カードローンで所得証明書が必要な時は?|借入額・他社での借入状況をチェック!

784view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

クレカと女性

最近では「所得証明書不要」なカードローンが増えてきています。しかし、借入の金額が大きくなれば、信頼を得るために所得証明書を提出するよう(カードローン会社から)求められます。

所得の金額が多ければ審査では、有利になります。しかし、他社での借入件数や金額が多くては、可決される金額は少なくなるので注意が必要です。

ここでは、所得証明書が必要なケースの紹介と、現在の借入状況(件数と金額)を知る方法について説明します。

所得証明書は「収入がどのくらいあるのか」アピールするための書類

所得証明書とは

給与明細や賞与明細、広くは「納税証明書」や税額通知書など「一年間にどのくらいの収入があるのか」証明するための書類です。

このため、所得証明書として受理されやすいのは、源泉徴収票や税額通知書などです。一部のカード会社では、直近の給与明細(2〜3カ月分)でも通用しますが、ほとんどの場合「年間所得が分かる書類」を提出します。

ボーナスまた、ボーナスをもらっている場合は、一年分の賞与証明書も合わせて必要になります。この他にも「副収入がある場合」は、雑所得も忘れずに申告しましょう。

最近は、副収入を稼いでいる方も増えていますが、所得が多ければ多いほど、審査は有利に進められます。確定申告を行っている方は、所得の内訳が分かるよう書類(原本ではなく写し)をすべて提出しましょう。

所得証明書として受理される書類の一例

確定申告書の控え、納税証明書、税額通知書、非課税証明書、直近の給与明細書(2〜3ヶ月分)

もちろん、アルバイトやパートでお勤めの方でも、給与明細さえ用意すれば、必要な融資が受けられます。また最近は、主婦向けや学生向け、シニア向けのローンも出ており便利です。みなさんも職種にこだわらず、所得証明書を用意し、各ローン審査に申し込んでみてください。

所得証明書不要なローンなら、身分証明書だけでお金が借りられる

ここ数年、大手銀行や消費者金融カードローンでも、所得証明書不要なローンが増えてきました。

免許証例えば、ある消費者金融ローンでは「50万円まで所得証明書不要」としています。また、ある大手銀行の場合は「希望額300万円まで、所得証明書不要」としており、新規利用者の受け皿を大きくしています。

所得証明書不要のローンなら、原則「身分証明書だけ」でキャッシングが利用できます。こうしたローンは、借り入れを急いでいる場合にも役立ちます。

所得証明書不要ローン・銀行と消費者金融では、貸し付け条件が異なる

実は、消費者金融と銀行では、それぞれ法律の仕組みが違うため「所得証明書不要」の条件が異なっています。

私たちがCMでよく目にする、カードローン会社(消費者金融)はすべて、貸金業法によって規制を受けます。クレジットカードでの借入(キャッシング)も、貸金業法の下で貸付が行われます。

銀行(実は)貸金業法では、年収の3分の1以上の借入は認められていません。このため、貸金業法で「所得証明書不要」になるのは、最高でも50万円と(銀行に比べて)やや少な目です。もちろん、年収が150万円以下であれば、所得証明書不要になる条件は「原則50万円以下」となります。

しかし銀行法の場合は、原則「年収による規制が無い」のが特徴です。銀行における「所得証明書不要の条件」は、比較的緩やかです。各銀行によって、100万円までは不要、300万円まで不要など、条件も(各行の方針によって)バラバラです。

もちろん、銀行だからといって、大盤振る舞いをしたり、誰もが無制限に借りられる訳ではありません。各行では「利用者の所得状況」を厳しくチェックし、収入と借入のバランスが良くなるように、可決額を決定しています。

パソコンを操作する男性また、銀行の場合は「消費者金融での借入」に対してシビアな反応を示します。例えば(過去)消費者金融ローンの利用歴があれば「銀行で借りられなかった人」という判断を下し、新たな融資を断るケースが多いです(※ 特に老舗の大手銀行、地方銀行では「消費者金融での利用」を煙たがる傾向が見られます)。

ただ、2016年のマイナス金利導入以降は状況が変わり、各銀行は「貸付を積極的に行い、資金源を増やそう」としています。このため「消費者金融を拒否」する態度を緩和し、主婦やアルバイト、消費者金融利用者にも融資ができるよう、柔軟な姿勢を貫いています

法律が変わると、限度額の規制が発生

「これからローンを利用する」というのなら、まずは銀行や信販会社のローン審査を受けてみましょう。それでも通らなかった場合は、銀行系の消費者金融に申込をします。そして…「全ての審査がダメだった」のなら、最終手段として、非銀行系消費者金融を利用してみてください。

ノンバンク(銀行とつながりのない金融機関)の場合、比較的柔軟な審査を実施しています

以下の表は、銀行と銀行系、非銀行系の繋がりについてまとめたものです。ぜひ、審査を申し込む際の参考にしてみてください。審査難易度を知っておけば、今後の傾向と対策が取りやすくなります。

銀行・消費者金融・信販会社の違い
金融機関の区分 取り扱うサービス 関係する法律
銀行 ・ 預金業務
・ 融資業務
・ 為替業務
銀行法
消費者金融 ・ 小口融資
・ 保証業務
貸金業法
信販会社 ・ 融資
・ 保証業務
・ クレジットカードの発行
貸金業法/割賦販売法

財布表中にある「信販会社」とは、クレジットカードを発行している金融機関です。銀行のように預金業務や為替は行っていませんが、カードキャッシングのほか、住宅ローンや、学生ローンなどの取り扱いがあります。

また、信販会社は(消費者金融と同じく)保証業務を行います。保証業務とは、クレジットカードやローン融資の際、審査を行うことを指します。実際に銀行ローンや他の金融機関の保証業務は、信販会社や消費者金融が請け負っています。

一部の銀行では、子会社の消費者金融に審査を任せています。このため、銀行ローンは「消費者金融の基準」で審査が行われているのです。

三井住友銀行カードローンの場合

例えば、三井住友銀行でローンを申し込むのなら、保証業務を受ける「プロミスの審査基準」を参考にすれば、可決率は高まります。同じ理由で、三菱東京UFJ銀行のローンなら、アコムの審査を参考にすることで「可決されやすい状況」が生み出せるのです。

こうした審査の仕組みを知っておけば、審査を受ける際「可決率を上げる」傾向と対策が立てやすくなります。銀行ローンで可決されにくいという方は、子会社との関係をチェックして、申込をしてみてください。

借り入れの件数は、多くても三社までに絞ろう!

借入の件数にも「見えない制限」があります

(各カード会社から)ハッキリとした説明はありません。しかし、他社での借入件数は、少なければ少ないほど、審査では良い結果が生まれています。

どうすべきか悩む他社で借入をしているのなら、上限件数は「2社まで」と考えてください。

稀に3社でも大丈夫な場合がありますが、大抵の場合(3社では)審査では否決されます。「絶対に借りたい」というのなら、できるだけ2社以内に抑えてから、申し込むようにしましょう。

また「借入の金額」も審査結果を左右します。

例えば、年収が450万円の方なら「収入の3分の1」以上の借入は不可能になります。銀行ローンの場合「総量規制の対象外なので、いくらでも借りられる」と思われがちです。しかし、大手銀行でも「年収の3分の1を超える融資実施は厳しい」と思ってください。

借り入れ件数が多すぎたら、おまとめローンを活用しよう

ここで例外となるのは、おまとめローンや借り換えローンの利用です。

atmおまとめローンや借り換えローンは「複数の借金を一本化し、借金の負担を減らす」という大きな目的があります。このため、銀行の側でも収入の3分の1以上融資をしてくれる可能性は、高くなっています。

また、総量規制で「原則、年収の3分の1以上の融資はNG」としている消費者金融、信販会社も(おまとめローンや借り換えローンに関しては)年収の制限を無くして、柔軟に融資を行います。

もちろん、おまとめをしても「返済の目途が立ちそうに無い」利用者には、融資が実施されません。ローンを利用する場合は、必ず「計画性を持って」使うようにしてください。

借り入れ件数の確認は、各ローン会社の会員サイトを使って!

手元にあるクレジットカード、カードローン用キャッシュカードをすべて集めてみましょう。クレジットカードの場合は、キャッシングしている件数と、利用金額をメモに書き出してください。

そこに、カードローンでキャッシングしている件数と金額を合算してみましょう。これで、他社で借り入れしている件数と、借りている金額がチェックできます。

明細明細が無い場合は、各カード会社・ローン会社の「会員ページ」にアクセスし、借入の状況を確認します。

また、カード会社の規定に書かれている「利用する信用情報機関」の名称をチェックし、機関にネットや郵送で「借入状況」をチェックするのも良いでしょう。

信用情報機関に問い合わせをすれば、素早く「全利用状況」が確認できる

有名な信用情報機関には、CICやJICC、全国銀行信用情報センターなどがあります。

一般的にクレジットカードの情報はCICが握り、銀行ローンや銀行系ローンは全国銀行信用情報センターが管轄、その他のローンに関しては、JICCが取り扱いを行っています。

どの部署に問い合わせるべきなのか「分からない場合」は、各ローンの公式サイトや、契約書に記載されている「機関名」をチェックしてみてください。

所得証明書不要
専業主婦でも借りられる!?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP