カードローン・キャッシングの使い道|こんな使い方がおすすめ!

230view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローン・キャッシングの使い道|こんな使い方がおすすめ!

この記事では、ローンでキャッシングしたお金の使い道について、詳しく解説していきます。そもそもローンには様々な種類が用意されていて、借りたお金の使い道が限定されているようなローン、限定されていないローンなど、ローンによって利用目的が異なるんですよね。

そこで、どのようなローンでどのような使い道がおすすめなのか、また、こんなローンの使い道はしてはいけない! というポイントなど、併せて解説していきます。しっかりと内容を理解して、ローンをうまく活用できるようにしていきましょう。

キャッシングの使い道によって様々なローンがある

まず、一般消費者が利用できるローンには、利用目的別に分けると大きく2種類あります。目的別ローンと多目的ローンという2種類のローンに分けられるため、それぞれのローンのメリットや役割の違いについて確認していきましょう。

目的別ローンのメリットは金利が低いこと

まず、目的別ローンを紹介していきます。目的別ローンは、名称通り「或る目的のために借りる」ローンのことです。代表的な目的別ローンには下記のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン

これらのローンが一般的な目的別ローンであると言えます。いずれかのローン名を聞いたことがある、という人がほとんどだと思います。また、ローンの名称から分かるようにローンで借りたお金の利用目的が限定されていて、住宅ローンでは住宅の購入費用、マイカーローンでは車の購入費用など、それぞれキャッシングしたお金の利用目的が決められているんです。

ローンは目的が明確なほど金利が下がる傾向がある

また、ローンという商品の特徴として、利用目的が明確なほど金利が低くなる傾向があります。統計的にみると、借りたお金の利用目的がハッキリしている場合、顧客が返済してくれる可能性が高いという傾向があるためです。

担保を入れる場合も低金利の傾向アリ

完済率が高い=貸し倒れのリスクが小さくなるため、ローン会社は金利を低く提供してくれるんですよね。また、住宅ローンは2%前後という非常に低い金利でローンを提供してもらえる場合が多いんです。これは購入する住宅を「担保」に入れるため、借金未回収のリスクが低くなり低金利で融資してもらえるのです。

多目的ローンのメリットは利用使途が限られていないこと

多目的ローンは主に2種類あります。それぞれの特徴を確認してみましょう。

  • カードローン
  • フリーローン

多目的ローンは利用使途が限定されない

まず、多目的の定義から確認していきましょう。多目的ローンとは目的別ローンとは異なり、借りたお金の使い道が限定されません。このため、多目的ローンで使える使い道は下記のように様々あるんです。

冠婚葬祭 結婚式、葬式など
生活費 家賃、光熱費、食費、通信費、備品購入費など
交際費 飲食代、贈答品、お祝いなど
医療費 治療費、入院費、薬代など
娯楽 ショッピング、旅行、ギャンブルなど

このように、多目的ローンはお金の使い道が決められていないため、手持ちのお金が無くなった時に非常に便利に利用できるんです。

多目的ローンは事業性資金だけには使えない

ただし、ほとんどの多目的ローンはビジネス用の事業性資金としては使えない点には十分注意しておいてくださいね。

カードローンとフリーローンの違い

一般的に多目的ローンには、カードローンとフリーローンの2種類があるのですが、少しサービス内容が異なっているんです。

カードローンは限度額以内なら何度でもキャッシング可能

カードローンは限度額以内なら何度でもキャッシング可能

まず、カードローンから確認してみましょう。カードローンは、その名の通り「カード型のローン」商品となっています。カードローンとの契約が完了すれば専用のローンカードが発行されて、カードローン会社のATMや銀行の提携ATMなどからいつでもお金を借りられるようになります。

また、カードローンの大きなメリットとして、カードローン契約時に決められた限度額以内であれば何度でも借り入れ可能となります。例えばカードローンの限度額50万円で契約し現在30万円キャッシングしている場合、残り20万円まで追加でキャッシングできるんです。もちろん返済を進めていけば、その分枠が広がり、限度額以内であれば何度でもキャッシング可能です。

フリーローンは1契約毎のキャッシング

もうひとつの多目的ローンである、フリーローンを確認してみましょう。フリーローンとはカードローンとは違って、1契約で1回のキャッシングだけとなります。つまり、100万円のフリーローンを利用すれば、初回時に100万円借りた後は追加でキャッシングできないんです。

フリーローンは一度きりのキャッシングとなるため、不便に感じてしまうかもしれませんが、必要以上にお金を借りてしまう心配がないため、うまく活用できる場合もあるでしょう。

カードローンのおすすめの使い道!

目的別ローンや多目的ローンを解説してきましたが、この項目では利用目的が決められておらず、何度もキャッシングできるカードローンのおすすめの使い道を紹介していきます。

  • 一時的に生活費が足りない時はカードローンでサクッと借りる
  • 友人の結婚式が立て続けにあった場合はカードローンで乗り切る
  • 複数の友人から誘いが続いた場合はカードローンでキャッシング
  • 30日以内に返済見込みがある場合は消費者金融カードローンがおすすめ

一時的に生活費が足りない時はカードローンでサクッと借りる

一時的に家賃や光熱費などの生活費が足りない!という場合は、カードローンでサクッとお金を借りてみましょう。カードローンは安定した収入があればアルバイトやパートという人も利用できる可能性があるため、比較的誰でも融資を受けやすいローン商品なんですよね。

消費者金融カードローンは最短即日融資に対応

また、消費者金融カードローンであれば、審査〜キャッシングまでとてもスピーディーで、なんと最短即日のキャッシングが期待できます。このため、家賃の期日が近づいている… 今日中には電気代を支払わなければいけない… というような場面で、消費者金融のカードローンをうまく活用できるでしょう。

友人の結婚式が立て続けにあった場合はカードローンで乗り切る

友人の結婚式が立て続けにあった場合はカードローンで乗り切る

冠婚葬祭は急にやってきます。特に同世代の友人が多い人は、同じ時期に結婚が重なってしまうことも多いはず。同じ月に何度も結婚式が重なってしまうと、お祝い金だけで非常に大きな出費となってしまいますよね。

多目的のカードローンは冠婚葬祭にも使える

もちろん多目的ローンであるカードローンは、冠婚葬祭のお金としても使えるので、結婚式やお葬式などで急な出費に困ってしまった場合は、カードローンの利用を検討してみましょう。

複数の友人から誘いが続いた場合はカードローンでキャッシング

複数の友人から連続して飲み会などに誘われてしまった場合も、カードローンでのキャッシングをうまく利用できるでしょう。一度に数千円の飲み会などでも連続してしまうと数万円の出費となってしまい、手持ちの資金がなくなってしまう、ということも一度は経験したことがあるはず。

カードローンは限度額以内であれば何度でもキャッシングできるため、急にこのような出費が重なった場合でも、うまく対応できるでしょう。

30日以内に返済見込みがある場合は消費者金融カードローンがおすすめ

ほとんどの消費者金融カードローンは30日間無利息キャッシングというサービスを提供しています。この30日間の無利息キャッシングとは、カードローン契約時から30日間は無利息でお金を借りられるサービスのこと。つまり、30日以内にキャッシングのお金を完済すれば、利息などの余計なお金は支払わなくてOKなんです。

すぐ返済できる人は消費者金融がおすすめ

この消費者金融の無利息キャッシングはとてもお得に利用できるため、すぐに完済できる見込みがある人は有利に活用できるはずですよ。

カードローンでこんな使い道は危険!

先ほどはカードローンのおすすめの使い道について解説してきましたが、実はカードローンの危険な使い道もあるんです。これから紹介していく使い道の場合、カードローンのキャッシングが返済できなくなる可能性があるため、絶対に真似しないようにして下さいね。

  • ギャンブルで使うお金はキャッシングしない
  • 特に目的が無いのにいつも限度額ギリギリまでキャッシングしてしまう

ギャンブルで使うお金はキャッシングしない

ギャンブルで使うお金はキャッシングしない

カードローンでキャッシングしたお金でギャンブルは絶対にやめておきましょう。パチンコや競馬、競輪などのギャンブルにお金を注ぎ込んで勝てなかった場合、頭に血が上ってしまって、さらにお金を注ぎ込んでしまう恐れもありますよね。

この時に、手持ちのお金だけで娯楽としてギャンブルを楽しむのは良いですが、カードローンでキャッシングしてまでギャンブルはしないようにしましょう。キャッシングしたお金をギャンブルに使ってしまうと、気がつけばカードローンで大きな借金を背負ってしまう、というような最悪の事態になってしまう恐れもあるでしょう。

特に目的が無いのにいつも限度額ギリギリまでキャッシングしてしまう

カードローンは限度額以内であれば何度でもキャッシングできるのですが、特に使い道がないのにキャッシングしてしまう場合は危険です。必要でもない物にお金を使ってしまうような浪費癖がついてしまうと、いつもカードローンの限度額ギリギリまでお金を借りてしまう、というような状況になるかもしれません。

もしカードローンで借金が返せなくなった場合は、自己破産などの大きな金融事故を起こしてしまう可能性もあるでしょう。自己破産してしまった場合は信用情報がブラックとなってしまい、10年間はカードローンやクレジットカードなどの金融商品を利用できなくなるので十分に注意しておきましょう。

本当に必要な使い道に使うこと

このため、カードローンでのキャッシングは、本当にお金が必要な時にだけの利用・必要最低限のお金だけを借りるようにしましょう。

カードローンの使い道に気をつける!

この記事では、ローンでキャッシングしたお金の使い道について詳しく解説してきました。ローンには2種類あり、目的別ローンと多目的ローンに分けられましたよね。これから家を買う、車を買う、結婚するなど、借りたお金の利用目的が明確な人は、目的別ローンを利用しましょう。

目的別ローンに当てはまらない場合のみカードローンを使う

また、多目的ローンであるカードローンで借りたお金の使い道は限定されていませんが、金利が高いというデメリットがあるため、カードローンを利用する時は「目的別ローンに当てはまらない」時だけ利用するようにして下さいね。

カードローンは利用使途が限定されないからこそ目的を明確に

カードローンは利用使途が限定されておらず、ビジネスに使う事業性資金以外であれば何にでも使えます。しかし、何に使っても良いからと言っても、不要なお金の使い道のためにキャッシングするのは絶対にやめてくださいね。

無計画でキャッシングしてしまうと返済できない可能性も

無計画でキャッシングしてしまうと返済できない可能性も

返済計画を立てず、無計画にキャッシングしてしまうと、実際に返済が始まってから「毎月の返済負担が大きくて返せない」というような事態に陥ってしまう恐れもあります。

このため、カードローンでキャッシングする前には、完済までの計画を立ててから利用するようにして下さいね。しっかりと前もって計画を立てておけば、返済に困ってしまう可能性も低いはず。カードローンでのキャッシングの使い道をしっかりと考えて、絶対に完済できるように計画を練ってから利用するようにして下さいね。

お得に賢くキャッシング
急な出費でカードローンを使うならココ!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • プロミス

    プロミス「即日融資で審査時間も最短30分」在籍確認・評判は? 収入証明書は50万円以下なら原則不要

    WEBなら最短1時間融資も可能!初めてなら30日間無利息!

    審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
    限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%
  • SMBCモビット

    SMBCモビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法 最短即日融資!1秒でも速くお金が必要なら

    WEB完結なら「郵送物・電話連絡・ローンカード」なし

    審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日
    限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP