就職内定者はカードローンでキャッシングできる?

233view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

就職内定者はカードローンでキャッシングできる?

就職が決まった内定者の人は、カードローンでお金を借りられるのか、疑問に思う人もいるかもしれません。そこでこの記事では、就職内定者のカードローン利用について詳しく解説を進めていきます。

「就職活動に成功してこれから社会人として働く」という人の中には、実際に就職して給料をもらうまでの期間、生活資金が足りないかも…という人もいるかもしれませんね。そこで、ぜひこの記事を参考にしながら、就職内定者がカードローンでキャッシングできるのか、また、キャッシングした際に内定先にカードローンの利用がバレてしまうのか、しっかりと確認していきましょう。

就職内定者はカードローンを利用できるのか?

まず、就職内定者がカードローンでキャッシングできるのかについて、解説していきます。就職内定者が利用できるカードローンを解説していく前に、そもそもカードローンの利用条件として、下記のような項目が挙げられます。

カードローンの利用条件

  • 長期的に安定した収入
  • 半年以上の勤続年数
  • 貸金業者からのキャッシング限度額は総量規制内

長期的に安定した収入

カードローンを利用するためには、長期的に安定した収入が必須となります。カードローンでキャッシングしたお金は確実に返済が必要なので、「しっかり収入があり、返済能力が認められる人」が申し込み者の前提条件となります。

半年以上の勤続年数

カードローンへの申し込み時には、勤続年数も影響してきます。半年以上の勤続年数は必須ではありませんが、あまりにも短い勤続年数では「すぐに仕事をやめて返済が不可能となる可能性がある」と判断されてしまう場合もあり、審査には不利となります。

少なくとも半年以上の勤続年数を積み上げてからカードローンへ申し込むようにしましょう。

貸金業者からのキャッシング限度額は総量規制内

貸金業者(=消費者金融)のカードローンを利用する場合は、「総量規制」という貸金業者に影響する貸金業法での法律が適用されます。この総量規制では、「貸金業者は利用者の年収3分の1超の貸付ができない」と定められているんです。このため、例えば年収300万円の人であれば総量規制内の100万円までの限度額となり、収入が無い(=0円)の人の場合は貸金業法のカードローンでは借り入れできません。

就職内定者が使えるカードローン

このように、現在無職で収入がない就職内定者の人は、カードローンを利用するのは簡単ではないと言えます。

カードローンの種類 銀行カードローン 消費者金融カードローン
就職内定者がキャッシングできるか? 一部の銀行カードローンではキャッシングできる場合がある。
※内定先がアルバイトの場合は利用できない可能性が高い
総量規制の影響があり、消費者金融カードローンは利用できない。

また、消費者金融カードローンは「総量規制」の影響から就職内定者は利用できません。また、銀行カードローンであれば、「就職が内定している」ことが証明できれば、キャッシングできる可能性はあります。

就職内定者が使える銀行カードローン申し込み時の注意点

就職内定者が利用できる可能性がある銀行カードローンですが、申し込み時に注意しておきたいポイントがあります。

  • カードローン審査の在籍確認に注意
  • 採用通知書や内定通知書が必要な場合がある
  • 見込み年収となるため大きなお金を借りにくい

カードローン審査の在籍確認に注意

カードローン審査の在籍確認に注意

銀行カードローンの審査時には在籍確認が行われます。この在籍確認とはカードローンの申し込み者が本当に申請した勤務先に勤めているのかを、電話により確認される審査となります。

就職内定者は、まだ働いていない勤務先に電話されてしまうため、「まだ勤務していないのにどうして名指しで電話がかかってくるのだろう?」「何か大きなトラブルを持っている人かもしれない」と、勤務先に怪しまれてしまい、働く前から印象を悪くしてしまう可能性があるでしょう。

申し込み前には必ず就職内定者であることを伝えておく

このため、銀行カードローンへ申し込む前には必ず、「就職内定者でまだ勤務していない」ことを伝えておきましょう。前もって内定者だとを伝えておくことで、勤務先への在籍確認の電話を避けられます。

採用通知書や内定通知書が必要な場合がある

また、申し込み者から就職内定者であることを告げられても、銀行側は「本当のことを言っているのか」確かめようがありませんよね。このため、就職内定者が銀行カードローン契約時には本人確認書類のほかに、「採用通知書」や「内定通知書」など、採用に関する書類を提出する必要があります。

内定先がアルバイトの場合は審査に通りにくい

また、内定をもらっている勤務先の雇用形態が「アルバイト」である場合は、ステータスが低く見られてしまうため、審査には通過しにくいでしょう。正社員への雇用が決定している人の方が、カードローン審査には通過させやすい傾向があります。

見込み年収となるため大きなお金を借りにくい

また、就職内定者はあくまでも「見込み年収」となるため、あまり大きなお金は借りられません。例えば就職後には年収300万円が確保できる可能性があるとしても、まだ勤務していないため、すぐ仕事を辞めてしまって収入が途絶えてしまう恐れもありますよね。

このため、就職内定者の貸し倒れのリスクを回避するため、銀行カードローンではあまり高額な融資をしてくれない傾向があります。内定者の限度額は最高でも30万円程度と考えておきましょう。

アルバイトをしている就職内定者なら消費者金融カードローンも使いやすい!

アルバイトをしている就職内定者なら消費者金融カードローンも使いやすい!

もし、就職内定者で現在アルバイトなどで安定した収入がある、という人は消費者金融カードローンの利用もおすすめです。消費者金融カードローンであれば、総量規制の影響から安定した収入が必須ですが、銀行カードローンよりも審査基準が緩やかなのが特徴なんですよね。

アルバイトをしている就職内定者へは、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方がおすすめできるポイントを解説してみましょう。

アルバイトをしている就職内定者に消費者金融をおすすめする理由

  • 消費者金融カードローンは審査基準が緩やか
  • 消費者金融は最短即日キャッシング可能
  • 年収が少なくても総量規制内なら使える可能性大
  • 30日間無利息キャッシングはお得にキャッシングできる

消費者金融カードローンは審査基準が緩やか

消費者金融カードローンは、銀行カードローンに比べて審査基準が緩やかな傾向があります。安定した収入さえあれば、アルバイトなどの非正規雇用の人でも審査に通過させやすいんですよね。

消費者金融は最短即日キャッシング可能

また、消費者金融カードローンの特徴として、融資までスピーディーであることが挙げられます。最短ではなんと即日融資に対応してくれるため、急いでお金を借りたい就職内定者の人へもおすすめです。

年収が少なくても総量規制内なら使える可能性大

また、消費者金融カードローンは審査基準が緩やかなので、年収が低い人でもお金を借りやすいんですよね。アルバイトをしている就職内定者でも、正社員のようにフルタイムでアルバイトをしているという人は多くないでしょう。年収が低くてもキャッシングしやすいのは、消費者金融カードローンの利点と言えるポイントです。

30日間無利息キャッシングはお得にキャッシングできる

ほとんどの消費者金融カードローンには、初回利用時に限り30日間無利息キャッシングというサービスがあります。この30日間無利息キャッシングとは、カードローン契約日から30日間は無利息でキャッシングできるというもの。このため、30日以内の短期間だけお金を借りるという人は、とてもお得に利用できるでしょう。

もちろん就職内定者でも、アルバイトなどで安定した収入があれば消費者金融カードローンの30日間無利息キャッシングを利用できます。このため、「次の給与(30日以内)までのお金がない」という人は、是非申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

就職内定者のキャッシングに内定先にバレてしまう?

就職内定者が銀行カードローンを利用したり、アルバイトをしている就職内定者が消費者金融カードローンを利用する場合、これから働く内定先にカードローンの利用がバレてしまうのでしょうか?

就職内定者のカードローン利用は内定先にバレない

就職内定者はカードローンを利用しても内定先にキャッシングの事実がバレてしまうことはほぼありません。ただし、下記のような場合は内定先にカードローンがバレてしまう可能性があります。

  • 内定先への在籍確認
  • カードローン返済の滞納時

内定先への在籍確認

内定先への在籍確認

先ほどの項目でも解説しましたが、内定先に在籍確認された場合は、カードローンの利用が内定者にバレてしまう可能性があります。カードローンを提供している金融業者は、利用者のプライバシーへの配慮から、第三者へカードローン利用の事実は伝えません。このため、在籍確認もスタッフの個人名で電話されるため、電話でカードローンの利用がバレてしまうことはありません。しかし、電話を受けた人は「まだ勤務していないのに、何の電話だろう?」と怪しまれてしまい、カードローンの利用を疑われてしまう恐れもあるでしょう。

カードローン返済の滞納時

就職内定者がカードローンの返済を滞納してしまい、カードローン契約時に登録した電話番号へ連絡しても繋がらない場合、勤務先に電話される恐れもあるでしょう。職場バレを防ぐためにも、返済の滞納や未納は絶対にしないように注意しておいてくださいね。

金融機関へ就職する人はバレる恐れも

カードローンの利用はデリケートな個人情報となるため、勤務先がカードローン利用の事実を知る方法はありません。しかし、金融機関に内定が決まっているという人は注意が必要です。

金融機関は信用情報を参照できる

金融機関は信用情報を参照できる

金融機関は信用情報機関に加盟しているため、個人の信用情報を参照できます。個人情報とは、クレジットカードやカードローンの利用履歴のことで、申し込んだ履歴や返済時の履歴が残されています。金融機関はこの個人情報にアクセスできるため、内定者のカードローンの利用状況もすぐに確認できるんですよね。

内定先が金融機関という人は、カードローンの利用の事実がほぼバレてしまうと考えられるため、カードローンのキャッシング利用を検討している人は十分に注意しておきましょう。

今後マイナンバーから借金が参照できる可能性はゼロではない

今後マイナンバーから借金が参照できる可能性はゼロではない

現在では、税金や年金、保険料などの個人情報を管理するマイナンバー制度が導入されています。マイナンバーには「借金」の情報は紐付いていませんが、今後の動向によっては借金の履歴がマイナンバーに残される可能性もあるでしょう。

しかし、マイナンバーに借金の履歴が残されたとしても、内定先がその情報を参照できるかは別問題です。マイナンバーの利用範囲が今後どのように拡大していくのかは定かではありませんが、マイナンバーに関連する動向をしっかりとチェックしておくようにしましょう。

就職内定者はカードローンを使える可能性が高い

この記事では就職内定者がカードローンを利用できるのか、また、カードローンの利用が内定先にバレてしまう可能性について詳しく解説してきました。

就職内定者は銀行カードローンなら使いやすい

就職内定者で現在仕事をしていない=就職まで収入がないという人は、総量規制の影響を受ける消費者金融カードローンは利用できません。このため、就職内定者でキャッシングを希望する人は、銀行カードローンへの申し込みを検討する必要があります。

一部の銀行カードローンでは、現在働いていなくても内定通知書や採用通知書の提出などにより、カードローンの審査に通過できる可能性もあります。また、内定先が「大手企業」「公務員」「会社員」などの場合、申込者のステータスが高いため、カードローン審査にも通過させやすい傾向があります。

就職までのお金がない、生活資金に困っている…という就職内定者は、ぜひこの記事を参考にしながらカードローンのキャッシングに成功できるよう検討してみてくださいね。

電話連絡なしで借りたい
就職内定者におすすめのカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP