キャッシングで勤め先にバレる?会社に在籍確認される時の注意点

275view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

キャッシングで勤め先にバレる?会社に在籍確認される時の注意点

カードローンでのキャッシングは、急な資金不足の時でも簡単に資金調達できます。しかし、カードローン・キャッシングを利用することで、勤め先の会社に「キャッシングの事実」がバレてしまうのでしょうか

この記事では、キャッシングの利用が勤め先にバレてしまう危険性や、会社にバレずにお金を借りる方法などについて詳しく解説していきます。

カードローンのキャッシングは勤め先にバレる?

まず、カードローンによるキャッシングは、勤め先にバレてしまうのかを確認していきましょう。結論を言うとカードローン・キャッシングの利用は勤め先の会社にバレにくい傾向があります。

「勤め先にバレにくい」と言葉を濁しているのは、下記の理由があるためです。

カードローンへの申し込み時には必ず在籍確認がある

カードローンへの申し込み時には必ず在籍確認がある

銀行や消費者金融から様々な種類のカードローンが提供されているのですが、これらのカードローンの申し込み、審査時には必ず「在籍確認」があります。この在籍確認とは、カードローンへの申し込み者本人が、本当に申請した勤務先に勤めているのかを確認する審査項目となります。在籍確認する=安定した収入を確認する、という意味があるためです。

在籍確認は基本的に電話で行われる

また、この在籍確認ですが、基本的に電話により行われます。つまり、申し込んだカードローンを提供する金融業者から申し込み者が申請した勤め先に直接電話がかかってくるんですよね。

在籍確認はスタッフの個人名で行われる

勤め先に電話があれば、カードローンへ申し込んだ事実がバレてしまうのでは? と不安になる人も多いと思います。しかし、ほとんどのカードローンでは「在籍確認するスタッフの個人名」で電話があるため、直接勤め先にキャッシングがバレてしまう可能性は低いのです。

勤め先へ在籍確認されるタイミング

カードローンへの申し込み時には、審査として在籍確認があります。カードローン審査時の、どのタイミングで在籍確認されるのか解説していきます。

  1. インターネットなどでカードローンへ申し込む
  2. コンピュータースコアリングで審査が行われる
  3. 審査に通過すれば本人確認書類を提出する
  4. 提出書類のチェックや在籍確認が行われる
  5. 全ての審査に通過すればカードローン契約する

このように在籍確認のタイミングは、カードローン審査時の最後に行われるんですよね。申し込み先のカードローンにもよりますが、まず申し込み書類に記入された年齢、年収、勤務先、雇用形態などステータスの審査があり、通過すれば本人確認書類を提出します。本人確認書類に不備がなければ、最終の審査として「在籍確認」が行われます。

なぜ最後に在籍確認されるのか

ほとんどのカードローンでは、在籍確認は最後に行われます。在籍確認が最後に行われる理由は「申し込み者への配慮」のためなんですよね。もし仮にカードローンの申し込み直後に在籍確認がある場合、その後の年収などのステータスの審査で落ちてしまったら、せっかくの在籍確認の審査が無駄になってしまいますよね。

また、カードローン会社側も在籍確認は「人による審査」となるため、自動審査であるコンピュータースコアリングと比べてもコストが高いんです。このため、在籍確認が最終の審査になっているのは、「カードローン審査に係るコストの削減」という意味も含まれています。

勤め先への在籍確認の内容

勤め先への在籍確認の内容

実際に勤め先へ在籍確認される内容を確認していきましょう。主に下記のような流れで在籍確認が行われます。

「お世話になります。〇〇と申しますが、(申込者)様はいらっしゃいますでしょうか」
「はい、(申込者)です。」
「この度はお申し込みありがとうございました…」

このように、勤務先への在籍確認は個人名で行われるため、勤務先に金融業者名やカードローン名が伝えられません。また、申込者本人に電話が変わってから金融業者名を名乗るため、同僚や上司、部下が電話に出てもカードローンの利用が直接バレる恐れはないでしょう。

申込者本人が不在の場合は?

また、在籍確認時に申込者本人が不在の場合を確認してみましょう。

「お世話になります。〇〇と申しますが、(申込者)様はいらっしゃいますでしょうか」
「(申込者)はただいま外出しております。」
「かしこまりました。また後日連絡いたします。」

実はこのようなやりとりで在籍確認が完了しているんです。本人が電話に出なくても、同僚などの電話対応により「申込者の在籍が確認」できれば問題ありません。このため、在籍確認の電話を勤め先で待ち構えておく必要はありません

このように、カードローンとの契約時にはほとんど電話による在籍確認が行われるのですが、個人名で申し込み者へ電話がかかってくるので直接的にカードローンの利用はバレません。

キャッシングが勤め先の会社にバレてしまう可能性があるもの

キャッシングが勤め先にバレてしまう可能性があるものを紹介していきます。これからカードローンと契約しキャッシングの利用を検討している人は、下記の項目に注意しておきましょう。

  • 勤め先への在籍確認
  • 滞納してしまった時に連絡先電話番号に電話が繋がらない時
  • 滞納が長引いた時の給料差し押さえ

勤め先への在籍確認

先ほどは勤め先の会社への在籍確認で直接的にカードローンの利用がバレてしまう可能性は低い、と伝えましたが、勘の鋭い同僚や上司が電話に出れば、「ローンの在籍確認かな?」と怪しまれてしまう可能性もゼロではありません。

勤め先への在籍確認をうまく乗り越えるためのコツは、次の項目で解説していきます。

滞納してしまった時に連絡先電話番号に電話が繋がらない時

滞納してしまった時に連絡先電話番号に電話が繋がらない時

カードローンのキャッシングがバレてしまう恐れがあるのは、返済を滞納、かつ、自宅や携帯電話の登録連絡先に電話が繋がらない場合です。キャッシングの返済を滞納してしまった利用者へは督促の連絡を行うのですが、自宅や携帯へ電話が繋がらない場合は、勤務先に督促の電話がかかってくるケースもあるようです。

もちろん、利用者のプライバシーはしっかりと守られているため、電話に出た同僚などの第三者にカードローンの滞納が伝えられる心配はありませんが、「何の電話だろう?」と疑われてしまうケースもあるかもしれません。

滞納が長引いた時の給料差し押さえ

また、カードローンの返済を長い期間滞納してしまい、カードローン会社からの督促のハガキも電話も無視していると、「差し押さえ」されてしまう可能性もあります。

カードローン返済の未払いによる差し押さえは、法律上の手続きを経て行われます。差し押さえの対象となる資産は、「不動産」「価値のある資産(宝石など)」と「債権(銀行預金や給料、入金見込みのあるお金など)」となります。カードローン未払いにより、差し押さえの法的手続きが行われた場合、「債権」の項目にあたる、勤め先の給料が差し押さえられる可能性があります。

勤め先に滞納の事実がバレてしまうと…

もちろん、給料の差し押さえが行われた場合、確実に勤め先にカードローンの利用、カードローンの未払いの事実がバレてしまいます。また、差し押さえ等の手続きにより勤め先の会社に大きな迷惑をかけてしまうと、降格処分などを受けてしまうはずです。

勤め先の会社にキャッシングがバレないためには

勤め先の会社にキャッシングがバレてしまう可能性について詳しく解説してきましたが、勤め先にキャッシングの事実がバレないようにするコツを紹介していきます。

  • 在籍確認の電話があると前もって伝えておく
  • 自宅電話番号や携帯電話番号を変更したらすぐに伝えておく
  • 職場への電話連絡なしのカードローンを選ぶ

在籍確認の電話があると前もって伝えておく

カードローンへ申し込む前には、前もって勤め先に「在籍確認の電話があるかもしれない」と伝えておくのもおすすめです。ただし、正直に「カードローンに申し込んだから在籍確認がある」とは言わないでくださいね。

在籍確認は個人名でかかってくる

先ほどの項目でも確認したように、在籍確認は個人名で勤め先に電話がかかってきます。このため在籍確認があるには「クレジットカードへ申し込んだから」「マイカーローンへ申し込んだから」などと勤務先には一般的な在籍確認であることをアピールしておきましょう。

年会費無料などの手頃なクレジットカードも必ず在籍確認は行われるため、先に勤務先に伝えておくことで「カードローン」として怪しまれてしまう可能性はグッと低くなるでしょう。

自宅電話番号や携帯電話番号を変更したらすぐに伝えておく

自宅電話番号や携帯電話番号を変更したらすぐに伝えておく

もし、カードローン契約時に登録した自宅電話番号や携帯電話の変更がある場合、すぐにカードローン会社へ変更手続きをしておきましょう。カードローンの滞納時などに電話が繋がらない、かからない時は、利用者へ連絡が取れないため、「申請のあった勤務先電話番号」へ連絡される場合があります。

引越しした場合も早めに住所変更を

また、引越しして自宅住所に変更があった場合も同じように住所変更の手続きを行っておきましょう。カードローン会社から書類が引越し前住所へ送付された場合、住所不明でカードローン会社へ返却されます。

カードローン会社に書類の返却があれば、「引越ししたのに連絡が無いのはやましい理由があるかもしれない」と判断されて、登録した携帯電話番号や勤務先の電話に連絡がある可能性があるでしょう。このため、引越し後も電話番号変更と同じように、スムーズに住所変更手続きを進めておきましょう。

職場への電話連絡なしのカードローンを選ぶ

在籍確認で勤め先にカードローンがバレてしまう可能性をなくすために、電話による連絡が一切ない消費者金融のカードローンの利用を検討してみましょう。

SMBCモビットなら条件付きで電話連絡ナシ!

大手消費者金融のSMBCモビットなら、特定の条件を満たしている場合、電話連絡が一切ない「WEB完結」でキャッシングまで行えます。SMBCモビットで電話連絡なしにできる条件とは、下記の2つです。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

これらの2つの条件を満たしている場合、一切電話連絡がなくキャッシングできるんですよね。職場への電話連絡を避けたい人は、条件を整えてから消費者金融のSMBCモビットへ申し込むようにして下さいね。

トラブルを起こさなければ勤め先にカードローンはバレない

この記事では、キャッシングの利用が勤め先の会社にバレてしまうのか、また、職場にバレないためのコツなどについて解説してきました。

近年のカードローンはプライバシーに配慮

カードローンの審査には、ほとんどの場合「電話による在籍確認」が行われます。しかし、近年カードローンを提供している銀行や消費者金融は、利用者のプライバシーをしっかりと配慮してくれるため、勤め先にカードローン利用の事実を伝えられてしまうことはありません。このため、返済の未納などの大きなトラブルを起こさない限りは勤め先にキャッシングがバレる心配はないかもしれませんね。

前もって在籍確認の方法を相談するのも

前もって在籍確認の方法を相談するのも

また、申し込み先のカードローン会社に相談することで、電話以外の在籍確認に変更してくれる場合もあります。どうしても職場への電話連絡なしにしたいなら、最後に解説した消費者金融のSMBCモビットへの申し込みもおすすめです。

ぜひこの記事を参考にしながら、勤め先の会社にバレないように、うまくカードローンを利用できるように検討してみてくださいね。カードローンはとても便利に使えるので、資金不足に困った時の大きな手助けとなるでしょう。

条件付でTEL連絡なし!
会社にバレずにお金を借りられる

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP