カードローンで、住まいのリフォームや住宅ローンの支払いができる

334view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

リフォームのためのローン

カードローンを使って、リフォームができるのご存知でしょうか。リフォームの他にも、キャッシングを住宅ローンの支払いや、引越し費用としても活用できます。本記事ではカードローンを使った「住まいに関する新しいアイディア」をご紹介します。

カードローンでもリフォームできる

窓

カードローンの使い道は、基本的に自由です。このため生活費だけでなく、簡単なリフォーム費用としてもキャッシングが活用できます。実際に、限度額の大きなカードローンを使って、簡単な工事やリフォームをされる方が増えてきています。

もちろん、器用な方であれば( ローンで借りたお金を使い)自由にDIYをされても楽しいでしょう。また、DIYの材料や工具の購入だけでなく、家具やインテリアの購入費用としてもカードローンが活用できます。

このほか、カードローンには「目的ローン」と呼ばれる融資商品があるのですが、これはあらかじめ、お金の使い道が決まっている方を対象に、低金利で貸付を行うローンです。

目的ローンを利用される場合は、工事代金や購入予定の家具、インテリア用品などの見積書を提出するとよいでしょう。目的がはっきりしていれば、審査はより可決されやすくなり、カードローン会社も信頼して融資を通してくれます。

引越代の支払いに、ローンを使ってもOK!

荷造り

引っ越し費用の支払いにも、カードローンが利用できます。引っ越しには業者への作業代金のほか、新居で使う家具や家電、インテリア用品の購入などにお金がかかります。

引っ越し費用が足りないときには、フリーキャッシングなど、使途自由なローンを利用してみましょう。また、目的が既に決まっているのであれば「引っ越し費用」という名目で、目的ローンが利用できます。

急な引っ越しや単身赴任が決まられた方は、利息の低いカードローンを利用してみてください。申し込みから最短当日中に融資が受けられるため、急な引っ越しにもスピーディーに対応できます。

なお、申込の当日中に借りられるローンは、以下の記事で詳しく解説しています。

住宅ローンの支払い、キャッシングで乗り切る

財布

住宅ローンの支払いが厳しいときには、キャッシングでピンチを乗り越えましょう。無利息期間があるカードローンを利用すれば、次の給料日まで無利息で、住宅ローンの支払いが行えます。

住宅ローン「支払いの滞納」は、家を手放す恐れも…!

住宅ローンの延滞は大変危険です。もちろん、1ヶ月滞納したという程度では、マイホームが差し押さえられることはありません。しかし、債権者からの督促状や催促状を無視してしまうと、最悪の場合(住まいが)競売にかけられる恐れがあります。

もし、初めて住宅ローン滞納してしまった方は、すぐに金融機関に連絡を取り「いつまでに支払えるのか」約束を取り付けるようにしましょう。

短期的に返済が困窮しているのであれば、キャッシング等で、支払いのトラブルは免れます。例えば、無利息期間のあるローンなどを利用すれば、返済の問題は一時的に解消できます。

カードローンキャッシングの使い道は、基本的に自由です。事業目的では使えませんが、他社のローン返済や支払い目的であれば、キャッシングが利用できます。

住宅ローン・返済額が多い月でも、キャッシングで乗り切れる

家

返済額が大きな場合でも、高額融資に対応したローンを利用することで、余裕のある返済が行えます。また、2〜3ヶ月返済が厳しい場合でも、高額融資を利用すれば(住宅ローンの)返済負担が軽減できます。

ただし、便利なキャッシングでも、いつかは返済する必要があります。返済負担を無くしたいのであれば、長期計画を立ててコツコツと返済を続けましょう。また、余裕のある時に「繰り上げ返済」をしておけば、利息を増やすことなく、賢くカードローンが活用できます。

ただし、長期的に支払いの目処が立たないのであれば、銀行に出向き融資担当者と直接話をする必要があります。

また既に、督促から1ヵ月から3ヶ月以上の期間が過ぎているのなら事態は深刻です。これ以上返済を待たせてしまうと、競売という最悪の事態に陥ってしまいます。

住宅ローンで長期延滞が続いてしまうと、クレジットカードやほかのフリーキャッシングも使えなくなってしまうので注意しましょう。特に、銀行ローンを延滞してしまうと、今後の融資が受けられなくなってしまうので、事態はより深刻化してしまいます…。

トラブルを早期解決するには、キャッシングを利用すること!

トラブルを早期解決するには、できるだけ延滞が短い間にキャッシングで支払いを済ませておくことです。 カードローンであれば、最短30分ほどで審査が終わり、住宅ローン返済日に間に合うよう支払いが行えます。

また、高額融資を受けられる方は利息の少ない銀行ローンか、銀行系列の消費者金融カードローンを利用しましょう。利息が低ければ、長期利用しても全体の返済総額は少なく済みます。

このほか、住宅ローンの支払いを一旦リセットするという意味でも、カードローンは上手に活用すべきです。カードローンを利用した時点で「返済計画」を立て直せば、今後の見通しも明るくなるでしょう。

住宅ローン返済でお困りの方はぜひ、低金利のカードローン利用を検討してみてください。

小さなリフォームなら、カードローンが便利

家

住まいに長く住んでいると、5年や10年であちこちの箇所が痛んでいきます。特にキッチンや風呂場、トイレや浴室などの水回りは痛みが早く、 定期的にメンテナンスしなければ、すぐに老朽化してしまいます。

また水回り以外にも「痛みが目立った箇所」は、早めに修理しましょう。放っておくと、住まいの劣化が進行してしまいます…。この場合は、小規模の修理やリフォーム業者などを利用し、住まいのメンテナンス行ってください。

簡単な工事であれば5万円〜10万円ほどの修理代で済みます。また、洗面台などの総入れ替えに関しても、30万円程度の費用で済むでしょう。このほか、外壁塗装などに関しても、小さなスペースであれば10万円〜30万円程度の費用で収まります。

バリアフリー工事の場合は、ローン+助成金を利用すること!

ただし、バリアフリー工事やシステムキッチンの導入、浴室の総入れ替えなどを行った場合は、100万円以上の高額な費用が必要です。この場合は、助成金を申請すると同時に、リフォームに対応したローンを利用してください。

リフォームの費用は、リフォーム専用ローンを利用しても構いませんが、100万円から300万円程度の費用であれば、フリーキャッシングを使っても構いません。

また、工事という目的が決まっているので、目的ローンを利用しても良いでしょう。 目的ローンは、あらかじめ人が決まった融資に対し、低金利で貸付を行うローンです(本記事の前半でも解説済み)。みなさんも、住まいの状況に合わせて、ローンを賢く併用してみてください。

また各自治体でも、住宅補修やリフォームの補助金や助成金を設けています。ローンの申込だけでなく、最寄りの市役所や区役所にも、忘れず問い合わせてみてください。

まとめ|カードローンで、住まいをより快適に!

いかがだったでしょうか。カードローンの使い道は、キャッシングだけでなく、住まいのあらゆる目的に利用できます。

模様替えやちょっとしたリフォーム、引っ越し費用や住宅ローンの支払いなど、みなさんの住まいにあわせて、カードローンを上手に活用してください。

住まいに使えるローン
低金利カードローンでお得に借りる!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP