債務整理後、カードローンやキャッシングはいつから使えるのか?

945view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

債務整理後

債務整理をすると、ローンが利用できないと思っていませんか? 債務整理をしても一生ローンが使えない訳ではありません。実は「特定の期間」が過ぎれば、再びカードローンやキャッシングが利用できます。

債務整理後、いつからローンが使える?

債務整理をしてしまうと、信用情報機関に「債務整理の事実」が記録されるため、最低で5年、最長10年は新たなローン契約やキャッシング、クレジットカードの作成が出来なくなります。

しかし、一生ローンが使えない訳ではありません。債務整理といっても、いくつかの種類があり、手続きの仕方によって信用情報機関にデータが残る期間は異なります。次項で「債務整理には、どのような種類があるのか」詳しく解説しましょう。

そして、各(債務整理の)種類ごとに「いつからローンが使えるのか」詳しく解説したいと思います。

債務整理とは?

債務=借金を整理することを総じて「債務整理」と呼んでいます。借金の額が膨れて自分だけの力では返済できないときは、債務整理を行い、債務の減額や処分を行います。債務整理は自ら手続きをすることも可能です。ただし、不利にならないよう弁護士を通じて債務整理をする人が増えています。

債務整理の種類(特定調停・任意整理・個人再生・自己破産)

債務整理は、大きく分けて四種類あります。特定調停、任意整理、個人再生、自己破産について、それぞれの内容を詳しく見てみることにしましょう。

債務整理の種類(特定調停・任意整理・個人再生・自己破産)
種類 内容
特定調停 裁判所で第三者(調停委員)が入り、債務者が負担を無くして返済できるよう最良の方法を検討し、債権者と交渉を行う。
任意整理 弁護士や司法書士が代理人として交渉を行い、債務の減額や分割での支払いを交渉してくれる方法。負担を無くして確実に返済できるようになるので、過払い金返還請求と合わせて利用する人が多い。
個人再生 借金を減額し「3年以内」という期間を決めて完済を行う方法。資産を残したまま返済できるので、自己破産よりもリスクが少ない。
自己破産 現在抱えている債務を全て処分する方法。裁判所で「返済できない理由」が認められた場合は免責となるが、資産がある場合は没収されるなどリスクは大きい。

このように債務整理にも段階や種類があり、それぞれのメリット・デメリットは大きく異なります。

債務整理後、どの方法がベストなのか?

返済できる可能性が少しでもあるのなら、自己破産をせずに特定調停や任意整理、個人再生でコツコツ返していくのが賢い方法です。

最近では弁護士に依頼し、過払い金返還請求と合わせて任意整理を行う人も増えています。過払い金返還請求が認められれば、100万円単位のお金が返ってくるだけでなく、支払いの負担も減らせるので、借金を苦に悩むことは無くなります。

その代わりに「債務整理の事実」が信用情報機関に残るため一定の期間、新たな借り入れや契約ができなくなります。

債務整理後、どのくらいの期間データが残るのか?

以下に、債務整理後どのくらいの期間「信用情報が残るのか」まとめてみました。

債務整理後どのくらいの期間「信用情報が残るのか」
種類 信用情報機関に、記録が残る期間
特定調停 ① 株式会社日本信用情報機構
登録から5年間掲載される
② 株式会社シー・アイ・シー
登録から5年間掲載される
③ 全国銀行個人信用情報センター
登録から5年間掲載される
任意整理 ① 株式会社日本信用情報機構
登録から5年間掲載される
② 株式会社シー・アイ・シー
掲載されない
③ 全国銀行個人信用情報センター
登録から5年間掲載される
個人再生 ① 株式会社日本信用情報機構
登録から5年間掲載される
② 株式会社シー・アイ・シー
掲載されない
③ 全国銀行個人信用情報センター
登録から10年間掲載される
自己破産 ① 株式会社日本信用情報機構
登録から5年間掲載される
② 株式会社シー・アイ・シー
登録から5年間掲載される
③ 全国銀行個人信用情報センター
登録から10年間掲載される

このように、信用情報機関によって掲載されない場合や5年、10年など登録の期間や条件はそれぞれ異なります。

もしも契約したいローンがあれば「カード会社が登録している信用情報機関」を調べて、審査が受けられるかどうかチェックしておきましょう。各カード会社の公式サイトには、必ず登録している信用情報機関が掲載されています。

また、債務整理後に登録された情報が「残っているかどうか」は、各信用情報機関の公式サイトより「情報の開示請求」が行えます。

信用情報機関への開示請求の仕方

以下に、主な信用情報機関のサイトを掲載しておくので、信用情報が気になる方はチェックしてみてください。みなさんの信用情報は、お手持ちのパソコンやスマートフォンから簡単に確認できます。

【参考】信用情報機関の公式サイト一覧

  1. 株式会社日本信用情報機構 : https://www.jicc.co.jp/
  2. 株式会社シー・アイ・シー : http://www.cic.co.jp/
  3. 全国銀行個人信用情報センター : http://www.zenginkyo.or.jp/

開示請求の料金ですが、JICC(株式会社日本信用情報機構)と、株式会社シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターともに1,000円(消費税・手数料込み)で手続きができます。

スマートフォンやパソコンの場合は、手数料を払うためのクレジットカードを用意しましょう。また、債務整理後でクレジットカードが使えない方は、デビットカードを利用するか、郵送で申込を行い「定額小為替証書」などで支払いを行ってください(※ 各サイトで支払い方法を要確認のこと)。

債務整理後利用できるローン一覧

債務整理後、信用情報がクリアになった後「すぐに利用できるカードローン」をまとめてみました。どのカードローンもおすすめで「喪明け=債務整理後」も取得しやすいという理由で人気があります。

債務整理後におすすめのカードローン
カードローン名 特徴
レイク(新生銀行) 銀行の中では、審査が柔軟で人気が高い。喪明けでも比較的スムーズにカードローン契約ができると評判が良い。
アイフル 審査がスピーディーで債務整理後にも、柔軟に対応してもらえると評価が高く、個人事業主の間でも人気。
プロミス 大手ながら審査が素早く、喪明けでも審査可決率が高いことで人気のあるローン。総量規制の対象外のおまとめローンも利用可。
モビット ネットだけで完結できるサービスは、喪明け毎利用者でもスムーズに審査が受けられることで人気が高い。
アコム 債務整理後でも、スムーズにカードが取得できる貴重なカードローンブランド。大手なので銀行に近い条件で融資が受けられる。

喪明け、カードローン選びでお悩みの方は、上記リストを参考に手続きを進めてみてください。どのローンも債務整理経験者の間で人気が高く、可決率が高いことでも知られています。

また、以下の記事では「審査が甘いローン」について詳しく解説しています。本記事と合わせて参考にしてみてください。

債務整理後、カードローン利用の注意点

債務整理をした後、たとえ信用情報がクリアになったとしても『気をつけたい点』がいくつかあります。以下に「注意すべきポイント」をまとめてみました。

債務整理後、カードローン利用上の注意点

  • 借りすぎない、前回の失敗を繰り返さない
  • 収入に見合わない借り入れはしない
  • 利息が低いローンをこまめにチェックする

債務整理後は、以前経験した失敗を繰り返さないようにしましょう。せっかく信用情報がクリアになったのなら、今後は「良いクレジットヒストリー」を残していくことに集中してください。

債務整理後でも、ステイタスの高いカードは取得できる

たとえ、過去に自己破産を経験したとしても、信用情報がクリアになった後、良い履歴を重ねて、ステイタスの高いカードローンやクレジットカードを取得される方は沢山います。

債務整理をしたからと言って、すべてが終わった訳ではありません。きちんと良いクレジットヒストリーを積んで、信頼を勝ち取ることができるのです。

そして、無駄な利息を支払ったり、負担の多い借り入れをせずに済む様、低金利ローンをこまめにチェックしておいてください。毎年新たなローンが誕生し、利息が低く負担が少ない借り入れが可能となっています。

ぜひ、本サイトでの情報を参考に「賢くローン」を活用して行ってください。

まとめ|債務整理後でも、ローンは使える

今回紹介した通り、債務整理後でもローンは再契約できます。また、信用情報がクリアになった後、コツコツ良いクレジットヒストリーを積んでおけば、新たな信頼を勝ち取り、ステイタスの高いカードローンが契約できます。

一度失敗をした方も諦めずに、まずは信用情報を良くすることから始めてみてください。そして、信用情報がクリアになった後は「審査が甘いローン」や柔軟に融資をしてくれるローンを利用しましょう。

すぐにお金を借りたい!
おすすめのカードローンはどこ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP