100万円、200万円を賢くキャッシングするための秘訣とは?

84view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

100万円、200万円を賢くキャッシングするための秘訣とは?

この記事では、100万円や200万円という高額なキャッシングをするときに、どのようなローンでキャッシングすれば良いのか、また、キャッシングで失敗しないように賢く利用するための秘訣について、詳しく解説していきます。

また、数万円や数十万円という少額のキャッシングではないため、借入先選びに間違ってしまったら、大きな損失になってしまう恐れもあるんですよね。高額なキャッシングを検討している人はぜひこの記事を参考にしながら、損せずにお金を借りられるようにしてみてくださいね。

100万円、200万円をカードローンでキャッシングする時は?

100万円や200万円というお金をカードローンでキャッシングする場合、どのようにカードローンを選べば良いのでしょうか。高額なお金をカードローンで借りる時に損しない方法は一つしかありません。

100万円200万円借りる時は金利の低いカードローンを選ぶ

高額なキャッシングとなる場合は、少しでも金利が低いカードローンを選ぶ方が絶対的にお得です。高額なキャッシングとなる場合は、返済もある程度の年月がかかるはずです。また、借り入れ時の金利が1%でも低ければ、返済総額が大きく異なるんですよね。

例えば200万円を5年間借りる場合、金利10%と11%での返済総額の違いについて確認してみましょう。

200万円を金利10%、11%で5年間で完済する時の返済総額の違い
金利 10% 11%
返済総額 254万9,645円 260万9,091円
利息 54万9,645円 60万9,091円

このように、金利が1%違うだけで利息に大きな差が出るため、返済総額に大きな差額が出るんです。このため、少しでも金利が低いカードローンを選ぶ方がお得にキャッシングできるんですよね。

金利が低いカードローンの探し方は?

また、金利が低いカードローンはどのように探せば良いのでしょうか。金利が低いカードローンの選び方ですが、ズバリ、銀行カードローンから探してみましょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利の違い
カードローン名 銀行カードローン 消費者金融カードローン
金利 10%〜15% 15%(借り入れ100万円未満は18%)

利用先の金融業者やカードローンによって異なるのですが、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、概ねこのような金利の違いがあります。

メガバンクや地方銀行がカードローンを提供している

また、銀行カードローンの探し方ですが、大手銀行や地方銀行がカードローンを提供しています。日本全国にあるほぼ全ての銀行でカードローンが提供されているため、利用しやすい銀行やあなたの馴染みのある銀行のカードローンを選ぶのも良いでしょう。

銀行カードローンの利用は利用先銀行の口座が必要な場合も

また、銀行カードローンの利用は、その銀行の口座が必須となる場合もある点には注意しておきましょう。ここで、大手の銀行カードローンについて、利用限度額、金利、銀行口座の有無について比較してみましょう。

大手銀行カードローンの比較
銀行名・カードローン名 みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
利用限度額 800万円 800万円
金利 2.0%~14.0% 4.0%~14.5%
銀行口座 必要 不要
銀行名・カードローン名 新生銀行カードローン・レイク(現在新規受付停止中) 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
利用限度額 500万円 500万円
金利 4.5%~18.0% 1.8%~14.6%
銀行口座 不要 不要

このように、大手銀行のカードローンは低金利である場合が多いため、100万円や200万円という高額なお金を借りる時にはお得にキャッシングできるはずです。(※新生銀行レイクは2018年4月以降、新規受付を停止しています)

地方銀行のカードローンもおすすめ

地方銀行のカードローンもおすすめ

また、大手銀行だけではなく、各都道府県に存在している地方銀行のカードローンも優秀なサービスを提供してくれている場合も多いんですよね。基本的に地方銀行は地元密着型の銀行となるため、子供の頃からずっと地方銀行を利用していて、馴染みがある、安心感がある、という人も多いはずです。

さらに、地方銀行によってはカードローンの返済時のお金に対してTポイントが付与されたり、消費者金融のようにカードローン契約時から30日間の無利息期間が用意されていたり、地方銀行ならではの優秀なサービスが提供されている場合もあります。

地方銀行カードローンは申し込み対象エリアに注意

ただし地方銀行カードローンは、申し込み対象エリアが限られている場合がほとんどです。地方銀行カードローンへの申し込みは、基本的に地方銀行の本店や支店があるエリア内に住まいや勤務先がある人が対象となるんですよね。このため、自分の住所が利用したい地方銀行カードローンへの申し込み対象エリア内かどうか、前もってチェックしておきましょう。

100万円、200万円を消費者金融カードローンで借りると損する?

先ほどの項目では、100万円、200万円を低金利の銀行カードローンで借りる場合を確認してきましたが、この項目では審査基準が緩やかで、比較的誰でも借りやすい消費者金融カードローンで借りる場合を確認してみましょう。

消費者金融は審査基準が緩やかなのでアルバイトの人も100万円借りられる!?

消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて審査基準が緩やかな傾向があります。審査に通過できる年収などは公表されていないのですが、おおよそ銀行カードローンでは年収200万円〜300万円以上、消費者金融カードローンでは年収150万円〜200万円以上が審査通過のボーダーラインと言えるでしょう。

アルバイトなどの非正規雇用の人も消費者金融は使いやすいが…

確かに消費者金融は審査基準が緩やかなので、正社員ではなくアルバイトなどの非正規雇用の人でも、「安定した収入」があれば審査通過を目指しやすいのですが、年収や雇用形態などのステータスが弱いため、100万円単位での高額な融資を受けにくいと考えておきましょう。

また、消費者金融には「総量規制」という限度額に関する制限が設けられている点にも注意です。

消費者金融は総量規制に注意!

消費者金融は総量規制に注意!

消費者金融が関係する総量規制とは、「貸金業者は利用者の年収3分の1超のお金を融資してはいけない」と、貸金業法内で定められた法律のことです。このため、例えば年収300万円の人の場合、限度額の上限が100万円となり、年収がアップしない限り限度額の上限は上がりません。

また、カードローンをはじめて利用する人は、契約時から総量規制ギリギリの限度額をもらえる可能性は低いでしょう。一般的に年収300万円の人であれば、限度額30万円〜50万円程度でスタートし、3ヶ月〜半年以上の利用で限度額の引き上げを行なってもらえる場合があります。

消費者金融の即日融資で100万円、200万円借りられる?

消費者金融は審査〜融資までスピーディーで、最短即日融資してもらえるという特徴があります。仮に大手企業勤務や公務員、また、年収が多くステータスが高い人で100万円や200万円を融資してもらえるような人も、即日融資してもらえる可能性はあるのでしょうか。

高額な限度額になる場合は審査に時間がかかる場合も

この記事で解説しているような100万円、200万円というような高額の限度額の場合、いくら消費者金融でも即日融資してもらえる可能性は高くありません。金融業者からみても、大きなお金を融資するほど貸し倒れされるリスクが高まってしまうためです。少しでも融資の未回収を防ぐ(=赤字を出さない)ためにも、高額な限度額は厳しい審査を受けることになります。

消費者金融では50万円超は収入証明書が必須

また、貸金業法では「50万円を超える限度額、または、複数からの融資が100万円を超える」場合、収入証明書の提出が必須となっているので、高額なキャッシングをする時には前もって用意しておくようにしましょう。サラリーマンでは「源泉徴収票」など、個人事業主であれば「確定申告書」などが定番の収入証明書となります。

また、銀行カードローンでは収入証明書の提出が義務付けられていませんが、銀行によって50万円超の場合、200万円超の場合など、利用先の銀行によって独自で金額が設定されています。

消費者金融で100万円、200万円を借りるメリットは?

消費者金融は高金利ですが融資までのスピードが非常に早く、最短即日でお金を借りられるのが最も大きな特徴です。しかし、100万円、200万円というような高額融資の場合、即日での融資が難しくなるため、消費者金融ならではのサービスの恩恵が受けにくいと考えられます。また、総量規制の影響もあり、高額な融資を受ける=高い年収が必要となる点にも注意が必要です。

100万円、200万円借りるなら目的別ローンの方がお得な場合も

また、100万円や200万円という高額なお金を借りたいと考えている人は、何か明確な理由がある人でしょう。100万円の使い道を特に考えていないけど、「とりあえず100万円を借りたい」というような人はいないはずです。

借りたお金の使い道が決まっている人は目的別ローンもおすすめ

銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて低金利とはいえ、少なくとも金利10%以上はあるはずです。100万円や200万円を借りたい人で借りたお金の使い道が明確な人は、目的別ローンの利用もおすすめです。目的別ローンにはさまざまな種類があり、利用目的が合致していれば申し込み〜融資が受けられる可能性があります。

こんな目的別ローンがある

  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン(結婚用)
  • メモリアルローン(葬式用)
  • メディカルローン(医療用)
  • 楽器ローン など

利用先の金融業者によって、用意されている目的別ローンが違うため、どのような目的別ローンがあるのかチェックしてみましょう。

目的別ローンはカードローンよりも低金利

目的別ローンはカードローンよりも低金利

上記の項目には含まなかったのですが、住宅ローンは個人で利用する目的別ローンの代表格と言えるでしょう。また、借り入れ額も数千万円単位であることがほとんどなので、返済期間も30年以上に設定することが多いです。

しかし、住宅ローンの金利は2%前後となっているため、カードローンと比較すると非常に低金利なんですよね。また、先ほど解説してきた目的別ローンも通常5%〜10%以内の場合がほとんどなので、カードローンよりもお得にお金を借りられるんです。

低金利なのは貸し倒れの可能性が低いため

目的別ローンが低金利なのは、「ローン利用者が借りたお金の利用目的を明確にし、前もって大まかな返済計画を立てている」という点にあります。目的別ローンを利用する多くの人は、しっかりと計画を立てた上で融資を受けるため、貸し倒れのリスクも小さく、低金利での貸し出しが可能であると考えられるんです。

100万円、200万円借りる時は少しでも低金利ローンの利用を

この記事では、100万円や200万円という高額なお金を借りる場合どのようなローンを利用すればいいのか、について詳しく解説してきました。

カードローンなら低金利の銀行一択

高額な融資となり長期的な借り入れとなる場合がほとんどなので、少しでも利息、返済総額を抑えるためにも、低金利の銀行カードローンの利用がおすすめです。

利用目的が明確なら目的別ローンの方がお得

利用目的が明確なら目的別ローンの方がお得

例えば借りた100万円を車の購入費用に充てる、などと考えている人は、目的別ローンである「マイカーローン」を利用する方が金利、利息をグッと圧縮できます。

このように高額なお金を借りたいという人は、「借りる理由」をしっかりと考え、ローン選びを間違わないようにして下さいね。ぜひこの記事を参考にしながら、100万円や200万円という高額融資に成功できるようにさまざまな方法を検討してみましょう。

賢くキャッシング!
金利が低いおすすめのカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP