ブラックでも借入できる? ブラック経験者が金融業者からお金を借りる時に注意すべきポイント

46view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

19408619_M

「ブラックでもカードローンでお金を借りられる?」「ブラック経験者だけど、どのくらい日数が経てば銀行や金融業者からキャッシングできるの?」と、ブラックの方やブラック経験者の方は「ブラックの借入」について気になっている方も多いでしょう。

そこで本記事では、ブラックの方、またはブラック経験者がキャッシングを利用する時に注意すべきポイントについて、詳しく解説します。

借入時のブラックとはどのような状態?

そもそも「ブラック」とはどのような状態を指すのでしょうか。

ブラックとは信用情報に残される最も悪い利用履歴のこと

カードローンやクレジットカードの審査時に不利になる『ブラック』とは、「信用情報に大きな傷がある」状態を指します。

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込み・契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。

出典:株式会社CIC(シー・アイ・シー)

black_list

カードローンやマイカーローン、住宅ローンなどのローン商品各種、商品購入時のクレジットカード利用、分割払いでの商品購入(=スマホの分割購入など)を行うと、信用情報に利用履歴が残されます。

返済(支払い)をしっかりと続けていれば、「信用情報に良い履歴(=優秀な返済履歴)」が記録されます。

返済を延滞している方はブラックになる恐れアリ!

一方で、3ヶ月以上返済が滞ってしまったり、1〜2ヶ月ほどの滞納を何度も繰り返した場合には、信用情報に悪い履歴が残ってしまい「(信用情報が)ブラック」の状態になります。

信用情報機関が信用情報の履歴管理をしている

信用情報は国内の信用情報機関3社によって管理されています。また、保管される利用履歴の内容は、下の表のようにそれぞれ異なります。

信用情報を保管している信用情報機関3社
信用情報機関名 主に残される利用履歴 加盟している主な金融業者
CIC(株式会社シー・アイ・シー) 消費者金融などの貸金業者の利用履歴や、クレジットカードの利用履歴などが保管されている 消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)が加盟
JICC(株式会社 日本信用情報機構) 主に消費者金融などの貸金業者の利用履歴が保管されている 消費者金融や信販会社が加盟(消費者金融が多い)
全国銀行個人信用情報センター 主に銀行系ローンの利用履歴が保管されている 銀行や信用金庫が加盟

また、信用情報の履歴は信用情報機関の間で共有されています。このため、金融商品の利用時に大きな事故を起こしてしまった場合、「どの信用情報機関の履歴を参照してもブラック扱い」になる点には要注意です。

信用情報がブラックになればローンなどが組めなくなる

先ほど解説したように、ブラックの状態とは「信用情報が最も悪い状態」です。ブラックになると「返済能力、返済意思が欠如している」と見られてしまい、カードローンや各種ローンの審査に落とされます。

ブラックはクレジットカードの審査にも落とされる

pose_atama_kakaeru_woman_credit

さらに、比較的審査基準が緩かやな「年会費無料のクレジットカード」などの審査にも通過できません。

信用情報がブラックになってしまうと、「ローンが組めない」「クレジットカードが使えない」ため、生活に支障が出る可能性が非常に高いのです。信用情報がブラックにならないよう、くれぐれも「返済・支払い遅れ」には注意してください。

借入時にブラックになってしまう理由

どのような状況のときに「ブラック」扱いとなるのでしょうか。

こんな場合は信用情報がブラックになる!

  • 61日以上または3ヶ月以上滞納している場合
  • 何度も滞納を繰り返している場合
  • 債務整理をした場合
  • 携帯電話の分割払いが3ヶ月以上未払いの場合

61日以上または3ヶ月以上滞納している場合

信用情報機関に残される「ブラック」履歴ですが、信用情報機関では「異動情報(いどうじょうほう)」と呼ばれています。

異動情報が残されるのは、61日以上、または3ヶ月以上返済を滞納した場合です。

一般的にカードローンなどの返済に遅れてしまうと「督促状」が自宅に届きます。しかし、督促状を受け取っているにもかかわらず返済が滞っていると「返済能力や返済意思がない」と判断されてしまって信用情報に「異動履歴」(=ブラック履歴)が残されてしまうのです。

何度も滞納を繰り返している場合

money_sunsyaku_sagi_asia

61日以上または3ヶ月以上の滞納だけではなく、1ヶ月〜2ヶ月の滞納を何度も繰り返している方も「ブラック」として扱われます。

「一度だけ1ヶ月滞納をした」程度なら信用情報に大きな傷は残りませんが、何度も滞納を繰り返すことで「返済能力が無い」と判断されてしまう(=ブラックになる)のです。

債務整理をした場合

借りたお金などを返済できなくなり「自己破産」「個人再生」「任意整理」などの債務整理をしてしまった場合もブラック扱いになります。

※CIC(株式会社シー・アイ・シー)では「個人再生」と「任意整理」については、履歴が残されません。ただし先ほども解説したように、「信用情報は信用情報機関間で共有されている」点にはくれぐれも注意。

カードローンでのキャッシングや各種ローン、クレジットカードなどの利用前には、滞納を起こさないため(=ブラックにならないよう)に前もって「返済計画」をしっかり立てておきましょう。

携帯電話の分割払いが3ヶ月以上未払いの場合

ブラックになる原因で『見落としがち』なのが「携帯電話の分割払い」です。

携帯代滞納、カード使えず、ブラックリスト入り275万件、割高な端末料金重荷。

携帯電話料金の滞納で「ブラックリスト」に登録され、クレジットカードやローンを利用できなくなる恐れのある人が急増している。登録数は昨年末で約275万件に達し、3年間で3倍に膨らんだ。電話料金の一部に含まれる端末の分割払いを滞納すると信用情報に傷が付くためだが、認識していない人も多い。

出典:日経メッセ

上記のニュースによると、携帯電話の端末代や携帯電話料金を滞納してブラック扱いになった件数は、なんと275万件にも達しています。

携帯電話端末代金の返済を3ヶ月以上滞納してしまうと「ブラックになる」点に注意しておきましょう。

ブラック経験者が借入する時に注意すべきポイント

過去にブラックになってしまった方が、カードローンのキャッシングなどへ申し込む時に注意すべきポイントを解説します。

ブラック経験者がキャッシング時に注意しておくべきポイント

  • ブラックになってからどのくらい年月が過ぎたか
  • スーパーホワイトは借入審査に落ちてしまう可能性も

ブラックになってからどのくらい年月が過ぎたか

仮に大きな金融事故を起こしてしまっても、一生ブラックとして扱われるわけではありません。一定期間が過ぎれば「信用情報の記録が削除される(=ブラックの履歴が無くなる)」ためです。

履歴が保管されている期間を以下の表で確認してみましょう。

各信用情報機関が利用履歴を保管する期間
信用情報機関名 支払い状況・取引情報が保管される期間 自己破産などの異動情報の履歴が保管される期間
CIC(株式会社シー・アイ・シー) 契約期間中および契約終了後5年以内 契約期間中および契約終了後5年以内
JICC(株式会社 日本信用情報機構) 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間) 当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
全国銀行個人信用情報センター 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間 当該決定日から10年を超えない期間

上の表から分かる通り「支払金の未納履歴は5年間(JICCは完済後1年間)」、「自己破産の履歴は5年間〜10年間」残されます。

ブラックになると5年〜10年間は審査に通らない

3ヶ月以上の滞納をしていて「ブラック」になった方は、滞納分の完済後から5年以上経てば信用情報から滞納履歴が消えます。しかし、自己破産を起こしてしまった場合は「最長10年間は自己破産の履歴が消えない」点に注意しましょう。

スーパーホワイトは借入審査に落ちてしまう可能性も

smartphone_hand

過去にブラックだった方は、一定期間(=5年〜10年間)経てば信用情報から金融事故の履歴が消えて「信用情報が真っさらな状態」になります。信用情報にカードローンやクレジットカード、分割払いなどの利用履歴がない状態は、一般的に「スーパーホワイト」と呼ばれています。

スーパーホワイトはネガティブな信用情報

スーパーホワイトの方は、「信用情報が真っさら=過去に金融事故を起こしている」と見られてしまうため、カードローンやクレジットカードなどの審査に不利になりやすいので注意しておきましょう。

※スーパーホワイトを回避するために、「携帯電話の分割払い」などを利用し、信用情報に利用履歴を積み上げておくのもオススメ。

借入前にブラックになっているのかチェックしてみよう

「過去にローンやクレジットカードなどで滞納してしまったけれど、自分がブラックになっているのかどうか分からない」という方は、自分の信用情報を開示してみましょう。

信用情報の開示は手数料500円〜1,000円で可能

信用情報機関で保管されている信用情報は、「本人だけが開示手続き」できます。それぞれの信用情報機関により異なりますが、「インターネット開示」「郵送開示」「窓口開示」などの開示方法があります。

また、500円〜1,000円程度の少額の手数料で信用情報を開示できます

ブラックかどうか調べる|CICでの信用情報の開示の手続き方法

ここで、信用情報機関のCIC(株式会社シー・アイ・シー)で信用情報を開示する方法を確認してみましょう。

CICで信用情報を開示する手続きの流れ(スマホ・インターネット開示の場合)

  1. CICで受付番号の取得
  2. 受付番号の入力とクレジットカードで手数料の支払い
  3. PDFをダウンロードして信用情報を開示

①CICで受付番号の取得

CICの開示手続きの営業時間内「8:00~21:45 (年末年始も利用可能)」に手続きを進めましょう。クレジット契約で利用した電話番号(固定電話・携帯電話)からCICの専用電話番号へ電話します。

CICの受付番号取得用の電話番号

0570-021-717

(電話番号間違いに注意してください。)

電話をかけると受付番号がアナウンスされるので、必ずメモを取っておきます。また、受付番号を取得してから、1時間以内に開示報告書の表示操作まで行わなければいけません。

②受付番号の入力とクレジットカードで手数料の支払い

CICの公式サイト内の「インターネット開示」のページにアクセスし、先ほどの受付番号を入力して開示手続きを進めていきます。

CICのインターネット開示の場合、手数料1,000円を「クレジットカード決済(一括払い)」で支払います。

③PDFをダウンロードして信用情報を開示

料金の支払い完了後、用意されたPDFをダウンロードすれば、信用情報を確認できるようになります。

信用情報の見方(ブラックの場合)

ここで、開示した信用情報の見方について確認しておきましょう。

信用情報に残される履歴情報

CICの信用情報に残される履歴(記号) 内容
請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
請求額の一部が入金された
本人以外から入金があった
本人の事情でお約束の日に入金がなかった(未入金)
本人の事情とは無関係の理由で入金がなかった
入金されていないが、その原因がわからない
請求もなく入金もなかった(例:クレジットの利用がない場合)
空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった(例:クレジットの利用がない場合)

CICの信用情報には、月ごとに上の記号が記載されています。毎月滞りなく返済を続けていると「$」の記号が連続して記載されます(=返済がしっかり行われている履歴)。

しかし、入金が確認できなかった「A」や、一部のみの入金の「P」の記号が3ヶ月以上並んでいると、『ブラック』状態の信用情報となります。

自分がブラックかどうかが気になって信用情報を開示した方は、「A」や「P」の記号が連続して並んでいないか確認しましょう。

ブラックの履歴がなければ金融業者から借入できる可能性アリ

もし、信用情報を開示しても「A」や「P」の記号が3つ以上、または、複数個並んでいない場合、「ブラックではない」と判断できます。このため、新規でカードローン契約〜借入が期待できます。

消費者金融カードローンはスピーディーに借入できて便利!

信用情報を開示しても「ブラック」でなかった方は、融資までスピーディーな消費者金融カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融は最短即日で借入できる!

消費者金融のカードローンは、最短即日で申し込み〜借入までの手続きが期待できます。(※申し込み時に混雑していたり、申し込み手続きに不備があれば翌営業日以降の借入になります。)

さらに、ほとんどの消費者金融カードローンは「30日間の無利息期間」のサービスが設けられています。30日間以内の短期間のキャッシングであれば「借りたお金だけを返済」すれば良いため、出費を最小限に抑えながらカードローンで借入できます。

カードローン選びに悩んでいる方は、お得に使える消費者金融カードローンの利用がオススメです。

まとめ|ブラック入りしているか信用情報を開示してみよう

本記事では「ブラックの方」や「ブラック経験者」はカードローンでの借入が可能なのか、について詳しく解説してきました。

この記事で抑えておきたいポイント・まとめ

  • ブラックとは信用情報に返済トラブルの履歴が残った状態
  • 信用情報は国内の3つの信用情報機関で管理されている
  • ブラックになるとローンの借入やクレジットカードを利用できない
  • 61日以上、または3ヶ月以上滞納すればブラックになる
  • 債務整理をすればブラックになる
  • 携帯電話の分割払いの滞納もブラックになる恐れあり
  • 過去にブラックだった方は金融事故から5〜10年以上審査に通らない
  • ブラック解除直後のスーパーホワイトにも注意
  • ブラックか分からない方は信用情報を開示しよう

ブラックとは「信用情報に大きなトラブル履歴」が残った状態のことを指します。この信用情報とは、国内にある3つの大きな信用情報機関「CIC」「JICC」「全国銀行個人信用情報センター」で保管されています。

信用情報がブラックになっている方は、カードローンやローン商品各種、クレジットカードの審査などに通過できなくなるため、「延滞」「未納」などの返済トラブルには十分に注意してください。また、「ブラックかどうか分からない」という方は、自分で信用情報の開示も可能です。

「ブラックの方」や「過去のブラック経験者」は、ぜひこの記事を参考にしながら、今後カードローンで借入する際の参考にしてください。

ご利用は計画的に!
人気おすすめカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP