月末でお金がない人向け・金欠をしのぐ方法~給料日前を生き抜くには

33view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カレンダーとコイン

公共料金や家賃などの支払いが集中する月末は、お金が不足してしまいがちです。きちんとお金を管理していても、予定外の出費が続いてしまって、月末にお金がなくなってしまうこともあるでしょう。

この記事では、月末のお金不足に悩んでいる方がどのような対処をすればいいのか、様々な方法をご紹介していきます。

また、月末にお金が足りなくなってしまうことが続いているのであれば、収支のバランスが崩れている可能性もあります。お金が不足しがちな人が取るべき対策についてもあわせて確認していきましょう。

月末にお金が足りない場合の対処法とは?

月末にお金が足りない場合に取るべき対処法としては、「節約」や「短期アルバイト」や「不用品売買」などがあげられます。
具体的なやり方や注意したいことなどをまずは確認していきましょう。

節約をする

月末でお金がないのならば、まずは出費を押さえることを考えましょう。
家賃の支払いやクレジットカードの引き落としの代金など、どうしても必要なお金を引いた金額で節約をしてやりくりをするようにします。すぐにできる節約方法としては以下のようなものがあります。

  1. 外出は控える
  2. 外出時はお弁当を持っていく
  3. 閉店時間間際のスーパーのお惣菜を買う
  4. コンビニではなくスーパーを利用する
  5. 電子マネーやポイントを活用する

外出は控える

仕事以外の外出は余計な出費の原因になりがちです。ウィンドウショッピングだけのつもりが、ついつい不要なものを買ってしまうということもあります。友人との飲み会なども断るようにし、自宅で時間を過ごすようにしましょう。

外出時はお弁当を持っていく

ランチの代金はいくら安くとも500円はします。自炊で500円あれば二食分程度の食事を作ることができます。時間がないのならばおにぎりを作ったり夕食の残りなどを活用したりして、外食は減らしましょう。

閉店時間間際のスーパーのお惣菜を買う

スーパーは、閉店間際になるとお惣菜を半額程度の値段で割り引いて販売します。一人暮らしの場合は、自炊をするよりも値引きされたお惣菜を買うほうが安くて済むケースもあります。
安いお惣菜をまとめて購入して冷蔵庫に保存しておけば食費をかなり節約できます。

コンビニではなくスーパーを利用する

コンビニは便利ですが売られているものは明らかに割高です。ちょっとした買い物でも積もり積もれば大きなものになります。
月末でお金がないのならば、コンビニは利用せずスーパーを利用するようにしましょう。

電子マネーやポイントを活用する

使えるお金はなくとも、手持ちの電子マネーやポイントがたまっていることがあります。
ICカードや電子マネー、さらにはお店のポイントカードなどを確認して、お金の代わりに使うことができるポイントがないかを確認してみましょう。

短期のアルバイトをして収入を増やす

「一日だけ」「土日だけ」のアルバイトをして収入を増やすのも月末の金欠を乗り切る一つの手段です。
まる一日働けば1万円くらいにはなりますし、時給の良いバイトであれば1万5千円くらい稼げることもあります。
ただし、体力や時間的に厳しい方には難しい選択肢だといえるでしょう。

当日にお金がほしいなら「日払い」より「即日払い」!

月末の不足分を補うためにアルバイトをしても「日払い」のアルバイトでは、すぐにお金がもらえないこともあります。
「日払い」とは、「働いた日数ごとの報酬を、週ごとや月ごとに支払う」という意味で使われることが多いからです。

「即日払い」と書かれているアルバイトならば、働いた分のお金をその日に支払ってもらえます。
アルバイトに応募する前に、お金の支払いがいつなのかをきちんと確認しておきましょう。

応募から働くまでの期間を確認する

月末の金銭不足を、「一日だけ」働いて解消したいと思っていても、すぐには働けないことがあるので注意が必要です。

一日だけの短期のアルバイトであっても、長期のアルバイトと同様に履歴書や面接が必要な場合が多いです。
応募から働くまでどれくらいの期間が必要なのかをきちんと確認してから申込をするようにしましょう。

不用品を売る

月末でお金が足りないけれどアルバイトをする時間がないのならば、不用品を売ってしまうのも一つの手段です。

使っていないスマホでも、機種によっては1万円~3万円程度の値段がつくこともあります。また、ブランド物や大型家電を売れば、月末を乗り切れるだけの十分なお金が手に入ることも珍しくありません。

ただし、一度売ってしまったものは簡単に取り戻すことはできません。ですから、売るのはなくなっても困らないものだけとしましょう。

すぐにお金が欲しいならリサイクルショップを、高く売りたいならフリマアプリで

不用品を売る方法としては、「リサイクルショップに買取を依頼する方法」と、「ネットオークションやフリマアプリを活用して自身で売る方法」があります。

リサイクルショップは仲介手数料などの関係で安く買い叩かれてしまうこともあり、あまり値段に期待ができません。
一方、ネットオークションやフリマアプリならば、その商品が欲しい人と直接取引ができるので高い値段で不用品を売ることができます。

ただし、リサイクルショップならば買取を依頼すればすぐにお金を受け取ることができます。一方、ネットオークションやフリマアプリは買手がつくまではお金が手に入りません。

少しでも早くお金が欲しいなら「リサイクルショップ」、時間に少し余裕があるので高く売りたいならば「フリマアプリ」や「ネットオークション」を活用しましょう。

知り合いや会社から援助を受ける

お金が足りないのならば、友人や家族、会社を頼るという方法もあります。お金が必要な理由や不足してしまった原因などを話せば、月末を乗り切れるだけのお金を貸してもらえることもあります。

また、「前借」を認めていることを告知している企業もあります。必要なお金をどうしても工面できないのならば、誰かを頼ることも考えてみましょう。

月末にお金がないならクレジットカードやカードローンの利用を検討する

「節約」や「短期アルバイト」や「不用品売買」などをしても必要なお金が工面できず、「会社」や「知人」からもお金を借りにくいのならば、カードローンやクレジットカードの利用も検討してみましょう。

クレジットカードを使えば支払いを先延ばしできる

クレジットカードは、利用したお金を翌月末に請求される「後払い式決済」です。
ですから、生活に必要なものをクレジットカードを利用して購入するようにすれば、支払いのタイミングを翌月にずらすことができるので、月末の金銭不足を乗り切ることができます。

ただし、クレジットカードは利便性の高さゆえに使いすぎてしまうこともあるので注意が必要といえます。

手持ちのクレジットカードがないなら当日発行のクレジットカードに申込を

通常のクレジットカードであれば、申込から利用ができるようになるまで「一週間」くらいの期間が必要です。
しかし、消費者金融が発行しているクレジットカードの中には、申込をしてその日のうちに受け取れるものもあります。
もしもクレジットカードを持っていないのであれば、即日発行してもらえるクレジットカードに申込をして利用をするようにしましょう。

カードローンならば生活費を借りられる

月末にクレジットカードでは決済できない商品を購入したい場合や現金そのものが必要な場合は、カードローンの利用を検討しましょう。

ローン商品の多くは、借入金の明確な用途が決められています。そのため、「月末を乗り切る生活費のため」といった理由ではお金を借りることができません。
しかし、カードローンは利用用途が基本的に自由なローン商品です。さらに、担保や保証人も不要で借りることができます。

月末でお金がない場合は消費者金融カードローンを利用する

月末ですぐにでもお金が必要ならば、アコムやアイフルといった「消費者金融カードローン」の利用を検討しましょう。

消費者金融カードローンは最短で即日の融資が可能で必要なお金をすぐに手に入れることが可能です。
最短で審査時間30分のおすすめの消費者金融カードローンとしては、以下のようなものがあります。

審査時間

融資スピード

プロミス

最短30分

最短一時間

アイフル

最短30分

最短一時間

レイクALSA

最短15秒

最短一時間

プロミスのおすすめポイント

30日間無利息サービスでお得に借りられます。また、上限金利が17.8%なので返済が長引いても他社よりお得に借りられるのもメリットです。

アイフルのおすすめポイント

初めて利用する人なら、最大30日間無利息サービスを利用することができます。女性向けのカードローンである「SuLaLi」など利用者目線のサービスを多く展開していて利便性が高いカードローンです。

レイクALSAのおすすめポイント

「借入額全額30日間無利息」あるいは「5万円まで180日間無利息」という2種類の無利息サービスを展開しています。返済日の自由度が高く、返済がしやすいのも特徴です。

消費者金融カードローンならその日のうちに借りられる!

いずれのカードローンも最短でその日のうちに借りられます。
さらに、30日間は無利息で借りられる「無利息サービス」を展開していますから、月末の足りないお金を借りて、お金ができた翌月にすぐに返済すれば金利が0で借りられるというメリットもあるのです!

クレジットカードやカードローンは最終手段と考える

クレジットカードやカードローンを利用して、支払いを先延ばししたりお金を借りたりするのは楽ですし便利です。ただし安易な利用は考えものです。

たとえば、たまたま今月だけ出費が多く、月末にお金が足りない状態になったのならば良いですが、毎月慢性的な金欠に苦しんでいるのならば、安易にお金を借りてしまう前に生活を見直す必要があります。
借りたお金を返済した結果、翌月以降も月末になるとお金に困ってしまい、またお金を借りることになってしまうということもありえます。

加えて、消費者金融カードローンやクレジットカードを利用すると、14~18%の利息がかかってきます。利息などでいつのまにか借金が雪だるま式にふくらんでしまい、多額の借金を背負う危険性もあります。

クレジットカードやカードローンの利用はあくまで最終手段と考えて、利用するにしても必要最小限の金額にとどめましょう。

月末のお金不足に効く生活習慣の見直し

月末にお金が足りなくなってしまうのならば、生活スタイルと収入のバランスが取れていない可能性があります。
月末に足りないお金を工面したり借りたりするだけでなく、慢性的な金欠状態から抜け出すための方法をいくつかご紹介していきます。

まずは家計簿をつけて支出を見直す

家計簿をつけるようになれば、お金の流れをきちんと把握できるようになります。どこにお金が多く使われていて、何に無駄遣いをしているのかがわかったら、そこを削って貯金をするようにしましょう。

特に無駄遣いが多いものとしては、以下のようなものがあげられます。

  • 携帯電話の通信料
  • 携帯電話のオプション料金
  • 電気代やガス代などの公共料金
  • 服飾費

携帯電話の通信料がかかっているのであれば、大手キャリアから格安SIMに切り替えたり、服飾費がかかっているのであれば衝動買いを控えたりするなどして対策を練りましょう。

月単位ではなく週単位でお金を管理するようにする

金銭管理が苦手な方は、週単位でお金を管理するようにしましょう。週単位でお金を管理する方法は以下の通りです。

  1. 給与から生活に必要な固定費と貯金にまわしたいお金を引く
  2. 残ったお金を4で割り、一週間で使えるお金を算出する
  3. 一週間で使えるお金の範囲で食費・娯楽費などを工面するようにする

家賃や光熱費などの生活に必要なお金を前もって確保しておくので、月末にお金が足りなくなることもありません。

なお、クレジットカードなどでお金を使ったのであれば、その分だけお金を財布から抜くことも忘れないようにしましょう。

収入を増やすことも考える

家計簿をつけたり週単位でお金を管理したりしても、お金がない状況が発生してしまうのならば、収入自体が少なすぎる可能性もあります。
土日などの休みの日にだけ短期のアルバイトや在宅でできる副業なども検討すると良いでしょう。

ただし、働きすぎて本業に支障が出るのは考え物です。自身の体力と相談しながら働くようにしましょう。

まとめ 月末にお金が足りないならば生活習慣を見直しながら対策を練ろう!

月末にお金がないときに取るべき対策としては以下のようなものがあります。

  • 節約をする
  • 短期のアルバイトをする
  • 不用品を売る
  • 知り合いや会社から借りる
  • クレジットカードを使って支払いを先延ばしする
  • カードローンでお金を借りる

お金がどうしても必要ならカードローンの利用も検討を

特に、クレジットカードやカードローンを利用すれば、足りないお金をすぐに補うことが可能です。
ただし、翌月以降に無理のない返済ができるかなどを考えて、最終手段として利用することが大切といえます。

また、月末にお金が足りなくなることが続いているのであれば、収入と生活のバランスが取れていない可能性があります。
家計簿をつけたり、週単位でお金を管理したりして収支のバランスを整えるようにしましょう。

給料日前の金欠に!
即日融資カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP