カードローンとクレジットカードの違い|比較すると金利がお得なのは断然「カードローン」

309view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

クレジットカードを持つ女性

クレジットカードのキャッシング利息は、15%〜18%という設定が多く、長期間利用すると、ムダな利息を支払うことになります。

ここでは、クレジットカードのキャッシングと、カードローンの利息をそれぞれ比較したいと思います。

クレジットカードでキャッシングはおすすめできない!

クレジットカードのキャッシング利息は「15%〜18%」が多い

頭を抱えるクレジットカードのキャッシング利息は、15%を超えるケースがほとんどです。大抵の場合「実質年率18.0%」という高い利息を設定しており、長期間の利用には向いていません。

以下は、大手クレジットカード会社のキャッシング利息です。参考として、右側の欄には「ショッピング利息」も記しておきました。

クレジットカード大手のキャッシング利息(一例)

区分 キャッシング利息
(実質年率)
ショッピング利息
(実質年率)
A社 18.0% 15.0%
C社 12.0%〜18.0% 14.5%
J社 15.0%〜18.0% 15.0%
R社 18.0% 15.0%

※ここでの「ショッピング利息」は、リボ払いの数字を表記しています。

レシートとカードがたくさん入った財布実は、クレジットカードは「ショッピング」の利用に比重を置いており、キャッシングには高い利息を設定しています。

一部、利息15%以下のカードもありますが、流通する数は少ないです。私たちが良く使う「大手クレジットカード」の多くは、利息を15%〜18%にしているため(キャッシングの)お得感は全くありません。

カードローンの方がクレジットカードより利息が安い

カードローンのキャッシング利息は、低ければ「2~3%台」とお得

次に、銀行や信販会社、消費者金融カードローンで「キャッシングした場合の利息」を見てみましょう。全体的な「利息が低い」のは銀行ローンです。次いで、信販会社、消費者金融の順に、利息は高くなります。

銀行・信販・消費者金融カードローンのキャッシング利息(平均)

区分 キャッシング利息(実質年率)
銀行 3.0%〜15.0%
信販 4.0%〜17.8%
消費者金融 4.0%〜18.0%

電卓クレジットカードのキャッシングと比較してみて、銀行・信販会社・消費者金融ともに「最低金利」は低くなっています。キャッシング利息が5%以下や、10%以下といった低い利息が適用されると「支払う利息」は、大きく変わってきます。

例えば、同じ30万円を「20回払い」で借りた場合、月々の返済額と返済総額は、以下のように想定されます。

30万円を20回払いで借りた場合の比較

区分 月々の返済額 返済総額
クレジットカードC社
(年率18.0%)
17,473円 349,465円
(利息49,465円)
銀行M社
(年率12.0%)
16,624円 332,483円
(利息32,483円)
信販会社
(年率15.0%)
17,046円 340,914円
(利息40,914円)
消費者金融
(年率17.8%)
17,445円 348,892円
(利息48,892円)

実質年率(年間の利息)が変わると、月々の返済額だけでなく、返済総額(全体で支払う金額)は、大きく異なります。同じ「30万円」のキャッシングでも、クレジットカード会社と銀行ローンでは、利息が「16,982円」も違ってくるのです。

借入が大きな金額になれば「利息の差」は、より大きくなります。

例えば、100万円を30回払いで借りた場合、クレジットカードと銀行、信販会社、消費者金融では、以下のような差が生まれます。

100万円を30回払いで借りた場合の比較

区分 月々の返済額 返済総額
クレジットカードC社
(年率18.0%)
41,639円 1,249,161円
(利息249,161円)
銀行M社
(年率9.6%)
37,625円 1,128,757円
(利息128,757円)
信販会社
(年率15.0%)
40,178円 1,205,341円
(利息205,341円)
消費者金融
(年率17.8%)
41,540円 1,246,215円
(利息246,215円)

キャッシングローンは、借りる金額によって「適用される利息」が変わってきます。上の表は、平均的な年率を使ってシミュレーションしてみました。

現金が必要な場合は、クレジットカードのキャッシングを止めて、カードローンへの切り替えを行いましょう。

注意したいポイント・上限利息が高い信販会社、消費者金融もある

一部の信販会社、消費者金融は上限金利を高く設定することがあ、注意が必要です(例:15.0%〜18.0%)。借入は、金融機関の種類で判断せず、必ず各カードローン金利を比較してから、申し込むようにしましょう。

キャッシングを使うなら銀行ローン、銀行系の消費者金融がお得!

クレジットカードを利用するより利息の低い銀行ローンを使う方がお得なことが、よく分かりました。もし「銀行ローンは審査が不安」という方は、消費者金融の中でも「銀行の子会社がやっている」ローンを利用してみてください。

勉強をしている人メガバンクの傘下には、有名な「銀行系消費者金融」があります。また、ネット銀行大手の新生銀行でも、低金利の消費者金融ローンを提供しています。

審査の難易度に応じて、銀行ローン、銀行系(消費者金融)ローンを使い分けると良いでしょう。

低金利のカードローン

無利息期間を上手に活用しよう!

消費者金融の多くは、契約(もしくは、初回キャッシング)から30日間「無利息期間」を設けています。この期間中は、何度キャッシングを利用しても、利息0円でお金が借りられます。

また、銀行ローンの中にも、一部無利息期間を設ける金融機関があります。通常30日間ですが、少額融資に関しては最長180日間(約半年)無利息で融資を行っています。

まとめ:クレジットカードは、利息が高いので注意が必要

キャッシング目的ならカードローンがおすすめ

クレジットカードは利息が高いため、長く使うのはお得ではありません。頻繁にキャッシングする機会があれば、銀行ローンや、銀行系消費者金融のカードローンを利用しましょう。

あくまでクレジットカードのキャッシング機能は、もしもの場合に付いているという風に考えた方が損をしないで済みます。

低金利カードローン
少しでもお得にお金を借りたいなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP