カードローンを利用できない・使えない人が確認すべきこと

65view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンを利用できない・使えない人が確認すべきこと

消費者金融や銀行で提供されているカードローンは、急な資金不足の時にとても便利に利用できるサービスですよね。しかし、誰でもスムーズにカードローンを使えるわけではなく、中にはカードローンを利用できない!使えない!と困っている人もいるでしょう

そこでこの記事では、カードローンを利用できない・使えないという人へ向けて、カードローンが使えない時に確認すべき項目をしっかりと解説していきます。

カードローンの審査に通らなかった人は?

まず、カードローンが利用できなかった=カードローン審査に通過できなかった人から確認していきます。カードローンに通過できなかった人は、下記の項目を確認してみましょう。

カードローンの審査に通過できない人

カードローンの審査に通過できなかった人は、カードローン審査に落とされる理由があるはずです。カードローン審査に落とされてしまう主な理由をまとめてみたので、確認してみましょう。

  • アルバイトやパートなどの雇用形態のため
  • カードローン規定の年収に届いていないため
  • 勤続年数が極端に短いため
  • 信用情報に傷があるため
  • スーパーホワイトであるため

アルバイトやパートなどの雇用形態のため

アルバイトやパートなどの雇用形態のため

「アルバイトやパート」という、正社員ではないステータスの人は、カードローンの審査に落とされてしまう可能性があります。もちろんカードローンを提供する金融業者は「しっかりと返済してくれる人」にしか融資したくありません。このため、アルバイトやパートの人は「稼ぎが安定しない」と見なされてしまい、カードローンの審査に落とされてしまう場合があるんです。

ただし、消費者金融や銀行カードローンの中には、「アルバイトやパート」の利用も認められているサービスも多いため、アルバイトやパートの人でカードローン審査に落とされた人は、申し込んだカードローンの商品概要に「アルバイトやパートが申し込み対象となっているか」を確認してみましょう。

カードローン規定の年収に届いていないため

アルバイトやパートの人も利用できるカードローンだったとしても、極端に年収が低い人は審査に落とされてしまう可能性があります。また、公表されていませんが、カードローンでは規定の年収が設定されている場合があります。消費者金融や銀行など、利用先のカードローンにより異なりますが、およそ100万円〜150万円以上がカードローンの審査通過のボーダーラインと考えておいて良いでしょう。

カードローンの審査に落とされてしまった人で年収が少ないと感じている人は、転職などを検討し、年収をアップさせた上で再度カードローンへの申し込みを行なってみてくださいね。年収が上がると「返済能力」を認めてもらえるので、審査通過も目指しやすいでしょう。

勤続年数が極端に短いため

勤続年数が1年未満という人は、勤続年数が短いと判断されてカードローン審査に落とされてしまう傾向があります。確実にカードローン審査に通過させるためには、最低1年〜3年以上の勤続年数を得てから申し込むように心がけましょう。

信用情報に傷があるため

信用情報に傷があるため

正社員という雇用形態や平均的な年収にも関わらずカードローンの審査に落とされてしまった人は、信用情報に傷がある可能性があります。信用情報とは、クレジットヒストリー(=クレヒス)と呼ばれていて、過去のカードローンやクレジットカードの利用履歴のことを指します。また、過去に延滞や未納があれば、この信用情報に悪い履歴が残り、カードローン審査時に不利な状況となってしまうんです。このため、ステータスに問題がない人でカードローン審査に落とされてしまったという人は、信用情報に傷がついている可能性が考えられます。

現在カードローンやクレジットカードを利用中の人は、信用情報に傷が残らないように、必ずしっかりと返済や支払いを進めていきましょう。

スーパーホワイトであるため

ステータスや信用情報に何も問題がない人がカードローン審査に落とされてしまった場合、スーパーホワイトである可能性があります。スーパーホワイトとは、信用情報に全く履歴が無く、真っさらな状態を指します。つまり、クレジットカードもカードローンも全く利用していない人の状態です。

信用情報に傷がなく綺麗な状態で、なぜカードローン審査に不利になるの?と疑問に思う人も多いでしょう。しかし、30代以上の年齢の人であれば、ほとんどの人がクレジットカードの利用履歴があるはずです。その中で、クレジットカードの利用履歴が無い人=何か理由がある人(過去に債務整理を行なった人)として疑われてしまうため、カードローン審査に不利な状況となってしまいます。

カードローン審査に落とされた人はステータスを見直そう

カードローンの審査に落とされた人は、このような理由が考えられます。審査に落とされてしまった人はご自身のステータスを見直して、不備があれば改善した上で再度カードローンへの申し込みを行なってみましょう。

カードローンが急に使えなくなった人は?

今まで便利にカードローンを利用していたけど急に使えなくなった、という人は、どのような原因が考えられるのでしょうか。

カードローンが急に使えなくなる人

  • カードローンの返済期日に間に合わなかったため
  • 総量規制を超える金額を借りているため

カードローンの返済期日に間に合わなかったため

カードローンが急に利用できなくなってしまった人は、返済期日をうっかり忘れていて、返済忘れをしてしまった可能性が考えられます。返済期日を過ぎてしまうと、通常は「郵送による連絡」となるため、返済を忘れていたことが即座に分からないんですよね。このため、カードローンのウェブ上から利用履歴を確認するなど、しっかりと自分の利用状況を把握しておくようにしておきましょう。

総量規制を超える金額を借りているため

消費者金融のカードローンには、年収の3分の1以上の借り入れを行えないという「総量規制」という法律が定められています。この総量規制を超える金額となる場合、法律違反となってしまうため、限度額に達していなくてもカードローンが利用できなくなるんですよね。

このため、複数のカードローンを利用中の人で、消費者金融のカードローンを利用している人は、総量規制の制限に引っかかってしまってカードローンが利用できなくなっている可能性が考えられます。

カードローンの審査に通過できるようにするには?

カードローンの審査に通らない、カードローンが使えない、という人はこのような原因が考えられるんですよね。この項目では、実際にカードローンに通過させるための改善方法を紹介していきます。

カードローンを使うために改善必須なポイント

  • ご自身のステータスを上げる
  • 継続して安定した収入を得る
  • クレジットカードやカードローンの信用情報を綺麗にする
  • 借り入れ総額を把握する
  • カードローン利用中の人は毎月しっかりと返済する

ご自身のステータスを上げる

ご自身のステータスを良いものにする

カードローンの審査に通過できないという人は、ご自身のステータスの見直しを行いましょう。先ほども解説したように、アルバイトやパートなどの雇用形態や年収により、カードローンの審査に落とされてしまう恐れがあるんですよね。

このため、自分のステータスに自信が無いという人は、転職をしたりして、少しでも年収が増えるように努力をしてみましょう。ステータスのレベルが良いものへ変わると、カードローン審査を通算させやすくなるでしょう。

継続して安定した収入を得る

こちらも利用者のステータスに関する項目となります。近年ではアルバイトやパートというステータスの人でも審査に通過しやすいカードローンが増えてきているんですが、安定した収入がない人は、なかなか審査には通過できません。このため、収入が不安定な人は、継続して安定収入を得られるようにしてくださいね。

クレジットカードやカードローンの信用情報を綺麗にする

先ほど解説したように、クレジットカードやカードローンの支払い・返済にトラブルがあり、信用情報に傷がある人は履歴を綺麗にした後でカードローンへ申し込みましょう。信用情報の悪い履歴は最低2年間残されるので、過去の返済時にトラブルを起こしてしまった人は2年以上経ってから申し込むようにしてくださいね。

借り入れ総額を把握する

複数のカードローンを利用している人は、借り入れ総額をしっかりと把握しておきましょう。消費者金融などのカードローンでは、総量規制(=年収の3分の1以上の借り入れを行えない)という法律があります。このため、消費者金融では年収の3分の1を超える金額を借りられないので、複数のカードローンを利用中の人は現在の借り入れ総額を把握し、年収の3分の1以内のキャッシングに抑えるようにしましょう。

また、銀行カードローンでは総量規制は影響しないのですが、近年では銀行側が自主的に年収の3分の1までの限度額に設定しているケースが増えてきているので、十分に注意が必要です。

カードローン利用中の人は毎月しっかりと返済する

カードローン利用中の人は毎月しっかりと返済する

カードローンの返済を行なっていない人は、カードローンでキャッシングできません。約定返済を行なった後であれば、限度額以内は追加でキャッシング可能なんですよね。このため、カードローンの返済忘れをしてしまった場合でも、追加でキャッシングできなくなるので注意しておきましょう。

いつも問題なくカードローンを利用できていたけど急に利用できなくなった、という人は「カードローンの返済忘れ」をしていないか、確認してみてくださいね。また、返済忘れをしていた場合は、カードローンの金融業者の指示に従い速やかに返済手続きを行いましょう。

それでもカードローン審査に通過できない場合は?

これまでに解説した項目をチェックして改善したけどカードローン審査に通過しない…という人は、これから紹介する方法を試してみましょう。

  • 審査基準の緩やかな消費者金融カードローンへ申し込む
  • 信用情報の開示手続きを行う

審査基準の緩やかな消費者金融カードローンへ申し込む

もし銀行カードローンへ申し込んで、なかなか審査に通過できない時は、審査基準が緩やかな消費者金融のカードローンへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。消費者金融カードローンの審査難易度は、銀行カードローンよりも緩やかな傾向があるため、誰でも審査に通過させやすいんですよね。

また、消費者金融カードローンでは金利18%である場合がほとんどですが、30日間無利息キャッシングや申し込み時の即日キャッシングなど、銀行カードローンにはないお得なサービスも提供しているため、とても便利にキャッシング可能です。

信用情報の開示手続きを行う

信用情報の開示手続きを行う

年収やステータスに問題がなく、クレジットカードやカードローンの返済にも問題がないという人は、気付かない内に「信用情報に傷」がついているかもしれません。過去の返済時のトラブルを忘れてしまっていることもあるでしょう。

この信用情報ですが、実は手数料を支払えば簡単に開示、確認できるんです。1,000円程度の手数料で信用情報を確認できるため、過去の利用履歴が気になる人や、ステータスに問題がないけど何故かカードローン審査に落とされてしまう、という人は自分の信用情報を開示しチェックしてみてくださいね。

カードローンを利用できない・使えない原因は必ずある!

この記事では、カードローンを利用できない・使えない人がチェックすべきポイントを解説してきました。記事を読んで分かるように、カードローンが利用できなかったり、使えなかったりするのは必ず原因がありましたよね。

カードローン利用不可の原因を見つけて改善を行おう

カードローンが利用できない・使えないという人は、ぜひこの記事を参考にしながら、カードローンを使えない原因を見つけ出してくださいね。 原因を見つけて改善すれば、必ずカードローンを使えるようになるでしょう。

すぐにお金を借りたい!
おすすめのカードローンはどこ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP