お金が借りられない人必見!お金を作る最終手段とは?

279view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

44696239_M

本記事を読んでいる方の中には、「どうしてもお金が必要なのに、カードローンの審査に通過できずお金を借りられない…」という方もいるでしょう。

そこで本記事では、「お金を借りられなくなった理由や原因」を解説しながら、「お金を作る・借りるための最終手段」ついて、わかりやすく解説します。

お金を作る手段の前に!お金が借りられなくなった原因を知る

銀行や消費者金融のカードローン審査に落とされてしまった方は、「なぜカードローン審査に通らないのか」の理由を把握しておきましょう。現在お金を借りられない原因によって、「お金を作る最後の方法」が異なるためです。

お金が借りられない理由

  • 信用情報が「ブラック」になっている
  • すでに金融業者から多額の借金をしている
  • 無職で収入がない
  • 未成年でカードローンが使えない

信用情報が「ブラック」になっている

カードローンの審査に通過できない、お金を借りられない方の中には、信用情報が「ブラック」になっている方も多いです。

信用情報とは?

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

出典:信用情報とは|信用情報機関の役割|JICC公式サイト

pose_atama_kakaeru_man_money

カードローンやクレジットカードを利用すると、信用情報に利用履歴が残されていきます。滞納などの返済トラブルがあった場合は、信用情報に悪い履歴が残され、カードローンやクレジットカードなどの金融商品の審査時に不利になります。

また、「自己破産した方」や「61日以上、または3ヶ月以上滞納した方」は、信用情報にブラックの履歴(=異動情報)が残されます。信用情報がブラックになると、カードローンやクレジットカードの審査に通過できなくなります。

ブラック(=異動情報)は5年間残される

信用情報がブラックになると、5年間履歴が残されます。このため、一度ブラックになると5年間はカードローン、クレジットカードの審査に通過できないため、「過去に返済トラブルを起こしてしまった」覚えがある方は、信用情報に残されている履歴が原因でカードローン審査に落とされている可能性が高いです。

すでに金融業者から多額の借金をしている

すでに金融業者のローンで多額の借金をしている、という方もカードローン審査に落とされる可能性が高いです。

消費者金融(貸金業者)には総量規制がある

消費者金融などの貸金業者には「貸金業法」という法律が適用されています。この貸金業法の中には「総量規制」という項目があり、「貸金業者は利用者の年収3分の1超の貸付ができない」と決められています。

このため、消費者金融などからすでに多額の借金(=年収の3分の1程度)をしている場合は、カードローンの審査に通過できないので注意してください。

※銀行カードローンは「貸金業法」の適用外ですが、近年では貸付額自粛の傾向があるため、消費者金融と同じ年収3分の1が限度額の目安です。

無職で収入がない

また、無職で収入がないという方は「確実にカードローン審査に落とされる」でしょう。カードローンでお金を借りた後は、借りたお金の返済が必須なので、収入が無い方はローンの審査に通過できません。

未成年でカードローンが使えない

手軽にお金を借りられる大手消費者金融カードローンの申し込み対象年齢は、すべて「20歳以上」となっています。このため、未成年の方は原則「カードローン」への申し込みが不可能となっています。

ブラックの方がお金を作る最終手段!

信用情報がブラックの方は、消費者金融や銀行が提供するカードローン審査に確実に落とされます。

中小消費者金融ならブラックでもお金を借りられる可能性あり

building_money_syouhisya

ただし、口コミなどを参考にすると、街金と呼ばれているような中小の消費者金融の中には、「現在ブラックでもお金を借りられた」、「2年前に自己破産したけれど審査に通過した」など、ブラックの方でも審査に通過するようなケースもあるようです。

ブラックの方でカードローンを利用したい方は、「ブラックでもキャッシングできるかどうか」を中小の消費者金融へ確認してみましょう。

ブラックが解消されてからカードローンへ申し込む

また、信用情報がブラックの方は、ブラックになってから5年間が経過すれば信用情報の履歴が削除されるため、5年を過ぎた後は再びカードローン審査に通過できる可能性があります。ブラックが解消されてから再度カードローンへ申し込む方法もオススメです。

借り過ぎの方が「さらに」お金を借りる方法はある?

現在すでに多額の借金があるという方は、原則「追加でお金を借りる方法」はありません。

すでに借金がある方は「おまとめローン」で借金を一本化する

先ほども解説したように、消費者金融カードローンでは総量規制の影響で年収の3分の1、銀行カードローンも貸付額自粛の傾向から年収の3分の1が借入限度額の目安になっています。

このため、すでに年収3分の1に近いお金を借りている方は、追加で融資を受けるのは難しいでしょう。また、複数のカードローンを利用していて毎月の返済負担が大きいという方は、「おまとめローン」で借金を一本化させてください。

おまとめローンは大きなメリットがある

おまとめローンとは、複数の(カード)ローンを1つのローンへまとめるローンのことを指します。

複数のカードローン利用中の方は、毎月複数のローンへ返済する必要があるため、返済負担が高額になる傾向があります。しかし、おまとめローンに成功した後は、毎月の返済負担を減らせる(=1社のみへの返済になる)ため、借金の完済までスムーズなものとなるでしょう。

おまとめローンを完済した後に融資を受ける

おまとめローンで返済を進めていけば「キャッシングの利用枠」が復活するため、再びお金を借りられる状態に戻ります。

無職の方がお金を借りる最後の方法とは?

無職の方は、原則カードローンやローンでお金を借りられません。このため、無職の方は「お金を作る」方法以外にありません。

無職の方がお金を作る方法

  • アルバイトやパートをはじめる
  • 売れそうな物を売却する

アルバイトやパートをはじめる

無職の方でお金を作りたい方で最も手堅い方法は、「仕事」をすることです。失業中の方などは、出来るだけ早く就職先を見つけるか、アルバイトやパート、日雇いなどの仕事を積極的に探し、お金を稼いでください。

売れそうな物を売却する

auction_happy

また、何らかの理由があり、「今すぐ働けないけれど、手持ちの資金も尽きてきた…」という方は、手元にある売れそうな品物の売却を検討してください。

近年ではスマホアプリやウェブサービス上で簡単に個人間取引が可能(=ヤフオクやメルカリ、楽天オークションなど)になっています。手持ちの品物をうまく売却できれば、月に10万円以上のお金を手にすることも難しくないでしょう。

未成年の方が最終でお金を作る方法!

未成年の方がお金を作る方法を紹介します。銀行や大手消費者金融カードローンの申し込み対象年齢は20歳以上となるため、未成年の方はカードローンを利用できません。

未成年の方がお金を作る最終手段とは?

  • 学生ローンを利用する
  • 親や親戚にお金を借りる

学生ローンを利用する

未成年の方で「学生」という方は、消費者金融が提供している学生ローンを借りられる可能性があります。ただし、大手消費者金融では未成年者学生へのローンは提供されていないため、中小消費者金融の学生ローンを利用することになります。

ただし、未成年のローン契約は「親の同意書」が必須となるため、親にバレずにローンを組めない点には注意してください。

親や親戚にお金を借りる

「学生ローンを利用できない…」という未成年の方は、親や親戚へお金の工面をしてもらうことも検討してください。身内からならスムーズに借入ができる可能性もあるはずです。

絶対に避けたい!最後にお金を作る方法

ここまで、お金を借りられない方のタイプ別で「最後にお金を作る方法」について詳しく解説してきました。ただし、この項目で解説する「最後にお金を作る方法」は大きなトラブルの元となるため、絶対に利用しないでください。

絶対避けるべきお金を作る方法

  • 個人間融資
  • クレジットカード現金化
  • ヤミ金の利用

個人間融資

インターネット上には、個人間同士でお金の貸し借りを行う「個人間融資」用のサイト、掲示板などが存在しています。しかし、個人間融資で他人にお金を借りた方は、金銭トラブルに巻き込まれてしまうケースも多いです。

カードローンなどの審査に通過できず、「どうしてもお金を用意できない…」からといって安易に個人間融資を利用しないでください。

クレジットカード現金化

kinshi_mark_money_genkin

また、クレジットカードから現金を手にする「クレジットカード現金化」というようなサービスもありますが、絶対に利用を控えてください。

このクレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して「現金」を作る仕組みのことを指します。また、クレジットカード現金化を行う専門業者も多く存在しています。

しかし、このクレジットカード現金化は法律で禁止になってはいませんが、クレジットカード会社の利用規約では『禁止』されているため十分に注意してください。クレジットカード会社に現金化の事実がバレてしまうと、クレジットカードを強制的に解約されてしまうでしょう。

ヤミ金の利用

無名の中小消費者金融の中には、「ヤミ金」と呼ばれているような違法の金融業者が含まれています。(※ヤミ金は違法業者で、一般的な「金融業者」ではありません。)

ヤミ金の中には、「ブラックでも貸付可能」「無職の人でも即日融資OK!」など、通常の消費者金融や銀行では考えられないような甘い審査基準で顧客を集めている場合があります。しかし、一度ヤミ金でお金を借りてしまうと、「非常に高いな金利」が設定されてしまい、何年にも渡って高額なお金を支払わなければならないようなケースがあるため、絶対にヤミ金を利用してはいけません。

ヤミ金を見分ける方法

実はヤミ金を見分けるのは難しくありません。金融庁のホームページには「登録貸金業者情報検索サービス」という金融庁に届け出のある貸金業者かどうかを調べられる検索ツールが無料で用意されています。

この検索ツールで検索結果が出なかった金融業者は、「ほぼ確実に違法業者である」と判断できます。

どうしてもお金を用意したい!という方はカードローンがオススメ!

本記事では、「お金を作るための最終手段」について、詳しく解説してきました。

カードローンでお金が借りられないのは様々な理由がある

  • カードローンを利用できないのは「ブラック」「多額の借金」「無職」「未成年」などの理由がある
  • お金を借りられない方は「借りられる状態」にする(戻す)ことを心がける
  • 「個人間融資」「クレジットカード現金化」「ヤミ金」は利用しない
  • ご自身のステータスを良い状態にしてから消費者金融カードローンへ申し込む!

カードローンでお金が借りられない方は、「ブラック」「多額の借金」「無職」「未成年」などの理由があるはずです。これらの原因を解消すれば、カードローンで再びお金を借りられるようになるでしょう。

リスクのある方法でお金を借りるのは絶対NG!

ただし、どうしても急いでお金を作りたい…という理由で、「個人間融資」や「ヤミ金」でお金を借りたり、「クレジットカード現金化」などでお金を作るのは絶対にやめてください。これらの方法でお金を借りたりすると、必ず大きなトラブルに巻き込まれてしまうでしょう。

消費者金融カードローンならアルバイトやパートの方も使える!

また、大手消費者金融カードローン(アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSA)では、「安定した収入がある方はアルバイトやパートの方でも利用可能」としています。このため、何かしら仕事をしていて安定収入があれば、年収や雇用形態のステータスに自信がない方でも十分に審査通過を目指せます。

「アルバイトやパート」などのステータスの方で、まだカードローンへ申し込んでいないという方は、本記事を参考にしながら、消費者金融カードローンへの申し込みを検討してください。

急ぎでお金を作る手段
消費者金融のカードローンがオススメ!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP