信用金庫のカードローン|低金利ローンが充実・会員は更に金利が得!

343view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

家計簿

お近くの信用金庫でも、カードローンが利用できます。信用金庫と信用組合、銀行は、それぞれの役割や業務の目的が異なります。ここでは、信用金庫のカードローンを紹介するほか、銀行や信用組合との違いについて、詳しく説明しましょう。

信用金庫は、国民や地域住民のための金融機関

ある程度、金融に詳しい人に質問をしても「信用金庫と銀行、信用組合の区別」は難しく、はっきりしません…。

しかし、それぞれの業務や目的は、明確に異なります。ここでは、それぞれの役割分かりやすくするため、表を使って説明しましょう。

信用金庫・銀行・信用組合の違い

項目/区分 信用金庫 銀行 信用組合
適用される法律 信用金庫法 銀行法 ① 中小企業等の共同組合法
② 協同組合による金融事業に関する法律
目的 国民や地域住民の金融の円滑化と預金の増強を目的としている。 国民や地域住民の金融を円滑化させる。 地域に居住する組合員や居住者の経済的な地位の向上を目指す。
業務内容 預金/融資
主に、会員に対して業務を行うが、制限付きで会員以外も一部のサービスが利用できる。
預金/融資
地方銀行の場合は、一部に居住エリアに関する申込制限がある。
預金/融資
主に、組合員やエリア内に勤務する者、住人に対して業務を行う。

預金や貸付をするのは変わりませんが、信用金庫は地域の会員に対して業務を行います。会員は、地域内に住む人、勤務する人(会社の住所が信用金庫のエリアにあればOK)、事業所(会社を経営する人)が対象となります。

預金通帳原則として「銀行は利益を求める」のですが、信用金庫や信用組合は「地域の住民や会員の利益や豊かさ、経済的な地位向上」を目的としているのが、一番の違いです。

信用金庫と信用組合は、会費が必要

信用金庫と信用組合は、どちらも「合員になるのに会費の払い込み」が必要です。

信用金庫の融資先は、個人や企業など

信用金庫の融資先は、個人のほか、法人は中小企業が大半を占めます。信用組合は個人のほか、資本金1億円未満の中小企業、個人事業主に融資を行います。

信用金庫のローン・東京信用金庫の例を見てみよう!

分かりやすくするため「都内の信用金庫」を例に、融資の状況を確認してみましょう。東京信用金庫では、どのようなローンが利用できるのでしょうか。以下の表を確認してみてください。

東京信用金庫で利用できるローン一覧

カードローン カーライフプラン
教育ローン 住宅ローン
リフォームローン 子育て応援ローン
シニアライフローン 東京ローン

次に、カードローンの内容を見てみましょう。カードローン名は、それぞれの信用金庫によって異なりますが、東京信用金庫では「カードローンJOY」と呼ばれる商品を扱っています。

東京信用金庫カードローンの内容

名称 カードローンJOY
利息 11.5%(保証料込)
貸付上限額 10万円〜100万円まで
申込条件 20歳以上〜65歳までの会員、東京信用金庫の設ける基準を満たした方。
使途(使い道) 自由、ただし事業目的や、旧債の返済利用は不可。
担保 原則不要
保証人 一般社団法人しんきん保証基金が保証業務を行う。

預金通帳このように、信用金庫の利息は保証料込みで11.5%と低く、消費者金融の少額融資に比べても、低い金利でローンが利用できます。ただし「貸付上限額」が100万円までと低いため、利用目的はある程度限定されてしまいます。

その他、預金業務など

信用金庫の預金業務は、普通預金のほか、スーパー積金、金利上乗定期預金が利用できます。

信用金庫で借りるメリットは、優遇金利が適用される点

都市銀行と信用金庫を比較した場合、約0.2%〜2.0%程金利が低く利用できます。もちろん、比較する銀行やローンの種類によって異なりますが、全体的な金利は「信用金庫の方が低い」と言えます。

ただし、メガバンクと比較すると、カードローンに関しては「メガバンクの方が利息が低い」こともあり、それぞれのローンをよく確認する必要があります。

同じ信用金庫のローンでも、会員と会員以外では金利が異なる

どっちがいい同じ信用金庫のローンでも、会員と会員以外では、適用される金利が異なります。例えば、金利6.0%のローンが「信用金庫会員」なら「金利5.5%」など、優遇金利が適用されます。これは、全国どの信用金庫でも同じように優遇措置が取られます。

ただし、信用金庫のローン内容や金利は一律ではありません。各信金やローンによって貸付条件は異なります。

定期預金の金利が、何かとお得!

信用金庫がお得なのは、融資だけではありません。定期預金に関しても、金利の上乗せが行われます。

2016年のマイナス金利導入後も、信用金庫については「金利の引き上げ」が見られます。これは、銀行の金利との差別化を図り、預金者の利益を追求するためです。

出資金は、後々返還されるので心配無用

手続きは直接窓口で申し込む必要がありますが、出資金はそれほど高くありません。個人会員の場合は、5,000円〜10,000円で会員になれます。また、後々出資金は返還してもらえるので、出資したお金は無駄なく、今後のローン返済や預金として活用できます。

条件が合えば、上手に活用しよう!

信用金庫を利用するには(信用金庫の営業地域)エリアに居住しているか、お勤め、事業所を運営している方であれば、誰でも「信用金庫」の会員になれます。

信用金庫は、全国・各都道府県に存在する

全国の信用金庫については、以下のページで検索できます。最寄りの信用金庫を探してみましょう。

金利を抑えたい!
低金利のカードローンでおすすめなのは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP