カードローンの自動融資とは?メリットと注意点

433view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンの自動融資とは?メリットと注意点

この記事では、カードローンの「自動融資」について詳しい解説を進めていきます。自動融資とはどのようなサービスなのか、また、利用時のメリットや注意点なども併せて解説していくので、しっかりと確認してみましょう。

カードローンの自動融資ってどんなサービス?

そもそもカードローンの自動融資とは、どのようなサービスのことを指すのでしょうか。

カードローンの自動融資について

カードローンの自動融資について
カードローンの自動融資とは、「利用者の銀行口座に必要なお金が不足していた場合、その不足分だけを自動的に融資」してくれるサービスなんです。この必要なお金とは、光熱費や家賃、クレジットカードの支払い料金などを指します。不足分のお金が自動的に融資されるため、口座にお金が入っていない時でも必要な支払いを延滞したり滞納したりしてしまう恐れがないんですよね。

自動融資とは銀行カードローンのサービス

また、この自動融資のサービスは、全てのカードローンのサービスではなく、一部カードローンのサービスとなっています。銀行カードローンは利用先銀行の口座から自動引き落としによる返済が行えるため、この「自動融資」のサービスが付与されている場合があります。これから利用しようと考えているカードローンに「自動融資」が提供されているのか、申し込み前には確認しておきましょう。

現金の引き出し時に自動融資できる場合も

また、「口座にお金がない場合、引き出し指定金額の不足分を自動融資」してもらえる場合もあります。例えば、銀行口座に5万円あり、10万円引き出したい場合、通常であれば口座にお金が不足しているため、引き出せませんよね。しかし、この「口座からの引き出し時の自動融資」があれば、不足分の金額をキャッシングの金額として自動的に処理してくれるサービスもあるんです。

5万円(口座) − 10万円(引き出し金額)= −5万円(不足しているお金)

となり、5万円が自動的にカードローンのキャッシングとして処理してくれるんです。このように、口座に入っているお金を気にせずに引き出せる「自動融資」サービスもあります。

自動融資はカードローン契約後から利用可能

この自動融資は、一部の銀行カードローンに付属しているサービスとなるため、カードローン契約後から「自動融資」のサービスを受けられます。また、銀行カードローンと契約するまでにかかる日数は、およそ1週間〜10日間程度かかる場合が多いため、この「自動融資」を利用したい場合は、申し込みタイミングにも気をつけておきましょう。

カードローン自動融資の3つのメリット!

カードローンの自動融資のメリットを確認していきましょう。項目ごとに解説していくので、しっかり確認してみてくださいね。

カードローン自動融資の3つのメリット

  • 光熱費やクレジットカードの支払い忘れがない!
  • 自動的にキャッシングできるので周りにバレにくい
  • 自動融資でクレヒスに傷が付く心配がない!

光熱費やクレジットカードの支払い忘れがない!

光熱費やクレジットカードの支払い忘れがない!

カードローンの自動融資は、先ほども解説してきたように「光熱費や家賃、クレジットカードの支払い時の不足分を自動的に銀行口座へ融資」してくれるサービスとなります。このため、銀行口座に入金を忘れていたという場合でも、支払い料金の未納の心配がないんですよね。

うっかりミスが多いような人は、この自動融資があるカードローンとの契約がおすすめです。

自動的にキャッシングできるので周りにバレにくい

この自動融資でのキャッシングは、名称通り「自動で融資」してもらえるため、ご自身で窓口やATMでのキャッシング手続きは不要なんです。窓口やATMでカードローンを利用していると、周りにいる人にカードローンの利用がバレてしまう恐れもありますよね。

その点、カードローンの自動融資では、窓口やATMへ行かずにキャッシングできるため、誰にも気付かれずにお金を借りられるんです。カードローンでのキャッシングは、「絶対に誰にもバレたくない!」という人は、この自動融資をうまく活用してみてくださいね。

自動融資でクレヒスに傷が付く心配がない!

自動融資のサービスがあれば、クレジットカードなどの返済を忘れる心配がありません。うっかりクレジットカードの返済を忘れて未納や滞納してしまう恐れがないんですよね。

クレヒスとは?

クレヒスとは「クレジットヒストリー」の略語で、信用情報とも呼ばれています。主にクレジットカード支払いやカードローン返済などの履歴が残されていきます。支払いや返済に遅れなければクレヒスを綺麗な状態にキープできますが、返済に遅れてしまうと未納や滞納などの履歴が残ってしまい、「クレヒスに傷」がついてしまいます。

クレヒスに傷があると、クレジットカード審査やカードローン審査に落ちてしまうような不利な状況となるため、クレヒスには傷を付けずに綺麗な状態を保つのがベストなんですよね。この自動融資があれば、支払いや返済忘れの心配がないため、クレヒスに傷を付けてしまう可能性もないんです。

カードローンの自動融資の注意点

カードローンの自動融資ですが、注意しておきたいポイントもあるんです。注意しておくべき項目をまとめていくので、確認していきましょう。

カードローン自動融資の注意点

  • 消費者金融では自動融資が提供されていない
  • カードローンの返済が遅れていると自動融資を使えなくなる
  • 自動融資で知らないうちに借金が膨らむ恐れも!
  • 自動融資対象外となる支払い項目がある

消費者金融では自動融資が提供されていない

カードローンの自動融資は銀行口座を利用して行われるため、消費者金融カードローンでは提供されていないサービスなんです。また、全ての銀行カードローンではなく、一部の銀行カードローンでしか提供されていないため、申し込み前にはしっかりと確認しておいてくださいね。

カードローンの返済が遅れていると自動融資を使えなくなる

また、カードローンの返済が遅れている場合は、追加融資をしてもらえないため「自動融資」も利用できなくなります。

クレジットカードや光熱費の返済忘れは「自動融資」でカバーできますが、カードローンの返済を忘れてしまうと、「自動融資」を使えない上クレヒスに傷をつけてしまうので、カードローンへの返済には十分に注意しておきましょう。

自動融資で知らないうちに借金が膨らむ恐れも!

自動融資で知らないうちに借金が膨らむ恐れも!

自動融資はとても便利なサービスです。クレジットカードの支払いや光熱費の支払い前に、銀行口座にお金が入っていなくても自動融資による返済が可能なのですが、あまりにも便利過ぎて「自動融資」を使い過ぎてしまう恐れがある点には注意が必要です。

銀行口座へ入金をせず、知らないうちに「自動融資」を使い続けてしまうと、借金が大きく膨らんでしまう恐れがあります。また、あまりにも高額な借金となってしまうと返済できなくなり、最悪の場合、自己破産してしまう可能性もありますよね。

カードローンの自動融資を利用する際には、必ず現在の借り入れ総額を把握しておくようにしてくださいね。

自動融資対象外となる支払い項目がある

このカードローンの便利な自動融資サービスですが、自動融資の対象外となる支払い項目もあるんですよね。自動融資を提供している銀行にも異なるのですが、原則「カードローンの返済には自動融資が不適用」となる点には注意しておきましょう。

カードローンの自動融資をうまく活用するための4つのヒント!

このように、銀行カードローンの自動融資はとても便利で多くのメリットがある半面、デメリットとなってしまうポイントもあるんですよね。そこで、自動融資をうまく活用していくためのヒントを4つ紹介していきます。

カードローンの自動融資をうまく利用するための4つのヒント!

  • 自動融資サービスへ別途申し込みが必要か調べておく
  • 自動融資された当日から利息が発生する
  • 銀行口座へ入金しない限り、カードローンが返済扱いとならない
  • 自動融資の利用は最小限に抑える!

自動融資サービスへ別途申し込みが必要か調べておく

カードローンの自動融資をうまく活用するための4つのヒント!
自動融資サービスは、カードローン契約後に自動的に付与されるタイプのものと、ご自身で自動融資への申し込みが必須となるタイプのものがあります。自動融資サービスを提供しているほとんどの銀行カードローンでは、カードローン契約時に自動融資サービスが付与されますが、一部のカードローンでは申し込みが必須となるため、申し込み前には利用先銀行の窓口で確認しておいてくださいね。

自動融資された当日から利息が発生する

銀行口座にお金が不足している時に自動融資されたら、その当日から借りたお金に対して利息がかかっていく点には注意しておきましょう。銀行カードローンによって異なりますが、金利はおよそ12%〜15%程度となっています。また、例えば金利15%で10万円自動融資された場合、月額でおよそ1200円の利息が発生してしまいます。

月々1200円程度の利息だとしても、年間では1万5000円前後もの金額となるんですよね。無駄に利息を発生させないように、自動融資した後はしっかり返済を行えるように前もって計画を立てておきましょう。

銀行口座へ入金しない限り、カードローンが返済扱いとならない

銀行カードローンの場合、大抵の場合は利用先の銀行口座(=カードローン用口座)への返済が必須となります。銀行口座へ入金しない限り、借金が減っていかない点にも気をつけておきましょう。

自動融資の利用は最小限に抑える!

銀行カードローンの自動融資はとても便利に利用できるため、毎月のクレジットカードの返済時についつい使ってしまう…という人も多いんですよね。しかし、毎月少額の自動融資だったとしても、数ヶ月も続けてしまうと想像以上に高額なキャッシングとなってしまう可能性もあります。

カードローンの自動融資はとても便利に利用できるサービスなんですが、毎月の利用を習慣にしてしまうのではなく、「どうしても自動融資が必要…」というタイミングで利用するようにしてくださいね。

カードローンの自動融資をうまく利用しよう!

この記事では、カードローンの自動融資について詳しく解説してきました。カードローンの自動融資とは、銀行カードローンが提供しているサービスの一種となっていて、「クレジットカードや光熱費などの支払い時に銀行口座にお金がない場合、自動的に融資」してくれるサービスでしたよね。

自動融資はうまく利用すればとても有利に使える!

自動融資についてしっかりと理解しうまく利用すれば、自動融資はとても有利に使えるサービスとなっています。

自動融資は必要な時にだけ利用する

先ほどの項目でも解説してきましたが、自動融資は本当に必要な時にだけ利用するようにしましょう。自動融資はとても簡単にキャッシングできるため、ついつい利用し過ぎてしまって借金が大きくなってしまう可能性があるので注意しておくべきポイントと言えるでしょう。

自動融資利用中には借り入れ総額を把握しておく

自動融資利用中には借り入れ総額を把握しておく

また、自動融資に限らず、カードローン利用中は常に借り入れ総額を把握するようにしておきましょう。現在の借り入れ総額を把握しておけば、完済までの計画も立てやすいでしょう。

このように、カードローンの自動融資を利用する時には利用時の注意点をしっかりと確認しておき、正しく自動融資を使えるように前もってチェックしておいてくださいね。

一秒でも速く借りたい!
即日借りるなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP