限度額の大きなカードローン|大口融資で500万円から800万円以上借りられるローン

569view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

大口融資

この記事で分かること

  • 限度額の大きなカードローンとは?
  • 最高いくらまで借りられるのか?
  • 限度額が大きなカードローンの注意点

限度額の大きなローンを利用し、借換やおまとめローンとして活用しましょう。本記事では、限度額の高いローンのメリットや特徴、申し込みのコツについて説明します。

限度額の大きなローンとは?

カードローンキャッシングは、通常「少額融資」が基本です。各ローンの平均融資額を見ると、300万円〜500万円の限度額を設定し、貸付を行っています。

また、カードローンは原則「保証人なし」で借りられるのが大きな特徴です。住宅ローンのように「保証人や担保」が必要無いので、スムーズに融資が受けられます

融資を受けられたしかし、カードローンの中にも一部、限度額の大きな融資商品(ローン)があります。ここでは「最高500万円〜800万円」もの貸付が実施されており、原則保証人や担保無しで、高額な融資が受けられます。

もちろん、限度額は「利用者の所得状況」に応じて異なります。例えば、年収1,000万円の方と、年収100万円のフリーターでは、可決される金額が変わってきます。

基本は、年収の3分の1を目安にしている

銀行と、非銀行系(消費者金融や信販会社)では、若干条件が異なりますが、基本的に「年収の3分の1」程度が、限度額として設定されます。

自営者専用ローンの使い道について

個人事業主、自営業の方専用のローンが存在します。また、自営者専用ローンの中にも、生計費以外の利用が認められないものや、生計費と事業費の両立が認められるローンなど(それぞれの)貸付条件は異なります。自営者の方は、目的に合わせて「自らにふさわしいローン」を利用してください。

最高いくらまで借りられるのか?

前項で、カードローンの限度額は「平均300万円〜500万円」と説明しましたが、一部の銀行では「最高限度額1,000万円」の高額なカードローンを扱っています。

札束また、大きな融資額でも「審査時間が短い」金融機関もあり(審査は、最短30分〜60分)一部は、即日融資にも対応しています。

ただ、融資額が大きくなればなる程、審査は慎重に行われます。例えば、希望融資額「10万円」の方と、希望額「800万円」の方では、審査の時間は大きく異なります。

少額融資は、スピードキャッシングにおすすめ

手早く「短時間に融資を受けたい」と言う方には、10万円〜30万円までの「少額キャッシング」がおすすめです。

例えば、全ての手続きをネット上だけで完結させ、電話による在籍確認やカード発行を行わない「Web完結」と呼ばれるサービスがあります。ここでは、審査をよりスピーディーに済ませるため、可決額を少なくし、申し込みと同時に融資ができるようサービスを提供しています。

融資枠

融資枠とは、個人の信用に基づき設定される「借入可能な枠」を指します。通常、年収が多く「他社での借入が少ない」方には、大きな融資枠が設けられます。また、年収が少ない場合でも「所得のバランス」を見て、無理のない範囲で融資枠が決定されます。パートやアルバイトの方、主婦の方にも「バランスの良い融資枠」が設けられるので安心です。

限度額が大きなローン・平均金利と融資枠の関係をチェックしよう!

融資枠の大きなローンをいくつか取り上げてみて、どのくらいの金利が適用され、いくらまで融資が受けられるのか「貸し付け条件」をチェックしてみましょう。

以下は、各ローン会社の融資枠の下限と上限、金利(実質年率)についてまとめたものです。

※「各ローン」のアルファベットは、社名の頭文字ではありません。公平に比較できるよう(社名が特定できないよう)ランダムに割り当てた文字を使用しています。

限度額が大きなローンを金融機関ごとに比較
区分 融資枠の下限 融資枠の上限 金利(実質年率)
ネット銀行A社 10万円から 800万円まで 2.50%〜13.80%
ネット銀行B社 10万円から 1,000万円まで 3.39%〜3.89%
ネット銀行G社 10万円から 1,000万円まで 2.50%〜18.00%(30日無利息期間あり)
ネット銀行F社 10万円から 800万円まで 2.50%〜3.50%
ネット銀行N社 3,000円から 800万円まで 3.80%〜13.80%
都市銀行H社 200万円から 1,000万円まで 3.00%〜7.00%
都市銀行社D社 50万円から 800万円まで 3.50%〜12.475%
地方銀行E社 1,000円から 1,000万円まで 1.95%〜14.70%
地方銀行C社 10万円から 500万円まで 5.80%〜14.80%
メガバンクI社 10万円から 500万円まで 4.60%〜14.60%
メガバンクJ社 1万円から 800万円まで 4.00%〜14.50%
信販大手K社 50万円から 500万円まで 6.00%〜17.80%
消費者金融L社 1,000円から 500万円まで 4.50%〜17.80%
消費者金融M社 1万円から 800万円まで 3.00%〜18.00%(30日無利息期間あり)
ビジネス専業ローンF社 10万円から 1,000万円まで 8.00%〜18.00%

このように、各銀行、信販、消費者金融によって、限度額の大きさは異なります。最も大きな融資額は1,000万円と、枠の大きさには余裕があります。

また平均的なローンでも、最大融資枠が500万円まで設けてあるので安心です。500万円もあれば、どのような目的、用途にもスムーズに対応できるでしょう。

そして、注目したいのが「無利息期間」についてです。今回紹介したローン会社のうち、二社には「利息0円期間」が設けられています。もちろん、今回取り上げたのは「全体の一部」に過ぎません。無利息の期間を利用すれば、一定期間、利息0円でキャッシングできます。

限度額が大きなローンの使い道

限度額の大きなローンは、自由な目的で利用できます。

例えば、キャッシングを利用して、趣味を続けるために必要な材料費に充てたり、レッスン費用を支払っても構いません。また、自宅の簡単な工事(プチリフォーム)に利用したり、レジャー費用として使っても良いでしょう。

また限度額が大きくなれば、適用される金利も低くなり、月々の返済負担を少なくなります。他社で複数の借入があれば、限度額の大きなローンで借換を行い「返済総額を少なくする」というのも、賢い使い方のひとつです。

唯一の例外・ビジネス目的の利用は…NG!

(一部のローンを除いては)ビジネスや事業目的での融資は禁じられています。事業資金が必要な場合は、専用のビジネスローンや事業者ローン、自営者ローンを利用するようにしましょう。

上手な使い分けで、借入負担は軽減できる

融資事業向けローンにも「総量規制外」という大きなメリットがあります。年収の制限が無ければ、フリーキャッシングが利用できなくても、審査の面では有利です。

ただ、融資が無制限になる訳ではなく、あくまでも「消費者金融と別のルールが適用される」だけで、年収に見合わない融資は実施されません。

決して審査が緩い訳では無いので、注意しましょう。

限度額が大きなローンの注意点

詐欺限度額の大きなローンは、現金の取り扱いに注意しましょう。一度にたくさんの現金が動くため、他人に口座情報(口座番号・暗証番号)が盗まれないよう気をつけてください。また最近では、オレオレ詐欺や振り込め詐欺などの悪質な犯罪が多発しています。

第三者に騙されて、他人の借金を背負わされるケース(偽のローンを組まされる)も報告されているので、第三者にローンを悪用されないよう、お金や情報の取り扱いには十分注意をしてください。

まとめ|大口融資は利息に注目しよう

今回は、限度額の大きなローンについて説明しました。大口融資を希望される方は、本記事を参考にローン申し込みの手続きを進めてみてください。

大口融資が必要に…
低金利で早く借りるならどこ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP