随時返済を活用して、カードローンの利息を抑える!

893view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

随時返済を活用して、カードローンの利息を抑える!

この記事では、カードローンの随時返済について詳しい解説を進めていきます。消費者金融や銀行カードローンで利用できる随時返済を行えば、お得にキャッシングできる可能性があるんですよね。また、「カードローンの随時返済って何のこと?」という人へも、随時返済をしっかり理解できるように、分かりやすく解説を進めていきます。

カードローンの随時返済とは?

まず、カードローンの随時返済について解説していきます。随時返済とは、カードローンの返済方法のことを指しています。下記にカードローンの返済方法をまとめてみました。

カードローンの返済方法について

返済方法の名称 内容
約定返済 毎月決まった日にち(迄)に決められた金額を返済する方法。例として、「毎月1日に1万円返済」など。
また、銀行口座からの自動引き落としやATMを利用してローンカードによる返済方法などがある。
毎月1回の約定返済は必須。
約定返済が35日ごとに規定されているカードローンなどもある。
随時返済 カードローン利用者が好きなタイミングで返済する方法
返済用口座への振り込みやATMを利用してローンカードで返済する方法などがある。
随時返済は必須ではない。
また、随時返済を行なっても「約定返済は必須」で、別途返済が必要となる点に注意。
「繰上げ返済」と呼ばれる場合も。

このように、カードローンの返済方法には、「約定返済」と「随時返済」があります。また、約定返済は毎月(もしくは35日ごと)に必ず1回返済する必要があるんですが、この記事で解説している随時返済は、必須ではなく「任意」での返済となるんですよね。

カードローンの随時返済とはお金に余裕のあるタイミングで返済を行うこと

この随時返済とは、約定返済を済ませ「さらに返済に回せるお金に余裕がある!」という人が利用する返済方法と言えます。また、随時返済を行うことで借り入れ金額(=元金)を減らせるので、返済までの年月をかなり短縮させることも可能なんです。ちなみにこの随時返済は一般的に「繰上げ返済」と呼ばれる場合もあります。

カードローンの随時返済で利息を抑えよう!

カードローンの通常の返済である約定返済は、ほとんどの場合「元利定額リボルビング払い」となっています。この元利定額リボルビング払いとは、毎月の一定の返済額に「元金(=借金)と利息」が含まれる返済方法となります。

カードローンの約定返済だけでは返済が長期化する恐れも

この元利定額リボルビング払いで、例えば毎月1万円の返済だった場合、「元金8000円、利息2000円」というような内訳となり、1万円全てが返済に充てられるのではなく、一部金額のみの返済となるんですよね。

元利定額リボルビング払いには注意

このため、ほとんどのカードローンで適用されている元利定額リボルビング払いは、「毎月一定額の返済で済むというメリットがある反面、元金を減らしにくく返済が長期化する恐れ」があります。

カードローンの随時返済は元金だけを返済できる!

カードローンの随時返済は、元金の繰上げ返済として認めてもらえます。このため、随時返済で1万円返済した場合、そのまま1万円が元金として返済に充てられます。つまり、随時返済すればするほど元金(=借金)を減らしていけるんですよね。

カードローンの随時返済で利息を抑える

カードローンの利息とは、借り入れ残高(=元金)によって発生します。例えば金利18%の消費者金融では、元金の18%が年間の利息金額となっています。(ちなみに、日割り計算で年間利息の365分の1が1日分の利息となります。)

返済を進めていくほど元金が減っていくため、かかってくる利息も減っていくんですよね。随時返済すれば元金をグッと減らせるので、利息を大きく抑えられる可能性があります。

カードローンでは必ず随時返済を利用する

カードローンでは必ず随時返済を利用する

このように、カードローンを利用した後は、毎月しっかりと約定返済を行い、さらに随時返済も併せて行うようにしましょう。ほとんどのカードローンでの約定返済では、毎月少額の返済額しか設定されていない場合が多く、元金をなかなか減らせられないんです。しかし、随時返済を行えば、その分しっかりと元金を返済できるため、カードローンの返済は、

約定返済 + 随時返済

を組み合わせて返済するようにしましょう。

随時返済はボーナス月に大きく返済するのもおすすめ

また、手持ちの現金に余裕ができたら、必ずしっかりと随時返済を行うようにしてくださいね。ボーナス月などであれば、家計に10万円程度余裕が出る場合もあるかもしれませんよね。カードローンの返済を長引かせず、利息を抑えるためにも、お金に余裕がある時には随時返済をうまく活用してくださいね。

カードローンの随時返済時に注意しておくべきポイント

カードローンの随時返済時に注意しておくポイントを解説していきます。カードローンの繰上げ返済である、随時返済を行うと利息を抑えて返済年月を短縮できるため、デメリットとなるポイントはありません。しかし、随時返済を利用するにあたり注意しておきたいポイントがいくつかあります。

  • 早期の随時返済で利息を大きく抑えられる
  • 毎月の約定返済は必ず忘れないこと!
  • ボーナスなどの余分な資金がある時に随時返済する

早期の随時返済で利息を大きく抑えられる

随時返済するタイミングですが、カードローンで借り入れた直後などで、借り入れ残高が大きく残っている時ほどお得になる可能性があります。少し詳しく解説していきます。

例えば100万円を60回払いする場合、借り入れ直後に10万円返済する場合と、借り入れ残高が残り10万円になった時に一括返済する場合では、早期のタイミングで10万円返済する場合の方がお得なんですよね。

カードローンで早期に随時返済すると得する仕組み

カードローンで早期に随時返済すると得する仕組み

カードローンで100万円借りた直後に10万円の随時返済を行なった場合、100万円 − 10万円 = 90万円 となり、90万円に対して利息がかかり、返済を続けていくことになります。一方で、残り10万円になった時に10万円を一括返済する場合、お金を借りた直後からは100万円に対してカードローンの利息がかかってくるんですよね。

つまり、この場合であれば早期に随時返済を行うと、10万円分の利息をカットできるんです。お金に困っている人がカードローンを利用するので、借りた直後に手元に余剰なお金がある人は少ないと思いますが、キャッシング直後にまとまったお金が入ってくるという人は、必ず早期のタイミングで随時返済しておくことをおすすめします。

10万円の随時返済で年間18,000円も得する

例えば金利18%の消費者金融のカードローンで10万円の随時返済を行なった場合、年間で

10万円 × 18% = 18,000円

という金額の利息を抑えられる可能性があります。

毎月の約定返済は必ず忘れないこと!

この随時返済は必須ではありませんが、カードローンの約定返済は毎月必ず行わなければいけません。このため、随時返済に気を取られてしまい、約定返済を忘れてしまった、という状況にならないように注意しておきましょう。

いくら随時返済で高額な返済をしたとしても、毎月の約定返済を忘れてしまうと、「未納」や「滞納」扱いとなり、クレジットヒストリー(信用情報)に傷がついてしまう恐れもあります。クレジットヒストリー(信用情報)をきれいな状態に保つためにも、約定返済は必ず忘れないようにしましょう。

ボーナスなどの余分な資金がある時に随時返済する

カードローンの約定返済だけでは返済が長期化する恐れも

随時返済する時には、必ず手持ちの資金が余った状態の時に行うようにしてくださいね。手元に少しお金が余ったからといって、すぐに随時返済してしまうと、急に資金が必要となった時に資金不足で再度ローンカードでキャッシングしてしまう恐れもあります。冠婚葬祭などの出費は急に必要となる場合が多いため、ある程度お金に余裕のあるタイミングで随時返済するようにしてくださいね。

先ほども解説したように、ボーナス月など、大きなお金が入ってくるタイミングで随時返済する方法がおすすめと言えるでしょう。

カードローンの利息を抑えるためのコツ!

さいごに、カードローンの利息を抑えて、うまく活用するコツを解説していきます。これから解説していく項目をしっかりと理解し、お得にキャッシングを利用してみましょう。

  • 金利が低いカードローンを探す!
  • 消費者金融の30日間無利息キャッシングも活用する
  • 随時返済による繰上げ返済で利息を抑える!

金利が低いカードローンを探す!

カードローンで利息を抑えてキャッシングするには、金利が低いカードローンを利用するようにしましょう。1%でも金利が低いと、返済総額に大きな差額が出てしまうんですよね。少しでもお得にキャッシングするには、金利の低いカードローンの利用がおすすめです。

銀行カードローンが断然低金利!

この低金利カードローンの探し方ですが、消費者金融と銀行カードローンの中から選ぶ場合、銀行カードローンから探してみましょう。消費者金融は金利18%がほとんどですが、銀行カードローンでは金利14%〜15%となっているため、3%〜4%ほど金利を下げてお得にキャッシングできる可能性があります。

消費者金融の30日間無利息キャッシングも活用する

また、消費者金融はほとんどが金利18%ですが、審査基準が緩やかで安定した収入さえあれば審査に通過できる場合が多いんです。また、ほとんどの消費者金融では、30日間の無利息キャッシングが用意されているため、短期的なキャッシングの場合は、かなりお得にキャッシングできる可能性があるんです。

この30日間無利息キャッシングは、名称の通りカードローン契約から30日間は無利息でお金を借りられるため、30日以内に全額返済すれば全く利息がかからないんですよね。

消費者金融のサービスをうまく活用する方法もおすすめ

このように消費者金融では利用者に有利なサービスを提供してくれているため、利息を抑えてお得にキャッシングできる場合もあります。

随時返済による繰上げ返済で利息を抑える!

随時返済による繰上げ返済で利息を抑える!

また、カードローンを利用して返済する時には、この記事でしっかりと解説を進めてきた「随時返済」をうまく利用しましょう。カードローンの返済では「約定返済」と「随時返済」があります。約定返済とは、毎月1回、もしくは35日ごとに1回必ず返済することを指します。また、随時返済とは、約定返済後にお金が余っている場合、追加で返済する方法を指します。

随時返済は元金のみを返済できる!

また、この随時返済ですが、約定返済のような「元金+利息」の返済ではなく、元金だけの返済となるため、借り入れ残高をしっかりと減らせるんでしたよね。このため、随時返済を行なった金額分の利息を抑えてお得なキャッシングが可能なんです。

ぜひ、この記事を参考にしながらカードローンを利用の際には必ず「随時返済」を利用し繰上げ返済を行ないましょう。随時返済を行うと必ず利息を抑えられるので、返済総額を減らしてお得にキャッシングを利用できるはずですよ。

利息を抑えて借入!
低金利ローンのすすめ

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP