カードローンの借り換えで借金返済がスムーズになる理由

125view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

おまとめローンで借金返済がスムーズになる現在カードローンをしていてなかなか借金が減らず毎月の返済が苦しい人は、他の金融業者への借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。上手にカードローンを乗り換えることで、毎月の借金返済学を減らし、借り入れ総額も減らせる可能性があります。

また複数の借入がある場合は、同じようにおまとめローンを検討してみましょう。おまとめローンも基本的には「借り換え」と同じです。複数からの金利の平均値を下げれば利息を減らせるので、結果的に返済総額を下げられますよ。

借り換えカードローンとおまとめローンの違い

まずはじめに、「借り換えローン」と「おまとめローン」の違いから解説していきます。自分の借金を乗り換え、または、複数のカードローンをまとめて一本化したい時、どんなサービスを探せばいいのか分かりにくいですよね。

借り換えもおまとめも同じ金融商品

嬉しい結論から言うと、借り換えローンもおまとめローンもサービス内容は同じですが、名称だけが違うんです。借り換えローンもおまとめローンも、他社の金融機関でローンを借り換える行為になります。

これは、各社それぞれがサービス名に「借り換え」「おまとめ」という名称を入れているだけなのです。ですから、一社だけからの借金の場合でもおまとめローンを利用できますし、複数からの借金でも借り換えローンを利用できます。

カードローンの借り換えが大きなメリットとなる理由

借り換えローンとおまとめローンは、どちらも同じ金融商品であることは分かりましたよね。では、実際にカードローンを借り換えた場合、それぞれどのようなメリットになるのか詳しくみていきましょう。

借り換えローンの大きなメリット

もちろん「金利」が下がり、利息が減ることで返済総額が安くなります。少しでも返済額が少なくなれば、完済までの目処も立てやすくなります。例えば、金利18%と金利15%で100万円を5年かけて返済する場合の返済総額を比べてみます。

100万円を5年で返済する場合の総額
金利 利息 返済総額
18% 523,606円 1,523,606円
15% 427,396円 1,427,396円

このように、たった3%金利が下がるだけで、約10万円も返済総額が下がるんです。金利がもっと下がれば、さらに返済負担も減らせるので、完済までの計画を立てやすくなります。

おまとめローンの大きなメリット

複数のカードローンを借り換えする時は、カードローンを一本化されるので「おまとめローン」と呼ばれます。もちろん、おまとめローン時も、金利が下がれば返済負担を減らせるので、同じように大きなメリットがありますよね。

返済日が1日にまとまるのも、大きなメリットとなる

喜ぶ男性さらに大きなメリットとなるのが、毎月複数回あった返済日が1日に集約できることが挙げられます。毎週のように返済日があれば、気持ちが休まる暇がなく、いつも焦っているかもしれません。おまとめローンで一本化させると、もちろん返済日が月に1回だけとなるので、気持ちの面でも大きな余裕が生まれます。

気持ちに余裕が生まれれば、例えば副業を行なって副収入を得たり、良い給与が貰える会社へ転職するための学習時間にも集中できるでしょう。それに返済日が月に1度しかないので、返済計画も立てやすくなりますよね。

銀行か消費者金融ではどちらの借り換えがお得?

これらの借り換えローンですが、銀行や消費者金融など、たくさんの金融業者でサービスが提供されています。

「たくさんの金融業者がサービスを提供しているので、どれがお得なのか分からない」というのが、正直な答えだと思います。そこで、借り換え先のどのようなポイントを見極めて決めるべきなのか、ヒントになる項目を紹介していきます。

借り換えの目的は金利を下げること

まず、借り換えを行う理由があります。これはもちろん「金利を下げること」以外にはありません。この本来の目的を見失わないようにしながら、金融業者のサービスを見極めていくのが、良い借り換え先を見つける最善の行為だと言えるでしょう。

借り換え先は「銀行」か「消費者金融」

借り換え先を選ぶ時には、銀行か消費者金融か、どちらか二択になるでしょう。理由は利用しやすい「借り換えサービス」が提供されていて、審査時間が短い傾向にあるためです。では、この「銀行」か「消費者金融」、どちらを利用するのがおすすめなのでしょうか。次の項目でメリットとデメリットを解説していきます。

銀行のメリットとデメリット

銀行が提供する「借り換えローン」「おまとめローン」を見ていきましょう。銀行は高い信頼性もあるので、借り換え先の人気も高いです。

銀行のメリット

銀行銀行での借り換えを行なった場合のメリットは、もちろん金利の低さが挙げられます。現在のカードローンの借り換えを検討しているのであれば、今の金利の高さに苦労しているということですよね。

銀行が提供する借り換えローンでは、金利が10%を切るものもあり、審査に通過できれば借金完済までの道のりがグッと近くでしょう。銀行は金利を下げられる可能性が最も高いので、一番おすすめしたい乗り換え先です。

銀行のデメリット

カードローン借り換え先として、銀行にもデメリットがあります。これは「審査基準の高さ」が挙げられます。銀行は社会的ステータスの高い人にはどんどんお金を貸してくれますが、ステータスの低い人には貸し渋る傾向が強いためです。

もちろん現在サラリーマンで安定した収入であれば、銀行を借り換え先にするのは、そこまでハードルも高くはありません。一般的な目安として「年収300万円以上、勤続年数3年以上」あれば、社会的信用度も高い傾向にあるので、十分に銀行での借り換えローン審査通過を狙えます。

消費者金融のメリットとデメリット

では、消費者金融をカードローンの借り換え先にする場合のメリット、デメリットをみていきましょう。

消費者金融のメリット

銀行とは違って「審査基準の緩やかさ」が挙げられます。もちろん最低限の社会的信用度が必要となりますが、銀行ほど審査が厳しいわけではありません。社会的な信用度が多少低くても、審査通過を目指せるのが消費者金融の借り換えローンです。

消費者金融のデメリット

消費者金融審査を通過させやすいのは、非常に大きなメリットとなるのですが、銀行に比べて金利が高くなるのがデメリットとなります。

しかし現在のカードローンが上限金利いっぱいの18%であれば、十分に金利が下がる見込みがありますよ。また、おまとめローンの借り換え先に検討しているのであれば、金利は変わらなくても返済日がまとまるので、大きなメリットを必ず受けられるはずです。

おまとめローンを利用する時は、加重平均利率を計算してみよう

複数の金融業者から借り入れを行なっている場合は、今の金利がいくらなのか分からないと思います。この平均値は「加重平均利率」と呼ばれ、計算することで平均値を出せます。

おまとめローンを検討中であれば、必ず計算して自分の金利を把握しておきましょう。例えば3社から借り入れを行なっている場合の加重平均利率をみてみましょう。

加重平均利率の計算方法
金利 元金 利息
15% 300,000円 45,000円
12% 100,000円 12,000円
10% 200,000円 20.000円
合計 600,000円 77,000円

上記のようになっている場合、元金(=借り入れ残高)の合計と、利息の合計を計算します。その後、「利息合計÷元金合計」を計算することで「加重平均利率」が分かります。この場合は「77,000円 ÷ 600,000円」なので、加重平均利率は「12.83%」となります。

複数の借り入れがある場合は、必ず金利の平均値を計算して借り換え後の金利と比較してみましょう。

借り換えローンは総量規制の対象?

消費者金融でカードローンを行う場合、必ずチェックが必要な「総量規制」があります。この総量規制とは貸金業法の中で、「貸金業者は利用者の年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけない」と規定されています。

例えば年収300万円の人であれば、総量規制を超える金額の100万円以上の借り入れはできません。また、貸金業者である消費者金融からは総量規制で上限額が縛られていますが、銀行では総量規制の対象外となります。

消費者金融でも「借り換え」や「おまとめ」利用時は総量規制対象外となる

利息が増えて総量規制の上限額以上の借入額になっている場合は、消費者金融への借り換えはできないのでしょうか? 実は消費者金融であっても「借り換え」の場合は、利用者に対して一方的に有利になるので、総量規制の適用外となります。

ですから、総量規制の上限を超える返済額になっていても消費者金融も利用できます。もし、良い借り換えローンが見つかれば、審査基準の緩やかな消費者金融を検討してみても良いでしょう。

貸金業法改正以前に借り入れた人は、必ず金利を下げられる

金利が下がる貸金業法について少し解説していきます。貸金業法というのは、利用者が不利な状況にならないように制定されている法律です。ちなみに、基礎となるものが制定されたのは昭和58年です。

この貸金業法は近年少しずつ法改正していき、2010年に完全施工されました。この理由は、貸金業者が高金利で貸付を行っていたため多重債務者が増えて社会問題にまで発展したことに起因します。新たな自己破産者を少しでも減らすために、法改正し金利の引き下げが行われたのです。

貸金業法改正前は上限金利は29.2%もあった

貸金業法改正前の金利の上限はなんと29.2%もあったのです。今の時代から考えると、あまりにも高金利で本当に驚きですよね。この法正後は、上限が15%〜20%と上限金利の引き下げが行われました。

改正前から借り入れを行っていた人は、改正前の法律が適用されています。ですから、改正前から借り入れを行っていた人が、借り換えを行うと「必ず金利を下げられる」と言えます。仮に上限ギリギリの29.2%で返済を行っている場合は、金利を半分程度に引き下げられる可能性も十分にあります。

債務整理をおすすめしない理由!カードローンの借り換えがベター

借り換えローンやおまとめローンになかなか審査通過しなくて、返済のメドがどうしても立てられない場合は「債務整理」を考えてみましょう。しかし、おすすめはしません。なぜなら、債務整理を行ってしまうと、「クレヒス」の履歴に記録されるので、5年〜10年は新規でカードローンができなくなる上、年会費無料の審査基準の甘いクレジットカードでさえも発行できなくなる危険性があります。

クレヒスに大きな傷が付けば、回復するまで長い時間がかかる

最長で10年間もクレジットカードが使えなくなるんです。今は、クレジットカード払いがなくても、今後10年間を考えると必ず利用タイミングが出てくると思います。ブラック認定されてしまっては、本当に今後の人生設計までガタガタと音を立てて崩れてしまうでしょう。

クレジットヒストリーとは

悩む男性通称クレヒスと呼ばれている信用情報のことを指します。クレヒスには、カードローン履歴、銀行ローン履歴、クレジットカード利用履歴、支払い履歴など、借り入れと返済についての履歴が残されていきます。

返済の履歴は直近2年間残され、債務整理を行った場合は5〜10年と長い間履歴が保管されてしまいます。また、返済時に滞納などを起こしてしまうと、審査時に悪い評価を受け、申請のハードルが上がってしまう可能性があります。クレヒスには良い履歴を残すように心がけましょう。

クレヒスはカードローン、クレジットカード、銀行、借り入れ行為の全てにおいて重要

このクレヒスだけは、しっかりと守るほうが今後の為です。借り換えやおまとめを利用し、必ず借金の完済を目指して頑張りましょう。

まとめ|低金利の銀行カードローンに借り換えしてコツコツ返済して完済を目指そう

この記事では「借り換えローン」や「おまとめローン」を利用するメリットを見てきました。金利を下げて返済総額が減少すると、完済までのゴールはもう目前です。できれば「銀行」での低金利の借り換えローンを検討してみましょう。

低金利の銀行への借り換えがおすすめ

いまとめローンで金利が下がる少しでも金利の低い金融業者への借り換えを成功させて、毎月しっかりと返済を行っていくことが、完済までの最短の近道と言えます。また、どうしても審査に通らない場合は、現在の返済計画をもう一度しっかりと見直してみましょう。

自分の置かれている状況をしっかりと見つめ直すことで、返済状況を把握できます。焦らずじっくりと時間を使って、できるだけ債務整理せずに完済できる解決策を見つけてみましょう。

カードローン借り換え!
借金返済をよりスムーズにするために!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP