カードローンとリボ払いの違い

78view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンとリボ払いの違い

この記事では、カードローンやクレジットカードで適用される「リボ払い」について詳しく解説していきます。

「カードローンとリボ払いの違いがよく分からない…」という人も多いので、カードローンとリボ払いの違いリボ払いのメリット・デメリットなどについて、しっかりと確認していきましょう。

カードローンとリボ払いの違いについて

まず、カードローンとリボ払いの違いについて解説していきます。

カードローンとリボ払いの違い

勘違いしている人が多いのですが、カードローンとリボ払いは、そもそもの内容が異なります。下記の表にまとめてみたので、確認してみましょう。

カードローンとリボ払いの違い
サービス名称 内容
カードローン 個人向け融資のサービスの1種。カードローン契約後に発行されるローンカードを利用し、ATMなどからキャッシングする。限度額以内であれば、何度でもお金を借りられる。主に銀行や消費者金融などで提供されている金融サービスで、金利は10%〜18%が多い。
リボ払い リボルビング払いの略語。カードローンの返済やクレジットカードの支払い時の返済方法の1種。毎月定額のお金を返済するため、月々の返済負担を小さく抑えられる。長期的に利用すると、利息が高額となる恐れも。

このように、「カードローン」と「リボ払い」では、そもそもの内容が異なるんですよね。カードローンは金融商品で、リボ払いとは返済方法の種類となります。

カードローンを利用してこれからお金を借りたいという人や、クレジットカードの返済額が大きくてリボ払いを考えているという人は、これらの違いについて確認しておいてくださいね。ただし、カードローンはリボ払い、クレジットカードは一括払いが基本となっているため、一般的には「リボ払い」とは、クレジットカードの返済方法を指す場合が多いと言えるでしょう。

カードローンやクレジットカードのリボ払いとは?

先ほどの項目で簡単に「リボ払い」について確認しましたが、もう少し具体的に解説していきます。

カードローンではリボ払いがほとんど

カードローンではリボ払いがほとんど

カードローンを利用した後の返済や支払いは「リボ払い」となる場合がほとんどです。リボ払いとは、借り入れ額がいくら高額になっても毎月一定額の金額を返済していく方法でしたよね。また、クレジットカードでショッピングした際に高額な支払いとなる場合など、一括払いからリボ払いへも変更可能です。

つまり、5万円の借り入れがある場合でも、50万円の借り入れがある場合でも、毎月の同額の返済でOKとなります。利用者にとっては、少額の返済額で家計への負担を小さく抑えられる反面、長期的な借り入れの場合は高額な利息となるデメリットがあります。

リボ払いの種類

また、カードローンやクレジットカードの「リボ払い」には、様々な種類があるのですが、提供されているのは主に定額リボルビング方式となります。この定額リボルビング方式は、大きく2種類に分かれています。

カードローンやクレジットカードのリボ払いの種類
リボ払いの名称 内容
元利定額リボルビング方式 毎月、決められた金額を返済していく。返済額の中に元金(=借りたお金)と利息が含まれている。
元金定額リボルビング方式 毎月、決められた元金とは別に、利息を上乗せして返済していく。借り入れ直後は利息が高く、返済額が膨らむ傾向がある。

このように、リボ払いの中にも「元利定額リボルビング方式」と「元金定額リボルビング方式」の2種類の返済方法があり、返済額の元金と利息の比率が異なっているんですよね。また、カードローンの場合、毎月5000円や1万円と返済金額が固定されている「元利定額リボルビング方式」での返済方法がほとんどです。

クレジットカードでは通常1回払いとなりますが、買い物に大きな金額の支払いとなってしまった場合など、リボ払い(元利定額リボルビング方式)への変更が可能となっているんですよね。

リボ払いのメリットとデメリット

このように、リボ払いでは、支払い金額や借り入れ額が高額になった場合でも毎月の返済額を抑えられるというメリットがあります。この項目では、リボ払いのメリットやデメリットについて、もう少し詳しく確認していきましょう。

リボ払いのメリット

  • リボ払いは毎月定額の返済でOKなので家計の負担の心配ナシ!
  • 借り入れ額が増えても定額返済で安心
  • リボ払いは完済までの返済計画を立てやすい
  • リボ払いは通常繰上げ返済が可能

リボ払いは毎月定額の返済でOKなので家計の負担の心配ナシ!

リボ払いは、毎月定額の返済となるため、そこまで家計の負担にもならないでしょう。金融業者や借り入れ額にもよりますが、月々2000円程度〜でOKなので、リボ払いでの返済ができなくて困る、という状況にもならないでしょう。

借り入れ額が増えても定額返済で安心

借り入れ額が増えても定額返済で安心

また、リボ払いは毎月一定額の返済となるため、借り入れ額が増えても原則返済額は増えません。このため、高額な借り入れとなった場合でも毎月少額の金額をしっかりと返済していきやすいんです。

リボ払いは完済までの返済計画を立てやすい

リボ払いを利用していると、毎月必ず返済すべきお金が決まっているため、支払いに充てるお金の管理もしやすいですよね。このため、返済計画もしっかりと立てられるので、完済を目指しやすい返済方法と言えるでしょう。

リボ払いは通常繰上げ返済が可能

ほとんどのカードローンやクレジットカードのリボ払いでは、繰上げ返済が可能となっています。繰上げ返済を行うと、完済までの年月を短縮できるため、お金に余裕のある時には必ず繰上げ返済を行いましょう。ちなみにこの繰上げ返済は、「随時返済」とも呼ばれています。

リボ払いのデメリット

  • リボ払いの約定返済だけでは元金が減りにくい
  • リボ払いは借金の総額が膨らんでしまう場合も!
  • 長期的な返済となる恐れもある

リボ払いの約定返済だけでは元金が減りにくい

リボ払いのデメリットは、毎月一定額の少額返済(=約定返済)でOKですが、少しの返済額ではなかなか元金を減らしにくいというポイントが挙げられます。メリットの項目で解説したように、繰上げ返済(=随時返済)を行い、できるだけ短期間で元金を減らしていくように心がけましょう。

リボ払いは借金の総額が膨らんでしまう場合も!

借金の総額が膨らんでしまう場合も!

リボ払いでの返済があるにも関わらず、気にせずにクレジットカードで買い物やカードローンでキャッシングを続けていくと、気付いた頃には目を覆いたくなるほどの高額な借金に増えてしまう恐れもあります。リボ払いでは毎月の返済額に変化がないため、借り入れ額が増えても明細を確認するまで借り入れ総額がなかなか把握できないんですよね。

クレジットカードやカードローンの借り入れ金額は、毎月届く明細書やマイページなどのネット明細で確認できるので、必ず借り入れ金額を把握するようにしておきましょう。

長期的な返済となる恐れもある

リボ払いで少額な金額だけを毎月返済していても、なかなか元金が減らずに返済が長期化してしまう恐れがあります。また、返済が長期化してしまうと、その分、利息も増えることになるため、結果的に必要以上に高額なお金を返済することになるんですよね。少しでも返済年月を短縮し、返済総額を減らすためにも「繰上げ返済(=随時返済)」をうまく活用し、早めの完済を狙いましょう。

カードローンとクレジットカードのリボ払い、お得なのは?

カードローンとクレジットカードのリボ払い、お得なのは?

ここまで、カードローンとクレジットカードに適用される「リボ払い」について詳しく解説してきましたが、「クレジットカードのリボ払い」と「カードローンのリボ払い」はどちらがお得にお金を借りられるの?と疑問を持つ人も多いでしょう。

そこで、同じリボ払いでもカードローンとクレジットカードでは、どちらの方がお得に利用できるのか、確認していきましょう。

銀行カードローンの方がお得になる可能性

クレジットカードとカードローンのリボ払いの比較は、利用先のカードローンの金融業者によって大きく異なってきます。下記の表にそれぞれの金利をまとめてみたので、確認してみましょう。

リボ払いの利用先 クレジットカード 消費者金融カードローン 銀行カードローン
金利 15%である場合が多い 18%である場合が多い。100万円を超えると金利15%となる。 12%〜15%である場合が多い。100万円を超えると、10%を切るカードローンもある。

このように、クレジットカードのリボ払いの金利は、それぞれの金融業者によって異なっているんですよね。上記の表を見てわかるように、クレジットカードのリボ払いの15%以下でキャッシングできるカードローンであれば、お得に利用できる可能性があります。

このように利用するリボ払いの金利を比較し、少しでも低い金利のサービスを選ぶようにしてみましょう。

まとめ|リボ払いをうまく利用するためのコツ

この記事では、(クレジットカードの)リボ払いについて詳しく解説してきました。また、メリットやデメリットについても紹介してきたので、リボ払いの特徴について理解が深まったでしょう。さいごに、リボ払いをうまく利用するためのコツについて、まとめていきます。

リボ払いをうまく利用するための3つのコツ!

  1. 現在の借り入れ残高を把握しておく
  2. 繰上げ返済で完済を早める
  3. できるだけ一括で返済する

①現在の借り入れ残高を把握しておく

クレジットカードなどのリボ払いは、毎月一定額の返済となるため、借り入れ残高を把握しにくいんですよね。このため、クレジットカードでショッピングを続けてしまうと、気がつく頃にはかなり高額の借金となってしまう恐れがあるんですよね。

現在借り入れている金額を把握するためにも、「利用明細書」や「ウェブ明細書」をしっかり確認しておきましょう。借り入れ残高が分かっていると、完済までの年月も把握できるため、返済計画を立てやすいんですよね。

②繰上げ返済で完済を早める

クレジットカードのリボ払いは、返済年月が伸びるほど利息が高くなる傾向にあります。このため、お金に余裕のあるタイミングでは「繰上げ返済」を行うようにしましょう。ほとんどのクレジットカードやカードローンのリボ払いでは、繰上げ返済(=随時返済)が可能となっています。

リボ払いで借金の返済が長期化すると、返済総額が膨らんでしまうんですよね。少しでも返済総額を減らすために、繰上げ返済は必ず行うようにしましょう。

③できるだけ一括で返済する

リボ払いで失敗しないためには、そもそもリボ払いを利用せず、できるだけ一括返済を選びましょう。カードローンで10万円以上のキャッシングであればリボ払いでの返済が必須かもしれませんが、クレジットカードでの少額のショッピングでは、必ず一括返済を選択するようにしてくださいね。

リボ払いは返済総額が膨らむ傾向にあるので、できるだけリボ払いを利用しないことも賢い選択と言えるんです。

リボ払いは高額な借り入れの時だけ利用する

リボ払いは高額な借り入れの時だけ利用する

リボ払いは手元にお金がない場合に利用できる、とても便利なサービスです。ただし、何度も解説してきたように、知らないうちに高額な借り入れ金額となってしまう恐れもあるんでしたよね。

このため、通常のクレジットカード支払いではできるだけリボ払いを使わず、高額な借り入れの時だけ利用するようにしましょう。リボ払いをうまく活用できるように、この記事をしっかりと確認してみてくださいね。

低金利が返済はお得!
金利が安いローンは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP