カードローン・キャッシングで今すぐお金を借りる!「お金のピンチ」を乗り切る方法

917view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

計算機と現金

銀行マンカードローンを利用して、今すぐ「お金のピンチ」を切り抜けましょう!カードローンを活用すれば、月々の返済負担だけで無く、返済総額が大幅にカットできます。

例えば、複数のキャッシングや借入があれば、一つのローンに集約をしてみてください。ローンをまとめれば、金利の無駄も省けます。ここでは、おまとめや即日融資など『カードローンの上手な活用法』について、説明します。

カードローンは「返済の悩み」を解決してくれる!

「カードローン」は借入の無駄を省き、月々の返済負担を軽くしてくれます。例えば、100万円の融資を「実質年率18.0%のローン」で借りた場合と「年率10.0%のローン」で借りた場合をそれぞれ、比較してみましょう。

「年率18.0%のローン」を利用した場合、1カ月あたり「25,393円」の返済が必要です。これに対して「年率10.0%のローン」は、1カ月あたり「21,247円」となり、返済負担が「4,146円」安くなる計算です。

《比較》100万円を借りて「5年」かけて返済した場合の例
項目/年率 年率18.0%のローン 年率10.0%のローン
月々の返済額 25,393円 21,247円
返済総額 1,523,573円 1,274,781円
差額 「248,792円分」お得!

「返済総額」に置き換えると、更に分かりやすくなります。年率10.0%のローンを利用すれば(18.0%のローンに比べて)、総額248,792円、返済負担を減らすことができます。

わずか数パーセントの違いでも「利息の大小」は、返済負担に大きく響いてきます。キャッシングを利用するなら、少しでも利息の低いローンを探してみてください。月々の返済だけでなく、返済総額がカットできます。

金利なしの「無利息ローン」が、断然お得!

銀行一部「無利息期間」を採用するローンが存在します。無利息期間とは、一定の間「利息0円」で融資が受けられるサービスです。無利息期間の多くは「1カ月間利息無し」としており、返済負担が軽減できます。

短期間で完済できるなら「無利息期間が使えるローン」に申込をしましょう。サービスにもよりますが、1カ月〜最長半年間は「利息なし」で、融資が受けられます。

おまとめローンは、総量規制の対象外!

次に「おまとめローン」について説明しましょう。実は、複数ある借入を一本化すると、月々の返済負担が軽減できます。また、バラバラの利息を支払うより、借換やおまとめをする方が、返済総額は少なく済みます。

返済が苦しい時には、おまとめローンを活用してください。通常、ノンバンクのローンは、総量規制の対象となります。このため「年収の3分の1以上」融資を受けることは不可能です。

しかし「おまとめや借り換え目的」であれば、ノンバンク融資でも「総量規制の対象外」です(※補足 ノンバンクは、消費者金融や信販会社など、銀行以外の金融機関を指しています)。

このため、年収の3分の1以上を超えていても、原則「新規のおまとめローン」が契約できます。借り換えや借金の一本化など「借金を減らす目的があれば」総量規制外のローンを活用してみてください。

「新たな借金を作らないこと」で、お金のピンチは抜け出せる!

電話をかける女性

せっかく借入を一本化しても「新たな借金を作るのだけ」は、絶対にNGです。一旦、おまとめローンを利用したら(完済するまで)新たな契約を結ばないようにしましょう。

借入が増えると、これまで以上に返済負担が大きくなり、多重債務への危険性が高まります。「返済が厳しい」ようなら、金融機関やローンの担当者に相談をしてみてください。

早めに相談をすれば、無理のない「返済プラン」に変更できます。また、余裕ができるまで(月々の)返済額を少なくするなど、さまざまな方法で「計画の立て直し」が行えます。

最も避けるべきは「返済しないまま、放っておくこと」です。返済が何度も遅れてしまうと、利用者の信用情報がマイナスに傾いてしまいます…。

信用情報は、私たちの「借入情報をデータ化」したもの

信用情報とは、キャッシングやローンに関わる「個人情報」を指しています。ここでは、カード利用者の住所や職業、家族構成などの個人情報のほか、過去の返済状況、審査結果、ローンの利用履歴まで、細かなデータが蓄積されます。

信用情報が真っ黒(俗に言うブラック状況)になってしまうと、今後のカード審査、増枠申請は通らなくなります。また「最悪のケース」では、カードの利用停止、会員資格の剥奪など、厳しい措置が取られます。

信用情報を確認して、審査に通るか調べておこう!

信用情報が気になる場合は、信用情報機関で「情報開示」を依頼しましょう。情報開示は(機関の)各支店、郵送での取寄せ、もしくはネット上でも開示請求が行えます。

各カード会社は、いずれか(もしくは複数)の信用情報機関を利用しており、カード会社の「概要」や企業情報、ローンの詳細において「利用する信用情報機関」が記載されています。

どの情報機関に問い合わせるかは、利用するローン会社(の公式サイト)で、確認を行ってください。

日本の代表的な「信用情報機関」
名称 利用する金融機関 URL
JICC
(日本信用情報機関)
消費者金融
銀行系カードローン他
サイトへ(外部リンク)
CIC
(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
信販会社
クレジットカード会社
銀行
消費者金融など
サイトへ(外部リンク)
一般社団法人 全国銀行協会 銀行
銀行系クレジットカード会社
信用組合
信用金庫
農協
信用保証協会
サイトへ(外部リンク)

信用情報を開示したら、自分の借入・返済に「問題が無いか」何度もチェックしましょう。遅延のほか、債務整理や破産をした過去があると、一定期間「カードローン審査」に通らなくなります。

パソコン操作をする女性また、一ヶ月あたり2〜3社以上「連続申込をする」のも良くありません。複数のローンを立て続けに申し込むと(俗に言う)申込ブラックに陥ってしまいます。

申込ブラックになると「多重債務者」と間違えられるため、どのローンに申し込んでも(審査に)通らなくなります。申込ブラックにならないよう、1カ月あたりの申込件数は「2社まで」に制限を設けてください。

申込ブラックは、解消できる

俗に言う「申込ブラック」に陥ったとしても、一定期間を過ぎれば情報が消去されます。信用情報機関では「最長6カ月間」申込のデータが保管されます。
しかし、6カ月を過ぎると申込に関するデータは無くなります。このため、半年の期間を空ければ、再度カードローンに申込ができます。申込ブラックになったら、タイミングを見計らって申し込むようにしましょう。

明日までにお金が必要…こんな時には「即日融資」が役に立つ!

お金のピンチは突然やってきます。もし、融資を急ぐのなら「即日融資に対応したカードローン」を探してみてください。

即日融資に対応したカードローン

数年前まで、即日融資ができるローンのは一部の「消費者金融」だけでした。しかし、現在の状況は全く異なっています。銀行や信販会社でも「即日融資」ができるようになっったのです。

また、大手メガバンクでも、最短30分で審査ができるなど、消費者金融並のスピードで融資されるようになりました。このほか、一部の銀行でも無人契約機を設置するなど(銀行のサービスが)多様化しています。

融資を急ぐなら「ネット申込」が断然便利!

融資をお急ぎの方は、インターネット経由で申込をしましょう。ネット申込なら、手続きも簡単で、審査を受けるのがラクになります。例えば、必要な書類はコピーする必要がありません。スマホや携帯のカメラ機能を使って撮影できます。

また、コンビニや提携ATMを使わなくても、ネットバンク口座に入金(振込キャッシング)できるなど、ネット申込のメリットは大きいです。

ローン会社によっては、無人契約機や有人店舗もありますが、ネットで申し込む方が、審査が速く確実です。また、ネット申込を済ませておけば、店舗でのカード受取や無人契約機での「手続き時間」も、大幅に短縮できます。

このページのまとめ

カードローンを利用すれば「お金の問題」から、開放される

「お金に困ったとき」には、無理せず低金利ローンを取り入れてみてください。カードローンを活用すれば、お金のピンチは乗り越えられます。

また、ネット申込や無利息期間、即日融資対応ローンなど、便利なサービスを上手に使い分けましょう。カードローンは生計費、ビジネス(事業費)、リフォーム、レジャー費用、他社からの借り換え、おまとめ、借金負担の軽減など、さまざまな使い方ができます。

提携ATMと「利用手数料」について

一部「ATM手数料を無料」にする、カードローン会社があります。通常、提携銀行のATM利用には、100円〜200円(+税)の取引手数料が掛かります。しかし、ATM手数料が無料になれば「大きな無駄」がカットできます。

今すぐ借りるならどれ?
【厳選】即日融資カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP