自動車購入(マイカーローン)の支払いも「カードローン」で代用できる

272view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

マイカーローン

自動車を購入する際「一括で支払う」のが理想ですが、実際にはマイカーローンを利用される方が多いです。しかし、高額な車を購入し「ローンを利用」するとなると、月々の支払いやボーナス月の支払い負担は予想以上に大きくなります…。

支払いが厳しい時には、使い道が自由な「カードローン」を利用しましょう。本記事では、カードローンを使った「便利な支払い方法」について解説します。

自動車購入には、いくらかかるのか?

自動車

自動車の購入費用は「買うモデル」やメーカーによって大きく変わってきます。また、軽自動車と普通車では「価格が異なる」のは当たり前ですし、新車と中古車でも購入費用に大きな差が生まれます。

そこで今回は「300万円の普通車を買う」と想定し、話を進める(=自動車ローンのシミュレーションをする)ことにします。

300万円の普通車を買う場合、月々の返済費用は?

例えば、300万円の普通車を金利6%のローンを組んで購入したとしましょう。返済期間は3年、ボーナス時には年2回「10万円」ずつ返済するとします(※ 今回は、頭金無しでシミュレーション)。すると、月々の返済費用は「88,224円」で、ボーナス時の返済金額は「106,684円」となります。

以下はより詳しく、返済金額をまとめた表です。

「300万円の自動車」をローン購入した場合の返済シミュレーション
区分 元金 利息 合計
月額 2,900,000円 276,050円 3,176,050円
ボーナス 100,000円 10,759円 110,759円
総合計 3,000,000円 286,809円 3,286,809円

自動車があれば便利ですが、月々9万円近い返済を続けるのは大変です。もちろん所得が多ければ問題ありませんが、勤め先の事情で収入が急に減ったり、不測の事態で、まとまったお金が必要になった場合「急に返済が厳しく」なることもあるでしょう…。

また、ボーナス時に約10万円ずつ返済するのも、時期によっては難しくなるかもしれません。

自動車購入には、税金や保険、車検代など「維持費」も必要!

自動車維持費

自動車に掛かる費用は「車両代」だけでおさまりません。自動車を取得するには、駐車場代や保険、税金、車検代、ガソリン代などの維持費が別途必要です。

例えば、軽自動車と普通車で一年間に必要な維持費(平均)は以下のようになります。

軽自動車と普通車で一年間に必要な維持費(平均)
項目 普通車
(2,000ccクラス)
軽自動車
駐車場代 約12万円 約12万円
自賠責保険 約1.2万円 約1.1万円
任意保険 約7万円 約5万円
自動車税 約4万円 約7千円
重量税 約3万円 約6千円
車検代 約6万円 約4万円
ガソリン代 約10万円 約10万円
その他消耗費 約5万円 約3万円
総合計 約48.2万円 約36.4万円

いかがでしょうか? 維持費だけでも、軽自動車で約36.4万円、普通車では約48.2万円もの費用が掛かります。これに月々「自動車ローンの返済」が加わると約10万円以上のお金を「自動車の費用」として支払うことになるのです…。

支払いが厳しい時には、カードローンを利用する人が多い

「維持費の支払いが厳しい時」には、一時的にカードローンでキャッシングを利用される方や、低金利の自動車ローンに切り替えられる方が多いです。次項では、具体的な「問題解決の方法」を見ていくことにしましょう。

自動車ローン「返済が厳しい場合」の問題解決法

自動車ローンの支払いが厳しい場合には、以下の方法で問題が解決できます。

自動車ローンの支払いを乗り越える方法

  1. 低金利の自動車ローンに乗り換える
  2. 低金利の銀行カードローンに乗り換える
  3. 低金利の消費者金融カードローンを利用する

1〜3について、さらに詳しく解説します。

1. 低金利の自動車ローンに乗り換える

支払いが厳しい時には無理せず、低金利のローンに乗り換えをしましょう。

現在、ディーラーから紹介されたローンや、銀行でおすすめされたローンを利用中の方は多いかと思います。しかし、自動車ローンの金利は一律ではなく、各金融機関やローン会社によって「金利の設定」は大きく異なります。

例えば、年利6.0%の自動車ローンもあれば、年1.9%の超低金利自動車ローンもあるので「金利の比較」は必ず行ってください。

また、車を購入される際には「負担の少ないローン」で支払いをしましょう。利息が1.0%でも違えば、支払いの総額は大きく変わってきます。

例えば、同じ300万円を自動車ローンで借りた場合(ボーナス返済なし、返済期間は36回とする)金利5.0%の方は、毎月「89,913円」の返済、全期間の返済総額は「3,236,857円」になります。

一方、金利4.0%の方は毎月「88,572円」の返済となり、全期間の返済総額は
「3,188,590円」になります。

金利が1%違ってくると…?

3,236,857円 − 3,188,590円 = 48,267円の差額が発生!

このように、わずか1.0%でも約5万円の差額が発生するのですから、2.0%〜3.0%と利息が低くなるにつれて、支払う利息の金額は、より少なくなるのが分かるはずです。

月々の支払いが厳しい方はもちろん、お得に自動車ローンを利用したい方は、より利息の低い自動車ローンに乗り換えを行ってください。

2. 低金利の銀行カードローンに乗り換える

自動車整備

自動車ローンだけでなく、銀行の「フリーローン」を自動車ローンとして代用できます。自動車ローンの審査が通らなかったという方は、審査が通りやすい銀行カードローンを利用し、支払いに充当されてみてはいかがでしょうか?

銀行ローンは利息が低いほか、融資額も500万円〜1,000万円と各行「高額融資」を行っているので便利に活用できます。

3. 低金利の消費者金融カードローンを利用する

低金利ローンを扱うのは、銀行だけに限りません。消費者金融でも、利息の低いカードローンが利用できます。特に、銀行系列の消費者金融は、銀行顔負けの「低金利・高額融資」で新規会員を増やし続けています。

その上(消費者金融カードローンは)審査から融資までの時間も短く、申し込んだその日の内にお金が借りられるなど、利用するメリットが多いです。

維持費や保険料、車検の支払いが間に合わない時にも、消費者金融のキャッシングを上手に利用してみてください。

【メモ】税金が遅れると、延滞金が発生! 支払いはお早めに

自動車税の納付期限に遅れると、納付期限の翌日から「延滞金」が発生します。

納付期限の1カ月までは、年2.8%の延滞利息が発生し、さらに1カ月を超えると年9.1%の遅延利息を支払う必要があります。督促の費用が高額にならないよう、自動車税は早めに支払いを行ってください。

支払いが難しい場合は、一時的にキャッシングを利用し支払うのもひとつの手です。無利息キャッシング(契約から30日間利息なしのローン)を短期間利用すれば、利息の負担もなく、借りた費用が完済できるので安心です。

自動車ローンの支払いに使えるキャッシング一覧

最後に、自動車ローンの支払いで「口コミ人気の高い」ローンを6つ紹介しておきます。

自動車ローンの支払いにオススメのローン一覧

各ローンの特徴とメリットについて、簡単に見ておきましょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、最高800万円まで融資を行っており、自動車ローンとしても代用できます。また、限度額300万円までは「所得証明書不要」なので、原則・身分証明書だけで(必要なお金が)借りられます。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、ネット利用者の間で人気の高いローンです。楽天銀行も限度額300万円までは「所得証明書不要」としているほか、すべての手続きがネットだけで済ませられるので、自動車ローンの支払いがピンチな時にも便利です。

モビット

モビットは、最高800万円まで融資が受けられる銀行系の消費者金融カードローンです。審査は銀行よりもカンタンで、10秒で審査の簡易結果が分かるサービスも人気です。

このほか「WEB完結」と呼ばれるサービスでは、電話連絡無しでキャッシングが利用できるので便利です。また、50万円までは原則「所得証明書なし」で融資が申し込めるので維持費の支払時にも助かります。

オリックス銀行カードローン

ネット銀行大手、オリックス銀行カードローンでも、限度額300万円までは「所得証明書不要」としており、最高最高800万円の高額融資が利用できます。

プロミス

プロミスでも50万円までは原則「所得証明書なし」で融資が受けられます。また、最大500万円まで融資が受けられるので、自動車ローンの支払いや自動車の維持費の支払いにも活用できます。

このほか、30日間は無利息で融資が受けられます(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。そのため、急な支払いのピンチにも迅速に対応可能です。

アイフル

マイカー

アイフルは、フリーキャッシング(アイフルキャッシングローン)が利用できます。使途自由なので、自動車ローンの支払いだけでなく、車検や保険お支払いに使っても構いません。

また、アイフルでも50万円までは原則「所得証明書なし」でローンが組めるので、身分証明書さえあればすばやくキャッシングが利用できます。

【メモ】負担が大きいときには、各費用の見直しをしよう!

自動車ローンだけでなく、保険や車検など、各費用はこまめに見直しをしましょう。自動車ローンの場合は、より金利の低いローンに乗り換え、保険や車検費用は、各保険会社や整備会社を複数比較し「最もお得なサービス」で契約を行ってください。

また、一度加入したローンや保険でも(わずかな期間で)金利や貸し付け条件、申込の条件は変わってきます。契約後でも安心せず、いろいろなサービスをよく比較し「お得な新サービスが出て無いかどうか」確かめるようにしてください。

自動車購入、ローン利用で気をつけたいポイント3つ!

最後に、自動車購入とローン利用で気をつけたいポイントを3つ確認しておきましょう。

自動車購入、ローン利用で気をつけたいポイント3つ!

  1. 収入に見合わない高額な車は買わない
  2. 維持費も含めて、費用をしっかり確保する
  3. 自動車ローンが組めない時には、無理せず他のカードローンを利用する

1〜3について、解説しておきます。

1. 収入に見合わない高額な車は買わない

いくら金利の低いローンへ乗り換えたとしても、収入に見合わない高額な車を買うのは考えものです…。支払いに無理がないよう、収入とバランスの取れた車を選び、購入するようにしましょう。

また、頭金で買うだけでも、支払いの負担は軽減できます。欲しい自動車が決まっているのなら計画的に費用を貯めて、購入するようにしてください。

2. 維持費も含めて、費用をしっかり確保する

自動車の購入費用にプラスして、余裕のある資金を確保しておきましょう。ガソリン代のほか、定期的に必要な保険料、車検代はもちろん、税金は絶対に滞納しないよう「十分なお金」を残しておいてください。

3. 自動車ローンが組めない時には、無理せず他のカードローンを利用する

自動車

電卓

自動車ローンが組めない場合は、審査の受けやすい銀行カードローンや消費者金融カードローンを上手に併用してみてください。

最近では、金利の見直しも頻繁に行われているほか、より利用しやすい「新しいローン」も増えています。貸し付け条件の良いローンも探し、賢くマイカーを購入してください。

まとめ|自動車ローンは、カードローンを上手に活用すべき!

今回は、自動車購入出来る方法を紹介しました。購入時だけで無く、返済が厳しい時にはキャッシングやカードローンを使い「支払いのピンチ」を上手に乗り越えるようにしましょう。

おすすめカードローン
早くお金を借りられるところは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP