カードローンの借り換え審査は厳しい?審査に通る人、通らない人の評価ポイントを徹底解説!

132view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

借り換え審査
現在のカードローンの金利が高くて返済に困っている人は、思い切って「借り換えローン」の審査を検討してみてはいかがでしょうか。低金利への借り換えローンが成功すると、返済総額をグッと減らせて返済負担をかなり抑えられる可能性がありますよ。

また、複数の金融業者から借り入れしている人には「おまとめローン」もおすすめです。ちなみに「借り換え」も「おまとめ」も、名称こそ違いますが、サービス内容は同じものとなり、希望すればどちらでも同じように利用できます。

カードローンの借り換え審査の難易度は?

審査項目は?
まず、前提として借り換えローンの審査は、通常のキャッシングやカードローンに比べて難しい傾向にあります。

これには理由があり、借り入れ先の金融業者から「借り換えを希望する人は、現在返済状況が厳しく経済的に苦しい人かもしれない」と判断されてしまう可能性があるためです。しかし、借り換えローンを提供している金融業者も、しっかりと完済してくれそうな人には貸付を行いたいので、社会的な信用度があれば、必ず審査に通過させられますよ。

カードローンの借り換え審査にチェックされる項目

カードローンの借り換え申請時には、様々な項目が審査されます。まずはその審査項目について詳しくチェックしてみましょう。

カードローン借り換え審査の主な項目

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先、雇用形態
  • 勤続年数
  • 住まい
  • 家族

年齢

一部の例外を除き、基本的には20歳以上です。年齢以外の項目によっても評価が変わりますが、一般的に給与が高く、金銭面での余裕が出てくる30代〜50代が審査に有利となる傾向にあります。

年収

返済が必要となるので、もちろん安定した収入が必要ですよね。年収200万円が審査通過のボーダーラインと言われています。200万円以下では、審査通過のハードルが高くなってしまいます。もし、収入が足りないと思う場合は、副業や転職などである程度の収入を確保する方法を検討してみるのも良いですね。

勤務先、雇用形態

審査では経済面での安定性が評価に大きく関わります。安定した勤務先(=行政や大企業など)の場合は、倒産の恐れもないため、評価が高くなります。一般的な中小企業でも特に低く評価されませんので、安心してくださいね。

しかし、大企業であってもニュースになるような大きな不祥事などが発覚、倒産の危惧があるような場合は、評価が大きく下がってしまう可能性があります。お勤め先が安定した収入源となり得るか、が判断の対象となるためです。また、アルバイトやパートの場合は正社員に比べて評価が下がる傾向にあります。無職の場合は、収入が無く返済の見込みがないので100%落とされるでしょう。

勤続年数

お勤め先への勤続年数が長ければ長いほど、審査では有利になります。長く働いている方は、退職せずにこれからも働き続ける傾向が強いためです。審査に良い評価が受けられるのは、3年以上が目安となります。

反対に、勤続年数が短く半年〜1年というような方は、長続きせずに辞めてしまう可能性もあるので、慎重に審査されてしまいます。できれば、最低1年以上の勤続年数は欲しいところです。

住まい

家
持ち家が最も評価が高くなります。理由は、借り入れの踏み倒しや夜逃げなどの確率が低いためです。賃貸でも評価が下がる訳ではありませんが、公営団地などで家賃が安くなるほど、評価が下がってしまう傾向にあります。よっぽど治安の悪く家賃が極端に安いような地区に住んでいる場合以外は、年収や勤務先がしっかりしていれば、特にこの項目に関して心配する必要はありません。

家族

クレジットカードでは家族持ちの人の方が安定した収入を確保している傾向が強いため、評価が高まる可能性がありますが、借り換えカードローンでは独身の人の方が高い評価を受けやすい傾向があります。もちろん独身の方が自由に使えるお金があるので、返済に回せるお金も多いと判断されるためです。

コンピューターによる「スコアリング」で判定される

コンピューター
借り換え審査では、このような項目を参考にしながら審査され、また、審査スピードの早めるため、多くの金融業者ではコンピューターによる「スコアリング」が行われます。

このスコアリングとは、過去の顧客情報のデータを管理して、過去の統計と申し込み者との比較をすることです。過去の様々な属性の人の統計と比較するので、審査に日数がかからずスムーズにできるわけですね。

スコアリングと信用情報で審査の可否が決められる

もちろん、コンピューターによるスコアリングだけでは確実に判断出来ないので、さらにクレヒスなどの信用情報などを参考にしながら融資を行うかが決定されます。スコアリングで悪い評価を受けてしまうと、いくら信用情報が良くても審査通過は難しいものとなるで、上記の審査項目には気をつけなくてはいけません。

カードローンの借り換え審査でチェックしておく2つのポイント

借り換え審査で、注意しておくべき2つの大きなポイントをお伝えしましょう。前項でお伝えした項目に併せ、下記の項目も重要となります。

  • 信用情報
  • 借り入れ件数

信用情報

信用情報について詳しく解説していきます。この信用情報とは「クレジットヒストリー(クレヒス)」と呼ばれています。言葉の通り、クレジット(=貸し付け)のヒストリー(=履歴)です。

このクレヒスには大きく3つあります。3つの種類のクレヒスはそれぞれの信用情報機関にあります。

3つの信用情報機関
信用情報機関 保管、管理している履歴
JICC 主に消費者金融でのカードローン、キャッシングの利用履歴が残されている
CIC クレジットカードの利用履歴が残されている
全国銀行個人信用情報センター 銀行ローンの利用履歴が残されている

このように、「消費者金融のカードローン利用履歴」、「クレジットカードの利用履歴」や「銀行ローンの利用履歴」がそれぞれの信用情報機関で管理されています。

債務整理をした場合は5〜10年は借り換えできない

このクレヒスは、過去の利用履歴が残されるので、もちろん自己破産などの債務整理を行なった履歴もしっかりと残されています。もし過去に債務整理を行うと、以降5年〜10年もの間ブラックリストに載り、その間は借り換えカードローンはもちろん、審査基準の低い年会費無料のクレジットカードすら審査通過の見込みが薄くなります。

また、2ヶ月〜3ヶ月の延滞をすると、「延滞」履歴が付きます。この延滞がついてしまった場合は、延滞解消後5年間履歴が残ってしまうんです。この延滞履歴も審査には不利に働きますので、支払いトラブルに覚えがある人は気をつけなくてはなりません。

借り入れ件数

おまとめローンの検討をしている方は要注意です。おまとめローンとは、複数のカードローンを1社にまとめて借り換えを行うことを指します。

この場合、借り入れ先が多い場合は、おまとめローンに通過させることが難しくなります。一般的には4社以上からの借り入れがあった場合、ほぼ審査に通過する見込みがないと言われています。これから複数の業者から借り入れを考えている人は、今後のことも考えて、多くても3社までに抑えておく必要があります。

どんな人がカードローンの借り換え審査に通過する?

では実際に借り換えカードローンを通過する人の特徴を見ていきましょう。

実際に借り換え通過した人のクチコミ.1

通過した人
H.Mさん 38歳 中小企業会社員 勤続年数15年 年収400万円
消費者金融A社からB銀行借り換えローンに成功しました。競馬や競輪などのギャンブルで100万円程度借り入れがあったんですが、金利が17.8%から14%に下がり、思ってた以上にスムーズに完済できました。

このH.Mさんのポイントとしては、長い勤続年数と収入が大きなポイントとなります。これだけ長いと会社を辞める可能性も薄く、また、管理職などへ役職が上がって年収も上がる見込みもありますね。

このように長い勤続年数は、借り換えローン審査に非常に有利となります。借り換えが成功するお手本のような人と言えるでしょう。

実際に借り換え通過した人のクチコミ.2

S.Yさん 26歳 中小企業会社員 勤続年数1年 年収240万円
私は消費者金融B社から金利18%で50万円の借金がありました。消費者金融で金利16%のC社への借り換えに成功し、毎月の返済額を減らして現在返済中です。返済負担が楽になったので、完済を難なく目指せそうです。

S.Yさんの場合を見てみましょう。この人は、勤続年数が短いのにも関わらず、審査に通過させてますね。また、借り換え先の消費者金融に注目してみましょう。消費者金融への借り換えは、銀行よりも審査が緩やかになる傾向にあります。

年収があまり高くないこともあり、銀行への借り換え成功確率ではおそらく50%程度でしょう。ご自身のステータスに自信がない場合は、銀行よりも消費者金融への借り換えを検討してみましょう。

こんな人はカードローンの借り換え審査に落とされる

ではどんな人が借り換えローン審査に落とされてしまうんでしょうか。実際に落とされた人のステータスや状況をみていきましょう。

実際に落とされた人のクチコミ.1

落とされた人
T.Fさん 34歳 自営業 勤続年数4年 年収500万円
金利17%の消費者金融E社から150万円の借り入れがあり、金利14%でF銀行への借り換えを希望しましたが落とされました。返済計画を見直して、地道に完済を目指していきます。

高い年収に勤続年数も4年あるのですが、何故否決されたのでしょうか。この場合は勤務先である自営業が不利に働いてしまったと考えられます。自営業の場合は、いつ経営が傾いて年収が無くなるとも限りません。しかも、150万円という金額をすでに借り入れているので、「事業の運転資金」に利用していた可能性も考えられますよね。

このように、そこそこ年収があっても信用度が低く評価される場合は、否決される場合が非常に高いのです。

実際に落とされた人のクチコミ.2

D.Tさん 21歳 アルバイト 勤続年数3年 年収180万円
僕は消費者金融G社から50万円の借金があり、金利15%の消費者金融F借金への借り換えを希望しましたが、否決されてしまったんです。返済できる見込みがないため、親に借金し、完済することも考えています。

勤続年数はそこそこあるのですが、アルバイトと年収に問題があると言えます。また、年齢も21歳と若く、社会的な信用度も高くはありません。このようなステータスの低い人には、消費者金融であっても審査が通過しない場合があるので、気をつけておきましょう。

この人のようにまだ若い方であれば、親から借金したお金で借り入れを一括完済しておく方が、今後のクレヒス履歴のためにも良いかもしれませんね。

まずは自分の返済状況を把握することが大切

このように、ある程度社会的信用度の高い人は借り換えローンに成功する確率はかなり高い傾向にあります。

審査否決履歴もクレヒスに残る

信用度が低い人は、銀行はもちろんですが、消費者金融での借り換えローンも落とされる可能性が高くなります。また、申請や審査否決の履歴もクレヒスには残されてしまいます。落ちてしまったからと言って、他の金融業者へ何度も申請、否決されてしまうと、さらにクレヒスに傷が残って審査通過までの道のりが険しいものとなります。

審査通過に自信が無い人は、現在の返済計画の見直しを行いましょう

クレヒスにさらに傷がついてしまうと、今後を考えても良くはありません。自分のステータスが低く、審査通過に自信が無い人は、現在の返済状況の見直しを行って、完済までの返済計画を考え直してみましょう。

じっくりと見直すことで、不必要な支出はないか、さらに削れる支出はないか、たくさんのヒントを見つけられる可能性もありますよ。

まとめ|社会的信用度により借り換えローンの審査通過のハードルが変わる

このように、社会的な信用度の高さによって借り換えローンの可否のハードルは大きく変わるのです。

信用度が高ければ、審査通過させやすい

ある程度の年齢、収入、勤続年数がある人は、比較的審査が厳しい銀行でも通過の見込みはありますが、アルバイトや勤続年数の短い人は消費者金融での審査通過も難しくなる可能性があります。

まずは現在のご自身の状況をしっかりと把握し、審査通過の見込みがあれば申請を行ってみましょう。返済計画をしっかりと立てて、完済できるように様々な検討をしてみてくださいね。このサイトでも、たくさんの借り換えローン、おまとめローンの紹介をしているので、良い借り換え先が見つかれば、一度チャレンジしてみるのも良いでしょう。

カードローンの借り換え
おすすめローンはコレ!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP