナス時期にしか発生しません。

一方、カードローンの場合、キャッシングした後には毎日「利息」が発生するため、約定返済していく必要があります。カードローンは、クレジットカードのように「ボーナス払いが提供されていない」ので注意してください。

【メモ】カードローンは1日どのくらいの利息が発生する?

カードローンの1日あたりの利息を確認するために、例として100万円を金利(年率)15%でキャッシングした場合の利息を計算してみましょう。

100万円 × 15% = 15万円(1年間の最大利息)

借りたお金に金利を掛ければ、1年間で発生する最大の利息を計算できます。

15万円 ÷ 365日(1年間)= およそ411円

1年間の利息を365日で割ると、1日に発生する利息が計算できます。100万円を金利15%で借りた場合、毎日の利息は「411円」になります。

カードローンの一括返済時に抑えておくべきポイント

カードローンの一括返済時には、注意しておきたいポイントがあります。

カードローンの一括返済で注意したい5つのポイント

  1. 一括返済時に手数料が必要な場合もある
  2. 一括返済には まとまったお金が必要
  3. 一括返済後には貯金が少なくなる
  4. ATMからの振込返済の場合はお釣りが出ない場合も
  5. 一括返済後は自動的にカードローンが解約されない

①〜⑤について、順を追って確認していきます。

①一括返済時に手数料が必要な場合もある

カードローンの一括返済は、ATMからの振込返済が便利です。ただし、利用先のカードローンによっても異なりますが、ATMの「振り込み手数料」が必要になるケースもあるので注意してください。

返済金の振り込み手数料は利用者が負担します。そのため、「一括返済ができる額のお金をATMへ持って行ったけれど、手数料分のお金が足りずに完済できなかった」という状況になる場合もあるので注意しましょう。

消費者金融カードローンの「ATM利用手数料」はどのくらいかかるのか、下の表にまとめてみました。

消費者金融のATM手数料一覧
消費者金融カードローン 提携のATM利用手数料(入金=返済時)
アイフル 216円(1万円超)、108円(1万円以下)
アコム 216円(1万円超)、108円(1万円以下)
新生フィナンシャル レイクALSA 手数料無料
プロミス 216円(1万円超)、108円(1万円以下)
SMBCモビット 216円(1万円超)、108円(1万円以下)

上記の表から分かる通り、基本的には各社同じ手数料(108円〜216円)です。レイクALSAのみ、ATM手数料が無料となっています。

②一括返済には まとまったお金が必要

カードローンのキャッシングを一括返済する際は、まとまったお金が必要です。

例えばキャッシングの残高が「100万円」という方は、一括返済時には100万円を準備しておかなければいけません。

③一括返済後には貯金が少なくなる

一括返済は「高額な返済」になるケースが多いです。そのため、返済後に手待ちのお金や貯金が極端に少なくなってしまう恐れがあります。

一括返済後に手持ちの資金が足りなくなり、再度カードローンでキャッシングをしてしまっては、一括返済をした意味がありません。しっかり計画を立てた上で、一括返済をするようにしましょう。

④ATMからの振込返済の場合はお釣りが出ない場合も

ATMを利用して振込返済する場合、お釣りが出ない場合があります。

一括で返すときは

アイフル店舗、もしくはお振込みにてご返済いただけます。
アイフルATM・提携先ATM・コンビニでもご返済可能ですが、お釣りが出ませんのでご注意下さい。

参考:(アイフル公式サイト)

アイフルの公式サイトを確認すると、ATMからの返済は「お釣りが出ない」と記載があります。

アイフルでATMからの返済のお釣りを受け取る方法

  • 店頭窓口での返却
  • 銀行振込での返却
  • 郵送での返却

アイフルでATMのお釣りを受け取る方法は、上記のいずれかとなるので注意が必要です。お釣りの返却手続きには手間がかかるため、お釣りが出ないようにATMを利用しましょう。

⑤一括返済後は自動的にカードローンが解約されない

「カードローンの借金完済 = カードローンの解約」と考えている方も多いでしょう。しかし実際は、一括返済をしても自動的にカードローンが解約されることはないので要注意です。

カードローンは何度も使えるローン商品

shopping_credit_card_mashine_woman

一括返済で借金を完済しても自動的にカードローンが解約されないのは、カードローンが「限度額以内であれば、何度でも繰り返し利用できる」ローン商品だからです。

もちろん一括返済による完済だけではなく、約定返済による完済の場合も同じようにカードローンは解約されません。一括返済後にカードローンを使わない場合、「カードローンの解約」を検討してください。

消費者金融|無利息期間中の一括返済もおすすめ

ここで、一括返済をうまく活用するための方法を紹介しましょう。カードローンの無利息期間と一括返済を組み合わせることで、利息を0円に抑えられる可能性があります。

消費者金融カードローンには無利息期間が設けられている

消費者金融カードローンには、「30日間の無利息期間」が設けられています。

各消費者金融カードローンの30日間の無利息期間の有無(はじめて契約する方)
消費者金融名 30日間無利息期間の有無
アイフル
アコム
プロミス
新生フィナンシャル レイクALSA 有(30日間無利息 or 5万円まで180日間無利息を選べる)
SMBCモビット

消費者金融で採用されている「30日間の無利息期間」とは、「カードローンの契約日から30日間は無利息(利息0円)でキャッシングできる」ことを意味しています。レイクALSAでは、「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」から、自分が利用したい無利息サービスを選択可能です。

30日間の無利息期間中に一括返済を行う

この無利息期間の30日以内に、本記事で解説している「一括返済」を行えば、利息0円でカードローンを利用することができます。

各消費者金融カードローンの一括返済方法

最後に、各消費者金融カードローンでの一括返済方法をまとめました。

一括返済の方法
消費者金融名 一括返済の方法
アイフル アイフルの会員専用ダイヤル (0120-109-437) で、一括返済に必要な金額を問い合わせてATMから一括返済を行う。※1,000円未満の端数は無利息残高(無利息で返済期限がない)として扱われる。
アコム アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)で一括返済の金額を確認する。その後、ATMや提携先のATM、店頭窓口や銀行口座、インターネット返済で一括返済を行う。※1,000円未満の端数は無利息残高(無利息で返済期限がない)として扱われる。
プロミス プロミスコール(0120-24-0365)に電話し、返済額を確認する。プロミスATMまたは提携金融機関のATM、インターネット返済により一括返済を行う。
新生フィナンシャル レイクALSA 会員ページやフリーダイヤル(0120-09-09-09)で一括返済の金額を確認する。その後、新生銀行レイクATM、三井住友銀行ATM、提携先のATM、新生フィナンシャルのWeb返済サービス、銀行振込みで一括返済する。
SMBCモビット モビットコールセンター(0120-03-5000)へ電話連絡し、一括返済の金額を確認する。その後、提携ATMでの返済、銀行からの振込、三井住友銀行または三菱UFJ銀行の預金口座から口座振替で返済する。

まとめ|お金に余裕がある時は一括返済を利用しよう

本記事では、カードローンの一括返済について詳しく確認してきました。

まとめ|一括返済はカードローンの利息を抑えられる!

  • カードローンの約定返済だけでは完済までの期間が長い
  • カードローンの一括返済は「随時返済」を利用する
  • 一括返済時にはATM利用手数料がかかる(レイクALSAは無料)
  • ATMからの一括返済ではお釣りが出ない場合があるため注意
  • 一括返済後、自動的にカードローンは解約されない
  • 無利息期間中に一括返済すれば利息0円でOK!
  • 各消費者金融カードローンで「一括返済」が可能

カードローンの返済では、「約定返済」により毎月一定額のお金を返済していきます。しかし、ひと月あたりの最低限の額を返済する約定返済だけでは、借入残高(=元金)をなかなか減らせません。

そのため、(ボーナス時など)所持金に余裕のある時には『カードローンの一括返済』を行い、借金を完済させてください。

ぜひ本記事を参考にしてカードローンの一括返済を活用し、キャッシングの利息を圧縮させましょう。

数社の返済負担を軽減!
おまとめカードローンで一括返済

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP