カードローンで、子どもの進学や教育費に備える!学費の負担が増えた場合に

656view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

教育費にローン

カードローンで、お子さんの教育費や進学に掛かる費用が支払えます。本記事では、教育費とカードローンの関係について詳しく解説しましょう。

子どもの進学にもローンが使える

お子さんの進学にも、ローンが組めるのをご存じでしょうか。銀行や信販会社では、学費や教育費のための「学資ローン」を取り扱っています。

ローンは、学費の負担を一時的に軽減してくれる

生徒

お子さんが私立大学や私立高校に進学される場合、公立より多額の入学金や授業料が必要です。また、学部によっても掛かる費用は違ってきます。例えば、医学部や美術・芸術に関する学部は(一般的学部よりも)材料費や授業料がより多く必要です。

このほか、海外留学を希望される方は授業料に合わせて、現地での生活費や滞在費が別途掛かってきます。

学資ローンを利用しているのは、教育にお金がかかる人

「進学に多額のお金が必要」な方の間で、学資ローンが利用されています。学資ローンにも貸付の幅があり、最も融資額が大きいのは医学部への進学、海外留学や私大への進学です。また、大学院や博士課程に進ませる方には、さらなる学費が必要になります。

このような時に活用したいのが「学資ローン」の存在です。ローンは、学費の負担を一時的に軽減してくれます。もちろん返済の必要はありますが一括では無いので、負担を分散して支払うことができるのです。

子どもの教育には、1,000万円以上のお金がかかる

お金

お子さんの教育には、想像以上のお金が掛かります。幼稚園から大学まで、すべて公立で進学したとしても平均800万円近い費用が掛かります。また、幼稚園から大学まで私立で進学した場合、平均1,800万円もの教育費が必要です。

また、これ以外の費用にも習い事、塾や家庭教師の費用、部活(課外活動費)にも別途費用が掛かってきます。

働けど働けど、教育費は足りず…

お子さんが生まれる前から「学費の貯蓄」を始めていたとしても、大学卒業までの費用はなかなかカバーできないのが現状です…。共働きで稼ぐ夫婦でも、お子さんの人数が多くなれば「教育費のために働いている」ような生活を送ることになるでしょう。

急な出費が続くと「教育費が捻出できない」方がいらっしゃるのは当然です。また、転職やそれぞれの事情で一時的に「家計が厳しく」なった場合、子育て費用が足りなくなる可能性もあるでしょう…。

このような際、役立ってくれるのが低金利のカードローンやキャッシングのサービスです。冒頭でも説明しましたが、ローンを利用すれば「支払いの負担が分散」できます。

また、一時的に支払いが厳しい場合でも、キャッシングでお金を借り、資金不足のピンチが乗り越えられるのです。具体的な利用方法(支払いの仕方)は、次項で詳しく解説します。

キャッシングで教育費を払う方法

卒業

カードローンには、使途自由な「フリーキャッシング」と呼ばれる貸付(融資商品)があります。フリーキャッシングは、事業費用(お金をビジネス目的で使うコト)以外であれば、自由に活用できます。

また、キャッシングの中には一定期間「利息なし」で借りられるローンがあり、多くのローン(=消費者金融カードローン)は、1カ月間無利息でお金が借りられます。

お金を借りるのは、親御さんだけでなく「卒業後のお子さん」でも構いません。学生の中には、在学中奨学金でお金を借りて(有利子奨学金の場合)、卒業後に毎月返済を続ける方も少なくありません。

奨学金の負担は、子どもを苦しめる…

卒業後、働きながらお金を返すのは大変です。特に、社会人になりたての方はお給料も少なく、生活費を工面するだけで「余裕が無い」方も多いでしょう。こうした時に役立つのが「利息の低いカードローン」融資です。

支払いが厳しい時には、無利息タイプのローンを利用したり、銀行の低金利ローンでキャッシングをしてみましょう。例えば、無利息ローンでキャッシングを行い、給料日までに返済すれば「利息0円」で、お金のピンチが乗り越えられます。

また、利息の低い銀行カードローンを利用すれば、月々の利息も少なく、返済負担も比例して少なく済みます。支払いが厳しい社会人の方もぜひ、カードローンを上手に活用してみてください。

教育費用に使えるローン一覧

ここでは、教育費に使えるローンをまとめてみました。

教育費用に使えるローン一覧
区分 申し込める場所
① 学資ローン 銀行、信販会社
② フリーキャッシング 銀行、信販会社、消費者金融
③ 目的ローン 銀行、信販会社、消費者金融
④ 奨学金(有利子・貸付型) 日本学生支援機構、各学校、日本学生支援機構など
⑤ 学生ローン 消費者金融

①〜⑤について解説しましょう。

① 学資ローン

学校

学資ローンは、学費を目的に実施される融資のことです。学資ローンは、銀行や信販会社(クレジットカードを発行する企業)で取り扱いがあります。また、各学校が信販会社と提携する「学資ローン」も一部利用できます。

※ 各種学資ローンは、高校や高等専門学校、大学、短期大学、各種専門学校にて導入されています。

② フリーキャッシング(使途自由なローン)

フリーキャッシングは、銀行のほか、信販会社、消費者金融にて利用できます。使い道が自由なので、学費としても使用できるほか、奨学金の返済が厳しい時にも(※ ただし、事業目的はNG)利用できます。

銀行カードローンは、全体的に利息が低く、学費や進学の費用にも活用できます。また銀行からの融資は、長期間借りても返済の負担が少ないので、進学される親御さんやお子さんも安心して利用できます。

なお、銀行カードローンについては、以下の記事を合わせて参考にしてください。

銀行

信販会社でもフリーローン(使途自由な)の取り扱いがありますが、審査はやや厳し目です。その一方で、学校と信販会社が提携するローンについては審査が厳しくありません。

信販会社のローンが利用できない場合は、銀行カードローン、消費者金融カードローン、学校と信販会社提携ローンのいずれかを利用してみてください。

銀行や信販会社に比べて、圧倒的に利用しやすい(=審査が通りやすい)のは、消費者金融のローンです。また、多くの消費者金融カードローンは「当日融資可能」となっており、早ければ30分で審査結果が分かるほか、当日中にキャッシングが利用できます。

③ 目的ローン(目的が決まった方向けの融資)

「目的ローン」とは、あらかじめ目的が決まった方向けのローンです。融資額は300万円程度と少なめですが、一般のローン(例:フリーキャッシングなど)と比べ、上限金利は低めに抑えてあります。

利息が低ければ、支払いの負担も軽減されるので(カードローン利用が)初めての方でも安心です。

④ 奨学金(有利子・貸付型)

教室

「奨学金」と言えば、通常「返済不要な学生支援」をイメージされがちですが、証がッ金利用者の多い日本学生支援機構の制度は「低金利の学生ローン」として機能しています。

もちろん、奨学金の中にも給付型で返済不要な制度や、無利子で貸し付ける制度もあります。しかし、学生の大半は「有利子・貸付型」の制度を利用しているのが現状です。

返済の負担を無くしたい方は、返済不要な自治体の補助金、給付金制度を利用してください。また、一般の企業や団体も「学生援助」の名目で、各種給付金制度や少額金制度(返済不要)を募集しています。

各種制度については、学生課や進学先の学校に問い合わせをしてみてください。

日本学生支援機構の利息は、上限3.0%

利息は「上限3.0%」と一般的ローンと比べて、利息の負担は低く抑えてあります。しかし、有利子なのには変わりありません。

「奨学金」という名称ですが、返済の義務があります。このため、制度を利用される方は「学資ローン」として理解し、誤解の無いよう申し込む必要があります。

⑤ 学生ローン(学生を対象にしたローン)

学生ローンとは、在学中の学生を対象に融資するローンです。数は非常に少なく、中小の金融業者が一部取り扱うだけです(※ 大手銀行や有名な消費者金融では取り扱いがありません)。

このため、多くの学生は「20歳以上融資可能」な銀行系列の消費者金融カードローンを利用しています。在学中のローン利用については、以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

ローンで教育費を支払う場合の注意点

ローンで教育費を払う場合は、以下の点に注意しましょう。

ローンで教育費を支払う場合の注意点

  • 多く借りすぎない
  • 余ったお金は、返済に充てる
  • 新たな借り入れはしない

勉強

教育費を借りるときには、後の負担が増えないよう、借りすぎないことです。また、節約を心がけ、余ったお金はできるだけ「返済に充てるよう」にしましょう。

このほか、新たな借り入れを増やさないことも重要です。卒業後は負担のない生活ができるよう、何度も「借り入れのシミュレーション」をしておいてください。

【メモ】国がついに動き出した、奨学金の問題

奨学金の問題は、年々深刻化しており「若年層の貧困化」から、返還できない若者が増えてきています。こうした背景から、国もようやく重い腰を上げて、奨学金問題の解決策を模索するようになりました。

2016年10月末の時点では、自民党や文科省が「月3万円を上限」とし、返済不要の奨学金創設を検討しています。

まとめ|教育費が支払えない時には、ローンを上手に活用しよう!

プレゼンテーション

教育費が支払えない時には、ローンや奨学金を上手に活用しましょう。また学費に関しては、奨学金や自治体の補助金制度を利用してください。補助金であれば、返済が不要で、卒業後も負債を抱えることなく、安心して社会に羽ばたくことができます。

このほか、各学校でも返還不要な奨学金や学生支援制度を設けているので、支払いが厳しい方は学生課に相談し「自分に合う」制度を賢く利用してください。

フリーキャッシング
使い道が自由で学費としても使用できる

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP