生活費が足りない!お金も貯金もない人向けすぐできる対処法5選

66view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

35156506_M

「仕事をしているけれど、毎月の生活費がギリギリ…」「出費が多くて今月の食費が足りない…」など、手元のお金や貯金がなく、生活費が足りずに悩んでいる方もいるでしょう。

でも実は、生活費が足りない時にお金を用意するのは、そこまで難しくありません。

そこで本記事では、お金をスグに用意したい方のために「お金が足りない時の5つの対処法」や、「お金が足りない時に見直したいポイント」などについて、詳しく解説していきます。

お金が足りない時にすぐできる対処法5選

家賃の支払いや光熱費、食費などの生活費が足りなくなった時の5つの対処法をまとめました。

お金が足りない時の対処法5選!

  1. 手元の品物を売ってお金を作る
  2. 嗜好品をやめてお金を浮かせる
  3. 副業などで収入を増やす
  4. 家族や親戚・友人にお金を借りる
  5. カードローンなどの金融サービスでお金を借りる

①手元の品物を売ってお金を作る

お金を用意するのに最も手軽な方法は、「手持ちの品物を業者や個人に買い取ってもらう」ことです。

手元の品物を売るために利用しやすいサービス

  • 個人間取引(個人売買)のウェブサービス
  • 質屋
  • 金券ショップ

個人間取引(個人売買)のウェブサービス

auction_happy_woman

手持ちの品物を売るために多くの方が利用しているのが、個人間取引を行うウェブサービスです。売りたい値段を決めて売却したり、オークション形式で販売したり、さまざまな種類の個人間取引のサービス(※)があります。

※個人間取引のウェブサービス…メルカリ、ヤフオク、フリル、ラクマなど

スマホアプリやインターネット上から簡単な手続きで手持ちの商品を売却できるため、非常に多くの方が利用しています。

また、ほとんどの個人間取引のウェブサービスでは、「売る側が、個人間取引のサービスへ数パーセントの手数料を支払う」仕組みになっています。

質屋

また、数多くの実店舗があり、誰でも利用しやすいのが質屋です。

質屋

質屋(しちや)もしくは質店(しちてん)、質舗(しちほ)は、何らかの物品を質(質草、担保)に取り、流質期限までに弁済を受けないときは当該質物をもってその弁済に充てる条件で金銭を貸し付ける(融資)事業を行う事業者あるいは店舗を指す。

出典:質屋|ウィキペディア

上の解説のように、質屋とは、品物を担保に一時的にお金を借す事業を指しますが、借りたお金を返済しない時には、 品物を質屋に手放します。つまり、質屋を利用すれば業者へ「品物の売却」が可能です。

質屋が取り扱う商品は幅広いですが、主にバッグや洋服などのブランド品、時計、宝石などの取り扱いが多いです。

質屋へ品物を持っていくと、その場ですぐにお金が手に入るため、不要になった高価な品物を持っている方で手持ちのお金に困っている方は「質屋」の利用も検討しましょう。

金券ショップ

使わない商品券やビール券などが手元にある方は、金券ショップに買い取ってもらうのも良いでしょう。金券ショップにより異なりますが、商品券であれば95%前後で買い取ってもらえる場合が多いです。

金券ショップは質屋と同様に、その場でお金を受け取れるので、スピーディーに現金が欲しい方にオススメの方法です。

②嗜好品をやめてお金を浮かせる

また、タバコやお酒などの嗜好品が好きな方で、手元にお金が無く困っている方は、思い切って嗜好品をやめてみることも検討してください。

タバコやお酒をやめると年間数十万円も浮く!?

もし仮にタバコを毎日1箱吸う方であれば、タバコをやめることで、毎年

500円 × 365日 = 18万2,500円

ものお金を浮かせられます。

また、お酒を毎日飲む方であれば、1日のお酒代が300円と仮定すれば、

300円 × 365日 = 10万9,500円

というお金を節約できます。

もし仮にタバコもお酒も両方好きな方が、どちらもやめると(上記の計算を参考にすれば)年間30万円ほどの金を浮かせられます。いつも金欠で困っているという方は、嗜好品をやめることで、金欠を解消できる可能性があります。

③副業などで収入を増やす

日頃から手持ちのお金が足りない…という方は副業などを行なって収入を増やす方法もオススメです。近年では大手企業などを中心に、副業を認めている会社も増えてきています。

企業に広がる副業解禁

社員の副業(兼業)を認める企業が増えている。長年、終身雇用と長時間労働を前提に「本業がおろそかになる」などの懸念から、ほとんどの企業が禁じてきた。

しかし、副業は多様な経験、知識を持つ人材の確保につながるとの考え方が企業にも広がってきたことが背景にある。 

出典:東京新聞(2018年11月19日付)

お勤め先の会社が副業OKな場合は、アルバイトやパート、またはクラウドソーシングなどで「本業以外の収入」を得られるように検討してみましょう。

④家族や親戚・友人にお金を借りる

手持ちのお金が無くなってしまい、少額のお金が足りないという場合は、家族や親戚、友人などにお金の工面をしてもらうのもオススメかもしれません。

家族や親戚、友人などにお金の工面をしてもらうのは「恥ずかしい」ことかもしれませんが、お金の工面の相談をできる相手がいる方は、一度相談してみましょう。

⑤カードローンなどの金融サービスでお金を借りる

「今日中にお金が必要だけど、手元に売る品物などもない…」と悩んでいる方は、銀行や消費者金融が提供している個人向け融資のカードローンの利用がオススメです。

カードローンは安定した収入さえあれば使える

カードローンでお金を借りる時には「審査」が行われます。しかし、正社員やアルバイト、パートなど、安定した収入がある方であれば、誰でも審査通過を目指せます

消費者金融カードローンは即日融資可能!

また、アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融カードローンは、審査スピードが非常に早く、最短では1時間程度でお金を借りられます。素早くお金を借りられるのもカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

消費者金融カードローンには無利息期間がある

また、ほとんどの消費者金融カードローンには、はじめて契約する方に対して「30日間の無利息期間」のサービスがあります。

カードローンを利用したことがない方は、「カードローンの金利・利息が高いのでは…?」と不安な方も多いかもしれません。しかし、この無利息期間内に借りたお金を完済すれば「借りたお金だけの返済でOK」になるため、実質利息0円でお金を借りられます。

学生も条件付きでカードローンを利用できる

また、学生の方でも「20歳以上」で「アルバイトなどの安定した収入」がある方であれば、カードローンの審査通過を十分に目指せます。

お金が足りないという方は、カードローンへの申し込みも検討してください。

お金が足りなくなった理由を考える

お金が足りなくなって困っている方は、「お金が足りなくなった理由」を把握する事で資金不足を解消できる可能性もあります。

お金が足りなくなる、よくある理由

  • 収入と支出のバランスが悪い
  • 無駄な買い物が多い
  • 固定費が高い

収入と支出のバランスが悪い

お金が足りなくて困っている方の中には、「収入と支出のバランスが悪い」方がほとんどです。例えば、収入が20万円で支出が22万円あるという方は、2万円の赤字になります。当たり前ですが、出費が収入を上回ってしまうと、お金が不足してしまいます。

収入と支出のバランスが分からないという方は、「家計簿」などでお金の出入りを細かく記録し、収入と支出のバランスをチェックしてください。

最近では簡単に家計簿がつけられるスマホアプリなどもあるので、うまく活用してみましょう。

無駄な買い物が多い

kaimono_tsukiai

手持ちの余裕金があまりないのに「欲しい物をスグに買ってしまう」というような方は、無駄な出費を見直すようにしてください。

欲しいと思う品物の中にも、「本当に必要な物」と、「必要ではない物」に分けられるはずです。無駄な出費が多いと感じている方は、「本当に必要な物」だけを購入するようにすれば、グッと出費を抑えられるでしょう。

固定費が高い

また、「普段あまり高価な買い物をしないけれど、いつもお金が足りない…」という方は、固定費の見直しを行ってください。例えばスマホの通信費などを見直せば、年間5万円以上の節約も可能です。

また、車を所有している方であまり車を使用していない方は、車の維持費を削減するために「売却」するか「カーシェアリング」などに登録してレンタル料を稼いだりするのもオススメです。

家賃、水道ガス光熱費、通信費、車の維持費など、固定費を抑えるだけで毎年10万円以上の節約も可能なので、ぜひこの機会に一度固定費の見直しを行ってみましょう。

手持ちのお金がない時に特に注意すべきこと

ここで、手持ちのお金がなくて困っている方が「絶対に注意すべきこと」について解説します。

簡単にお金を貸してくれる業者に注意!

特にお金に困っている方が注意したいのが、「無審査でお金を貸します」、「すぐに現金の受け渡しOK」など、甘い言葉で利用者を勧誘している金融業者です。

このような甘いサービスで「簡単にお金を貸してくれる」ような金融業者は、ほぼ間違いなく「ヤミ金業者」であると考えられます。

ヤミ金の利用は大きなトラブルの原因

また、一度でもヤミ金を利用してしまうと、必ず「脅迫的な取り立て」や「高額な利息の請求」など、大きなトラブルに巻き込まれてしまうでしょう。

闇金融

闇金融(やみきんゆう)は、日本において、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、正規に貸金業の登録をしていながら出資法に違反する高金利を取る業者を指す。ヤミ金融、ヤミ金、闇金とも表記される。

出典:闇金融|ウィキペディア

お金に困っている時こそ冷静に判断する!

このため、「お金に困っている時こそ冷静に行動」し、違法な悪徳業者などに騙されないように十分に注意してください。

安全にお金を借りたい方は、テレビCMや電車の広告などでよく見かける「大手消費者金融」などを利用しましょう。

お金の節約や貯金を心がける

また、日頃からお金が足りなくて困っているという方は、「お金」に対する意識を少し変えてみるだけで金欠を解消できる可能性もあります。

日頃から「お金」について考える

例えば日頃から「節約」を気にするようにすれば、毎日数百円ほどの出費を抑えられるでしょう。毎日120円のジュースを買うという方は、購入を控えるだけで

120円 × 365日 = 年間4万3,800円

も節約できます。

毎日少しの「貯金」で数万円貯められる!

また、毎日100円だけの貯金でも

100円 × 365日 = 年間3万6,500円

も貯金できます。このように、少しの節約、少しの貯金を心がけるだけでも年間を通せば多くのお金を節約したり貯金できたりします。

お金に対する「意識」を変えることが重要!

日頃からお金を節約する、貯金しようと考えていると、自然とお金に対する「意識」が変わります。また、少し貯金が貯まってくることで「貯金する楽しさ」も感じられるようになるでしょう。いくらお金を稼いでも「お金が足りなくなる」という方は、少しの節約、少しの貯金からはじめてみるのもオススメです。

どうしてもお金が無いときは金融業者から借り入れる

本記事では、「お金が足りない時の5つの対処法」を中心に、お金が足りなくなる理由、お金が無くて困っている方が特に注意したいポイントなどについて詳しく解説してきました。

日頃から収入と支出には注意する!

  • お金が足りない時は品物を売ってお金を作る
  • タバコやお酒をやめて節約もオススメ
  • アルバイトや在宅ワークの副業で収入を増やす
  • 家族や親戚にお金の工面を頼む
  • 消費者金融カードローンなども活用する
  • お金が足りないのは収入と支出のバランスが悪いため
  • 無駄な買い物を控えて余裕金を増やす
  • お金に困っても「ヤミ金」は絶対に使わない
  • 「節約」や「貯金」などでお金に対する意識を変えてみる

chokin_tsuchou

お金がなくて困っている方は、本記事で解説した5つの対処法「品物を売る」「タバコやお酒をやめる」「副業」「家族に借りる」「カードローンで借りる」などでお金を作ることを検討しましょう。また、この中で簡単にお金を作りやすい方法は、「品物を売る」または「カードローンで借りる」ことでしょう。

しかし、手元に売れるような高価な品物がないような方は、「大手消費者金融」などが提供しているカードローンへの申込みなども検討してください。アルバイトやパートの方でもカードローンは利用しやすいので、収入などのステータスに自身がない方でも審査通過を目指せるでしょう。また、多くの消費者金融は銀行の子会社となっているため、誰でも安心してキャッシングが可能です。

生活費の足しに使える!
困った方向けの消費者金融カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP