おまとめローン審査に通るには?借入前に注意すべき審査通過のポイント

631view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

おまとめローン
複数の金融機関から借り入れを行っている場合、返済日や金利の違いがあり、返済の管理がなかなか大変ですよね。そんな時は「おまとめローン」に移行して、複数ある支払いを一箇所にまとめて管理を簡単にしてみましょう。また、おまとめローンを利用することは、金利を下げて返済総額を減らせられる大きなメリットもあります。

ただし、おまとめローンは複数の借入金額をまとめるため、通常よりも高額の借り入れとなる場合が通常なので、一般的な借り入れよりも審査が難しい面もあります。そんなお悩みの方に向けて、この記事ではローンの一本化を成功させるためのコツを、詳しく解説していきます。

ぜひこの記事を参考にしながら、複数の返済をスッキリと一本化させて、返済負担を少しでも減らしてみましょう。

おまとめローン審査の申込み前に…おまとめローン会社・商品選びのポイントは

おまとめローンの審査に進む前に、まずは金融業者の選定をしなければなりません。どういうローン会社で、どのような金融商品を選べば良いのでしょうか。選び方のポイントは大きく2つあります。それぞれ説明していきます。

金利が安くなるローン会社、金融商品を選ぶ

もちろん、おまとめローンに乗り換える目的は、返済日を1日にまとめて、返済総額を減らすことですよね。

おまとめローンで返済日が月に1回になったけど、返済総額が高くなってしまった…ということにならないように、しっかりと現在の金利の平均(=加重平均利率)と乗り換え先の金利とをよく比べることをおすすめします。

加重平均利率とは

複数の借り入れ先がある場合、業者によって利息の違いがあるのが通常です。それぞれの利息の平均値が加重平均利率となります。加重平均利率の算出方法は、それぞれの借り入れ残高×金利で利息を計算し、利息の合計金額÷借り入れ総額で計算できます。

例えば金利10%での借り入れ額20万円と、金利15%での借り入れ額30万円の加重平均利率は、6.5万円(利息合計)÷50万円(借り入れ総額)で、13%が加重平均利率となります。

金融商品を選ぶ上記の算出方法でご自身の加重平均利率を計算してみましょう。計算せず金利が安くなったと思っていても、実際計算してみると逆に高くなっている可能性があるので、必ずしっかりと計算して見比べましょう。

また、各社が提供しているおまとめローンは、それぞれ異なる名称のサービスの場合もあります。

例えば、「おまとめローン」「のりかえローン」、「おまとめマックス」のような一見して分かりやすいものから、「バンクイック」や「VIPフリーローン」というような名称のものまであります。「おまとめ」や「のりかえ」と名称に付いていない場合も、一本化に利用できる金融商品もあるので、しっかりとチェックしてみましょう。

審査基準が緩やかなローン会社を選ぶ

上記項目にある低金利でおまとめローンを提供している金融業者は「銀行」がおすすめなのですが、審査基準が厳しくてなかなか可決されにくい側面があります。

審査基準が比較的低い金融業者は、ズバリ「消費者金融」

しかし、銀行のおまとめローンでは、金利が10%未満というような優良な金融商品が提供されている場合もありますが、消費者金融では利息制限法で定められている上限の18%(=貸し出し金額により上限に違いがある)ギリギリで提供を行っている場合もあります。

しかしながら金融業者の金利は、平均して「15%前後」となっているので、ご自身の加重平均利率と合わせてみて、おまとめローンとの金利の違いをチェックしてみましょう。また、加重平均利率と同じ金利であってもローンの一本化を行うことで、毎月の支払い日や返済額の管理が簡単になります。

おすすめは銀行のおまとめローンを利用することですが、審査に自信がない方は、金利が上がらなければ消費者金融への乗り換え先を検討してみても良いのでしょう。借り入れの一本化を行うことは、十分なメリットと感じられるはずです。

消費者金融でおまとめローン

おまとめローン審査に通るには?審査で重視されるポイント

おまとめローン先の金融業者が決まれば、審査に進んでいきます。では審査基準はどのような項目が重要視されるのでしょうか。それぞれ解説していきます。

他社借り入れ件数

審査で重視されるポイントおまとめローンの審査に最も重要な項目となるのが、他社からの借入れの件数です。もちろん、複数ある借入れ先を一つにまとめるのですから、借入れ先が少ないほど審査に有利になります。反対に借入先が多ければ、おまとめローンの申請先から「複数の金融業者から借り入れしないとやっていけない人」という目で見られてしまい、信用度が下がってしまうのです。

もちろん、利用者におまとめローンを提供している金融業者も善意で行っている訳ではなく、「しっかりと返済を行ってくれる人」に貸出ししたいので、少しでもトラブルの気配がある人には、その分審査が厳しくなります。具体的な件数は各社の規定によりそれぞれ違うのですが、おおよそ5件以上の借入れ先があると、おまとめローンの審査通過が難しいとされています。

これからカードローンやキャッシングなどを考えている方は、万が一のことも考えて、できるだけ借入れ先を少なくするように気をつける必要があります。

返済実績、事故情報などの信用情報

金融業者はしっかりと返済してくれる人を顧客にしたいと考えています。もちろん過去の支払履歴にトラブルが見受けられる場合は、審査が厳しくなります。この支払履歴のトラブルは「クレヒス(=クレジットヒストリーの略語)」と呼ばれる信用情報に記録が残されています。

クレヒスの履歴は、3つある信用情報機関で管理・保有されているもので、3つの機関がお互いに顧客情報を共有しています。

3つの信用情報機関とは
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融系の履歴を保有
CIC(シー・アイ・シー) クレジットカード会社・信販系の履歴を保有
全国銀行個人信用情報センター 銀行系の履歴を保有

金融業者は主に2つ以上の信用情報機関に加盟している場合が多く、例えば消費者金融の場合は「JICC」と「CIC」の2つの信用機関に加盟していることが多いです。

このクレヒスですが、クレジットカードやキャッシングの借入れ履歴や、直近2年間の支払履歴が残されています。例えば延滞や未納など、支払い時にトラブルを起こしてしまった場合、「クレヒスに傷がある」というふうに形容される場合があり、クレヒスに傷がある場合(=返済実績が悪い)は、もちろん審査のハードルがぐんと高まります。

クレヒスにトラブル履歴がある人で、スムーズに審査を受けたい人は、トラブル後から最低2年以上経ってからおまとめローンに申請することをおすすめします。支払履歴は直近2年なので、それ以降に支払いを真面目に行っていた場合は、クレヒスの傷が無くなり、綺麗なクレヒスへと戻るのです。

ただし、債務整理を行った場合は要注意です。債務整理にも様々な種類があるのですが、中でも「自己破産」をすると最長5〜10年と、長い間その事故情報が残され、その間はおまとめローンはもちろんですが、キャッシングやクレジットカードの発行の審査もかなり厳しいものとなります。

年収や勤続年数

おまとめローンを行うと、1社からの借入れ金額が高くなるのでその分年収や勤続年数についても厳しいチェックが行われます。金融業者により年収300万円以上などの基準を設けている場合もありますが、一般的には年収200万円以上が目安となります。

もちろん年収200万円以下であっても、優良企業に勤務している場合や、勤務年数が長い場合は、信用度が高まる傾向にあるので、おまとめローン審査通過の可能性は十分にあります。

しかし銀行のおまとめローンを希望する場合は、確実に一定の基準が必要な場合が多く、年収300万円以上で勤続1年以上など、消費者金融よりも高く設定されている場合がほとんどです。勤続年数に関しては消費者金融でのおまとめローンであっても、信用度を高めるために勤続年数は最低1年以上あったほうが無難です。

多重申し込み

この多重申込みとは、短期間で複数の業者に借入れ申請を行うことを指します。おまとめローンをはじめとする、カードローンやキャッシングなどの借入れは、その申請履歴もクレヒスに残されていきます。例えば「おまとめローン」の審査が通過しないからと言って、短期間で複数の金融業者で何度も申請を行うと、その分審査通過も難しくなります。1ヶ月以内で3回も4回も申請を行っていると、間違いなく審査通過は不可能となるでしょう。申請履歴は6ヶ月間クレヒスに残りますので、万が一審査が否決されれば、6ヶ月後を待って再審査を行うほうが良いでしょう。

このように、審査の際に気をつけておきたいポイントは多くあります。必ずおまとめローン申請前には上記項目をしっかりとチェックしておきましょう。

おまとめローン審査通過のための対策

審査時に重要となるポイントを説明してきましたが、この項目では審査通過のための対策を解説していきましょう。

クレヒスをきれいな状態にする

もし現在クレヒスに傷がある場合は、今後「滞納」などを起こさずに必ず真面目に返済を行っていきましょう。返済を滞りなく行うことで、クレヒスがきれいな状態になって、金融業者からの信用度も高まっていきます。金融業者からの信用を得られれば「おまとめローン」の実現に近づくでしょう。

たとえ年収が少なくとも信用情報がきれいな状態であれば、良い評価を得られるはずです。真面目にコツコツと積み重ねていくことが、おまとめローン通過への近道と言えます。

また、ご自身の信用情報は、信用情報機関で情報開示を行うこともできます。各信用機関や手続き方法によっても金額は異なりますが、500円〜1,000円という安い金額で情報開示が可能なので、もし過去の支払い履歴に不安がある方は確認してみてくださいね。

勤続年数を伸ばす

こちらも先ほどのクレヒスと同じ理由です。勤続年数が短く、3ヶ月や6ヶ月程度の方は、おまとめローン申請までは少し我慢して、1年以上の勤続年数に伸ばしてみましょう。「真面目に勤務しているので、必ず返済してくれる」と金融業者から良い評価を貰えれば、審査ハードルも下がる傾向にあります。

また、その間に給料アップなどへつながる可能性もありますよね。もちろん年収が高くなればその分審査も通過させやすくなるので、できるだけご自身のステータスを良い状態へ引き上げるようにしっかりと頑張りましょう。

多重申込みを行わない

先ほど多重申込みを行うと、悪い評価が付いてしまうことを解説しました。一度審査に落ちてしまったからと言って、焦って再度申請しないように気をつけましょう。

審査落ちするには必ず理由があるのです。例えば「年収」や「勤続年数」が足りない場合、「クレヒス」に傷がある状態など、様々な条件により審査否決となります。審査落ちしてしまった場合は、いったんご自身の状況を見つめ直して、俯瞰から分析するようにしましょう。冷静に見つめ直すことで、必ず審査通過のヒントを見つけられるはずです。ご自身に問題がないと思っている場合でも、過去にうっかり滞納していて、クレヒスに傷がついている可能性も考えられます。

おまとめローン審査に通らない場合、どうすればいい?

おまとめローンの審査が通らず、今まで紹介してきた項目を見つめ直しても解決しない場合は、これから紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

消費者金融でのおまとめローンを利用する

おまとめローンの審査が通らないもし銀行でのおまとめローンを希望していて、審査が通らかなった場合は「消費者金融」でのおまとめローン一本化を検討してみましょう。銀行でのおまとめローン審査は、本記事でも解説しているように、審査が難しくて通過させることが困難な場合があります。

少しでも審査通過のハードルを下げるためにも、消費者金融でおまとめローンを希望することも検討してみてください。通常、消費者金融では貸金業者ですので貸金業法の規制を受けて「総量規制」という制限が設けられています。総量規制とは、利用者の年収3分の1以内の金額内でしか、貸付を行えないことを指します。銀行は貸金業者では無いので、総量規制の制限を受けず3分の1以上の貸付を行えます。

ただし、利用者に有利な貸付の場合は、消費者金融であっても特別措置が取られます。この「消費者金融が提供するおまとめローン」も金利が下がり、返済総額が減少するので利用者にとって有利な貸付に相当します。ですので、おまとめローンは「総量規制の対象外」となるケースもあるのです。

このことから、消費者金融での借入れも検討してみても良いでしょう。前述したように、金利が同じぐらいでも支払日を1日にまとめることで、返済の管理をしやすくなるので、気持ちにも余裕ができるでしょう。

消費者金融でおまとめローン

返済計画をもう一度見直してみよう

返済計画をもう一度見直してみよう消費者金融でも「おまとめローン」が通過しなかった場合は、もう一度返済計画を見直してみましょう。ご自身の環境を見つめ直すことで、必ず解決できるヒントを見つけられるはずです。

毎月の返済額が多い場合は、収入の多い会社、勤務先へ転職を希望するなど、出来る限りのことを行ってみましょう。年収が上がれば返済も可能となるでしょうし、解決に向けて真面目に動くことは、今後の人生にも必ず役に立ちます。

それでも返済額が多すぎて返せないという場合は、最終的に「債務整理」を行うことになります。しかし、債務整理を行うとクレジットカード申請の際にもかなりハードルが上がり、最長10年間に渡って消費者金融が発行するクレジットカードしか取得できない、なんていう状況になる場合もあります。

今の数年間を真面目に頑張って乗り切るか、今後の10年間を苦労して過ごすか、よくご自身で考えて行動しましょう。

まとめ|おまとめローンを利用して、返済負担を減らしましょう

返済負担を減らしましょう本記事では「おまとめローン」審査に通過させるためのヒントをお伝えしてきました。会社員の方で、2〜3社から借入れを行っている場合、銀行でのおまとめローン申請は通過できるはずです。一般的に、返済能力が認められてクレヒスの信用度が高い場合は、実はおまとめローンでの一本化は難しくないのです。

また、フリーターの方でも安定した収入と、1〜3年ほどの勤続年数があれば消費者金融でのおまとめローンの一本化も可能です。ぜひまとめローンを利用して、金銭的にも精神的にも負担を減らしてみてくださいね。

ぜひこの記事を参考にしながら、おまとめローン審査に通過できるよう頑張っていきましょう。

おまとめローン
カードローン借り換えならおすすめは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP