キャッシングにはマイナンバーが必要?

15view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

キャッシングにはマイナンバーが必要?

2016年1月1日から始まった「マイナンバー制度」ですが、カードローンでのキャッシングにマイナンバーは必要なのでしょか?

また、マイナンバー制度が始まった前後には、「マイナンバーによって個人のお金の流れが把握される」などと騒がれていましたが、キャッシング時にもマイナンバー制度によって「カードローンの利用が第三者にバレる」恐れはあるのでしょうか?

この記事では、マイナンバーに関係する項目をしっかりと解説していくので、「カードローンとマイナンバーの関係」についての理解を深めていきましょう。

キャッシングにはマイナンバーは不要!

結論から言うと、カードローンでのキャッシング時にはマイナンバーは不要です。そもそもマイナンバーについて、総務省が公表している説明を確認してみましょう。

マイナンバーとは?

国民ひとりひとりが持つ12桁の番号のこと。税や年金、雇用保険などの行政手続きに使う。また、マイナンバーカードを本人確認書類として利用できる。
参照 : 総務省

このように、マイナンバーは原則、国が国民の税金や年金などの手続きを行うために使う国民の個人番号(識別番号)のことなんですよね。また、スマホやパソコン、郵送などでマイナンバーカードを申請・発行すれば、顔写真付きのマイナンバーカードを発行してもらえ、本人確認書類として利用できるようになります。

マイナンバーカードは契約時の本人確認書類として使える

マイナンバーカードは契約時の本人確認書類として使える

カードローンとの契約時には、必ず本人確認書類が必要となります。この本人確認書類とは顔写真付きの「運転免許証」や「パスポート」などが定番の本人確認書類でしょう。多くの人が運転免許証を持っているため、カードローン契約時の本人確認書類はほとんどの人は運転免許証を提出する傾向があります。

もちろん、この顔写真の付いたマイナンバーカードも本人確認書類として利用できるため、運転免許証やパスポートを持っていないという人は、マイナンバーカードを発行し、カードローン契約時の本人確認書類として利用するのも良いでしょう。

マイナンバーの扱いには注意!

このマイナンバーカードですが、オモテ面には「氏名、住所、生年月日、性別」が記載されていて、ウラ面にはICチップと12桁のマイナンバーが表記されています。このため、マイナンバーをカードローンの本人確認書類として提出するのは問題ありませんが、ウラ面に記載されている12桁のマイナンバーをコピーされたり、メモを取られたりしないように十分注意しておきましょう。

大手銀行や大手消費者金融などであれば、マイナンバーを盗み見されてしまう恐れはほぼありませんが、名前を聞いたことがないような中小の消費者金融を利用する際には、マイナンバーの扱いを特に注意しておく方がよいかも知れません。

マイナンバーは単なる本人確認書類の一種という位置付け

このように、カードローンでのマイナンバーは、単なる本人確認書類の一種であるという位置付け、意味合いとなるので、カードローンでのキャッシングにはマイナンバーは不要なんです。

キャッシング時にマイナンバーの提出が求められたら?

また、カードローンの契約時にはマイナンバーの提出が求められることはありません。このため、もしカードローン契約時にマイナンバーの提出を求められた場合、利用先のカードローン業者がヤミ金などの悪徳業者である可能性があります。

ヤミ金には絶対に注意しよう

ヤミ金には絶対に注意しよう

ヤミ金とは、利用者に高額となる金利を求めたり、恐喝まがいの取り立てなどを行う悪徳業者のことを指します。ヤミ金に騙されてしまうと、大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高まります。また、ヤミ金にマイナンバーを取得されると、なりすましなどによる詐欺行為に利用されてしまう恐れもあるでしょう。

このため、名前を聞いたことのないようなカードローンはできるだけ利用しないように注意しておいてくださいね。テレビCMなどを行なっている大手消費者金融や、大手銀行、地方銀行など、知名度が高く信用度のあるカードローンを利用するようにして下さいね。

マイナンバーによって第三者にキャッシングがバレる?

カードローンでキャッシングしている人のほとんどは、家族や会社に内緒でお金を借りているでしょう。 また、マイナンバー制度がすでに始まっているので、「マイナンバーに借金が紐付いて家族や会社にカードローンが丸見えになるのでは?」と不安に感じる人も多いでしょう。

マイナンバーにはカードローンの借金は紐付いていない

現在このマイナンバーカードに紐付いている情報は、税金、年金、保険に関するものとなっています。このため、マイナンバーカードに個人の借金の情報は紐付いていません。カードローンでキャッシングしてもマイナンバーカードの情報から、家族や会社などの第三者にバレてしまう恐れはありませんので、安心してくださいね。

マイナンバーが利用される範囲
社会保障 年金資格取得や確認、給付手続き
雇用保険資格取得や確認、給付手続き
医療保険給付請求手続き
福祉関連の給付や生活保護関連手続き など
税務当局へ提出する申告書、調書、届出書 など
災害対策 被災者生活再建支援金の支給手続き

今後は借金がマイナンバーに紐付く可能性も

また、2018年度からは、銀行口座にもマイナンバーが付番されます。マイナンバーを銀行口座に紐付けるのは、正式な収入を把握するためです。また、銀行口座の収入を把握する事で、脱税行為などの取り締まりをしやすくするためなんですよね。

銀行口座とマイナンバーとの紐付きが確定しているため、今後はもしかすると「借金もマイナンバーに紐付く」可能性もゼロではないでしょう。

マイナンバーの提出でカードローン審査に影響は出る?

先ほどの項目でも解説してきたように、このマイナンバーをカードローンの本人確認書類として提出しても、カードローンの審査にマイナンバーの影響はありません。運転免許証やパスポートと同じように、単に本人確認書類という位置付けとなるためです。ただし、今後はマイナンバーにより、カードローンの審査に影響が出ることも予測できます。

  • 税金の滞納などがバレてしまってカードローン審査に不利となる可能性
  • 医療保険料の情報から疾患がカードローン審査に影響を与える可能性
  • 銀行口座の給与額の参照からカードローン審査に影響を与える可能性

税金の滞納などがバレてしまってカードローン審査に不利となる可能性

税金の滞納などがバレてしまってカードローン審査に不利となる可能性

現在マイナンバーでは税金の管理を行っています。このため、マイナンバーから税金の支払い状況の確認も可能です。このため、今後カードローン利用時にマイナンバーの提出が必須となってしまったら、税金の支払い情報を審査対象として参照される可能性も考えられるでしょう。

もちろん、税金の支払いは国民の義務なので、必ず支払わなければいけません。このため、税金を滞納している人=非常にお金に困っている人、として見られてしまうため、「融資しても返済してくれないかも」と判断されてしまうでしょう。また、国民の義務を全うしていない人は、そもそもの信用度も低いため、カードローン審査に不利となるでしょう。

医療保険料の情報から疾患がカードローン審査に影響を与える可能性

また、カードローンには医療保険の情報も紐付いています。このため、カードローン審査にマイナンバーの情報を参照されてしまうと、「病気・疾患に関する保険料の情報」も見えてしまいます。このため、毎月しっかりと安定した給料があったとしても、何かしらの病気があり健康に不具合があるという人は、カードローン審査に不利となってしまう可能性も考えられるでしょう。

銀行口座の給与額の参照からカードローン審査に影響を与える可能性

銀行口座の給与額の参照からカードローン審査に影響を与える可能性

また、銀行口座とマイナンバーとの紐付けから、給与額の確認をされる可能性もあるでしょう。現在、カードローンへの申し込み時に申請する給与額ですが、自己申告制となっていて、カードローン会社も利用者の正確な給与額を確認できません。あくまでも「申し込み者の勤務先、申し込み者の申請金額」を参考にするしかないんです。

しかし、カードローン契約時にマイナンバーの提出が必須となれば、「カードローン会社は申し込み者の給与額をハッキリと確認できる」ようになるでしょう。現在ではカードローンの審査に通過させるために、年収を少し高く申請する利用者も少なくないのですが、今後マイナンバーで年収を確認されてしまうと、申請した年収と銀行口座への給与振り込み額が異なれば、「虚偽申請」として見られてしまって審査に落とされる可能性も考えられます。

在籍確認などが簡略化されるメリットも

ただし、マイナンバーによって税金や銀行口座の確認がされるようになれば、在籍確認が無くなり簡略化されるメリットも考えられます。税金の支払い情報や銀行口座への給与振り込みが確認できれば、わざわざ勤務先へ電話して在籍確認をしなくてもOKとなるはずです。

このように、現在ではマイナンバーはカードローン審査には影響がありませんが、今後マイナンバーを参照されれば、このような様々な影響が出る可能性があります。

現在はマイナンバーよりも信用情報に注意!

このように、現在マイナンバーはカードローン審査に影響はありません。また、これからマイナンバーがカードローン審査に利用されるような案も現時点ではありません。ただし、カードローン審査には、個人情報である信用情報だけには十分に注意しておく必要があります。

マイナンバーは「税金」「保険」や「年金」などの個人情報が紐付いていて、国が管理しています。カードローンの信用情報とは、信用情報機関が管理していて「個人のカードローンやクレジットカードの利用履歴」などの個人情報が残されています。現在のカードローン審査はマイナンバーの影響はありませんが、この信用情報が大きく影響してくるんですよね。

過去の信用情報の履歴が悪ければカードローンの審査に落とされる

信用情報には、クレジットカードやカードローンの利用履歴が残されています。また、過去の返済時などに滞納や未納などの履歴がある場合、「信用情報に傷」が残ってしまい、お金の管理ができない人として判断されてしまい、カードローン審査に不利となってしまうんですよね。

一般的にはクレジットカードやカードローンの滞納を3ヶ月続けてしまった場合、信用情報がブラック扱いとなってしまうため、カードローンの審査に落とされてしまうでしょう。また、いくら年収などのステータスが良くても、信用情報の履歴次第で審査落ちしてしまうような、カードローン審査の中でも大きな影響があるんです。

現在は信用情報がカードローン審査基準を左右する

マイナンバーも信用情報も個人情報の記録なのですが、現在カードローン審査に影響するのは「信用情報」だけとなっています。ただし、もしかすると近い将来には、マイナンバーの影響力が大きくなり、マイナンバーに信用情報が紐付く可能性も考えられるでしょう。マイナンバーの情報がどれくらいの影響力を持つようになるのか、今後の動向には十分に注意しておきましょう。

マイナンバーがなくてもカードローンは利用できる!

この記事では、カードローン利用時にはマイナンバーが必要なのか、また、マイナンバーに紐付いた内容がカードローン審査に影響するのかを解説してきました。

マイナンバーはカードローンに全く影響ナシ!

マイナンバーはカードローンに全く影響ナシ!

現在マイナンバーはカードローンの申し込み時に提出の必要がなく、顔写真付きのマイナンバーカードのみ、本人確認書類として提出可能です。また、本人確認としてマイナンバーカードを利用するため、12桁のマイナンバー(個人番号)は利用されません

ただし、マイナンバーが導入されてまだ日が浅いため、今後はマイナンバーの制度などの見直し、借金との紐付けなどが行われる可能性があります。マイナンバーの今後の動向に注目しておきましょう。

内緒でお金を借りたい!
在籍確認なしのカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP