総量規制対象外のカードローン|低金利の今「活用のコツ」3つを紹介!返済の役に立つ

315view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

低金利

低金利の今こそ、カードローンを活用する大きなチャンスです! 本記事では、総量規制対象外ローンを使った「活用のコツ」を3つご紹介したいと思います。

カードローンで節約をしよう!

実は…カードローンを上手に活用すれば(どんなに金欠の方でも)きちんとお金が貯まります。あまり知られていませんが、カードローンは「安心」とされるクレジットカードよりも「お得な利息」で、家計の見直しができるのです。

総量規制外のカードローン、活用のコツを3つ紹介!

総量規制外カードローンを「活用するコツ」について、簡単にまとめてみました。

総量規制外のカードローン、活用のコツは3つ!

  1. 即日融資など・素早く借り入れをする時に使う
  2. 返済負担を無くしたい時に使おう
  3. 他のローン・キャッシング返済にも活用しよう

①〜③について、以下で詳しく解説しましょう。

①即日融資など・素早く借り入れをする時に使う

融資をお急ぎの方は「即日融資」を希望されることが多いでしょう。通常、総量規制外のカードローンであれば、一定の金額まで「所得証明書不要」で融資が受けられます。

例えば、大手銀行なら「300万円まで所得証明書不要」とするところがあります。銀行ローンは「総量規制の対象外」なので、貸付の条件は緩やかに設定されているのです。

所得証明書が不要であれば、原則「身分証明書」だけで融資が受けられます。これなら、わざわざ給与明細や納税証明書を準備する手間から解放されます。

即日融資を希望される方は、審査を円滑にするためにも、総量規制外のカードローンを積極的に利用しましょう。

【補足】所得証明書の不要条件を再度確認!

所得証明書が不要なローンは、銀行だけではありません。消費者金融カードローンにも「所得証明書不要」な貸付があります。例えば、消費者金融の場合は「50万円まで所得証明書不要」で、必要な融資が受けられます。

また、他社との合算(新規申込の希望額も含めて)が100万円を超えなければ、原則、所得証明書無しで融資が申し込めるのです。

ただし、年収の3分の1以上の借り入れはできないほか、50万円を超える貸付(または他社との合算が100万円を超える場合)には、所得証明書が必要です。

②返済負担を無くしたい時に使おう

毎月2万円〜3万円以上(キャッシング等の)返済をしている方は、ローンの見直しをしてみてください。特に3年〜4年前(または5年以上前)にローンを組まれた方は、他行や消費者金融の「最新金利」をチェックする必要があります。

なぜなら、金利は常に変動しており、特に2016年以降は多くのカードローン会社が、金利の引き下げや利息の見直しを実施しています。このため「私たちが気が付かない間」に、利用しているローン金利が変わっている可能性が高いのです。

返済負担を少なくしたい方は、別の場所に「よりお得なカードローンがないか」確認し、低金利カードローンがあった場合は、乗り換えや借り換えを検討してみてください。

また、利用中のカードローン会社に「金利の引き下げを交渉」しても構いません。あまり交渉をする人を見たことが無いのですが、カードローン会社に交渉をするのは当たり前のことであり、むしろ「誰もが積極的に行うべき」行為と言えます。

実際にカードローン会社に交渉をして、年利1.0%〜2.0%ほど引き下げられた人がいます。また、これまでの返済状況を見て「より低い優遇金利」が提案してもらえる可能性も…! みなさんも遠慮無く、フランクに交渉を進めてみてください。

たとえ、わずかな金利引き下げでも、1カ月あたり数百円〜千円近く、返済額が変わることが予測されます。

カードローン会社への「引き下げ交渉」について

金利引き下げの相談は、電話か直接カード会社の窓口に持ちかけてみると早いです。「他社でもっとお得なローンを見かけたのですが…」と正直に言えば、多くの場合、金利の引き下げが検討してもらえるでしょう。

もちろん、カード会社によって条件が異なるので、全てに当てはまる訳ではありません。ただ、トライしてみるのは決して「損をすること」ではありません。ダメ元でチャレンジすれば、思いがけない(良い)結果が待ち受けている可能性も。

返済負担でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

③他のカードローン・キャッシング返済にも活用しよう

他社のローン返済が厳しい時、総量規制外カードローンなど「低金利融資」を利用して、一部(または全額を)返済に充当することが可能です。

また、複数の借り入れがあるのなら、低金利ローンで一括返済すると良いでしょう。こうした返済(=借り入れの一本化)を私たちは「おまとめローン」と呼んでいます。借り入れを一本におまとめすれば、利息の無駄を無くして、抱えていた負債が一気に解消出来ます。

もちろん、まとめた先の融資については「今後、返済する必要」があります。しかし、バラバラだった利息を一本にまとめれば(=低金利ローンに変えれば)、ムダな利息を無くして、抱えていた負債も少なくできるので一石二鳥と言えます。

低金利の今がチャンス!総量規制外のカードローンで返済負担を無くそう

本記事の冒頭でも述べましたが、低金利の今「返済負担」を解消する最大のチャンスです。

金利が安いカードローンで完済を目指そう

もちろん今後、世界の情勢や国内の経済状況によって「金利がどのように変動するのか」は分かりません。特に、アメリカ大統領選挙の後「トランプショック」で経済の先行きは不透明になっているので、いつ金利が上がるのか(それとも下がり続けるのか)は、経済のプロでも予測不可能です…。

このため「金利が低い」今のうちに、スッキリ借金の問題を解消し、完済までの道のりをなだらかにしておくことが重要です。

本サイトでも、最新の年利や貸し付け条件を元に「おすすめできるローン」を紹介しています。総量規制対象外ローンや低金利ローンをお探しの方は、以下のページを参考にしてみてください。

キャッシングの豆知識『消費者金融のおまとめ』について

おまとめローンと言えば「銀行カードローン」のイメージが強いのですが、消費者金融でも一部、おまとめローンが利用できます。例えば、プロミスやアコム、アイフルではそれぞれ「おまとめローン」を扱っており、他社での借り入れを一本化、もしくは借り換えする目的で融資を行っています(※ ただし、各社ローンの名称は異なる)。

通常、消費者金融は総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の融資は受けられない仕組みです。しかし、おまとめローンに関しては総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える借り入れにも「返済負担が減らせるよう」融資を実施してくれます(※ 要審査のこと)。

無利息期間のあるローンで、万が一の資金不足も乗り切れる!

パソコン

カードローンの中には、無利息期間を設けるローンがあります。例えば、契約から30日間は利息無しで融資が利用できるので、万が一の資金不足も「リスク無し」で資金繰りの改善が行えるのです。

無利息期間のあるローンは、消費者金融のほかにも一部銀行でも実施しています。カードローンの利用が初めての方も「お試し感覚」で申し込まれると良いでしょう。

「信用力」でローン利息を小さく抑えよう!

お金

本記事の前半で「利息引き下げ交渉」について説明しましたが、みなさんに信用力があれば、ローン利息の見直しは前向きに検討してもらえます。

ここでの信用力とは「過去の利用実績や返済の状況」を指します。

増枠をされたい方も、クレジットヒストリー(クレジットの利用履歴)を高めて、より良い条件でキャッシングできるよう努めましょう。

まとめ|総量規制外カードローンは、今後ますます人気に…!

今回は、総量規制対象外ローンのお得な活用のコツについて説明しました。みなさんも「低金利のチャンス」を逃さず今ある借金を減らし、上手にカードローンを使いこなしてみてください。

総量規制対象外のみ
銀行カードローンを厳選して紹介

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP