カードローンは年収によってキャッシング枠の限度額が変わる?

127view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

pixta_32421579_M

「カードローン契約時に、希望通りの金額のキャッシング枠をもらえる?」、「カードローンのキャッシング枠は、年収が影響するって本当?」など、『キャッシング枠の限度額がどのように決められるのか』、知りたい方は多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では「カードローンのキャッシング枠の上限額と年収の関係」について、詳しく解説していきます。

カードローンのキャッシング枠の目安は年収の3分の1

カードローンには大手銀行、地方銀行、ネット銀行が提供する「銀行カードローン」や、貸金業者が提供する「消費者金融カードローン」があります。

カードローンの商品概要に記載されている限度額について

各カードローンの「キャッシング枠の限度額」を下記にまとめてみました。

代表的な消費者金融カードローンの限度額
消費者金融名 限度額
アイフル 800万円
アコム 800万円
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
新生フィナンシャル レイクALSA 500万円
代表的な銀行カードローンの限度額
銀行名 限度額
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円
横浜銀行カードローン 1,000万円

このように、消費者金融カードローンの限度額は「500万円〜800万円」に、銀行カードローンの限度額は「500万円〜1,000万円」に設定されています。

銀行や消費者金融のキャッシング枠の上限は年収に左右される

ただし、消費者金融や銀行カードローンの商品概要に記載されている「利用限度額の上限」でキャッシングできる方は、ごくわずかです。

カードローンでは年収の3分の1の金額が限度額の目安

カードローンのキャッシング枠の目安は年収の3分の1の金額です。その理由として、次の2点があげられます。

カードローンのキャッシング枠の上限が「年収の3分の1」である理由

  1. 利用者が完済しやすい金額だから
  2. 貸金業法の総量規制で決められた法律だから

※カードローンで800万円の限度額を希望する場合、「契約者は利用限度額の3倍(=2,400万円)以上の年収を得ている必要がある」ということです。

消費者金融でのキャッシング枠は総量規制に注意

消費者金融カードローンに適用される、「総量規制」に関する法律について紹介します。

総量規制により、消費者金融では年収の3分の1超のお金を借りられない

【メモ】総量規制とは?

「総量規制」とは、貸金業法内の法律のこと。貸し倒れ(や自己破産)を防ぐため、消費者金融などの貸金業者は「利用者の年収の3分の1超のお金を貸してはいけない」という制限(総量規制)を設けています。

shopping_shiharai_man

消費者金融でキャッシングする際、例えば年収が300万円の方は、「100万円」がキャッシング枠の上限金額となります。消費者金融カードローンの利用を検討している方は、総量規制を超えるお金を借りられない点に注意しましょう。

※利用者に一方的に有利となるローンの場合は、総量規制の対象外になる場合もあります。(例 : おまとめローンや借り換えローンなどは、返済総額の圧縮を期待できる有利なローンなので、総量規制の対象外となります)

銀行カードローンは総量規制の対象になるのか?

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法は適用されません。銀行カードローンは「銀行法」の下で運営されています。

銀行法とは?

銀行法(ぎんこうほう、昭和56年(1981年)6月1日法律第59号)は、銀行に関して規定する日本の法律である。銀行の業務の公共性に由来する信用維持・預金者保護などと、金融の円滑のための銀行業務の健全・適切な運営を確保することを目的とする。

引用:ウィキペディア(銀行法)

銀行法には、上限の貸付額が制限される「総量規制」のような項目はありません。

近年の銀行カードローンは貸付額を自粛している

ここで、「銀行カードローン」に関する最近のニュースをチェックしてみましょう。

【銀行カードローン調査】3割が年収3分の1超の借入 

全国銀行協会(全銀協)が発表した銀行カードローンに関する消費者意識調査で、カードローン利用者のうち、借入残高が年収の3分の1を超える人が30.2%に上ることが分かった。全銀協がカードローンについて、利用者に調査したのは初めて。

引用:産経ニュース(2018年1月18日付)

全国銀行協会の調査から、「銀行カードローンの利用者の3割が、年収の3分の1超のお金を借りている」ことが分かります。

近年では、利用者がお金を借り過ぎていることから、自己破産するケースが増えつつあります。そこで各銀行では、キャッシング限度額を総量規制と同じ、『利用者の年収の3分の1』に自粛することにしたのです。

このように総量規制の対象外の銀行カードローンでも、「年収の3分の1超のお金」を借りるのは非常に難しいという点に注意しましょう。

職業別カードローン キャッシング枠の限度額の目安

カードローンは、「年収」がキャッシング枠の上限に影響します。また、年収だけではなく、「申込者の職業・ステータス」によって、貸付額の上限が決められるケースもあります。

アルバイトやパートの方のキャッシング枠の目安

アルバイトやパートの方の場合、貸付額の上限が「5万円〜30万円程度」になるケースが多く見られます。これは、アルバイトやパートの方は収入が少なく、正社員の方に比べると「返済能力」が弱いためです。

学生のキャッシング枠の目安

tablet02_schoolboy

20歳以上であれば学生もカードローンを利用できます。ただし、学生がカードローンを利用するには、「アルバイトなどの安定した収入」が必要です。

アルバイトやパートの方と同様に、学生のカードローン利用も「5万円〜30万円程度」の少額のキャッシング枠になる場合が多いです。

専業主婦の方のキャッシング枠の目安

総量規制(=借り入れ額上限が年収の3分の1)の法律に従い、収入が無い専業主婦(主夫)は消費者金融でお金を借りられません。

ただし、総量規制が適用されない銀行カードローンでは、専業主婦でもお金を借りられるケースが多いです。

専業主婦なら銀行カードローンを利用する

専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンで「5万円〜50万円程度」のお金を借りることが可能です。

ただし、銀行によっては、専業主婦のカードローン利用を認めていない場合もあります。カードローンの申し込み前には、商品概要の「カードローンへの申し込み条件」を調べておきましょう。

カードローンの審査で年収以外にチェックされる項目

カードローン審査では、年収以外にも様々な項目をチェックされます。

カードローン審査でキャッシング枠の限度額に影響する審査項目

  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 信用情報

雇用形態

「正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト・パート」という順で、カードローン審査に有利となります。

フリーランス・個人事業主などの自営業の方は、雇用形態のステータスが高くありません。自営業は「業績の傾き=事業の破産や倒産」に直結してしまうケースが多く、長期的な安定収入を証明しにくいためです。

事業性資金の調達に困っている自営業の方が、手軽にお金を借りられる方法として、ビジネスローン(事業者向けローン)の「ビジネクスト」などがあります。自営業の方はビジネスローンの利用なども検討してみましょう。

勤続年数

勤続年数が長いほど、カードローン審査に有利に働きます。同じ勤務先に長期間勤めている方は、「今後も継続して勤務する」割合が高く、長期的に安定した収入(=返済)を見込めるためです。

一方で、勤続年数(期間)が数日〜1ヶ月未満というような方は「長期的な安定収入」を認めてもらえないため、カードローン審査に落とされてしまうでしょう。

カードローン審査で不利にならないために、少なくとも半年〜1年以上の勤続年数を積み上げてからカードローンへ申し込むようにしましょう。

信用情報

カードローン審査では申込者の「信用情報」も審査対象です。信用情報とは、カードローンやクレジットカードなど、過去のローン商品や分割払い商品の利用履歴のことを指します。

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主に信用情報機関に加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。

出典: CIC(信用情報とは)

信用情報の過去履歴に「滞納」などの返済トラブルの履歴がある方は、カードローン会社から「お金を貸しても返済してもらえないのでは?」と疑われてしまいます。

このように、信用情報に問題がある方は、カードローン審査で不利になってしまうのです。また最悪の場合、悪い利用履歴の影響で、カードローン審査に落ちてしまうリスクもあります。

さらに、クレジットカードやローン商品の利用履歴を主に保管している信用情報機関のCIC(株式会社シー・アイ・シー)では、滞納履歴が「5年間」残されます。信用情報機関に残った履歴を消すためには、「信用情報の保管期間の5年が経過するのを待つ」以外に方法はありません。

滞納履歴などで信用情報に傷をつけないためにも、クレジットカードやローン商品を利用している方は返済の管理を徹底しましょう。

カードローンのキャッシング枠の上限を上げたい場合は?

年収が高い正社員の方でも、カードローンの利用実績がないと「30万円〜50万円のキャッシング枠」に抑えられる場合が多いです。

その理由は、今までの利用実績から「利用者の返済能力や返済意思」が判断できないため。

特に「無担保・保証人なし」のカードローンの場合、利用者が返済できなくなってしまうと、貸付金未回収=金融業者の赤字となります。そのため、貸し付ける側も慎重にならざるを得ません。年収が高くても、初回から高額なキャッシング枠が設定されないのは、そのためです。

もし、「カードローンを契約したけど、キャッシング枠が希望額に足りなかった…」という場合は、下記の方法を試してみましょう。

カードローン会社へ増枠申請する

契約したカードローンは、カードローン利用後に「増枠申請」ができるようになります。増枠申請とは、契約したキャッシング枠を広げるための申請のことです。

例えばキャッシング枠が30万円の方が増枠申請を行えば、限度額を「50万円」や「100万円」に上げてもらえる可能性があります。

半年以上のカードローン利用履歴を積み上げておく

カードローンの増枠申請をした後は「審査」があります。増枠審査でチェックされる項目は、主に「カードローンの取引実績」です。過去のカードローンの利用に問題がなければ、キャッシング枠の限度額を上げてもらえます。

ただし、「みずほ銀行カードローン」などでは増枠申請が用意されていません。そのため、「増枠申請=カードローンへの再申し込み(再審査)」として扱われてしまいます。

他社のカードローンと新規契約する

カードローンの増枠申請には、半年〜1年以上の取引実績が必要となります。

そのため、「現在、利用中のカードローンはまだ利用期間が短いけれど、今すぐにキャッシング枠を増枠したい」という場合は、新規でカードローンを契約するのもおすすめです。

複数のカードローン利用には注意

money_omoi_loan

1社〜2社程度の複数のカードローン利用であれば、新規のカードローン審査に悪影響はありません。しかし、3社以上のカードローンを利用している方は注意が必要です。

3社以上のカードローンを利用していると、金融業者からは「多重債務者」と見なされてしまい、審査で不利になる(=審査に落とされる)可能性が高まります。

まとめ|カードローンのキャッシング枠は年収の3分の1が目安

本記事では、カードローンのキャッシング枠と申し込み者の年収について、詳しく確認してきました。下記に内容をまとめてみましょう。

まとめ|カードローンのキャッシング枠は年収が影響する!

  • カードローンの限度額の目安は年収の3分の1
  • 銀行カードローンでは、総量規制はないがキャッシング枠を自粛
  • 消費者金融では総量規制で年収の3分の1超のお金を借りられない
  • アルバイトやパート・学生など返済能力が低い方はキャッシング枠も低い
  • カードローンの審査は年収だけでなく「雇用形態」「勤続年数」「信用情報」も重要
  • 増枠申請でキャッシング枠を上げられる可能性も
  • 新規でカードローンと契約をするのもオススメ!

消費者金融では総量規制の法律上、「年収の3分の1超」のお金を借りられません。一方、銀行カードローンには、「総量規制」こそないものの、キャッシング枠の上限として、消費者金融と同じく「年収の3分の1」という目安が設定されていました。

money_tsuchou_happy_man

少しでもキャッシング枠を広げたい場合は、「カードローンの増枠申請」や「新規カードローンとの契約」もおすすめの方法です。

ぜひ本記事を参考にしながら、みなさんが希望する金額のキャッシング枠を貰えるように検討してみてはいかがでしょうか。

限度額を増やしたい!
オススメのカードローンはココ

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP