即日融資で低金利、それに審査が速い!銀行カードローンはメリットが多い

346view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

銀行通帳

この記事で分かること

  • 銀行カードローンとは?
  • 銀行カードローンのメリット
  • 銀行カードローンの審査難易度

銀行カードローンの良さは、高い信頼性と貸し付け条件の良さ(金利・融資額)にあります。実際に「銀行ローンしか利用しない」という顧客の数は多いです。

また最近は、審査スピードの速いローンが登場しており、即日融資対応ローンも増えてきました。本記事では、人気の高い「銀行カードローン」が持つメリットや特徴、審査の仕組みについて詳しく解説します。

銀行カードローンとは?

銀行「銀行カードローン」とは、銀行が融資を行うカード発行型ローン(キャッシングサービス)を意味します。預金業務を行う銀行なら、どこでも「ローンキャッシング」を取り扱っています。

通称「メガバンク」と呼ばれる大手銀行はもちろん、全国規模で展開する都市銀行、身近な場所に存在する「ゆうちょ銀行」や、各都道府県にある地方銀行、ネット取引に特化したネット銀行等、さまざまな場所で「銀行カードローン」が利用できます。

ネット銀行に多い「カードレス」取引

ネットユニークなことに、最近は『カード発行のないローン』が増えてきました。これは、スマートフォンの急激な普及によるもので、カードを必要とせず(インターネット経由で)オンラインキャッシングをする顧客が、増えてきたからです。

カード発行の無い取引は、通称「カードレスキャッシング」と呼んでいます。

カードレスの良い点は、カードが到着するまで待つ必要がなく、契約ができた時点で、ネットキャッシングできる点です。ネット銀行に口座を持っていれば、契約と同時に振込キャッシングが利用できます。

ただ『カードレス取引』をするのは、ネット銀行に限りません。今回は紹介しませんが、大手信販会社、消費者金融でもカードレス取引を積極的に導入しています。

「カードの受け取りまで待てない」という方や、最寄りの店舗まで遠くて時間がかかるという方は、カード発行の無いキャッシングローンを上手に活用してみてください。

カードレス

『カードレス』は、カードの要らない取引全般を指す用語で、カードローンのほか、クレジットカード、電子マネー、共通ポイントの分野にも導入されています。現在は、指紋や顔認証機能を使った「電子取引」の研究が進んでおり、次世代の決済システムは、大きな転換期を迎えています。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットを簡単にまとめてみました。

銀行カードローンのメリット

  1. 低金利で、借入の負担が少ない
  2. 借入額が大きいので、使い勝手が良い
  3. 信頼感がある、銀行なので安心

①〜③について、簡単に説明しましょう。

メリット①低金利で、借入の負担が少ない(低い利息で融資できる)

銀行ローンは「貸付条件の良さ」が最大の武器です。特に、銀行ローンは利息が低く(=低金利)、借入負担が少ないなどの理由で重宝されています。

日本円実際に、クレジットカードや信販ローンから、銀行へ「借り換えやおまとめ」をする利用者は多いです。銀行側でもおまとめ専用ローンや、借り換えに特化したローンを扱うケースがあります(例:東京スター銀行のおまとめローン等)。

最も利息が低いのは、ネット銀行のローン

同じ「銀行ローン」というくくりでも、各行の「サービス格差」は大きいです。例えば、インターネット銀行とメガバンク、都市銀行では、利息が大幅に異なります。最も利息が低いのは、店舗を持たない「インターネット銀行」です。

キーボード操作店舗が要らないということは、ムダな店舗維持費や人件費を削って、大幅な経費削減ができます。そして、余った経費を「利息の優遇分」に充当すれば、新しい顧客がどんどん集まる…といった、美味しいビジネスモデルを構築しています。

ネット銀行の良さは、それだけに留まりません。ネット銀行は、パソコンやスマートフォンからの取引に強く、手数料の安いオンラインキャッシングや、ネットローンを次々とリリースできます。

また、ネット上の取引なら、店舗の開店時間を気にすること無く、24時間利用できるのも「利用者のメリット」が大きいです。

こうした使い勝手の良さから、ネット銀行の利用者は増え(銀行の)業績の向上に比例して、利息やサービス内容も益々充実してくる…という「プラススパイラル」の流れが、ネット銀行の勢いを加速させています。

大手銀行も低金利路線で、サービスを拡大!

セミナー大手銀行も負けてはいません。子会社の消費者金融とタッグを組み、利息が低く、ネット取引に強いサービスを次々と開発・リリースを行っています。

特に、スマートフォンコンテンツやアプリの開発には力を入れており、ネットキャッシングやカードレス取引など、新しいサービスを積極的に導入しています。

そして、最もうれしいのは、大手銀行の「即日融資強化」です。最近は、子会社の融資ノウハウを活かし、審査スピードをアップする銀行が増えてきています。

実際にローンを申し込むと、早くて30分で審査結果が分かり、申し込んだ当日中にはキャッシングできるよう「契約手続き」が進められています。

メリット②借入額が大きいので、使い勝手が良い

銀行ローンは融資の枠に余裕があり、他社からの借換やおまとめに利用できるなど「使い勝手の良さ」が大きな特徴です。

例えば、消費者金融の融資可能枠が「最大300万円や500万円」といった金額なのに対し、大手銀行ローンは500万円〜800万円、多ければ1,000万円まで融資できます。

また(こうした)大口融資でも、原則保証人や担保無しで借りられるため、おまとめや借換にも重宝します。

メリット③信頼感がある、銀行なので安心

年配の方になると、今でも「安全な銀行ローンしか利用しない…」という方がいます。銀行が長年培ってきた経験や実績が、多くの顧客を惹きつけるのでしょう。
しかし、銀行ローン以外にも安全なローンはたくさんあります。例えば、銀行系列の子会社(消費者金融)カードローンやクレジットカードを発行する信販会社のローンなど、信頼度の高いローンが利用できます。

また、銀行の側でも、ローン審査を外部に委託することがほとんどです。(先程説明した)子会社の消費者金融に審査を依託したり、信販会社がローン審査を請け負うこともあります。

このため、どのローンを利用しても安全で、信頼できる取引が実現するのです。

銀行ローンに関わる、銀行法とは?

銀行法は、銀行に関するすべての法律を指します。現在の銀行法は、1981年に交付され、1992年には大幅な改正が行われました。消費者金融や信販会社の貸金業務については、貸金業法が適用されます。しかし、銀行の融資業務については、前述の銀行法が適用されます。

銀行カードローンの審査難易度

パソコン操作銀行カードローンの審査は、消費者金融より難しく、信販会社より「ややハードルが高い」と言われています。

しかし、最近の銀行ローンは利用者の受け入れを広げ、主婦やフリーターにも利用しやすい(融資)商品、カードローンが増えてきています

銀行ローンの審査と信用情報機関

それぞれの銀行は、以下の信用情報機関を利用し、ローン審査を実施します。

銀行ローンで利用される信用情報機関(一例)

  • 全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会)
  • 指定信用情報機関「日本信用情報機構」

全国銀行個人信用情報センターは、銀行が加盟する信用情報機関です。また、日本信用情報機構(通称JICC)は、主に消費者金融が利用する信用情報機関です。

銀行系子会社(カードローン会社)が審査を行う場合、全国銀行個人信用情報センターに加えて、JICCを経由し信用情報を利用することがあります。

銀行カードローンには直接関係がありませんが、クレジットカードの審査には、貸金業法指定信用情報機関のシー・アイ・シー(=通称CIC)が利用されます。

ブラックリストは、共有されている?

俗に言う「ブラックリスト」とは、借りたお金を長期延滞したり、債務整理、自己破産した顧客データの事を指します。ブラックリストに関する噂、間違った情報はたくさんあります。

例えば「CICがブラックの状態でも、全国銀行個人信用情報センターは情報共有していないので、信用情報に傷が付いていない」という間違った噂です。

ブラック情報に限っては、CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターの垣根を越えて「個人信用情報」の共有が行われています。このため、ブラックの状態に陥ると、どの融資も受けられなくなります。

もちろん全てが間違いではなく、一部の個人情報については同期していない箇所があります。ただ、ブラック情報に関しては「多重債務者を無くす目的」で情報交換・データの共有が行われています。

こうした「ブラック情報」の共有ネットワークはCRIN(クリン)と呼ばれています。ブラック情報は、ブラックリスト(帳簿のようなもの)は存在しません。実際には「金融事故情報」という形で、金融事故データが残されます。

銀行カードローンを申し込む際の「注意点」

銀行で「カードローン」を申し込む場合は、審査の難易度に注意しましょう。銀行によって、審査の難易度は大きく異なります。

各銀行が格付けをしている訳ではありませんが、お勤めの方しか通りにくいローン、自営の方が通りやすいローン、専業主婦でも利用しやすいローンなど、傾向はバラバラです。

審査の難易度を知るには、カードローンの専門サイトや比較サイトを利用し、口コミをチェックすることが重要です。もちろん、ネットの意見を100%信じるのは危険ですが、審査の参考として、特定の情報を役立ててください。

せっかく申し込みをしても、自分のレベルに合わないローンは「残念な審査結果」を招いてしまいます…。職業や勤務年数(勤続年数)、年齢や年収などの状況に合わせて、審査難易度の合うローンを探してみましょう。

銀行ローンは「審査が難しい」と感じている方は多い

しかし、インターネット銀行のローンや、消費者金融を子会社に持つメガバンク系のローンは、審査難易度が緩やかで、主婦やフリーターの間にもたくさんの利用者を抱えています。

イエローカードまた最近は、他の金融業者(信販会社や消費者金融)に顧客を取られまいと、貸し付け条件を緩和し、新しい利用者を呼び込む大手銀行も増えてきています。

銀行ローンだからと言って、最初から諦めるのではなく、まずは「気軽な気持ち」でローン審査を受けてみてください。ネット経由で申し込みをすれば、プライバシーの面でも安心して、便利な「銀行ローン」が利用できます。

まとめ|銀行ローンは、より便利で「借りやすく」生まれ変わった!

銀行ローンは、以前にも増して使いやすくなり、利用者の数を増やしています。また、審査のスピードもアップし、即日融資できるローンの数も拡大しています。新しくなった銀行ローンで、お金の悩みをスッキリ解決してみましょう♪

今日中に借りたい!
おすすめ銀行カードローンはどれ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP