今すぐお金が必要!今日中に借りたいなら、キャッシングが一番

2,399view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

お金と計算機

この記事で分かること

  • 今日中に借りる、キャッシングの仕組み
  • キャッシングの限度額について
  • 即日融資「ネット利用」の注意点

「今すぐお金が必要」という方や「今日中にお金が借りたい!」という方は、カードローンを利用して、便利な即日融資を受けましょう。

即日融資は、ローン申し込んだ「その日のうちに」お金が借りられる便利な仕組みを指します。即日融資を利用すれば、最短1時間程度でキャッシングが使えるようになるでしょう。

本記事では、即日融資の仕組みや、キャッシングで「今日中にお金を借りる方法」について詳しく解説します。

キャッシングは「今すぐお金が借りられる」便利な方法!

キャッシングには、銀行や消費者金融カードローンのほか、信販会社カードローン、クレジットカードを使って現金を引き出す(=キャッシングする)などの種類があります。

今すぐお金を借りるならどのカードローン?

キャッシング本来の目的は「少額融資」だった…!

お札キャッシングには、もともと「少額融資」や「小口融資」といった意味があります。このため、10万円以下の融資に対しては審査も速く、即日融資に強い傾向があります。

ただ、最近のカードローンは、300万円や500万円を超える融資も多く、最高「1,000万円」まで融資可能なキャッシングローンも存在します。

キャッシングは原則、保証人や担保が不要です。このため、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンのように連帯保証人を探す必要もありません。カードローンを利用すれば(初めての方でも)誰でもその日のうちに、必要な融資が受けられます。

今日中に借りる、キャッシングの仕組み

女性がタブレット操作キャッシングの仕方は、大きく分けて三種類あります。一つ目はキャッシュカードを使った方法で、二つ目は振込を依頼して必要なお金を引き出す方法。三つ目は、ネット上で必要な金額を振込キャッシングする方法です。

キャッシングの仕組みは三種類

  1. キャッシュカードを使った方法
  2. 振込を依頼して必要なお金を引き出す方法
  3. ネット上で必要な金額を振込キャッシングする方法

①〜③の方法について、順番に解説しましょう。

① キャッシュカードを使った方法

最もスタンダードなキャッシング方法です。カードローン審査を受けてから(ローン会社の)キャッシュカードを受け取ります。

キャッシュカードがあれば、カード会社(本店・支店)に設置されたATMのほか、提携する他行のATM、キャッシュディスペンサーでキャッシング(現金の引き出し)が行えます。

② 振込を依頼して必要なお金を引き出す方法

自分名義の口座に「振込依頼」する方法です。(カードローン)契約が結べた時点から使えますが、契約後もオペレーターに対し「振込キャッシング」が依頼できます。振込の金額は、現在の利用可能額の範囲であれば、何度でも必要なお金が引き出せます。

③ ネット上で必要な金額を振込キャッシングする方法

最も便利で、スピーディーなキャッシング方法です。

ネット上で、振込先の口座を指定し(※ 必ず自分名義の口座)、利用可能額の範囲で「振り込む金額」を指定します。通常、振込先口座の営業時間に合わせて手続きが行われますが「ネット口座」への振込は(口座が提携していれば)24時間、瞬時に振込結果が反映されます。

ただし、提携していない金融機関への振込は、ネット口座であっても「翌営業日」の時間に合わせて「振込が実施」されるため、若干のタイムラグが生じます。融資を急いでいる方は、受け取りが遅れないように注意しましょう。

キャッシングの限度額について(いくら借りられるのか)

キャッシングの限度額は、年収の大きさでは無く「借入のバランス」を見て決定されます。

例えば「年収が300万円」で、他社(1社)で30万円のキャッシングを利用していれば、だいたい「50万円〜70万円」までの間で、キャッシング限度額が設定されます。

スマホで借入消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシング枠は、年収の3分の1を目安にすれば良いでしょう。そして、他社でのキャッシング利用分を引けば、だいたいの「可決額」がイメージできます。

ただ、各カード会社は「借入件数」を重視しています。このため、他社での借入が3社を超えるようなら、年収や借入額に関係なく「審査が通りにくくなる」ので、注意してください。

以下は、借入件数と審査の可決率を表にしたものです。

他社での借入件数と審査の可決率
借入件数 審査の可決率
他社での借入が0件 銀行・信販会社・消費者金融どこでも問題無く審査が通過できる。ただし「一度もローンを使ったことが無い」場合は注意が必要※
他社での借入が1件 問題無くクリアできる。ただし、消費者金融を利用していると、銀行ローンは可決されにくくなる。
他社での借入が2件 銀行や信販会社ローンの場合は、ギリギリ審査が通るかどうか。消費者金融の場合は審査に通る。
他社での借入が3件 銀行や信販会社ローンは通らない。消費者金融の場合もギリギリ通るかどうか…(多重債務の疑いあり)。
他社での借入が4〜5件以上 審査に通るローンは、ほぼ見つからない。多重債務者と判断される。

0件の場合は、審査に通る確率は「非常に高い」です。ただ、今までクレジットカードやカードローンを「一度も利用したことが無い」という場合は、注意が必要です。

なぜなら、金融機関での借入履歴がなければ「多重債務で過去データを消したのでは…?」と疑われるからです。

このため、最も審査が通りやすいのは「他社での借入が1件」の場合です。適度に借入履歴(クレジットヒストリー)を積んでおけば、カードローンはもちろん、クレジットカードの発行もしやすくなります。

ただし、現在「消費者金融で借入している」方は注意が必要です。例えば、審査の厳しい信販会社ローンや銀行ローンを利用する場合「消費者金融の利用」を嫌う傾向が強いからです…。

特に(消費者金融を利用した場合)借入額が大きな住宅ローンや自動車ローン、教育ローンは受けにくくなるので、気をつけてください。もしも、住宅ローンや信販会社の教育ローンを利用する場合は、最初に「消費者金融の借入を完済」してから申し込むようにしましょう。

新たな融資は受ける前に、借入件数を減らそう

借入件数が3件を超える場合も同様です。最初に、現在の借入を完済してから、新しい融資を受けるようにしてください。

即日融資「ネット利用」の注意点

即日融資を受ける方の大半は、インターネット経由で申込をされるでしょう。もし、ネット経由で取引をするのなら、個人情報を第三者に見えないように注意してください。

ネット融資例えば(他人から)推測されやすいパスワードやIDを設定しておくと、知らない間にスキミングをされたり、不正融資をされるなど、大切なカードローンが悪用されかねません…。

外でキャッシングをする場合は、公共の「フリーWi-Fi」は、使わないようにしましょう。また、カード取引をする場合は、自宅や安全なネット回線を通じて操作するようにしてください。

パスワードやIDの扱いは慎重に

第三者に安易にパスワードや、個人情報(カードに関するデータ)は見せないように注意しましょう。そして、ネット取引をする場合は、ウイルス対策を万全にしてから、安全な取引を心がけてください。

まとめ|キャッシングで、今日中にお金を借りよう!

いかがでしたか? キャッシングを利用すれば、今日中に必要なお金が借りられます。また、便利な「インターネット申込」を利用すれば、即日融資がより速く、受けやすくなります。

ネット申込であれば、パソコンだけで無く、スマートフォンやタブレットからも申し込めるので、誰でも迷うこと無く、カンタンにキャッシングが利用できるでしょう。

今すぐお金を借りる!
今日中にキャッシングできるのは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP