無利息期間があるカードローン|利息0円で借りられるお得なキャッシング

463view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

ATMとローンカード

この記事で分かること

  • 無利息期間とは?
  • 無利息期間は「最長何日」まで使える?
  • 無利息期間の上手な活用方法 

無利息期間(むりそくきかん)は、カードローン業界で適用されている、お得なサービスです。無利息期間が適用されると、一定の期間中、利息なしでキャッシングが利用できます。

期間中にお金を借りても、返済分は「借りたお金」だけで良く、私たちは「リスク0」で必要な資金が調達できます。本記事では、無利息期間の仕組みと、上手な活用方法について説明しましょう。

無利息期間とは?

無利息で借りられる無利息期間とは、借入当初の一定期間「無利息でお金が借りられる」サービスです。無利息期間の適用は「短くて一週間以内」ですが、サービスを導入する金融機関は平均「約30日間」の期間を設けています。

無利息期間が適用されるのは、通常「カードローン契約の翌日からカウントした30日間」ですが、ある大手ローン会社では「初回の借入翌日からカウントして30日」としています。

また、短期間キャッシングを売りにしたローン会社では「初回キャッシングから、何度でも一週間は利息0円」としています。

無利息期間のあるカードローン

無利息期間中は利息がかからないのでお得

無利息期間中は、何度借入をしても(※可能枠の範囲内で)、利息が発生しないので気軽にキャッシングできます。例えば、10万円を借りた場合でも手数料は無く、一ヶ月の間は「10万円」以外に、返済する金額は発生しません。

無利息期間を使えば、給料日までの数日をキャッシングしたお金で乗り切り、30日以内の「給料日に全額完済」すれば、利息0円でお金が借りられるので便利です。また、無利息期間を活用すれば、給料日やその他「支払い日のサイクル」を上手にやるくりすることが可能です(※ 具体的な例については、記事の後半で解説)。

元金(がんきん)

元金は、別名「もときん」と呼ばれており、利子を含まない純粋な「借入金そのもの」を指します。無利息期間であれば、元金のみ支払いをすれば借入金が完済できます。

無利息期間は「最長何日」まで使える?

ガッツポーズ無利息期間は、最短7日程度ですが、平均30日というカードローン会社が多いです。ただ「無利息」の設定期間最も長いローンは、最長180日の無利息期間を設けています。

180日と言えば、約半年の間「利息無し」でお金が借りられる計算です。ここまで長い期間、利息無しでキャッシング出来るのは、非常に珍しいサービスと言えます。

無利息期間は、何度まで利用できる?

無利息期間の適用回数は、ローン会社によって異なります。「初回借入のみ」というローン会社もあれば「完済すれば、何度でも無利息期間が復活する」というローンもあります。

無利息期間は、同じように見えても、ローン会社によって適用条件が異なります。適用期間や、適用を受けるための条件、繰り返し使えるかどうかを先に確認してから、申し込むようにしましょう。

利息無しキャッシングでも、ATM手数料は必要…?

便利な利息無しキャッシングですが、一部の提携ATMは(場所や時間帯によって)引き出しに「手数料が発生」します。利息なしキャッシングを利用するなら、できるだけ手数料の掛からない場所で、キャッシングをしましょう。

無利息期間の上手な活用方法

無利息期間を活用する方法は、たくさんあります。以下は、アイデア(活用法)の一例です。

無利息期間の上手な活用方法
idea1 給料日までのつなぎ資金として利用する
idea2 はじめてのキャッシング、お試しで使ってみる
idea3 少額融資を繰り返し使って、長期間無利息を利用する
idea4 他社からの借り換えに利用する 
idea5 他の借入返済に「無利息のお金」を充当する

以下で詳しく説明します。

idea1:給料日までのつなぎ資金として利用する

給料無利息期間を使って、給料日までの期間を賢く乗り切りましょう。給料日に返済の目途が立っていれば「給料の前借り」として、無利息キャッシングを活用してください。

もちろん、ボーナスの前借りや「何かを購入するため」に、無利息キャッシングをしても構いません。返済を30日以上に持ち越すと利息が発生しますが、きちんと30日以内に完済すれば、利息なしでキャッシングが利用できます。

idea2:はじめてのキャッシング、お試しで使ってみる

「キャッシングが初めて」と言う方は、お試し感覚で、無利息キャンペーンを利用しましょう。キャッシングの仕組みを知って、30日以内に完済すれば「金利手数料0円」で、融資を受けることが可能です。

借りられたもし、サービスや使い勝手が良ければ、再び無利息期間を活用しキャッシングを利用してみましょう。

すべてのローン会社ではありませんが、一部のローンは、無利息期間は「初回だけ」ではなく、完済した時点で再度(複数回)利用できるサービスや、ローン会社もあります。

idea3:少額融資を繰り返し使って、長期間無利息を利用する

あるローン会社は、少額融資(5万円以下)に限り「最長180日間」の無利息期間を設けています。もし借入希望額が少ないのなら、他の無利息サービス(30日以内)を上手に活用しましょう。

手帳最長半年の猶予期間(無利息)があれば、月々の返済額も少なく、完済のハードルも低く設定できます。

まずは、完済までの計画と、月々の返済額を決定しましょう。そして、半年以内にいくら借りて、いつまでに返すのかスケジュール管理を徹底させましょう。これで、無駄なく長期間無利息キャッシングが活用できます。

idea4:他社からの借り換えに利用する 

クレジットカードで少額の借入があるなら、無利息キャッシングで借換をしてみましょう。特に「次回の給料やボーナスで完済を考えている」という方なら、早めに無利息キャッシングで完済を行ってください。

やりくりそして、給料日やボーナスの支給日がきたら(クレジットカードのために借りたお金を)無利息キャッシングの返済に充てればOKです。これで、クレジットカードの高いキャッシング利息を無くして、上手に借換ができました。

他社での借入件数(クレジットカード)が多くなった方で、既に「完済の目途」が付いている方は、手数料を削減するためにも、この方法を試してみてください。

idea5:他の借入返済に「無利息のお金」を充当する

例えば、クレジットカードの支払いが27日なのに「給料日が月末なので、返済サイクルが合わない…」という方がいたとします。この場合、無利息キャッシングを使って、クレジットカード分を返済しましょう。

通帳そして、一ヶ月以内にクレジットカード分を「給料で完済」すれば、利息0円で「支払いサイクルの問題」が解決できます。

これは、クレジットカードに限ったことではありません。実際に、住宅ローンや奨学金の返済、保険料や光熱費の引き落としに、無利息キャッシングを活用している方は多いです。

「返済サイクルが合わないな…」と感じたら、便利な無利息キャッシングを利用してみてください。

無利息期間の注意点・返済日をお忘れ無く!

無利息期間で忘れてはならないのが「返済日」です。借入に利息はかからないものの、やって来る返済日には「決まった金額を返済する」必要があります。

1円もし、返済日に手続きを忘れてしまうと、無利息期間の適用が無くなる(無利息期間が残っていても、利息0円サービスが解除される)ので注意しましょう。

実際に、無利息期間適用中の方が、返済を忘れるケースは多発しています。無利息期間でも、借入が0になった訳では無いので間違えないようにしてください。

まとめ|無利息期間を使って「ストレス」0のキャッシングを楽しもう

無利息期間のあるカードローン一覧

いかがでしたか? 今回は、無利息キャッシングについて説明をしました。無利息期間の活用法は無限大です。急な出費で困った時には、気軽に利用してみてください。

無利息カードローン
利息0円で借りられるのはどこ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP