カードローンの増額(増枠)を申し込む前の注意点

234view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンの増額を申し込む前の注意点

現在、カードローンを利用しているけど限度額が少し足りない、と感じている人はカードローンの増枠申請をしてみましょう。また、カードローンの増枠申請をする前に、注意しておくポイントがあるので、この記事で詳しく解説していきます。

限度額を増額!カードローンの増枠とは

はじめに、カードローンの増枠について解説していきます。カードローンの契約時、自分が希望していた限度額よりも低く設定されたという人もいるでしょう。カードローンの初期契約時には「顧客のキャラクター(=返済意思)や返済能力」が分からないこともあり、数十万円程度の限度額となる場合があるんですよね。

増枠はカードローンの限度額を増やすためのもの

もし、あなたが利用したい金額よりも少ない限度額だった場合、カードローンの限度額を引き上げるために増枠申請を行います。増枠の審査に通過すれば、今までの限度額以上のお金を借りられるようになります。これをカードローンの増枠と言います。うまく増枠に成功すれば、大きなお金を借りられたり、金利を下げてもらえたり、カードローンを有利に利用できる可能性があるんです。

カードローンの増枠を申し込む前の注意点

実際にカードローンの増枠を申し込む前に、注意しておくべきポイントを解説していきます。

そもそもカードローンの増枠審査は、カードローンを新規契約する際の審査よりも難しい傾向があります。これは、今までより高額なお金を貸し出すため、審査ハードルも高くなるんです。しかし、これから解説していく項目を抑えておけば、カードローンの増枠審査はそこまで難しくはないでしょう。

  • カードローンの利用が半年以上経っている
  • 信用情報に傷をつけていない
  • 転職した直後ではない
  • 住所や電話番号などに変更がない
  • 増枠後の限度額は総量規制内に抑える

カードローンの利用が半年以上経っている

カードローンの増枠申請をするためには、カードローン契約から「半年〜1年以上」経過している必要があると言われています。利用先のカードローンによって目安となる期間はそれぞれですが、利用者の返済能力を把握できる程度の期間は最低限利用しておく必要があります。

利用中の金融業者へ信用実績を積み上げておく

半年以上カードローンを利用していれば、「カードローンの返済をしっかりしているか」「定期的にお金を借りているか」を判断しやすくなりますよね。また、カードローン契約してから2〜3ヶ月という人は、信用実績の積み上げが不十分なため、増枠申請に落とされてしまう恐れがあります。このため、半年以上カードローンを利用した上で増枠申請するようにしてくださいね。

信用情報に傷をつけていない

信用情報に傷をつけていない

また、カードローン契約後から増枠申請までの間に、返済時のトラブルや自己破産などの金融事故を起こしていないことも重要なポイントとなります。返済時のトラブルとは、カードローンの返済に遅れてしまった場合など、信用情報に「滞納」や「未納」などのネガティブな履歴が残ってしまうことです。カードローン契約後から信用情報に傷があれば、増枠申請に通過しにくくなるためカードローンの払い忘れなどに十分に注意しておきましょう。

カードローンなどの信用情報は共有されている

また、信用情報は共有されるため、他社のカードローンを利用中に返済トラブルを起こしてしまった場合も、審査に不利となります。もし、滞納などを起こしてしまった場合は、トラブルから半年〜1年以上経って、ネガティブな履歴が過去のものになってから増枠申請するようにしてくださいね。

転職した直後ではない

初回のカードローン契約時から勤務先が変更となっていても問題はありませんが、新しい勤務先に転職してから半年〜1年以上の勤続年数が必要となります。基本的にはカードローンの増枠審査は、通常のカードローン審査と同じような審査内容となるため、勤続年数が短い場合は増枠審査に落とされてしまう可能性が高いでしょう。

このため、転職後にカードローンの増枠申請を考えている人は、最低半年〜1年以上の勤続年数を積み上げてから手続きを行ってみてくださいね。

住所や電話番号などに変更がない

住所や電話番号などに変更がない

また、カードローン契約時からお住まいや電話番号、メールアドレスなどの変更があった場合も注意が必要です。カードローンの増枠申請時に、過去に申請した内容に相違があれば書類の不備として扱われ、カードローン審査に落とされてしまう可能性があります。このため、住所変更や電話番号の変更があった場合は、速やかにカードローンの金融業者へ連絡するようにしましょう。

金融業者も「まじめにしっかりと連絡、手続きしてくれる顧客」 は優良顧客としてみるはずです。過去と現在の申請内容に相違がないように、十分に注意しておいてくださいね。

増枠後の限度額は総量規制内に抑える

消費者金融のカードローンの場合、貸金業法内の「総量規制」という法律が影響します。この総量規制とは、「貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超えるお金を融資してはいけない」と法律で制限されているんです。

これは過去に、大きなお金を借り入れた利用者の多くが自己破産などの債務整理を行ないました。この時、多くの自己破産者が出たことが引き金となり貸金業法の見直しが行われたんですよね。その後、2010年に貸金業法が改正されて年収の3分の1までの融資となる総量規制が実施されました。

このため、現在の消費者金融では年収の3分の1を超える金額を借りられないんです。例えば現在の年収が300万円で限度額50万円という人が、増枠で限度額150万円を希望しても「総量規制の範囲外」となってしまうため、必ず審査に落とされてしまうでしょう。

銀行カードローンも融資額の自粛傾向

また、銀行カードローンでは銀行法が適用されているため、総量規制の対象外となります。しかし近年では銀行カードローンでも貸付額を自粛している傾向があり、年収の3分の1程度の限度額としている場合が多いので、注意しておいてくださいね。

カードローン増枠の手続き方法

実際にカードローンの増枠を希望する場合の手続き方法を確認していきましょう。カードローンの増枠には下記の2種類の方法があります。

カードローン増枠の手続き方法

  • 自分でカードローンの増枠申請を行う
  • 利用先の金融業者から増枠申請の案内が来る

自分でカードローンの増枠申請を行う

カードローンを増枠するためには、今利用中のカードローンの金融業者へ、自分で増枠申請します。増枠のための条件はどのカードローンでも公表されていないため、先ほどの項目で解説したポイントを確認した上で、カードローンの増枠申請をするようにしてくださいね。利用しているカードローンによって様々ですが、インターネット、電話や窓口から増枠申請を行います。

利用先の金融業者から増枠申請の案内が来る

利用先の金融業者から増枠申請の案内が来る

また、カードローンをしばらく利用していると、利用先の金融業者からハガキやメールなどで「増枠申請の案内」が届く場合があります。金融業者からの増枠申請の案内は、金融業者が設定している一定の条件をクリアした場合に送られてくる場合がほとんどです。

例えば「カードローンの利用から6ヶ月以上経って遅延や延滞などを起こしていない人」と金融業者側で設定されている場合、この条件を満たしている人へは自動的にハガキなどで連絡があるんです。ただし、この案内は「増枠申請しませんか?」という案内となるため、連絡をもらっただけでは増枠されていない点には注意しておきましょう。

案内が来ても増枠審査に落とされてしまう場合も

また、金融業者から増枠申請の案内が来ても、実際の増枠審査に落とされてしまうケースもあります。案内が来たのに増枠に落とされるケースとは、「他社カードローンやクレジットカードなどの利用履歴に問題があった」場合などです。

信用情報は共有されているため、例え利用先のカードローンをキチンと利用していたとしても、他の金融商品でトラブルを起こしてしまった場合は増枠審査通過が難しくなるので注意しておきましょう。

カードローン増枠審査の流れ

増枠申請の流れを確認していきましょう。

  1. 電話やインターネットから増枠申請する
  2. 金融業者側で増枠審査が行われる
  3. 審査に通過すれば限度額の増枠が完了する

①電話やインターネットから増枠申請する

カードローンの増枠は、電話やインターネット(利用先金融業者のマイページ)などから行います。カードローンによっても申請方法が異なるので、公式サイトや窓口で増枠の申し込み方法を確認してみましょう。

②金融業者側で増枠審査が行われる

申し込みが完了すれば、金融業者によるカードローンの増枠審査が行われます。初回契約時の項目に変更がなければ、基本的には申し込むだけで審査がスタートします。

増枠審査はスピーディーに完了してくれる場合が多く、金融業者の営業時間内であれば、1時間以内に審査結果の連絡がある場合もあります。

③審査に通過すれば限度額の増枠が完了する

無事に審査に通過すれば、限度額が増枠されるため、今までよりも大きなお金を借りられるようになります。

増枠申請で限度額が下げられる可能性もある

ただし、カードローン契約時から増枠申請までの間に「返済時のトラブルがあった」「転職して年収が減った」などのネガティブな履歴があると、カードローンの限度額が減額されてしまう恐れもあります。

このため、特にカードローンの返済時にトラブルを起こしたという人は、信用情報の返済履歴が残されている2年間は増枠申請をしない方が良いかもしれませんね。

カードローンの増枠(限度額の増額)をおすすめする理由!

カードローンでさらに大きなお金を借りたい場合、「他社のカードローンを新規契約する」という方法もあります。しかし、カードローンの限度額を増やすためにはカードローンの増枠をおすすめします。他社カードローンの新規契約をおすすめしないのは、下記の理由があるためです。

  • 新規契約だと上限の金利が設定される
  • 新規契約すれば毎月の返済負担が大きくなる
  • 複数のカードローンの管理が大変

新規契約だと上限の金利が設定される

他社のカードローンと新規契約すれば、数十万円程度の限度額となるため、上限の金利が設定される場合がほとんどです。しかし、もし利用中のカードローンの増枠が成功すれば、限度額が高額となるため金利を下げてもらえる可能性があるんです。

銀行カードローンや消費者金融カードローンでは、限度額によって金利が下がる場合が多いため、増枠する時には1社だけのカードローンを利用する方がお得になりやすいんです。

新規契約すれば毎月の返済負担が大きくなる

新規でカードローンを契約し、複数のカードローンを利用すると、毎月の負担額が大きくなるでしょう。もし3社のカードローンを利用しているという場合は、毎月3回も返済があるんですよね。返済回数が多ければ毎月の返済額も大きくなるため、複数のカードローン利用はあまりおすすめではありません。

複数のカードローンの管理が大変

複数のカードローンの管理が大変

さらに、複数のカードローンを利用している人は、返済日や今借りている借金の総額など、カードローンの管理がとても大変なんですよね。多くのカードローンを利用することで、利用中のカードローンが把握できなくなり、返済に遅れてしまったり、最悪の場合、負担が大きくなって返済できなくなるという恐れもあるでしょう。

このように、新規でカードローンを契約するのは返済時のデメリットが大きいため、限度額を上げる時には現在利用中のカードローンの増枠申請を行いましょう。

カードローンの増枠、限度額の増額で資金不足を乗り越えよう!

この記事では、カードローンの増枠申請について詳しく解説してきました。カードローン増枠時の審査は、審査難易度が高い傾向にありますが、この記事で解説してきた項目をキチンとクリアできていれば、審査通過も難しくないでしょう。

ぜひこの記事を参考にしながら、カードローンの増枠審査に通過できるように、増枠の申し込み前にはしっかりとチェックしておいてくださいね。

借金を一本化!
返済で困っているなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP