銀行カードローンは即日融資できる?即日でお金を借りるなら銀行より銀行系!

350view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

pixta_18351112_M

銀行カードローンは、低金利で総量規制の対象外で借りることのできるローン商品です。そのため、消費者金融カードローンではなく銀行カードローンを利用して今すぐに必要なお金を借りたいと考えている方もいるでしょう。
この記事では、銀行カードローンを使って「即日融資」は可能なのか、早く借りるためにはどうすればいいのか、注意点はあるのか、といったことを解説していきます。

なお、とにかく急いで早くお金を借りたいなら、銀行系のカードローンがおすすめです。
WEB完結で申し込める消費者金融なら、最短即日融資も可能です。

銀行カードローンでは即日融資ができない

銀行カードローンは低金利で多めの金額を借りられるローン商品です。ただし、即日融資ができない、というデメリットも存在するので注意が必要です。

2018年の法改正により銀行カードローンは即日融資を停止した!

銀行カードローンは即日融資が可能なローン商品でした。しかし、2018年の法改正によって銀行カードローンは即日融資が不可能になりました。
法改正の理由としては以下の2つがあげられます。

銀行カードローンが即日融資を停止した理由

  • 多重債務者発生を防止するため
  • 暴力団関係者への融資を防ぐため

多重債務者の発生を防止するため

銀行カードローンは総量規制対象外のローン商品です。
総量規制とは、多重債務者を減らす目的で設けられた規制のことです。この規制により、貸金業者は利用者の年収の1/3以上の金額を貸してはならないことが義務付けられています。

しかし、銀行カードローンは「貸金業者」ではありませんから、総量規制の対象外です。そのため、年収の1/3を超える金額であっても、銀行と保証会社の判断によって貸付を行うことができました。結果、利用者の返済能力以上の貸付を行ってしまうこともあり、銀行カードローンの利用者が多重債務者になってしまう事態が多発しました。
このことから、銀行カードローンの審査体制が不十分であると見なされて、銀行側は申込者の審査を入念に行うようになったのです。

暴力団関係者への融資を防ぐため

2013年、メガバンクの傘下が暴力団関係者に融資を行っていたことが発覚しました。
この事件により、反社会的勢力に融資を行うことを防ぐ目的で、2018年以後は、融資申込者の情報を「警視庁データベース」に照会し、その人物が反社会的勢力の関係者ではないかを確認することが銀行に義務付けられました。

銀行カードローンの審査の流れの変化

2017年以前の審査 2018年以後の審査
1.審査申込受付
2.銀行で審査
3.審査通過ならば融資
1.審査申込受付
2.警視庁データベースへの照合依頼
3.データベースで問題がなければ銀行で審査
4.審査通過ならば融資

警視庁データベースからの回答は最短でも翌日です。
慎重な審査が求められるようになったことと警視庁データベースの照会に時間がかかることを受けて、銀行は即日融資が不可能になったのです。

銀行カードローンの審査時間は最短でも翌日

銀行カードローンは即日融資が不可能なローン商品です。
主要な銀行カードローンの審査時間をまとめると以下のようになります。

銀行カードローン  審査時間
みずほ銀行カードローン 最短で翌営業日
三井住友銀行カードローン 最短で翌営業日
三菱USJ銀行カードローン・バンクイック 2日
流通系・ネット銀行カードローン   審査時間
オリックス銀行カードローン 2~3日
イオン銀行カードローン 最短で翌営業日
楽天銀行カードローン 2~5日
じぶん銀行カードローン 数日
住信SBIネット銀行 MRカードローン‎ 7~10日
ソニー銀行カードローンMONEYKit

最短で翌日
地方銀行カードローン   審査時間
静岡銀行カードローン「セレカ」 数日~2週間
千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン) 最短で翌営業日
スルガ銀行カードローン リザーブドプラン 最短で翌営業日
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 2営業日以上
常陽銀行カードローン 最短で翌営業日
八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」 2営業日以上

最短でも審査結果の通達が翌営業日であることがわかります。
さらに、審査結果が出たのちにローンカードの受取や申込手続きを完了する必要があります。それらの事務手続きの時間も考えると実際に融資を受けるまで、早くとも「2日」はかかる計算になります。

審査落ちの場合は、即日連絡があることも

銀行カードローンの審査結果の通達は、早くとも翌営業日以降です。ただし、信用情報に傷があるなどの理由で審査に落ちた場合は、その日のうちに連絡がくることもあります。

自動契約機を使っても即日融資は不可能!

大手の銀行カードローンは、自動契約機を使って融資を受けることも可能です。

2017年以前は、自動契約機を利用すればその場で審査結果が分かり、ローンカードが発行され、すぐに融資を受けることが可能でした。

しかし、2018年以降は、ローンカードはその場で発行されますが、カードを使って融資を受けられるのは審査結果が出た後からです。

銀行カードローンの中には「即日カード発行」ということを大々的に宣伝している業者もあります。この宣伝を誤解して、即日融資が可能と勘違いしてしまうケースも少なからずありますので注意が必要です。
確かに、自動契約機を使えばその日の内にローンカードを受け取れますが、カードが使えるようになるのは審査が終わる翌営業日以降です。

即日融資ならば銀行カ―ドローンではなく消費者金融カードローンを選ぶ!

緊急でお金が必要ならば、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを選択するようにしましょう。消費者金融カードローンならば、最短30分で審査が完了し、その日の内に融資を受けることも可能です。
ただし、以下の点に注意が必要です。

消費者金融カードローン利用時の注意点

  • 銀行カードローンよりも金利が3~4%ほど高い
  • 総量規制の対象のため、借りられる金額に制限がある
  • 無職の専業主婦や学生、年金収入のみの方は利用できない

少しでも多めの金額を低金利で借りたい人や専業主婦の方は銀行カードローンを選びましょう。

銀行カードローンで素早くお金を借りるための流れ

銀行カードローンでは即日融資は不可能です。しかし、ある程度はすばやくお金を借りることも可能です。
銀行カードローンを即日融資に少しでも近づけるために重要なことを、借入の流れに沿って確認していきましょう!

  1. 口座のある銀行のカードローンを選ぶ
  2. 申込はインターネットから
  3. 必要書類は事前に準備を!
  4. 在籍確認の準備をする

口座のある銀行のカードローンを選ぶ

銀行カードローンは「当行の普通預金口座をお持ちの方」という貸付条件を設けている場合が多いです。そのため、すでに利用している銀行のカードローン商品に申込をすれば口座開設の時間を短縮できるので、比較的すばやくお金を借りることができます。
さらに、銀行はすでに取引のある利用者のカードローン審査を比較的ゆるやかに行う傾向にあります。

逆にいうと、普通口座を持っていない銀行のカードローンに申込をすると、口座開設に時間が取られて、借入まで1、2週間は必要になります。

利用している銀行のカードローンが使えないなら口座開設不要のカードローンを!

「普段利用している銀行がカードローン商品を展開していない!」などの理由で借入できない場合は、「口座開設不要」の銀行カードローンを選択するようにしましょう。
口座開設不要のカードローンとしては下記のようなものがあります。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック
  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン

なかでも、「三井住友銀行カードローン」と「三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック」は、自動契約機を多く設けているため、利便性が高く、ローンカードもすぐに発行できるのでおすすめです。

申込はインターネットから

銀行カードローンは、「インターネット」「電話」「店頭」「郵送」の4つの方法で申込が可能です。しかし、少しでも早く借入をしたいのであれば「インターネット」申込を選択するようにしましょう。

実は、銀行のカードローンは、貸し倒れを防ぐ目的で「保証会社」と共に審査を行っています。そのため、「郵送」「電話」「店頭」で申込をしてしまうと申込内容を「保証会社」に伝えるために、銀行のスタッフが申込内容をパソコン入力する必要が出てきます。

「インターネット申込」ならば、申込者が入力したデータをそのまま「保証会社」に送信するだけで情報共有が完了します。

そのため、比較的すぐに審査がスタートでき、すばやい借入をすることができるのです。

必要書類は事前に準備を!

銀行カードローンを利用するには「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要です。書類提出のタイミングは銀行によって異なりますが、いつかは必ず提出しなくてはなりません。
ですから、事前に必要書類を準備しておけばスムーズに契約を完了することができます。

本人確認書類として利用できるもの

本人確認書類として利用できるものとしては下記のようなものが存在します。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. マイナンバーカード
  4. 健康保険証+発行から半年以内の住民票・公共料金の領収書

いずれを提出しても問題はありませんが、「健康保険証」などの顔写真のついていない書類で本人確認をすると、ローンカードの受取が自宅への郵送が必須になることもあります。

本人確認書類として最も効力があるのは「運転免許証」ですから、運転免許証があるのならば運転免許証を本人確認書類として利用してください。

収入証明書類として利用できるもの

収入証明書は本人確認書類と違ってすぐに用意できないケースがあります。銀行で融資を受けたいと思ったのならば、すぐに収入証明書類の準備をするようにしましょう。

収入証明書類として利用できるものとしては以下のようなものが存在します。

源泉徴収票 勤務先に申告して発行してもらう。会社によっては発行まで数日かかることも。
所得証明書 市役所で発行可能。即日発行可能だが、窓口に出向く必要があるので時間がない人は注意が必要
給与明細書 勤務先から発行された直近2か月分の給与明細書。提出しやすいが、銀行によっては収入証明書として認めていないケースも多いので、事前に確認しておく必要がある。

少額の融資の場合は収入証明書の提出は不要なこともありますが、準備をしておけば間違いがありません。申込と並行して準備していきましょう。

在籍確認の準備をする

申込手続きが完了し、審査がある程度進み、最終段階に入ると「在籍確認」の電話が勤務先にかかってきます。在籍確認とは「申込書に記載されている勤務先に本当に申込者が在籍しているかを確認する電話」のことです。

内容としては、「申込者さんはいらっしゃいますか?」と訊かれる程度で難しいことはありませんが、在籍確認が完了しなくては審査が一旦ストップしてしまいます。
以下の準備をして在籍確認に備えておくとスムーズに融資が受けられます。

  • 申込書に自身の在籍が確認しやすい部署の電話番号を記載する
  • 土日祝日に在籍確認がありそうな場合は勤務先に出勤しておく

在籍確認電話は申込者本人以外が電話を受けたとしても問題ありません。

ただし、申込者以外が電話に出て、「そのような人はいないと思います」「ちょっとわかりません」などと答えてしまうと、在籍が確認できなかったことになってしまいます。

自身のことをきちんと知ってくれている部署の電話番号を申告しておくことが大切です。

また、警視庁データベースの照会は土日祝日はできませんが、審査自体は土日祝日も行っている銀行は多くあります。
そのため、勤務先の休業日に在籍確認電話がかかってくることもあります。休業日に電話がかかってきそうであれば、業務自体はなくとも勤務先に出勤しておいて、電話を受けるようにしておくとスムーズに借入をすることができます。

銀行カードローンでスムーズに借りるための注意点

銀行カードローンで少しでもスムーズに借りるためには注意しておきたいことがあります。確認していきましょう。

複数の銀行カードローンに同時申込をしない

審査に不安があったり少しでも早く借入したりしたい場合、審査落ちした保険として複数の銀行カードローンに申込をしようとする方がいます。しかし、カードローンの申込情報は信用情報機関を通じて、すべての銀行や消費者金融で共有されます。

同時申込をすると、「お金に困っている人」というネガティブな印象を銀行に与えてしまいます。

審査に通過しなかった場合は、銀行カードローンであっても比較的すぐに結果が通知されます。一社ずつきちんと申込をするようにしましょう。

勤務先の営業時間に注意する

銀行カードローンの審査は、土日祝日でも行われる傾向にあります。ただし、勤務先が休業日で在籍確認ができなかった場合は、審査がストップしてしまいます。

休業日であっても在籍確認のために出社するという対処法もありますが、都合が合わないケースもあるでしょう。
スムーズに借りたいのならば勤務先の営業日などにも注意をするようして、週の初めの方に申込をするなどの対策を練りましょう。

また、勤務先に誰もいない時間帯や曜日がある場合は、申込後に銀行に相談をすれば便宜を図ってくれることもありますから、相談してみましょう!

混んでいる時間帯を避ける

銀行カードローンにも混んでいる時間帯が存在します。特に、土日祝日と月曜日、平日の夕方以降は申込者が殺到することが多いようです。

逆に、平日の午前中は申込者が比較的少ない傾向にあります。スマホやパソコンを利用して、なるべく混んでいる時間を避けて申込をするようにしましょう。

申込金額は必要最低限で

銀行カードローンは総量規制の対象外です。そのため、多めの金額を借入することもできます。しかし、申込金額が大きくなればなった分だけ、銀行は慎重に審査をする傾向にありますから注意が必要です。

目安としては、最大でも年収の1/3以内に抑えるようにするとよいでしょう。

申込情報は慎重に記載する

少しでも早く融資を受けたい場合、申込情報などを急いで入力してしまいがちです。しかし、間違った情報を入力してしまうと、再度申込をし直す必要が出てきてしまったり、嘘をついたと誤解されたりしてしまいます。

結果、審査に余計な時間や手間がかかってくる可能性も出てきます。急いでいるからこそ、自身の情報は丁寧に入力をするようにしましょう。

まとめ 銀行カードローンは即日融資不可能でもスムーズに借りることはできる!

銀行カードローンでは、2018年以降は即日融資が不可能になりました。最短でも翌営業日以降でなくては借入をすることができません。

しかし、以下のポイントに注意をして申込をすれば、即日融資に近づけることは可能です。

  • 口座のある銀行カードローンを選ぶ
  • 申込はインターネット入力で
  • 事前に「本人確認書類」と「収入証明書類」を準備
  • 在籍確認の準備をしておく

また、スムーズな借入のためには、以下のポイントにも注意をしましょう。

  • 複数の銀行カードローンに同時申込しない
  • 勤務先の営業時間外に在籍確認がないようにする
  • 平日夕方や休日は申込が混み合うので避ける
  • 申込金額は必要最低限とする
  • 申込情報は不備なく慎重に記載

銀行カードローンでもスムーズに借りることは可能です。

しかし、即日融資に対応していてスピーディーな借入に特化しているのは「消費者金融カードローン」です!
急ぎでお金が必要ならば「消費者金融カードローン」も検討しましょう!

銀行は即日融資NG!
即日融資可能なカードローンはこちら▼

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP