カードローンのキャッシングってボーナス払いできるの?

156view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンのキャッシングってボーナス払いできるの?

この記事ではカードローンとボーナスの関係について、詳しく解説していきます。特に、はじめてカードローンの利用を検討しているという人はカードローンでキャッシングしたお金の返済を、「ボーナス払いに設定して一括返済できるのか?」気になっている人も多いはず。

また、近年では過去に比べてボーナスの額が縮小傾向にありますが、「給料が少なくて毎月の返済が大変そう… お金に少しだけ余裕が出るボーナス時期にキャッシングを全額返済したい」と考える人も多いでしょう。そこで、カードローンのキャッシングをボーナス払いにできるのか、また、ボーナスをうまく活用して上手にキャッシングを返済していくためのヒント、などについて詳しく解説していきます。

カードローンのキャッシングをボーナスで支払える?

ボーナス払いとは、後払い購入などを行った時、翌月などの直近に返済するのではなく、ボーナス月にまとめて返済する方法です。例えば8月にショッピングなどに利用したお金をボーナス月の12月に支払う方法となっています。

ボーナス払いできるのはクレジットカードのショッピング枠

ボーナス払いできるのはクレジットカードのショッピング枠

ボーナス払いと聞くと、クレジットカード支払いのボーナス払いを思い浮かべる人も多いでしょう。ほとんどのクレジットカードの支払いにはボーナス払いが利用できます。ボーナス払いを利用すれば、次の支払い時にお金に余裕がない時などに一括払いできるため、便利に使えますよね。また、このような返済方法は、数ヶ月〜半年単位での「後払い」とも言い換えられます。

高額な目的別ローンにもボーナス払いが適用されている

また、クレジットカードのボーナス払いとは少し意味合いが異なりますが、「住宅ローン」や「マイカーローン」などの高額となる目的別ローンもボーナス払いが適用されています。この目的別ローンでのボーナス払いでは、高額な元金をグッと圧縮するという意味合いがあります。

クレジットカードやローンなどの商品 ボーナス払いの目的
クレジットカードのショッピングなど 翌月などに支払いが困難な場合、ボーナス月での一括返済を行うなど、出費をあと伸ばしにする返済(支払い)方法。
住宅ローンやマイカーローンなど 毎月の返済に加え、ボーナス月(6月・12月)に返済を行う方法。
ボーナス月には通常時の2倍以上の金額を返済をする場合も多く、短期間で元金をグッと圧縮できる。

このように、一般的なボーナス払いとは上記のような返済方法となっています。このようなボーナス払いですが、そもそもカードローンのキャッシングの返済をボーナス払いに設定できるのでしょうか?

カードローンの返済をボーナス払いに設定できない!

実はカードローンでのキャッシングの返済をボーナス払いに設定できません。カードローンで採用されている返済方式では、ボーナス払いが適用されないんです。

カードローンがボーナス払いを適用できないのには、クレジットカードのショッピング枠、住宅ローンやマイカーローンの返済方式と異なっているためです。次の項目ではカードローンの返済方式について、詳しく確認していきましょう。

ボーナス払いできないカードローンの返済方式とは

まず、カードローンで借りたお金には毎日利息が発生していくことが大きなポイントとなります。先ほどのクレジットカードのボーナス払いでは、「ボーナス時に後払い」しても利息や手数料が発生しないのですが、カードローンでのキャッシングには毎日利息が発生しているんですよね。

カードローンは毎日利息が発生する

例えば50万円のお金を金利18%のカードローンでキャッシングした場合の1日の利息を確認してみましょう。

50万円 × 18% ÷ 365日 = およそ246円

具体的な項目を下記にまとめてみます。

借りたお金 × 金利(年率)÷ 365日(1年の日数)= 1日分の利息

となります。借りたお金に、消費者金融が公表している金利(=年率)を掛ければ、年間での最大の利息となります。その年間の最大の利息を1年間の日数で日割りしたお金が、「1日の利息」となるんですよね。

キャッシングを返済しなければ、その分利息が膨らんでいく

キャッシングを返済しなければ、その分利息が膨らんでいく

このように、カードローンでキャッシングした後は、毎日利息が発生していきます。つまり、クレジットカードなどのボーナス払いをカードローンに適用してしまうと、返済しない期間だけ利息が大きく膨らんでしまうんですよね。

先ほどの50万円を18%の金利のカードローンでキャッシングし、仮に半年後にボーナス払いする場合、どのくらい利息が膨れているのか確認してみましょう。

50万円 × 18% ÷ 2(半年分のため)= 4万5000円

このように、50万円を半年間返済しなければ単純計算で4万5000円もの高額な利息が発生してしまうんですよね。

カードローンで採用されている返済方式

このように、カードローンでは毎日利息が発生してしまうため、そもそもボーナス払いには向いていないと言えます。また、カードローンでの返済方式には様々あるのですが、代表的な返済方式とその特徴について確認してみましょう。

カードローンは残高スライドリボルビング方式が採用

多くのカードローンでは、残高スライドリボルビング方式と呼ばれている返済方式が採用されています。この返済方式は下記のように分けて考えられます。

「残高スライド」+ 「リボルビング」方式

「残高スライド」とは、残高によって返済額がスライドすることを指します。また、「リボルビング」での返済は、通常リボ払い(リボルビング払い)とも呼ばれていて、毎月定額の返済を行う返済方法となります。残高スライドリボルビング方式での返済は、これら2つの方式が掛け合わさり、「残高によって返済額がスライドしていく返済方法」となるんです。

参考)残高スライドリボルビング方式の返済額
借り入れ残高 返済額
10万円未満 2,000円
10万円以上〜50万円未満 5,000円
50万円以上〜100万円未満 10,000円
100万円以上〜200万円未満 20,000円

上記はあくまでもカードローンの残高スライドリボルビング方式の一例となりますが、概ねこのような返済額になっています。

毎月の返済額に元金と利息が含まれる

また、この残高スライドリボルビング方式での返済ですが、毎月の返済に「元金(借りたお金)の一部と利息」が含まれるんです。つまり、毎月10,000円の返済だったとしても、全額が元金の返済に充てられるのではなく、たとえば元金に8,000円、利息に2,000円というように、返済額に元金と利息が含まれるんですよね。

このため、毎月しっかりと返済していても、思ったよりも元金が減っていかない… となってしまう恐れがあります。また、カードローンにはボーナス払いが適用されていないと解説してきましたが、実はボーナス払いのような返済方法を利用できるんです。

カードローンは繰り上げ返済(随時返済)を利用できる!

カードローンの毎月の返済のことを「約定返済(やくじょうへんさい)」と呼びます。これは、約定日(やくじょうび)に決まった金額を返済する方法のことです。また、カードローンには約定返済の他に、随時返済(ずいじへんさい)と呼ばれている、好きなタイミングで追加返済する方法も用意されています。

随時返済はボーナス払いのように利用できる!

随時返済はボーナス払いのように利用できる!

この随時返済とは、お金に余裕があるタイミングなどで追加返済、繰り上げ返済する方法です。また、ボーナス払いのように、お金に余裕があるタイミングで追加返済できます。随時となるため、自分の好きなタイミングで繰り上げ返済できるのが、大きな特徴と言えるでしょう。

随時返済は約定返済後となる

この随時返済は、毎月の約定返済にプラスして返済する方法となります。つまり、いくら随時返済で高額なお金を返済したとしても、約定返済を行なっていない場合は「滞納扱い」となってしまう点には十分に注意しておきましょう。

随時返済すれば元金をグッと圧縮できる

カードローンの約定返済だけでは元金を減らしにくいのですが、随時返済を利用すれば、元金をグッと圧縮していけます。ボーナスの時期などでお金に余裕がある時には必ず随時返済を利用するようにして下さいね。

ボーナス時期に一括返済するカードローンの活用方法

さいごに、ボーナス時期に一括返済するカードローンの活用方法について紹介していきます。

  • 消費者金融カードローンの無利息期間を活用する
  • 約定返済額の少ないカードローンを選ぶ

消費者金融カードローンの無利息期間を活用する

ほとんどの消費者金融のカードローンには、30日間の無利息期間が設けられています。30日間の無利息期間とは、カードローン契約日から30日間はキャッシングにかかる利息が0円となるサービスのことを指します。無利息期間内に借りたお金を返済すれば、利息が不要で借りたお金だけの返済でOKなんです。

ボーナス時期前に無利息期間を利用

この無利息期間とボーナス時の返済を組み合わせて利用すれば、上手にボーナス時期の一括払いができるでしょう。ボーナスの支給日から逆算して30日間以内にキャッシングし、ボーナスが支給されたら随時返済を行います。

このように利用すれば、利息無料でボーナスでの一括返済が可能となるんですよね。ボーナス時期にキャッシングしたい人は、ぜひ無利息期間とボーナス時の一括払いの組み合わせを検討してみましょう。

約定返済額の少ないカードローンを選ぶ

また、「ボーナスまであと半年近い」というような人は、毎月の約定返済額が少ないカードローンを選ぶのもおすすめです。多くのカードローンでは先ほどの項目で解説した「残高スライドリボルビング方式」の返済方式となっています。

ボーナス時期まで約定返済を必ず続ける

このため、例えば毎月の約定返済が2,000円というような少額のカードローンを利用すれば元金は減らしにくい傾向にありますが、毎月の返済負担を最小限に抑えられます。ボーナス時期までしっかりと約定返済を続けておき、ボーナスが支給されたら一括返済しましょう。

この利用方法は、少し利息が高くなる可能性がありますが、しっかり完済するための、おすすめのボーナス一括返済方法と言えるでしょう。

カードローンでは繰り上げ返済にボーナスを利用する

この記事では、カードローンのボーナス払いや、カードローンの返済にボーナスをうまく利用する方法について詳しく解説してきました。

カードローンではボーナス払いは適用されていない

そもそもカードローンでは、クレジットカード、住宅ローンやマイカーローンなどに適用されている「ボーナス払い」の返済方法は用意されていませんでしたよね。ただし、カードローンでは繰り上げ返済である「随時返済」を利用できるため、随時返済時にボーナスをうまく活用できます。

ボーナスでの支払いをどのように利用するのかが重要!

カードローンは毎月の約定返済をしっかり続けていれば、お金に余裕があるタイミングで随時返済も行えるため、融通が利く返済を行えます。このため、ボーナスでの随時返済をどのように利用するかが重要なんですよね。

ご自身の利用しやすい方法でボーナスを返済に利用しよう!

ご自身の利用しやすい方法でボーナスを返済に利用しよう!

この記事でも解説したように、ボーナスでの随時返済を利用するパターンは様々あるでしょう。カードローンでボーナスを返済に充てようと考えている人は、カードローンの利用前から「ボーナスを返済に利用するタイミング」を検討しておき、返済計画をしっかり立てておくようにしましょう。

ぜひこの記事を参考にしながらカードローンの返済にボーナスでの支払いをうまく組み合わせ、上手にカードローンを利用できるようにしてみてくださいね。カードローンの返済は融通が利くので、利用方法によって非常にお得にキャッシングできるはずですよ。

毎月の返済負担を軽減!
オススメ!おまとめローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP