「生活費が足りない」時には、銀行系カードローンがおすすめ!

704view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

通帳

この記事で分かること

  • 主婦におすすめのカードローン
  • 銀行系カードローンのメリット
  • 無利息ローンを活用しよう!

お金がない生活費が足りない時には、すぐに借りられる、カードローンを利用しましょう。特におすすめなのは、銀行カードローンや消費者金融のカードローンです。これらのローンは、即日融資に対応しており土日や祝日でも契約できます

また、銀行カードローンであれば、専業主婦の方でも利用できるため、家計のピンチも素早く解消できます。

本記事では、主婦の方におすすめのローンや、銀行系カードローンの特徴(メリット)のほか、無利息ローンについて詳しく解説します。

主婦におすすめのカードローン

主婦主婦の方には、銀行のカードローンがおすすめです。銀行のローンは、年々審査条件を緩めており、主婦の方にも広く利用されています。また、1,000円単位でキャッシングできるローンもあり(ローンを)使い過ぎる心配もありません。

以下は、専業主婦の方が利用できるカードローンをまとめた表です。各ローンの限度額や利息、当日融資可能かどうかチェックしてみましょう。

専業主婦の方も借り入れOKな銀行カードローン
ローン名 限度額 利息
(実質年率)
当日融資
楽天銀行スーパーローン 800万円
※ 300万円以下なら所得証明書不要
1.9%~14.5%
契約後、最短即日融資可能
じぶん銀行カードローン 800万円
※ 300万円以下なら所得証明書不要
2.3%~17.4%
横浜銀行カードローン 1,000万円
※ 300万円以下なら所得証明書不要
1.9%~14.6%
静岡銀行カードローン 500万円
※ 300万円以下なら所得証明書不要
4.0%~14.5%
スルガ銀行カードローン 800万円
※ 500万円以下なら所得証明書不要
3.9%~14.9%
イオン銀行カードローンBIG 800万円
※ 100万円以下なら所得証明書不要
3.8%~13.8%
契約後、最短即日融資可能
千葉銀行カードローン 500万円
※ 500万円以下なら所得証明書不要
4.3%~14.8%
北洋銀行カードローンスーパーアルカ 1,000万円
※ 500万円以下なら所得証明書不要
1.95%~14.7%
みずほ銀行カードローン 1,000万円
※ 200万円以下なら所得証明書不要
3.5%~14.0%
ソニー銀行カードローン 800万円
※ 300万円以下なら所得証明書不要
2.5%~13.8%

このように、大手各社が専業主婦の方にも融資を行っています。また、即日融資にも対応しているので、キャッシングをお急ぎの方にも、銀行カードローンの利用はおすすめできます。

融資の可決額は、やや少なめに設定される

銀行カードローンは、800万円〜1,000万円といった大口融資にも対応しています。ただ、専業主婦の方は(自らに)安定収入が無いため「可決額は少な目」に設定されます。

例えば、パートで働く女性(月収10万円)であれば、平均20万円から多くて40万円近い融資が実施されるでしょう。しかし、専業主婦の方に20〜30万円を超える融資は、ほとんど可決されません。

専業主婦の方は「5万円〜10万円」といった金額が多く、仮に可決額が高かったとしても、20万円〜30万円以下に設定されることがほとんどです。これは、配偶者の収入が多い場合も同じです。

実際、ご家族の所得が多かったとしても(本人に収入がなければ)30万円を超える融資は難しくなります…。もし、高額の融資を希望されるのであれば、アルバイトやパートで職を得てから、ローンを申し込む必要があります。

在宅でも、仕事があればOK!

本人に収入があれば、外でお勤めするだけでなく、自宅での作業やSOHO(在宅勤務)でも構いません。この場合、確定申告書などの提出が必要ですが、所得状況が証明できれば、銀行カードローンは申し込み可能です。

融資の目安は、年収の3分の1

可決額は「年収の約3分の1」を目安に決定されます。消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシング枠は、すべて「総量規制の対象」となるため、年収の3分の1以上の融資は実施されません。

一方、銀行は「総量規制の対象外」ですが、可決される額は「総量規制対象ローン」とほとんど変わりません。稀に、年収3分の1以上の金額で可決されることもありますが、詳しい金額を知るには、審査の結果を待つしかありません。

ただ、大まかな金額については、シミュレーションツールを使って調べられます。各ローン会社の「3秒審査」や「10秒審査」など、簡易審査を利用すれば、簡易結果と共に、可決される金額の目安が分かります。

審査でいくら可決されるのか心配な方は、一度シミュレーションツールで試算してみてください。

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンとは、銀行系列の「消費者金融ローン」を指しています。例えば、アコム、モビットやプロミスなどは、すべて銀行系列の消費者金融ローンです。

銀行員銀行系カードローンは、専業主婦の方は申込ができません。しかし、所得が少ないパート・アルバイト主婦の方でも、最小1万円から借り入れできる上、審査条件が柔軟なので(誰でも)簡単に、ローンキャッシングが利用できます。

※本記事では、銀行カードローンを銀行からの融資、銀行系ローンを「銀行系列の消費者金融ローン」として、分かりやすく区別しています。

また、銀行系カードは「銀行に近い条件」で、融資が受けられます。例えば、大手メガバンクは「年3.5%〜4.0%」という数値で貸付を行っていますが消費者金融には「年3.0%〜」で融資を行うところがあります(例:モビット)。

以下は、実質年率の低い銀行系ローンの一覧表です。

実質年率の低い銀行系カードローン
ローン名 限度額 利息
(実質年率)
当日融資
モビット
三井住友銀行グループ
800万円
※ 50万円以下なら所得証明書不要
3.0%~18.0%
プロミス
三井住友フィナンシャルグループ
500万円
※ 50万円以下なら所得証明書不要
4.5%~17.8%
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ
500万円
※ 50万円以下なら所得証明書不要
4.7%~18.0%

どのローンも当日融資に対応しているので「今すぐ借りたい!」という方も、安心してキャッシングが申し込めます。

銀行カードローンでなくても金利が低い消費者金融はあります。より広い選択肢からカードローンを選ぶのがおすすめです。

非銀行系も、多くの顧客を集めている

バナナマンのCMでおなじみのアイフルは、銀行の傘下(子会社)にはありません。しかし、利息の見直しや貸付条件の改善を積極的に行い、比較的「銀行に近い条件」で融資できるように成長しました。

実際に、学生やアルバイトやパートで働く主婦の方、自営者の方など(アイフルは)幅広い層の支持を集めています。銀行カードローン、銀行系カードローンで審査が厳しいという方は、口コミ評価が高いアイフルを利用しても良いでしょう。

レイクは、消費者金融じゃない

レイクは、消費者金融ローンと間違えやすいのですが、実際は新生銀行(ネットバンキング大手)のカードローン(ブランド名)です。総量規制対象外なので、他社からのおまとめや借換にも最適なローンです。

無利息ローンを活用しよう!

財布無利息ローンを利用すれば、一定期間利息0円でキャッシングが利用できます。無利息期間は、消費者金融のほか、銀行の一部で実施されています。

以下は、無利息期間のあるカードローン会社をまとめた表です。

無利息期間のあるカードローン会社(一例)
ローン名 無利息期間
アイフル
消費者金融
契約の翌日から最大30日は、無利息期間が適用される。
新生銀行カードローン・レイク
銀行カードローン
契約の翌日から最大30日は、無利息期間が適用される。また、5万円以下の融資は最大180日間利息0円で利用可。
プロミス
銀行系消費者金融
初回借入の翌日から最大30日は、無利息期間が適用される。
アコム
銀行系消費者金融
契約の翌日から最大30日は、無利息期間が適用される。
ジャパンネット銀行・ネットキャッシング
銀行カードローン
契約の翌日から最大30日は、無利息期間が適用される。

家計のピンチでお困りの方は、利息の掛からない方法で、借入を申し込んでみてください。上記ローンは、専業主婦の申込は受け付けていませんが、少額でも継続した収入があれば、簡単に申込できます。

また、パソコン・スマートフォンから24時間、好きなタイミングで申し込めるため、家族や周囲に方にも知られること無く、安心してキャッシングが利用できます。

まとめ|銀行系ローンでなら、今すぐ借りられる!

いかがでしたか? 今回は、生活費が足りない時に「ぜひ一度利用してみたい!」おすすめの銀行系ローンをご紹介しました。

財布の中が心細くなったら、貸し付け条件の良い、銀行カードローンや銀行系カードローンを利用してみてください。また、非銀行系のローンでもアイフルのような、実績の高いローン会社であれば安心して利用できます。

カードローン選びの参考として、お役立てください♪

生活費が足りない!
それならカードローンでお金を借りる

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP