カードローンを借りやすい年齢、借りにくい年齢

395view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンを借りやすい年齢、借りにくい年齢

この記事では、カードローンでお金を借りる時の借りやすい年齢、または、借りにくい年齢について詳しく解説を進めていきます。実はカードローンには、年齢によって審査の通過しやすさが異なる場合があるんですよね。年齢によるカードローンの借りやすさについて、しっかりと確認していきましょう。

カードローンの利用対象年齢とは?

まず、カードローンの利用対象となる年齢をみていきましょう。

カードローンの申し込み対象年齢について

カードローンへの申し込み対象年齢はカードローンによって様々ですが、目安として満20歳以上満60歳〜75歳未満の範囲内である場合がほとんどです。下限はほぼすべて満20歳以上で上限は60歳〜75歳未満程度の幅があります。また、定年退職後の年金受給者が利用できるようなサービスもあり、このようなカードローンは高齢のシニア世代の人が利用しやすいでしょう。

20歳未満の未成年は原則カードローンでお金を借りられない

20歳未満の未成年は原則カードローンでお金を借りられない

また、ほぼすべてのカードローンでは満20歳以上となっていて、未成年者はカードローンを利用できない場合がほとんどです。未成年者は、民法上では契約の行為が認められていません。このため、例えば未成年者がカードローン契約を交わしたとしても、契約後に未成年者から一方的に解約できるんですよね。

金融業者は未成年者とカードローン契約しても、借り入れ後に解約されてしまって借金の回収が不可能となる恐れがあるため、ほとんどのカードローンでは満20歳以上の利用しか認めていないんです。

結婚すれば20歳未満も成人として認められる

20歳未満でも結婚すれば法律上成人となり、カードローンなどの契約行為が認められます。しかしほとんどのカードローンでは成人か未成年者の区分ではなく、満20歳という年齢による区分となるため注意しておきましょう。

一部のカードローンでは未成年の人でも親の同意があれば利用可能

ただし、一部の消費者金融で提供されている学生ローンであれば、未成年の人でも親の同意があればカードローンの利用が認められているものもあります。未成年の学生でキャッシングを希望している人は、学生ローンを提供している専門の金融業者を探してみましょう。ちなみにこの学生ローン専門の業者は、大学の周りに存在する場合が多いんです。

カードローンを借りやすい年齢と借りにくい年齢

先ほどの項目では、カードローンの申し込み対象となる年齢について確認してきました。原則、未成年者はカードローンを利用できず、満20歳以上60歳〜75歳未満という年齢層の人しか利用できませんでしたよね。そこで、これらの年齢の中で、カードローンを借りやすい年齢、借りにくい年齢について詳しく解説していきます。

カードローンを借りやすい年齢とは?

カードローンを借りやすい年齢は、20代後半〜40代後半であると考えられます。これらの年齢の人は、働き盛りの年齢となるため、カードローン審査に有利となる場合があるんです。また、これらの年齢の中でも未婚者、既婚者で区分され、既婚者である方が継続して安定した収入を得ている傾向が強いため、既婚者の方が審査に有利となると言われています。

若すぎるとカードローンの審査に不利となる

若すぎるとカードローンの審査に不利となる

先ほどの項目でも解説したように、20歳以上であればカードローンの申し込み対象となりますが、20歳になりたての人であれば審査に通過しにくい場合があります。安定した収入さえあればアルバイトの人も利用可能である場合が多いのですが、20歳になりたての人はお金の使い方に慣れていないという理由から、審査に落とされてしまう可能性もあるんです。

このため、若すぎる年齢の人はカードローン審査に不利となる場合があるため、特に20歳になりたての成人の人は注意しておきましょう。

若い年齢の人がカードローンを借りる時に注意するポイント

若い年齢の人が、カードローンを借りる時に注意しておきたいポイントを解説していきます。

  • 若い年齢の人は勤続年数に注意
  • 若い年齢の人は大きな限度額を希望しない

若い年齢の人は勤続年数に注意

20歳そこそこの年齢の人で、カードローンの利用を検討しているという人は、勤続年数に注意しておきましょう。若い年齢の人は、働き出してまだ間もないという人も多いでしょう。しかし、短い勤続年数はカードローン審査に不利となってしまうんですよね。このため、できれば1年以上の勤続年数を積み上げてからカードローンへ申し込むようにしてくださいね。

若い年齢の人は大きな限度額を希望しない

若い年齢の人は正社員であっても、あまり収入(年収)は多くないと思います。ほとんどのカードローンでは、申込者の年収によって限度額が設定されるんです。消費者金融カードローンであれば、総量規制の影響があり、銀行カードローンでも年収の2分の1〜3分の1程度の限度額となる場合がほとんどです。

ちなみに消費者金融の総量規制とは、年収の3分の1以内のお金しかキャッシングできないという、貸金業法内の法律のことです。このため、例えば年収100万円の人であれば、年収の3分の1である33万円以内の借り入れ上限となるので注意しておきましょう。

60歳以上のシニア世代の人もカードローン審査に不利な傾向

60歳以上のシニア世代の人もカードローン審査に不利な傾向

また、60歳以上のシニア世代の人もカードローン利用が認められている場合が多いのですが、30代や40代という年齢の人と比較すると、審査難易度は難しくなる傾向があるでしょう。

年金受給者が利用できるカードローンであれば、30万円〜50万円以内までキャッシングできるというような規定がある場合が多く、この限度額以内であればお金を借りやすいでしょう。しかし、年金受給者の利用が認められていないカードローンであれば、安定した収入が必須となるため、定年退職してしまったシニアの人はカードローン審査に不利となってしまうでしょう。

高齢の年齢の人がカードローンを借りる時に注意するポイント

高齢の年齢の人がカードローンを借りる時に注意しておきたいポイントを解説していきます。

  • 年金での生活者は年金受給者の利用が認められているカードローンを選ぶ
  • 消費者金融で借りる場合は総量規制にも注意
  • 消費者金融で借りる場合は年金受給以外の収入源も確保しておく

年金での生活者は年金受給者の利用が認められているカードローンを選ぶ

高齢の年齢のシニア世代の人で年金で生活している人は、年金受給者の利用が認められているカードローンを選びましょう。30万円〜50万円という限度額の制限がある場合が多いんですが、高齢の年金受給者でも審査通過を目指しやすいでしょう。

消費者金融で借りる場合は総量規制にも注意

また、消費者金融のカードローンを利用しようと考えている人は総量規制にも注意しておきましょう。消費者金融の総量規制は、高齢の年齢以外の人でも、誰にでも影響するのですが、高齢のシニアの人は収入が少ない場合もあり、希望する限度額に注意しておきましょう。

消費者金融で借りる場合は年金受給以外の収入源も確保しておく

消費者金融のカードローンでは、年金受給者が利用できない場合が多いんです。このため、高齢の年齢の人が消費者金融カードローンの利用を考えている場合は、年金受給以外の収入が必要となります。ただし、消費者金融カードローンでは、アルバイトやパートの利用も認められている場合がほとんどなので、アルバイトなどで安定した収入があるシニアの人も十分に審査通過を目指せるでしょう。

年齢以外にカードローン審査に影響を与えるポイント

カードローンに通過させやすい年齢について確認してきましたが、もちろん年齢以外でもカードローン審査に大きく影響する項目があるんです。年齢以外にカードローン審査に大きな影響を与える項目をまとめていくので、しっかりと確認していきましょう。

年齢以外にカードローン審査に影響を与えるポイント

  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 信用情報

年収

カードローン審査に最も重要となる項目が、この年収の項目でしょう。年齢もカードローン審査に影響するとは言え、いくら借りやすい年齢(20代後半〜40代後半)であっても年収が0に近い人は、絶対にお金を借りられません。このため、年齢よりも年収の方が重要視されるのです。年齢に限らず、ご自身の年収が低いと感じている人は、年収を高められるように転職なども検討してみましょう。

勤続年数

勤続年数

カードローンの審査時には勤続年数も重要な項目となります。一般的には勤続年数が1年未満という人は審査に不利となる傾向があります。カードローンを提供している金融業者も、しっかりと返済してくれる人に融資したいため、長期間安定した収入を得ている人に良い評価を与えるんですよね。また、20歳になりたての人や20代前半の人が、カードローン審査に不利になるのは、この勤続年数の影響もあります

20代前半という年齢の人は、勤続年数が短い人も多いはずです。勤続年数が短い人は長期間に渡りカードローンを返済できるのか、判断しにくいですよね。若年層の人がカードローンの審査に通過させにくいのは、この勤続年数の短さも影響を与えていると考えられます。

雇用形態

最近のカードローンでは、アルバイトやパートというステータスの人でも審査通過を目指しやすい傾向があります。安定した収入さえあれば雇用形態に関わらず、誰でも審査通過を目指しやすいんです。しかし、正社員とアルバイトとを比較すると、どうしても正社員の人の方が安定収入や高額な収入を得られる傾向にあるため、審査に有利となるんですよね。また、カードローン審査における重要度は、「年齢」の項目よりも高いと考えられます。

信用情報

カードローン審査に大きく影響するのが、この「信用情報」です。信用情報とは、クレジットヒストリー(=クレヒス)とも呼ばれている、個人の金融商品の利用履歴のことを指します。この信用情報には、クレジットカードやカードローンの申し込み履歴や返済履歴、滞納や未納などの履歴などが残されています。カードローンの審査時には必ずこの信用情報をチェックされるため、信用情報に悪い履歴が残っている人は、審査に不利となってしまうんです。

いくら年収や勤続年数、雇用形態などのステータスが良くても、信用情報に大きな傷(=悪い履歴)が残っていれば、それだけで審査に落とされてしまうんですよね。このため、カードローンやクレジットカードを利用している人は、信用情報に傷をつけないためにも、毎月しっかりと返済を続けていきましょう。

カードローン審査には年齢も影響する!

この記事では、カードローンを借りやすい年齢、借りにくい年齢について詳しく解説してきました。カードローンの申し込み対象年齢は満20歳以上満65歳〜75歳未満という設定となっているため、原則この範囲内の年齢であれば、カードローンの審査通過を期待できます。

働き盛りの年齢がカードローンを借りやすい

ただし、この記事でも解説してきたようにカードローンを借りやすい年齢というのも確実に存在していて、働き盛りである20代後半〜40代後半ぐらいの年齢の人が審査に有利となる傾向があります。カードローンを提供している金融業者も、しっかりと返済してくれる人にカードローンを使ってもらいたいので、収入が安定している世代の人はカードローン審査に通過させやすい傾向があるんです。

若い人や高齢の年齢の人もカードローン審査通過を目指せる!

若い人や高齢の年齢の人もカードローン審査通過を目指せる!

また、これらの年齢、年代の人だけがカードローンを利用できるのではなく、20歳になりたての人や60歳以上で年金で生活しているというシニアの人でもポイントさえ抑えておけば、十分に審査通過を目指せるんでしたよね。ぜひ、この記事を参考にしながら、年齢によるカードローン審査の傾向を把握し、うまくカードローン審査に通過できるように検討してみてくださいね。

安定した収入があり、信用情報に傷がなければカードローンは誰でも使いやすいので、生活費などの資金が不足して困っている人など、一度申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

生活費等の資金用途に最適
オススメ!低金利カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP