カードローン返済、自動引き落としのメリットとデメリット

256view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローン返済、自動引き落としのメリットとデメリット

カードローンでお金を借りた後は、毎月しっかりと返済を続けていく必要があります。また、カードローンの返済方法にはさまざまな種類があるのですが、この記事では「自動引き落とし」での返済方法に焦点を当てて、メリットやデメリットの項目を解説していきます。

ぜひこの記事を確認しながら、カードローンの「自動引き落とし」のポイントを押さえて、カードローン利用時に参考にしてみてくださいね。

カードローン自動引き落としの返済方法

まず、カードローンの自動引き落としでの返済方法について詳しく解説していきます。そもそもカードローンの自動引き落としが利用できる条件からみていきましょう。

カードローン自動引き落としが利用できる条件

  • 自動引き落としを提供しているカードローン
  • 自動引き落とし先の銀行口座がある人

自動引き落としを提供しているカードローン

自動引き落としを提供しているカードローン

カードローン返済時の自動引き落としは、全てのカードローンで提供されているわけではありません。このため、自動引き落としが提供されているカードローンを選ばなければいけません。

ほとんどのカードローンでは銀行引き落としによる返済方法が用意されていますが、中にはローンカードからの返済(=ATMからの返済)のみのカードローンもあります。カードローンへ申し込む前にはどのような返済方法が利用できるのかをしっかりと確認しておきましょう。

自動引き落とし先の銀行口座がある人

自動引き落としには、銀行口座を持っていることが必須となります。銀行カードローン、地方銀行カードローンなどであれば、利用先の銀行口座が必須となる場合が多く、前もって口座を開設しておくか、普段から利用している銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

消費者金融カードローンであれば、銀行口座が限定されない場合が多く、銀行口座さえ有れば自動引き落としの返済を利用できる可能性があります。

カードローンの自動引き落としの返済方法とは?

ここで、カードローンの自動引き落としによる返済方法を少し詳しくみていきましょう。すでに知っている人も多いと思うのですが、カードローンの自動引き落としとは利用者が開設している銀行口座から、カードローンの返済日に自動的に引き落としされる方法となります。また、カードローンの返済日は「約定日(やくじょうび)」とも呼ばれているため、覚えておいておきましょう。

利用するカードローンによって約定日にも違いがある

利用先のカードローンによって約定日が異なっている点にも注意しておきましょう。月初に設定されているカードローンもあれば、月末に約定日が設定されている場合もあります。中には、希望する日にちを約定日として決められるようなカードローンもあるんですよね。また、この約定日(休日の場合は翌営業日)には必ず自動引き落としされます。

カードローンのその他の返済方法

カードローンの返済方法を解説してきたので、自動引き落とし以外の代表的な返済方法も確認してみましょう。

ローンカードを使ってATMから返済する

カードローンの返済方法には、銀行口座からの自動引き落とし以外に、カードローン契約すると発行される「ローンカード」を利用してATMから返済するような方法もあります。多くのカードローンは、コンビニATMと提携を結んでいるため、全国どこからでも返済しやすいのが特徴と言えるかもしれませんね。

カードローン自動引き落としのメリットとデメリット

カードローンの返済方法である、自動引き落としを利用する際のメリットとデメリットを確認していきます。

カードローン自動引き落とし利用時のメリット

  • 自動引き落としはカードローンの毎月の返済を忘れる心配がない
  • 自動引き落としは返済額をチェックしなくてもOK!
  • 手数料無料で自動引き落としできる場合が多い
  • 誰にも見つからず返済を進めていける

自動引き落としはカードローンの毎月の返済を忘れる心配がない

自動引き落としはカードローンの毎月の返済を忘れる心配がない

カードローンの返済方法を自動引き落としに設定していれば、返済を忘れてしまう心配も不要です。先ほどの項目で解説したようなローンカードによるATMからの返済などであれば、うっかりキャッシングの返済を忘れている場合には滞納扱いになってしまいます。このため、銀行口座にお金を入金さえしていれば、自動的に引き落とししてくれるのは大きなメリットと言えるポイントでしょう。

自動引き落としは返済額をチェックしなくてもOK!

利用先のカードローンの返済方式が「残高スライド方式」などの場合、借り入れ額によって返済額が上下します。例えばローンカードで返済をしている人は、返済する前に「今月はいくらの返済だったかな?」とわざわざチェックしなければいけないんですよね。

その点、返済を自動引き落としに設定していれば、自動的に返済すべき金額を引き落とししてくれるので、自分で返済額のチェックをする必要がありません。毎月ネット上のマイページや電話窓口で返済額の確認をするのは、意外と面倒なんですよね。スムーズな返済を行いたい人は、自動引き落としによる返済方法を選びましょう。

手数料無料で自動引き落としできる場合が多い

また、銀行口座からの自動引き落としの場合、手数料無料で引き落としてもらえる場合が多いです。ローンカードを利用してATMから返済する場合は、返済時の手数料が発生してしまう場合もあります。

ATMの利用手数料が108円だとすると、年間で12回ATMを利用した場合の手数料は1,296円もかかってしまうんですよね。銀行口座からの自動引き落としの場合はこの手数料が0円になる場合が多く、お得にキャッシングできるのも大きなメリットと言えるポイントですよね。

誰にも見つからず返済を進めていける

誰にも見つからず返済を進めていける

カードローンの自動引き落としの場合、口座から自動で引き落とされるため、第三者にキャッシングを返済する姿を見られる心配がありません。ローンカードを使ってATMから返済する場合、覗かれてしまうとすぐにカードローンの利用がバレてしまいますよね。絶対にカードローンの利用が他人にバレたくないという人は、銀行口座からの自動引き落としがおすすめです。

カードローン自動引き落とし利用時のデメリット

カードローンの自動引き落としにはメリットとなるポイントがありましたが、デメリットとなる項目もあるんです。

  • 自動引き落とし前に口座にお金があるかチェックする必要がある
  • 口座にお金がない場合は滞納となってしまう

自動引き落とし前に口座にお金があるかチェックする必要がある

カードローンの自動引き落としのデメリットとなる項目として、毎月の約定日前には銀行口座にお金が入金されているかチェックしなければいけない、ということが挙げられるでしょう。口座にお金が入っていない場合は、自動引き落としできないため、返済が滞ってしまうんです。

口座にお金がない場合は滞納となってしまう

また、口座にお金が入っておらず、カードローンの自動引き落としによる返済ができなかった場合、滞納として扱われてしまいます。気付かずに滞納してしまった場合は、電話や郵便物などで督促の連絡があるはずです。また、口座にお金が入っていないのがしばらく気付かなくて、3ヶ月滞納してしまうと信用情報にネガティブな履歴が残されてしまうんです。

このため、カードローンの返済に自動引き落としを設定している人は、毎月キチンと返済を進められているか、しっかりお金は引き落とされているか、必ずチェックしておく必要があるんです。

カードローンの自動引き落としをおすすめしたい人

先ほどは自動引き落としのメリットやデメリットを解説してきました。そこで、これからカードローンを利用しようとしている人に向けて、自動引き落としをおすすめしたい人を紹介してみましょう。

カードローンの自動引き落としはこんな人におすすめ!

  • お金の管理が甘く、うっかり忘れてしまいやすい人
  • 毎月安定した収入が銀行口座に振り込まれる人

お金の管理が甘く、うっかり忘れてしまいやすい人

お金の管理が甘く、うっかり忘れてしまいやすい人

カードローンでキャッシングしたお金は、毎月しっかりと完済しなければいけません。もしあなたが、お金の管理に自信がなく、うっかり忘れてしまいやすい性格の人であれば、この自動引き落としによる返済がおすすめです。

また、カードローンで大きなお金をキャッシングすれば、3年〜5年という長期的な返済になることも考えられます。この期間毎月しっかりと返済を進めていくためにも、自動引き落としを選んでみましょう。

毎月安定した収入が銀行口座に振り込まれる人

お金の管理もしっかりしていて忘れっぽくないという人も、「毎月安定した収入が銀行口座に振り込まれている」という人は、自動引き落としでの返済がおすすめです。毎月の返済が自動的に行われるため、返済の管理も簡単になるんですよね。

こんな人は自動引き落とし以外の方法を検討しよう

また、自動引き落とし以外の返済方法をおすすめという人を紹介していきます。

  • 毎月の返済額をしっかりと確認したい人
  • 毎月の給与が手渡しの人

毎月の返済額をしっかりと確認したい人

毎月の返済額をしっかりと確認したいという人は、ローンカードを使ってATMから返済する方法もおすすめです。カードローンの毎月の約定日には「今月はいくら返済する」と確認した上で返済することになるので、毎月しっかりと返済に充てるお金を把握できるでしょう。

毎月の給与が手渡しの人

毎月の給与が手渡しの人

また、あまり多くはないと思うのですが、勤務先からの給与が手渡しの人も、ローンカードでの返済が便利で簡単でしょう。手渡しで受け取ったお金を毎月わざわざ銀行に入金するのは少し面倒に感じてしまうかもしれません。また、入金時に手数料が発生してしまう可能性もありますよね。

利用先のカードローンによって異なりますが、提携しているATMの利用手数料が無料となる場合もあります。このため、給与を手渡しで受け取っている人はローンカードでの返済方法もおすすめですよ。

カードローンの自動引き落としは返済忘れの心配がなく利用しやすい!

この記事では、カードローンの自動引き落としについて、詳しく解説してきました。おさらいとして、カードローンの自動引き落としのメリットとデメリット、また、ローンカードを利用してATMから返済する時のメリット・デメリットも併せてまとめてみました。

カードローンの返済方法によるメリット・デメリット
カードローンの返済方法 自動引き落とし ローンカードでATMから返済
メリット 返済忘れの心配がない。
返済時の手数料無料の場合が多い。
カードローンの返済が第三者にバレない。
コンビニATMを利用できる場合が多く、全国どこからでも24時間365日返済しやすい。
利用手数料無料の場合もある。
デメリット 約定日に口座に入金されていなければ延滞として扱われる。 毎月ATMからの返済が必須。
返済忘れしてしまう恐れもある。

このように、自動引き落としでは「返済忘れの心配がない」という大きなメリットがありましたが、「約定日前には必ず口座に入金されているか把握しておく」必要がありました。また、ローンカードを利用して返済する場合は「コンビニATMが利用できるため、24時間365日いつでも返済しやすい」反面、毎月自分で返済する必要がありましたよね。

自分が利用しやすいと思う方法で返済するのがベスト!

どちらも利用する状況によって、使いやすかったり、使いにくかったりする場合もあるはずです。このため、あなたが利用しやすいと思うカードローンの返済方法を選ぶようにして下さいね。カードローンは大抵の場合、1年〜3年程度利用するはずなので、あなたがしっかりと返済しやすい方法を選んで、ラクに完済を目指せるようにしてみるのも良いでしょう。

ぜひこの記事を参考にしながら、カードローンの自動引き落としをうまく活用し、完済までをスムーズに行えるように検討してみてくださいね。

月々の返済が楽になる
ローンを一つにまとめて返済の負担軽減

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP