銀行カードローンが即日融資停止!即日でお金を借りるにはどんな方法がある?

61view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

27295006_M

かつての銀行カードローンは即日融資が可能でしたが、2018年1月からは「銀行カードローン」の即日融資が停止されています。このため、急いでお金を借りたい方は銀行カードローンではなく、『消費者金融カードローン』へ申し込むようにしましょう。

本記事では「銀行カードローンの即日融資が停止になった理由」や、急いでお金を借りたい方にオススメの「即日融資できる消費者金融カードローン」などについて、分かりやすく解説します。

銀行カードローンの即日融資が停止になった理由とは?

まず、過去の銀行カードローンの利用条件と現在の銀行カードローンの利用条件とを比べ、どういう点で変更があったのか解説します。

銀行カードローンの融資スピードや審査条件はどのように変わったのか

かつての銀行カードローンでは、下記のような条件でキャッシングできました。

【2018年1月まで】かつての銀行カードローンは審査が甘かった!?

・銀行カードローンは即日融資可能だった
・銀行カードローンは総量規制を超える金額を借りられた
・借入金額により「収入証明書が不要」でお金を借りられた場合も多かった

銀行カードローンは2018年1月迄、上記のような利用者にとって良い条件でお金を借りられました。過去に銀行カードローンを利用したことがある方の中には、「銀行カードローンで即日融資したことがある」という方も多いでしょう。

しかし、2018年1月以降から、銀行カードローンの利用条件や審査が下記のように厳しくなりました。

【2018年1月から】銀行カードローンは融資まで日数がかかり審査が厳しくなった!

・銀行カードローンは即日融資できなくなった
・銀行カードローンの限度額は総量規制が目安に
・借入金額に限らず「収入証明書の提出」が求められる場合も

現在の銀行カードローンでは、即日融資ができず、利用条件も厳しくなっています。

銀行カードローンが即日融資できなくなったのは暴力団への資金流出がキッカケ

銀行カードローンが即日融資不可になったのは、下記のような理由があります。

銀行カードローンが即日融資不可になった原因とは?

  • 銀行カードローンの資金が暴力団へ流出していた問題
  • 銀行カードローン利用者の多重債務問題

銀行カードローンの資金が暴力団へ流出していた問題

tatemono_bank_money

銀行カードローンなどのローン商品の利用規約には、「暴力団や反社会的勢力へ資金提供を行わない」と明記されています。しかし過去には、ある銀行がローン審査時に申込者の属性の見落としから「暴力団員に銀行のローンを提供してしまった」という大きなミスがあったのです。

この時、銀行ではなく銀行ローン提携の保証会社が審査を行なっていたのですが、ローン提供元が「銀行」ということもあり「銀行が暴力団へ資金提供している」と大きな批判が起こり、社会問題へと発展しました。

この銀行ローンが反社会的勢力へ資金流出していた問題は、「銀行カードローンの審査の見直し」の原因のひとつになったと言われています。

銀行カードローン利用者の多重債務問題

また、かつての銀行カードローンには利用限度額を制限される「総量規制」の適用や、貸付額を自粛する傾向はありませんでした。(※現在の銀行カードローンでも総量規制の対象外ですが、貸付額を自粛する傾向にあります。)

このため、銀行カードローンを利用する顧客が、返済しきれないほど高額なお金を借りてしまうという、いわゆる『多重債務』の問題が起こり、借金を返済できずに「自己破産」を起こしてしまう利用者が増加しました。

銀行カードローン借入額、「過半数が年収の3分の1超」日弁連調査

日本弁護士連合会によると、同連合会に相談した銀行カードローンの債務者のうち、年収の3分の1を超える額を借り入れている人が全体の52%にのぼることがわかった。

消費者金融など貸金業者には年収の3分の1までしか貸せない総量規制があるが、銀行は対象外。日弁連はこれが「貸し過ぎ」の要因になっていると指摘している。

出典:日本経済新聞(2017年11月28日付)

上記の記事を参考にすると、銀行カードローン利用者の半数以上の方が、消費者金融カードローンでの借入上限である「年収3分の1(総量規制)」を超える金額を借りていたようです。

即日融資停止後、銀行ではどのような審査が行われている?

銀行カードローンでは、「暴力団(反社会的勢力)への資金流出」や「多重債務」などの問題から、審査の方法や限度額の見直しが行われました。この項目では、実際に銀行カードローンではどのような審査が行われ、限度額の目安はどのくらいに変わったのかを解説します。

銀行カードローンの審査や限度額はどう変わった?

  • 銀行カードローンの審査は警視庁のデータベースへの参照が必須に
  • 銀行カードローンは年収3分の1程度が限度額の目安に

銀行カードローンの審査は警視庁のデータベースへの参照が必須に

銀行カードローンの暴力団への資金流出の問題を受け、銀行カードローンの審査には暴力団のデータを所有している「警視庁データベース」への参照が必須となりました。

反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について

「銀行界と警察庁データベースとの接続についても、警察庁・金融庁・銀行界の実務者間で、継続的に検討」することとしておりましたが、本年1月4日から警察庁の暴力団情報データベースへの接続が開始されましたのでご報告いたします。

なお、接続に関する枠組みの概要は次のとおりです。
(1)警察庁の暴力団情報データベースへの接続は、預金保険機構を介して実施する。
(2)対象取引は、新規の個人向け融資等とする。
(3)対象者は、個人の融資申込者等とする。

出典:一般社団法人全国銀行協(平成30年1月 4日付) 公式サイト

銀行の業務を取りまとめている全国銀行協会(全銀協)では、上記のように「預金保険機構を介して暴力団情報のデータベースへ接続する」とあります。

預金保険機構とは、万が一利用先の銀行が倒産した時に「預金者の預金を保護する」役目を果たす国の機関です。この預金保険機構が銀行と消費者金融の間に入り、警視庁データベースへの接続を行います。

警視庁データベースへの照合審査は1営業日以上かかる

kabu_chart_woman

預金保険機構が介して行なう警視庁データベースへの照合審査には、最短でも1営業日かかります。また、口コミなどを参考にすると銀行カードローンの審査結果が出るまで、2週間以上かかったというケースもあるようです。

このため、「急いでお金を借りたい方」は銀行カードローンへ申し込むのではなく、即日融資可能な消費者金融カードローンへ申し込んでください。

銀行カードローンは年収3分の1程度が限度額の目安に

近年の銀行カードローンでは、多重債務問題から消費者金融カードローンと同じように総量規制の上限である「年収3分の1」を限度額の目安としているサービスがほとんどです。

銀行カードローンは貸金業者ではないため、法律上は「総量規制の対象外」ですが、貸付額が自粛されている点に注意してください。

銀行カードローンは即日融資が禁止?停止?

このように近年の銀行カードローンは、「即日融資ができない」のですが、法律によって禁止されているわけではありません。「警視庁データベースへの照合審査」や「融資額の自粛」は全銀協や各銀行の取り組みによるものです。

銀行カードローンは「安心」して使いたい方にオススメ

ここで、即日融資はできませんが、安心して使えるオススメの「銀行カードローン」を紹介します。

即日融資できないが「みずほ銀行のカードローン」は低金利で使いやすい

みずほ銀行は、日本国内にある3大メガバンクの内のひとつです。みずほ銀行は誰でも知っている大きな銀行ということもあり、カードローン利用時には「安心」しながらキャッシングできるでしょう。

※3大メガバンク…「みずほフィナンシャルグループ」「三菱UFJフィナンシャル・グループ」「三井住友フィナンシャルグループ」

みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%!

また、みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%で、消費者金融カードローンの上限18.0%よりも4.0%も低金利です。少しでも返済総額を抑えたい方は、みずほ銀行カードローンへの申し込みを検討してください。

みずほ銀行の住宅ローン利用者はさらにお得

また、みずほ銀行の住宅ローン利用者はさらに0.5%金利を下げてもらえるため、みずほ銀行住宅ローン利用者でキャッシングしたい方は、「みずほ銀行カードローン」へ申し込んでください。

急いでお金を借りたい方は消費者金融カードローンを

「どうしても即日でお金を借りたい」という方は、即日融資可能な消費者金融カードローンへ申し込みましょう。

スピーディーな即日融資には「アイフル」のカードローンを!

大手消費者金融のアイフルは、銀行カードローンとは違い「即日融資」が可能です。審査結果は最短30分で、融資まで最短1時間程度と非常にスピーディーに対応してもらえます。

カードレスでカードローン契約も可能!

アイフルでは郵便物が一切なく、ローン専用カードの発行もない「カードレス」契約が可能です。カードレス契約の場合は「スマホアプリとセブン銀行ATMとの連携でのキャッシング」または「銀行振込キャッシング」が利用できます。

郵便物やローンカードの発行がないため、自宅に郵便物が送られてくる恐れもなく、誰にもバレずにカードローンを利用できる可能性が高いです。

銀行カードローンは即日融資不可だが低金利で使いやすい

本記事では、「銀行カードローンで即日融資が不可になった理由」を中心に、銀行カードローンや消費者金融カードローン利用時のメリットなどについて詳しく解説してきました。

借りたい状況により「銀行」や「消費者金融」、使うべきカードローンを選ぶ

  • 銀行カードローンはかつて即日融資可能だった
  • 銀行ローンが暴力団へ資金流出して以降、審査が厳しくなった
  • 銀行カードローンの多重債務問題から貸付額も自粛傾向に
  • 実際に銀行カードローン利用者の過半数以上は「年収3分の1超」のお金を借りていた
  • 銀行カードローンは「警視庁データベース」への照合審査が必須になった
  • 警視庁データベースへの照合審査には1営業日以上かかる!
  • 銀行カードローンでオススメなのは「みずほ銀行カードローン」
  • 急いでお金を借りたいなら消費者金融「アコム」のカードローンがおすすめ

銀行カードローンは、2018年1月までは即日融資可能でしたが、「反社会的勢力に属していないかどうかを警視庁データベースへ照合する審査」が行われるようになったため、近年の銀行カードローンでは最短融資に1営業日以上かかる点に注意してください。また、銀行カードローンは総量規制の対象外なのですが、限度額は「年収3分の1」程度に自粛されている傾向がある点にも注意しておきましょう。

現在の銀行カードローンは即日融資が停止されていますが、消費者金融よりも低金利で安心してお金を借りられるでしょう。このため、キャッシングを急いでいないという方は、「銀行カードローン」への申込みを検討してください。

スピーディーにお金を借りたいなら断然「消費者金融カードローン」がオススメ!

また、どうしても即日融資を希望しているという方は、本記事で紹介した「アイフル」などの大手消費者金融カードローンの利用がオススメです。

ぜひ本記事を参考にしながら、利用シーンに応じたあなたにピッタリのカードローンへ申し込んでみましょう。

急いでお金を借りたい方
消費者金融カードローンがおすすめ!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • プロミス

    プロミス「即日融資で審査時間も最短30分」在籍確認・評判は? 収入証明書は50万円以下なら原則不要

    WEBなら最短1時間融資も可能!初めてなら30日間無利息!

    審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
    限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%
  • SMBCモビット

    SMBCモビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法 最短即日融資!1秒でも速くお金が必要なら

    WEB完結なら「郵送物・電話連絡・ローンカード」なし

    審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日
    限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP