カードローンを利用すると住宅ローンの審査に影響する?

95view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンを利用すると住宅ローンの審査に影響する?

カードローンと住宅ローンは、利用目的や借入金額が大きく異なるのですが、同じローン商品なのでこれらの関係性が気になっている人も多いでしょう。また、カードローンを利用しているだけで住宅ローンに落とされないか心配している、という人もいるかも知れませんね。

現在カードローンを利用中の人や、これからカードローンを利用するという人の中には、今後住宅購入のための住宅ローンを視野に入れている人もいるはずです。そこで、この記事ではカードローンが住宅ローンに与える影響について詳しく解説していきます。記事をしっかりと確認し、うまくカードローンを活用していきましょう。

カードローンは住宅ローンの返済比率に影響する

一般的に住宅ローンには返済比率という考え方が存在しています。この返済比率とは、「年収の何パーセントまでなら余裕を持って返済できるか」の目安となる割合のことです。

住宅ローンの返済比率は25%〜35%

住宅ローン利用者の年収や、利用先の住宅ローンによって異なるのですが、返済比率の目安は25%〜35%程度となっています。一般的には年収が低い人は返済比率の割合が小さく、年収が高い人ほど返済比率が高くなっています。分かりやすく下記の表にまとめてみました。

年収の違いによる差額|返済比率25%の場合
年収 400万円 600万円
年間返済に充てるお金 100万円 150万円
返済以外に使えるお金 300万円 450万円

上記の表のように、年収が高い人は多少返済比率が高くなっても返済以外に使えるお金が確保できるため、年収の高い人は返済比率が若干高く設定されているのです。

カードローン利用者の住宅ローン利用時の返済比率のシミュレーション

カードローン利用者の住宅ローン利用時の返済比率のシミュレーション

例えば、年収400万円の人が毎月2万円のカードローンの返済があるとし、住宅ローンの返済比率を25%の場合のケースで考えてみましょう。

毎月2万円をカードローンの返済に充てているので、年間24万円の返済負担がありますよね。また、返済比率が25%のため年間の返済負担の上限は100万円となります。このようなケースでは、

100万円 − 24万円 = 76万円

となり、年間76万円までしか住宅ローンに充てられません。つまり、年間100万円を返済に充てるような住宅ローンの審査には落とされてしまう可能性が非常に高いため、カードローン利用者は返済比率について注意しておく必要があります。

カードローン利用者が住宅ローン利用時に注意しておくべきポイント

続けてカードローン利用中の人や、過去にカードローンを利用していたという人が、住宅ローンへ申し込む時に注意しておくべきポイントについて解説していきます。

  • カードローン利用中で毎月の返済負担が大きい人
  • 信用情報にカードローン返済トラブルなどの傷がある人
  • 現在利用中のカードローンを延滞してしまっている人
  • 過去に利用していたカードローンを解約していない人
  • 消費者金融カードローンは住宅ローン審査に不利となる場合も

カードローン利用中で毎月の返済負担が大きい人

カードローン利用中で毎月高額な返済負担があるという人は、先ほどの項目で解説した返済比率に注意しておきましょう。カードローンの返済負担などによって住宅ローンの返済額が返済比率を超えてしまうと、住宅ローン審査に通過できない可能性が高まります。このため、住宅ローンの年間の返済負担を小さく抑えるか、カードローンの返済を完了させてから住宅ローンへ申し込むようにしましょう。

信用情報にカードローン返済トラブルなどの傷がある人

カードローン利用者は、過去の信用情報にも注意しておく必要があります。信用情報とは、カードローンやクレジットカードを利用した時の履歴が残されているんですよね。また、返済時に未納や滞納などがあった場合、信用情報に返済トラブルを起こしたという履歴が残されるんです。

未納や滞納などの返済トラブルは最長5年間残される

また長期間、カードローン返済の未納や滞納などを起こしてしまったという人は、最長5年間は信用情報に履歴が残されてしまうんです。この信用情報に傷が残っている状態で住宅ローンへ申し込んだとしても、「返済トラブルを起こしている人」として見られてしまうため、カードローン審査には通過しにくくなるでしょう。

自己破産した場合などは最長10年間履歴が残る

自己破産した場合などは最長10年間履歴が残る

信用情報の最もネガティブな履歴は、自己破産などの債務整理を起こしてしまった場合です。このようなケースでは、最長10年間も履歴が残されてブラック扱いとなってしまうんです。また、ブラックになってしまった人は確実に住宅ローン審査に落とされます。

ブラックの人が審査に通過できないのは住宅ローンだけではなく、カードローンやクレジットカードなどの審査にも落とされるようになってしまうのです。過去に信用情報に大きな傷がある人は、信用情報の履歴が消えてから住宅ローンなどのローン商品へ申し込むようにしてみてくださいね。

現在利用中のカードローンを延滞してしまっている人

現在カードローンを利用中で、返済を滞納している人も住宅ローン審査に落とされてしまう可能性が高いでしょう。住宅ローンもカードローンも、毎月返済していく商品です。カードローンでの返済を滞納している人は「住宅ローンを提供しても、しっかり返済してくれないかもしれない」と思われてしまうため、審査には通らなくなるんですよね。

現在カードローンの滞納などを起こしてしまっている人は、しっかりと返済をした上で住宅ローンへ申し込むようにして下さいね。

過去に利用していたカードローンを解約していない人

特に注意しておきたいのは、この「過去にカードローンを利用したことがあり、現在もカードローンを解約していない」という人です。住宅ローンは借り入れ額が数千万円単位となるため、個人向けローンの中で最も審査難易度が高いローン商品と言えます。

カードローンの与信枠が住宅ローンに悪影響となる場合も

カードローンの与信枠が住宅ローンに悪影響となる場合も

現在カードローンを利用していないという場合でも、カードローンの与信枠(=限度額)が住宅ローンに影響を与えてしまう可能性があります。例えばカードローンの与信枠が500万円あるような場合、申し込み先の住宅ローンによっては、実際にカードローンを利用していない場合でも「借り入れ金額が500万円ある」と見なされてしまう場合があるんですよね。

すでに高額な借金がある申し込み者として見られてしまうと住宅ローンの審査に不利となるため、カードローンを解約していない人は特に注意しておきたいポイントとなるでしょう。

利用していないカードローンは解約しておくのがベスト!

このように利用していないカードローンがあるという人は、カードローンを解約しておくのがベストな選択と言えます。カードローンの解約手続きはカードローン窓口から簡単に行えるため、少しでも住宅ローン審査が不利にならないために、利用していないカードローンは確実に解約しておきましょう。

消費者金融カードローンは住宅ローン審査に不利となる場合も

また、カードローンの中でも消費者金融のカードローンの利用は、「住宅ローン審査であまり印象が良くない」場合もあります。利用する住宅ローンにより異なるので一概には言えませんが、一般的には「消費者金融カードローン=審査基準が緩やかで特にお金に困った人が利用する」と思われているためです。

銀行カードローンでは、消費者金融カードローンに比べて審査難易度が高い傾向にあるため、住宅ローンの審査にそこまで影響がない場合もあります。「これから住宅ローン利用を検討しているが、今どうしてもお金を借りたい!」というような人は、できるだけ銀行カードローンを利用するようにしてくださいね。

カードローン利用者が住宅ローンに落とされた場合は?

先ほど解説した項目に注意したけど住宅ローン審査に落とされてしまった…という人は、どうすれば良いのでしょうか。

  • 落ちた直後に再度住宅ローンへは申し込まない
  • 住宅ローン審査に落ちてしまった理由を考える
  • カードローン利用などの信用情報の開示もおすすめ

落ちた直後に再度住宅ローンへは申し込まない

住宅ローンに落ちてしまった後、すぐに住宅ローンへ申し込まないように十分に注意してください。信用情報にはローンへの申し込み履歴も残されているため、短期間のうちに何度も住宅ローンへの申し込み履歴が残っていると「何度も住宅ローンに落ちているのは何か大きな理由があるはず」と見られてしまうため、住宅ローン審査に再び落ちてしまう可能性が高いんです。

ローンの申し込み履歴が半年間残される

ローンへの申し込み履歴は信用情報に半年間残されるため、住宅ローン審査に落ちてしまった場合は半年以上経ってから再度申し込むようにして下さいね。

住宅ローン審査に落ちてしまった理由を考える

住宅ローン審査に落ちてしまった理由を考える

住宅ローン審査に落とされてしまった人は、審査に落ちてしまった理由・原因を見つけましょう。上記で解説してきたように、過去のカードローンの利用履歴やカードローンの解約忘れ、また、そもそも年収があまり多くなくて住宅ローンの審査に落とされたというケースもあるでしょう。

このように、住宅ローンの審査に落ちてしまったのは、確実に何かしらの理由があるはずです。住宅ローンに落とされてしまった理由・原因を突き止めて、ネガティブなステータスを改善していくことが住宅ローン審査へ通過させるための大きなポイントとなるでしょう。

カードローン利用などの信用情報の開示もおすすめ

住宅ローンに落ちてしまって様々な原因を考えてみたけれど、審査に落ちる理由が見つからない… という人は、念のため信用情報の開示手続きをしてみるのもおすすめです。信用情報は手数料1000円ほどで自分の信用情報を開示してもらえます。

忘れていた過去の悪い返済履歴が見つかる可能性も

信用情報を開示してみると、忘れていた過去のカードローン返済時やクレジットカード支払い時の滞納履歴が見つかる場合もあるでしょう。開示手続きはインターネットからでも簡単に行えるため、過去に返済トラブルを起こしたかどうか覚えていないという人は、信用情報の開示手続きを行ってみてくださいね。

カードローン利用者は住宅ローン申し込み時に注意!

この記事では、カードローンの利用が住宅ローン申し込み時に与える影響について詳しく確認してきました。さいごに重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 住宅ローンでは返済比率が重要!
  • カードローン解約を忘れない
  • 過去の信用情報にも注意しておく

この記事でしっかりと解説してきたように、カードローン利用者が住宅ローンへ申し込む際には「返済比率」が重要な項目となりましたよね。住宅ローンの返済比率は25%〜35%と言われているため、カードローン利用中の人は、住宅ローンとカードローンの返済額の合算を返済比率以内に収めておく必要があるんです。

カードローンの解約を忘れている人は多い

また、過去にカードローン契約、利用していたという人の中には、実はカードローンを解約していない人も多く存在しているのです。カードローンを解約していないと、利用先の住宅ローンによっては「カードローンの限度額=借り入れている金額」として見られてしまう恐れもあります。つまり、過去利用していたカードローンの限度額が300万円ある場合、300万円の借金を背負っていると見られてしまうケースがあるんです。

カードローンの解約忘れで住宅ローン審査に落とされる人も多い

このため、実はカードローンの解約を忘れていたことが原因となって、住宅ローン審査に落とされてしまう人も多いんですよね。過去にカードローンを使っていたけど、今はもう使っていないという人は、住宅ローンの審査に不利とならないためにも、必ず解約手続きするようにして下さいね。

住宅ローン申し込み前には万全の体制をつくっておく!

また、一度住宅ローンの審査に落ちてしまった場合、最低半年間は住宅ローンへの申し込みを控える必要がありましたよね。このため、住宅ローンへ申し込む前にはしっかりと万全の体制を作っておき、確実に審査に通過できる状況で申し込むのがおすすめです。ぜひこの記事を参考にしながら、うまくカードローン、住宅ローンを活用できるようにしてみてくださいね。

早期返済へ!おまとめローン
借入先を一本化するならどこにする?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ!みずほ銀行の申込み窓口へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP