審査に落ちたカードローン、再申し込みは可能?

392view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

審査に落ちたカードローン、再申し込みは可能?

この記事では、カードローン審査に落ちた人の再申し込みについて詳しく解説していきます。せっかくカードローンへ申し込んだのに落とされてしまった、という人もいるでしょう。

カードローン審査に落ちてしまった人はなぜカードローンに落ちたのか、また、どのようなタイミングで再申し込みすれば良いのかを詳しく解説していくので、しっかりと確認していきましょう。ぜひこの記事を参考にしながら、カードローンへの再申し込み、審査通過を目指してみてくださいね。

カードローンの審査に落ちた理由を把握する

まず、カードローンの審査に落ちてしまった人は、審査に落とされた理由を考えてみましょう。カードローン審査に落とされる理由をいくつか解説していくので、どの項目が自分の状況に当てはまっているのか、確認していましょう。

  • 年収や雇用形態などのステータスが弱い
  • 高額な限度額を希望している
  • 他社カードローンからの借入件数が多い
  • 信用情報に傷がある
  • 信用情報がスーパーホワイトである

年収や雇用形態などのステータスが弱い

カードローンに落とされた人は、年収や雇用形態などのステータスが弱い可能性があります。最近では銀行カードローンでも安定した収入があるアルバイトやパートへ融資している場合も多いのですが、年収が低過ぎる人はカードローン審査の通過は難しいでしょう。カードローンによって様々ですが、一般的には年収100万円〜150万円程度が審査通過のボーダーラインと言えるでしょう。

年収の低い人は転職などでステータスを上げよう

もし自分の年収が低いと思っている人は、転職などを行い、収入をアップさせてからカードローンへ再申し込みしてみましょう。ステータスが高くなれば、必ずカードローン審査に通過できるようになるでしょう。

高額な限度額を希望している

高額な限度額を希望している

カードローンへの申し込み時には希望限度額の入力欄があるのですが、あまりにも高い限度額を希望している場合も注意が必要です。消費者金融では総量規制の影響から「年収の3分の1までの借入額」、銀行カードローンも貸し付け額を自粛している傾向があるため消費者金融と同じように年収の3分の1程度の限度額となります。

このため、年収の3分の1を超えるような限度額を希望する場合は、カードローン審査に落とされてしまう可能性もあります。ただし、申し込み者のステータスに問題がない場合は、限度額を少し下げて審査に通過させる傾向があります。

カードローンの限度額は50万円程度に

また、カードローンの初回契約時に大きな限度額をもらえる可能性はあまり高くなく、一般的には30万円〜50万円程度の限度額となります。このため、初回契約時にはあまり高額な限度額を希望しないというのも、カードローンの審査に通過させるためのコツと言えるでしょう。

他社カードローンからの借入件数が多い

また、すでに他社のカードローンを利用しているという人も注意が必要です。他社カードローンからキャッシングしている時に、消費者金融のカードローンに落とされた場合は、他社カードローンの借入総額が総量規制のギリギリいっぱいの金額となっている可能性も考えらます。

他社カードローンを利用している人は借入総額を把握しておく

借入総額は消費者金融カードローンの総量規制に影響するため、他社カードローンからのキャッシング総額に注意しておいてくださいね。このため、カードローンの現在の利用総額をしっかりと把握しておくことも、審査通過には非常に重要なポイントとなります。

信用情報に傷がある

クレジットヒストリーやクレヒスとも呼ばれている信用情報に傷がある人もカードローン審査に落とされてしまいます。この信用情報には、カードローンやクレジットカードなどの金融商品の利用履歴が残されています。もし支払いや返済に遅れてしまった場合は、信用情報に未納、滞納などのネガティブな履歴(=信用情報の傷)がついてしまい、カードローン審査に落とされる恐れがあります。

信用情報は加盟店内で共有されている

また、この信用情報ですが、国内に3つの大きな信用情報機関が存在しており、これらの信用情報機関同士で情報が共有されています。また、それぞれの信用情報機関の加盟店も履歴データを参照できるため、どこの金融商品でトラブルを起こしても分かるようになっているんです。

国内の3つの信用情報機関
信用情報機関名 特徴や内容
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行系の利用履歴が残されている
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジットカードや信販系の履歴が残されている
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融のローンなどの利用履歴が残されている

支払い履歴は信用情報に2年間残る

支払い履歴は信用情報に2年間残る

上記の表を見ても分かるように、銀行、消費者金融、クレジットカードなど、金融業者ごとに残される信用情報機関が異なります。また、支払い時の履歴は2年間残されるため、直近2年間で大きな事故をした場合はカードローン審査に不利となります。

ただし、支払いや返済忘れは誰でも1度はしてしまうでしょう。このため、1回程度の返済遅れの場合は、「単なる返済忘れ」と判断される傾向があるため、カードローン審査に大きな影響は与えません。このため、複数回以上の返済遅れがあった人は、信用情報の履歴によってカードローン審査に落とされていると考えられます。

申し込み履歴は6ヶ月間残される

この信用情報ですが、申し込み履歴は6ヶ月間残されます。また、信用情報には申し込み履歴が残りますが、審査通過の可否は記録されません。しかし、申し込み情報の履歴から「審査に落ちたかどうか」すぐにバレてしまうんですよね。

これはとても簡単な判断方法なのですが、信用情報には「申し込み履歴」が残されます。申し込み履歴があった後、利用履歴がなければ「審査に落ちた」と分かるためです。申し込み履歴は6ヶ月間残されるため、一度審査に落ちた場合は6ヶ月後に再申し込みするようにしましょう。

信用情報がスーパーホワイトである

また、この信用情報に何も履歴が無い場合は、スーパーホワイトとして判断されてしまいます。誰でもクレジットカード程度は使ったことはあるでしょう。このため、信用情報に何も履歴が無い場合、「怪しい」と見られてしまうんですよね。

スーパーホワイトが怪しまれる理由

スーパーホワイトが怪しまれる理由ですが、実は自己破産などの債務整理を行なった後は、クレジットカードやカードローンなど、一切利用できなくなります。また、債務整理の履歴は5年〜10年間残され、債務整理の履歴が消えた後は必ず「真っ白な信用情報=スーパーホワイト」になってしまうのです。

20代のスーパーホワイトはネガティブな信用情報にはならない

このスーパーホワイトですが、クレジットカードやローンを利用したことがない20代の人であれば、ネガティブな信用情報にはなりません。30代〜の人でスーパーホワイトの人は、「過去に大きなトラブルを起こしている可能性が高い」と判断されるため、審査に落とされる場合があります。

カードローンの再申し込みは可能?

もちろん、カードローンの再申し込みは可能です。ただし、先ほどの項目でも解説したように、申し込み履歴が消える「6ヶ月以上経ってから再申し込み」する方法がおすすめです。

再申し込み時には申し込み先を変更する

また、実際に再申し込みを行う際には、落とされたカードローンとは別のカードローンへ申し込むようにしましょう。例えば、A社のカードローン審査に落ちた場合、A社が保有している顧客の履歴には半年以上、申し込み履歴や審査落ちした履歴が残されている可能性が高いでしょう。このため、カードローンへの再申し込み時には、別のカードローンを選択する方が審査通過も高まります

落とされたカードローンへ再申し込みも可能!

落とされたカードローンへ再申し込みも可能!

もちろん、落とされたカードローンへ再申し込みも可能です。しかし、一度落とされた履歴が残されているため、あまり良い目で見られない点には注意しておきましょう。

ただし、ステータスなどが改善されていれば、一度落とされたカードローンでも審査通過を見込めるため、利用したいカードローンにこだわりがある人は再申し込みを検討してみてくださいね。

銀行カードローンの場合は保証会社に注目しておく

また、銀行カードローンの場合は、保証会社にも注意しておきましょう。カードローンの保証会社とは、利用者がカードローンの返済できなくなった場合の返済保証業務のほか、カードローン自体の審査も行なっているんです。また、銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融が務めている場合も多いんですよね。

ここで注意しておきたいポイントとして、他社のカードローンでも保証会社が同じだった場合、カードローンに落ちた履歴は保証会社によって6ヶ月間以上保管されているという点です。このため、一度審査に落とされた銀行カードローンの保証会社をチェックし、次回申し込みには別の保証会社が務めるカードローンへ申し込むようにしましょう。

カードローンの再申し込みをする前にチェックしておくポイント

さいごに、落ちてしまったカードローンへ再申し込みする前にチェックしておきたいポイントを解説していきます。

  • カードローンが落ちてから6ヶ月以上経っているか
  • 以前よりステータスが高まったか
  • 他社カードローンの整理を行ったか
  • スーパーホワイトではないか

カードローンが落ちてから6ヶ月以上経っているか

カードローンへの再申し込みを行うためには、カードローンに落ちてから6ヶ月以上経っているか確認しておきましょう。6ヶ月経てば申し込み履歴が消えるため、カードローン審査に不利とはなりません。また、同じカードローンへの再申し込みの場合は、6ヶ月以上申し込み履歴が残されるため、注意しておいてくださいね。

以前よりステータスが高まったか

ご自身のステータスなどが原因でカードローン審査に落ちてしまったと思う人は、カードローンの再申し込み時にステータスが高まっているかどうかチェックしてみましょう。例えば、年収が低かった人は年収がアップしているか、また、アルバイトなどだった人は正社員などへステータスがアップしたのかが重要なポイントとなるでしょう。

ステータスが改善されれば、必ずカードローンの審査に通過できるはずです。また、年収が高い人は信用度も高いため、高額なキャッシングも期待できるでしょう。

他社カードローンの整理を行ったか

前回のカードローン申し込み時に複数のカードローン利用が審査落ちした原因と考えられる人は、いくつかのカードローンを返済してカードローンを減らせたでしょうか。もし、まだ多くのカードローンを利用しているという人は、カードローンの「おまとめローン」などを行い、カードローンの借金をスッキリとまとめ、再申し込みより前に、完済を目指していきましょう。

スーパーホワイトではないか

スーパーホワイトではないか

30代以降で信用情報がスーパーホワイトなため、カードローン審査に落とされたと思う人は、信用情報に履歴が残るような金融商品の利用はあったかどうか、チェックしておきましょう。実は信用情報に履歴が残るのは、クレジットカードやカードローンなどのローン商品の履歴だけではなく、ケータイの分割払いの履歴も残されるんです。

このため、信用情報がスーパーホワイトでクレジットカード審査も通過できなかったという人は、スマホの分割払いで信用情報を積み上げておくのもおすすめです。

カードローンへ再申し込み、審査通過にはコツがある

この記事では、カードローン審査に落ちた後、カードローンへの再申し込みについて詳しく解説してきました。カードローンの再審査に通過させるためには、この記事で解説したようにコツが必要なんですよね。

カードローン審査に落とされた人も、ガッカリせず、再審査に通過できるように、ステータスなどの見直しを行なってみましょう。カードローン審査はそこまで難しくないため、コツさえ掴んでおけば必ずキャッシングを利用できるはずですよ。

まだ申し込んでいないなら…
人気のおすすめ銀行カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP