カードローンで得する「知っておきたい豆知識」を紹介!

243view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンでお得

広く定着しつつある『カードローン』ですが、自己流で使用し、もったいない使い方をしている方が多いです。あまり知られていませんが、カードローンは(工夫次第で)何倍にもお得な使い方ができます。

また、いくつかのポイントさえ押さえておけば、無駄な利息や手数料を支払わずに済むので「お金の節約」にも繋がります。

本記事では、カードローンに「役立つ豆知識」をまとめて紹介します。カードローンを使用中の方はもちろん、これから申し込まれる方もぜひ、参考にしてみてください。

カードローンは、年々審査が通りやすくなっている

ヒソヒソ話

カードローンは、年々審査が通りやすく「貸し付け条件」が緩和されているのをご存じでしょうか? 実は(今から遡ること)10年〜15年程前までは「年収200万円以下の方は、申込不可」というローンが沢山ありました。

しかし現在「年収制限のあるローン」は、ほとんど見当たりません。また、以前まで年収制限を設けていたローンも「毎月、安定した収入があればOK」と条件を緩和しています。

このため(以前の条件では)借り入れできなかったアルバイトやパートの方でも、年収に合った借り方ができるようになりました。

また最近は、正社員になるのは難しく、派遣社員として働く方が増えてきました。このため、年収や働き方の制限を無くし、より多くの方が利用できるよう。貸し付けと審査条件は「より柔軟に」変化してきています。

ネット銀行の拡大で、キャッシングしやすくなった!

インターネット

数年前に比べて「インターネット銀行」の数は、大幅に増加しています。ネット銀行は(全体的に)審査の難易度が低く、主婦やアルバイト、学生や自営者の方でも気軽に申し込めるよう、貸付のハードルを低く設定しています。

また、すべての手続きがスマートフォンやパソコンから申し込めるようになり、審査のスピードも「より高速化」しています。例えば、審査が混んでいないタイミングに申し込めば、約30分程で審査結果が分かるようになっています。

このほか一部のローンは自動審査を採用し、よりスピーディーにキャッシングできるよう、カードや契約書の発行を見直しました(※ 書類はPDFなどでダウンロードして使う)。その上、ローン専用の「スマホアプリ」などを開発するなど、ネット上で使える「快適なサービス」を順次拡大しています。

既にアメリカや北米では「フィンテック」と呼ばれる、最新テクノロジー(技術)を使用したファイナンス(=金融業務)の仕組みが急速に発展しています。

日本も今後、ビックデータ(消費傾向等)を使用した「新しい融資の仕組み」や、キャッシングに関するオペレーションシステムや、アプリケーションが次々と導入されることでしょう。

スマホ

実際に、物販系サービスと金融の繋がりがある企業(例:楽天など)は、ショッピング履歴や消費傾向、銀行での預金残高をもとに、融資審査を優遇するなど、新しい取り組みに挑戦しています。

こうした仕組みを利用すれば、より柔軟な審査が実施され「今自分が必要とする」融資が、素早く受けられるようになります。

無利息期間を併用すれば、長期間利息0円に!

カードローンは、ネット銀行や「ネット取引に強い」金融業者で契約しましょう。あるネット銀行大手では、どこでキャッシングを利用しても「手数料0円」としており、利用者の拡大を狙っています(※ もちろん、ゆうちょ銀行や地方銀行でも「手数料0円」で利用できます)。

また返済手続きについても、ネット返済のほか、提携ATMから返済しても「手数料無し」で取引できるなど利便性を高めています。このほか、無利息期間を採用するネット銀行もあり、一定期間「金利0円」でローンが利用できるので便利です。

利息なしで「どうやって儲けているのか」若干不安にもなりますが、新規利用者が集まれば(ローン会社には)十分な利益が出るのでしょう。私たちは、こうした「お得な仕組み」を上手に活用すべきです。

大手銀行カードローンも、手数料は安い!

大手(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行など)メガバンク系でローンを契約すれば、提携銀行や利用できるATMの数が多く、手数料が安い(※中には、無料のサービスも多い)ので、よりお得にキャッシングが利用できます。

ネット銀行のローンは、どこよりも低金利!

ネット銀行のローンは「どこよりも低い金利」で融資を行っています。これは、ネット銀行は店舗を持たないため、無駄な人件費を書ける必要が無く「得られた利益」は、即(私たちの)利息として還元できるからです。

実際に、ネット銀行のローンはフリーキャッシングに限らず、住宅ローン、教育ローンなど、あらゆる融資で「業界トップクラスの低金利」を実現しています。利息を低く抑えたい方は、ネット系銀行で(ローン)契約してみましょう。

交渉次第で、ローン金利が引き下げできる場合も…!

実は、ローンの金利(実質年率)は、交渉次第で下げてもらえることがあります。

電話

例えば、真面目にコツコツ返済している方が「完済できたので、契約解除したい」とアクションを起こすと、カードローン会社から「利息を優遇するので、止めないで欲しい」とお願いされることがあります。

また「他社が金利を引き下げたので(今のローンを)解約し、借り換えるつもりだ」と正直に答えれば、多くのローン会社が「金利引き下げ」を検討してくれるはずです。

フリーキャッシング以外にも、借入額の大きな住宅ローン、自動車ローン等の「金利引き下げ」も交渉をすれば、前向きに(優遇を)検討してくれます。みなさんもぜひローン会社と積極的に話をしてみてください。

特に、銀行ローンや銀行系消費者金融であれば、話しやすい雰囲気の中、金利の引き下げや貸付に関する相談が行えます。

ローン審査を早く通すコツは、ネット手続きにあり

本サイトでも、既に何度か取り上げていますが、ローン審査を早く進めるには、ネット申込を利用することです。また、ネット銀行のローンは「ネット上からしか」申込を受け付けないことがあり、郵送や店舗申込できないローンが大半を占めています。

(その代わりに)ネット銀行は融資実施までのスピードが速く、土日や祝日でも関係なく審査が受けられます。また、必要な身分証明書や所得証明書が、スマホやパソコンから送信できるため「無人契約機に出かけるよりも早く」審査結果が分かるなどメリットは大きいです。

ローンは「低金利」ほど、審査が通りにくい

男性

限度額を大きくしようとすれば、審査は通りにくくなります。同じように、低金利ローンを使おうとすればするほど、審査の条件は厳しくなります。

例えば、年利1.99%という低金利ローンを申し込んだ場合、年利18.0%のローンに比べると、審査の可決率は低く(=審査が難しい)なります。

私たちはローンを比較する際、なるべく「利息の低いローン」を探そうとします。しかし、利息が低すぎるローン(年利1%台など)は、審査の条件が厳しくなります。このため、アルバイトやパートの方、所得の少ない方、他社での借入件数が多い方は「否決率」が高くなるので注意が必要です。

審査に自信が無い方は低くても5%以上、できれば「年利10%」以上のローンを選ぶようにしましょう。この基準を目安に申し込めば、審査で落ちる確率は低くなります(※ 年利1〜2%台のローンを利用される方は、上記の条件を知った上で申し込むようにしてください)。

まとめ|ローンを攻略するには、沢山のローンを知ること!

いかがだったでしょうか? ローンを攻略するには、できる限り沢山のローンを知ることが重要です。まずは、ローン比較サイトを利用し、複数のローン金利や利用枠、貸付条件を比較し「どのようなローンがあるのか」知識を深めていきましょう。比較できる対象が多くなればなるほど、失敗が少なくなり「自分に合う」ローンが見つかります。

低金利のカードローン
どこよりもお得にお金を借りる!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP