カードローンの増額審査で在籍確認は発生する?

240view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンの増額審査で在籍確認は発生する?

カードローンを利用しているけど「もう少し限度額が欲しい」と感じている人は、「カードローンの増額」を行いましょう。ただし、カードローンの増額時に「在籍確認があるのか?」気になって、なかなか増額申請できないという人も多いかもしれませんね。

そこでこの記事では、カードローンの増額審査時の在籍確認について詳しく解説を進めていきます。しっかりと理解を深めて、カードローンの増額を成功させてみてくださいね。

カードローンの増額とは?

一般的に消費者金融などのカードローンの契約を行うと、希望限度額に関わらず、10万円〜50万円の程度の限度額での利用となる場合がほとんどです。希望限度額よりも低い限度額でカードローン契約が行われるのは、カードローン利用者が「しっかりと返済してくれる人かどうか」をカードローン審査の短時間で判断できないためです。

カードローンの増額には一定の条件が必須

このため、カードローンの増額を行うにはしばらくの間カードローンを利用し、下記のような一定の条件をクリアしなければいけません。

  • カードローンの返済に遅れがないこと
  • 半年以上カードローンを利用していること

カードローンの返済に遅れがないこと

カードローンの返済に遅れがないこと

カードローンの増額を行うためには、「カードローン利用先の金融業者に優良顧客と認めてもらう」ことが必須条件となります。このため、カードローンのキャッシングの返済時には、絶対に遅延や滞納を起こしてはいけません。

カードローンを利用し、毎月しっかりと返済を行なっていると認めてもらえれば、「優良顧客」としてみてもらえるため、カードローンの増額審査にも通過させやすいんです。

半年以上カードローンを利用していること

また、利用先のカードローンにもよりますが、カードローンの増額審査には「半年以上の利用期間が必須」条件である場合が多いです。これは、1〜2ヶ月間程度の短期間の利用だけでは、「しっかりと返済を行なってくれる人かどうか」を判断しにくいためです。

カードローンの増額審査に通過させるためには、半年以上の利用履歴が必要になる場合がほとんどなので、「カードローンの契約直後だけど限度額が足りない!」という人は、別のカードローンと新規契約する方法もおすすめです。ただし、複数のカードローンを利用すると借金の管理が複雑になるため、十分に注意した上でカードローンの新規契約を検討してみてくださいね。

カードローンの増額時には必ず審査が行われる

これらの理由から、カードローンの増額時には必ずカードローンの審査が行われます。また、カードローンの増額時には在籍確認も行われるのでしょうか。次の項目でしっかり解説していきます。

カードローンの増額時には在籍確認が行われる

実はカードローンの増額時には、在籍確認が行われる場合がほとんどです。

カードローンの在籍確認とは?

カードローンの増額時の在籍確認を解説する前に、まずは「カードローン審査時の在籍確認」について再度確認しておきましょう。カードローンの在籍確認とは、どのような審査内容なのでしょうか。

カードローンの在籍確認について

カードローンの在籍確認について

カードローンの在籍確認とは、カードローン利用者が申請した勤務先に本当に勤めているかをチェックする審査項目となっています。在籍確認の方法は電話により行われ、主に下記のような電話内容となります。金融業者のスタッフを山田さん、利用者を鈴木さんと仮定し、在籍確認での応答を確認してみましょう。

金融業者「山田と申しますが、鈴木様はいらっしゃいますか?」
利用者「はい、私が鈴木です。」
金融業者「〇〇カードローンの山田と申します。この度はカードローンのお申し込みありがとうございました。…」

このように、在籍確認ではカードローンの金融業者名を名乗らず、在籍確認を行うスタッフ名で電話をかけてくれる場合がほとんどなんです。また、カードローン利用者が不在の場合でも「ただいま離席中です」などの対応をしてもらえれば、在籍確認の審査に通過します。このように、必ずしも本人が在籍確認の電話に出る必要はありません。

カードローンの増額時の在籍確認について

ではカードローンの増額申請時の在籍確認とは、どのようなものでしょうか。

カードローン申し込み時と増額時の在籍確認は同じ

基本的にカードローンの申し込み時に行われる在籍確認と、カードローンの増額申請時に行われる在籍確認は同じ内容です。カードローンの金融業者から勤務先に電話が行われ、申し込み者の在籍を確認する方法となります。

なぜカードローンの増額申請時も在籍確認を行うの?

カードローン申し込み時だけではなく、増額申請時も在籍確認を行うのでしょうか。増額申請時の在籍確認には、下記の理由が考えられます。

  • 継続して勤務しているか
  • 勤務先が変わっていないか

カードローンの利用には、必ず安定した収入が必要となります。このため、増額申請時でも在籍確認を行い「継続して安定した収入を得ているか」を再度確認されるんですよね。

また、申し込み時に申請した勤務先から転職していないか、の確認も行われます。申し込み時〜増額申請時までに勤務先が変更されていれば、勤務先の変更の手続きが必要となるため注意しておきましょう。

増額時の在籍確認が行われない場合もある

また、カードローンを提供する金融業者、カードローンの増額審査をするスタッフによっては、在籍確認が行われない場合もあります。増額時の在籍確認が行われるかどうかは運次第という側面もありますが、主に下記の項目を満たしている人が増額時の在籍確認を避けられる可能性があります。

  • 半年以上カードローンを利用している
  • カードローンを適度に利用して毎月しっかりと返済を行なっている
  • 信用情報に傷がついていない
  • 一定以上のステータスがある

上記の項目を簡単に確認していきましょう。

半年以上カードローンを利用している

カードローンの増額申請に通過させやすいのは、半年以上の利用履歴後からと言われています。このため、最低でも半年以上カードローンを利用してから限度額の増額を行うようにしてくださいね。

カードローンを適度に利用して毎月しっかりと返済を行なっている

また、カードローンの利用履歴も重要なポイントとなります。適度にカードローンを利用し、しっかりと返済を行なっておくとキチンと返済してくれる優良な利用者として認めてもらえるため、カードローン増額時に在籍確認が行われない可能性があります。

信用情報に傷がついていない

また、信用情報(=クレジットヒストリー)に傷がないことも重要となります。信用情報にはカードローンやクレジットカード全体の利用履歴が残されているため、たとえ利用中のカードローンで不備がなかったとしても、他社カードローンなどで延滞などの事故がある場合もあります。このため、信用情報に傷がないことも増額時の非常に重要な審査項目となります。

一定以上のステータスがある

一定以上のステータスがある

利用者が安定した収入を確保しているかが審査の焦点となります。つまり、安定した収入が確保できていると考えられるステータスであれば、増額申請時の在籍確認を避けられる可能性があります。

これらのステータスとは、「配偶者がいるか」「子供がいるか」「30代や40代の働き盛りの年齢か」というような条件と考えられます。つまり、継続して安定した収入を得ていると考えられるステータスであれば、在籍確認が行われない場合があるんです。

カードローン増額時の在籍確認を避ける方法

このカードローンの増額申請時に行われる在籍確認ですが、避ける方法はあるのでしょうか。在籍確認を避けて増額に成功できる可能性がある方法を、解説していきます。

別のカードローンと新規契約を行う

カードローンの増額申請時には、原則在籍確認が行われます。このため、カードローンの限度額が少なくて困っているという人で、どうしても在籍確認を避けたいという人は、「他社のカードローンと新規契約を行う」方法がおすすめです。

カードローンの新規契約時に「在籍確認が行われない」「電話以外の在籍確認に変更」できるようなカードローンもあるため、カードローンの新規契約=カードローンの増額として、うまく活用してみてくださいね。在籍確認を電話以外の方法に変更してもらえるカードローンは消費者金融で提供されている場合が多いため、消費者金融を中心に探してみてくださいね。

カードローンの自動増額ってあるの?

また、クレジットカードで行われているような利用限度額の自動増額は、カードローンで行われているのでしょうか。

カードローンでは自動増額は行われない

カードローンでは、自動増額は行われません。頻繁にカードローンを利用して、しっかりと返済を続けているような優良顧客だからといって、カードローン側の判断で「自動増額」されない点には注意しておきましょう。つまり、カードローンでは増額申請をしない限り限度額は増えません。このため、カードローンの限度額が小さいと感じている人は、必ず増額申請(もしくは、他社カードローンとの新規契約)を行うようにしてみましょう。

まとめ|カードローンの増額申請時の在籍確認について

この記事では、カードローンの増額申請時の在籍確認について詳しく解説を進めてきました。重要な項目をまとめていきますので、おさらいとして再度確認していきましょう。

  • カードローンの増額申請時には在籍確認が行われる
  • 利用者のステータスによっては在籍確認がない場合もある
  • 在籍確認がないカードローンを新規契約するのもおすすめ
  • しっかり返済をしていれば増額申請に落とされる可能性は低い

カードローンの増額申請時には在籍確認が行われる

カードローンの増額申請時には、原則「在籍確認」が行われます。これは、利用者に安定した収入があるか勤務先を退職していないかを確認するためでしたよね。また、在籍確認とは勤務先に電話による確認が行われる審査内容となっているため、勤務先へ電話を入れられたくない!という人は十分に注意しておく必要があります。

利用者のステータスによっては在籍確認がない場合もある

カードローンの増額申請時には原則在籍確認が行われるのですが、利用者のステータスによっては在籍確認がされない場合もあります。確実に安定した収入を得ていると予想できるような人へは在籍確認が行われない場合があります。

在籍確認がないカードローンを新規契約するのもおすすめ

在籍確認がないカードローンを新規契約するのもおすすめ

また、どうしても増額申請時の在籍確認を避けたい場合、在籍確認がないカードローンと新規契約する方法もおすすめでしたよね。消費者金融などのカードローンであれば、電話による在籍確認から書類による在籍確認へ変更してもらえる可能性もあります。カードローンを新規契約して、あなたが利用できるキャッシングの限度額を高める方法もおすすめできます。

しっかり返済をしていれば増額申請に落とされる可能性は低い

しっかりとカードローンの返済を続けていれば、増額申請時の審査に落とされることはないでしょう。ただし、過去に「滞納」や「未納」などの履歴を残してしまっている場合は、増額審査に落とされてしまう可能性があるため、注意が必要です。

ぜひこの記事を参考にしながら増額申請に成功させて、うまく資金繰りを行い資金不足のピンチを乗り越えてみましょう。

在籍確認で選ぶ
手早く借りるなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP