外国人・外国籍の人でも永住権なしで借りられるカードローンは?

319view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

外国人・外国籍の人でも永住権なしで借りれるカードローンは?

「日本人じゃないけどカードローンを使えるかな?」と気になっている外国人の人もいるでしょう。そこでこの記事では、外国人・外国籍の人でもカードローンを利用できるのか、また、永住権が無くても利用できるカードローンについて詳しく解説を進めていきます。

外国人・外国籍の人でもカードローンでキャッシング可能!

実は、外国人・外国籍の人でもカードローンでキャッシングするのはそこまで難しくありません。外国人・外国籍の人に安定した収入があり、返済能力が認められればカードローン審査通過も可能なんですよね。

返済能力があれば日本人と外国人・外国籍の人に違いはない

また、年収や雇用形態などのステータスに問題が無ければ、日本人と外国人・外国籍の人に審査時の違いはありません。もちろん年収などのステータスが非常に高い外国人・外国籍の人は、年収が少なくステータスの低い日本人よりも断然カードローン審査に通過しやすくなります。

永住権がなくても利用できるカードローンは?

さて、外国人・外国籍の人の永住権の有無によって利用できるカードローンは異なるのでしょうか。カードローンは、銀行が提供しているものと、消費者金融が提供しているものがあり、カードローンの使いやすさが異なっているんですよね。また、申し込み時に提出が必要な書類によって利用可能、不可能となる場合があります。

外国人・外国籍の人が利用できるカードローン

外国人・外国籍の人が利用できる銀行カードローン、消費者金融カードローンを、書類ごとに比較し、表にまとめてみました。

書類 銀行カードローン 消費者金融カードローン
特別永住者証明書 可能 可能
永住者の在留カード 可能 可能
永住者ではない在留カード 不可 可能

このように、永住権がある外国人・外国籍の人は銀行カードローンと消費者金融カードローンのどちらでも利用できて、永住権のない外国人・外国籍の人は消費者金融カードローンを利用できます。このため、永住権の無い外国人・外国籍の人は、消費者金融カードローンを利用するようにしてくださいね。

永住権の無い外国人・外国籍の人がカードローン審査時に注意しておくポイント

また、実際に永住権の無い外国人・外国籍の人がカードローンへ申し込む際に注意しておきたいポイントを解説していきます。

  • 外国人・外国籍の人が必要となる書類
  • 外国人・外国籍の人でも日本語で読み書きできる能力が必須
  • 本人確認や在籍確認の電話へ日本語で受け答えできる能力が必須
  • 外国人・外国籍の人は安定した収入が必須
  • 外国人・外国籍の人は日本に住んでいる期間も重要
  • 残りの在留期間が最低1年以上は必要
  • 借り入れ限度額に影響する総量規制に注意

外国人・外国籍の人が必要となる書類

まず、外国人・外国籍の人が必要となる書類を確認していきましょう。通常カードローンでは「本人確認書類」として、運転免許証やパスポート、健康保険証などが必要となりますが、外国人・外国籍の人は先ほど説明したような書類が必須となります。

  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者登録書
  • パスポート

外国人・外国籍の人は、カードローンへの申し込み時にこれらの書類が必要となるので、すぐに提出できるように前もって準備しておくようにしましょう。また、これらの書類の提出方法ですが、スマホなどのカメラ機能を利用して、公式サイト上から画像データのアップロードを行うのが主流となっています。

外国人・外国籍の人でも日本語で読み書きできる能力が必須

カードローンへ申し込むための書類は「日本語」となっています。このため、日本語で読み書きできる能力がある外国人・外国籍の人がカードローンへ申し込み可能と言えるでしょう。

入力項目の日本語はそこまで難しくない

外国人・外国籍の人でも日本語で読み書きできる能力が必須

ただし、カードローンへの申し込む内容は「氏名」「年齢」「住所」「勤務先名」「年収」などの基本的な情報となるため、そこまで難しい日本語ではありませんよね。外国人・外国籍の人でも日常的に使用する日本語で申し込みOKなので、比較的簡単に手続きできるはずですよ。

ただし、契約内容についての注意事項などは難しい日本語で書かれている内容が多いため、もし理解が難しいという場合は、日本人や日本語に詳しい人に読み解いてもらいましょう。

本人確認や在籍確認の電話へ日本語で受け答えできる能力が必須

カードローンの審査時には、本人確認や在籍確認のため、自宅や携帯電話、勤務先などに電話がかかってきます。本人確認のための電話は、申込者自身が対応する必要があるため、日本語での受け答えができる能力が必要となります。

日本語で受け答えできない場合は審査に落とされてしまうことも

この本人確認の電話で、日本語で対応できなかった場合、カードローンの審査に落とされてしまう恐れもあるので注意しておきましょう。ただし、聞かれる内容は、氏名や年齢、勤務先などの確認、ローンの利用目的などである場合がほとんどなので、そこまで難しく考える必要はありませんよ。

外国人・外国籍の人は安定した収入が必須

外国人・外国籍の人がカードローンを利用するためには、安定した収入が必須となります。もちろんカードローンで借りたお金は返済が必須となるため、安定した収入がない人にはお金を貸してもらえません。これは日本人の場合でも同じですね。

また、最近の消費者金融カードローンであれば、アルバイトやパートというステータスの人でも安定した収入さえあれば審査通過を目指せるため、そこまで雇用形態に気をつけなくてもOKでしょう。外国人や外国籍の人で工場勤務のアルバイトなどのステータスでも十分に審査通過を目指せるのが、消費者金融カードローンとなります。

外国人・外国籍の人は日本に住んでいる期間も重要

外国人・外国籍の人は日本に住んでいる期間も重要

外国人・外国籍の人がカードローンを利用したい場合、どのくらい長く日本に住んでいるかも重要なポイントとなります。例えば「昨日、日本に来たばかり」というような人は、確実に審査に落とされると考えられるでしょう。先ほど解説したように、安定した収入も審査に重要なポイントとなるため、来日してまだ1〜2ヶ月程度の人は、安定した収入があるかどうか判断しにくい、という理由があるんですよね。

また、来日直後の人であれば、働き出してからの日数も経っていないですよね。外国から日本に来られた人は、今後日本での生活に慣れるかどうか、もし、日本での生活に慣れない場合、退職して帰国してしまう可能性もありますよね。このため、日本での生活、日本でのお仕事に慣れていると判断できるような一定の期間以上、日本に住んでいることがカードローン利用のための条件と言えるでしょう。

1年以上日本に住んでいる人はカードローン審査に有利な傾向

日本での生活の期間ですが、1年以上住んでいて仕事を続けている人であれば、外国人・外国籍の人でも審査に有利となるでしょう。日本で生活して安定した収入を得ていると判断される場合は、外国人・外国籍の人でもカードローンの審査通過は難しくないんですよね。

残りの在留期間が最低1年以上は必要

また、永住権が無く在留カードで来日している人は、在留期間にも注意しておきましょう。カードローンで借りたお金は毎月返済する義務があります。このため、残りの在留期間が1年未満程度の短い人はカードローン審査に通らない可能性が高いので注意しておいてくださいね。

大きなお金を借りたい時は長い在留期間が必須

また、在留期間が1年程度である場合、大きなお金を借りられない傾向があります。1年以内で完済できるだけのお金しか借りられないため、カードローンの限度額は10万円〜30万円程度の少額となると考えられます。

また、50万円以上の大きなお金を借りたい人は、3年間〜の在留期間がある方がカードローン審査に通過させやすい傾向があるでしょう。在留期間が長い人の方が、滞納した場合でも完済できる可能性が高いためです。

借り入れ限度額に影響する総量規制に注意

永住権のない外国人・外国籍の人は、必然的に消費者金融を選ぶことになります。消費者金融といのは、貸金業者となるため「貸金業法」という法律が影響するんですよね。さらに、この貸金業法には総量規制という法律があり、「個人の借り入れ総額が年収の3分の1までに制限される」法律となります。

希望限度額は年収の3分の1までに抑える!

このため、消費者金融カードローンへの申し込み時には必ず総量規制内の「年収の3分の1まで」に抑えておきましょう。年収の3分の1以上の限度額を希望してしまうと、カードローン審査に落とされてしまう恐れがあるため、十分に注意しておいてくださいね。

外国人・外国籍の人の専業主婦でもカードローンは利用できる?

もしあなたが収入のない専業主婦の外国人で、永住権がない人だった場合、カードローンは利用できるのでしょうか。

永住権のない専業主婦はカードローンを使えない

永住権のない専業主婦はカードローンを使えない

実は永住権のない専業主婦の人は、カードローンの審査に通過できないんです。理由を解説していきましょう。永住権がない人は、銀行カードローンが利用できないため、必然的に「消費者金融カードローン」を選ぶことになります。これは、先ほども解説したポイントと同じですね。

さらに、収入がない専業主婦の場合、消費者金融カードローンの「総量規制」に引っかかってしまい、カードローンの利用が認められないんです。総量規制とはカードローンの限度額が年収の3分の1までに制限される法律でしたよね。専業主婦は収入が0円のため、この法律に引っかかってしまうんですよね。このため、永住権のない専業主婦の外国人はカードローンを利用できないので、注意しておきましょう。

永住権がある外国人・外国籍の人は銀行カードローンがお得!

もしあなたが、永住権がある外国人・外国籍の人という場合であれば、銀行カードローンも検討してみましょう。永住権が無くても借りられる消費者金融カードローンと、永住権が必要となる銀行カードローンの大きな違いは、「金利」にあります。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利の違い
カードローン 銀行カードローン 消費者金融カードローン
外国人が利用する時の永住権の有無 必要 不要
金利の上限 13%〜15%前後 ほぼ18%

このように、銀行カードローンと消費者金融カードローンとを比較すると、およそ3%〜5%以上も金利が異なるんですよね。金利を抑えられると返済総額に大きな違いが出てくるため、少しでもお得にカードローンを利用したい人は、銀行カードローンを検討してみましょう。

永住権がない外国人・外国籍の人も使えるカードローンはある!

この記事では、永住権がない外国人・外国籍が使えるカードローンについて詳しく解説してきました。永住権なしでも「消費者金融カードローン」であれば、外国人・外国籍の人でも十分キャッシングできる可能性があるんですよね。また、日本人と比べても「在留カード」や「パスポート」などの提出書類が異なるだけで、審査難易度に大きな違いはありません。

お金に困っている外国人・外国籍の人はカードローンを利用してみよう

カードローンでのキャッシングは、一時的な資金不足の時など、とても便利に利用できるんです。このため、お金に困っている外国人・外国籍の人は、ぜひこの記事を参考にしながらカードローンへの申し込みを検討してみてくださいね。キャッシング前からしっかりと返済計画を立てておけば、必ず完済も可能なはずです。うまくカードローンを利用して、日本での生活を乗り切ってみてくださいね。

外国人&外国籍の人もOK!
永住権なしでも借りられるカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP