専業主婦のキャッシング|カードローン審査が通りやすい人と通らない人の違い

363view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

主婦

総量規制の施行によって、専業主婦は消費者金融などの貸金業者からの借入が実質不可能となりました。そんな専業主婦でも申込み可能なローンとして人気を集めるのが銀行カードローンです。

ただ、銀行カードローンは申込みの際に厳しい審査が行われるため、どうしても審査に通りやすい人、通りにくい人がでてきてしまいます。今回は、銀行カードローンの審査で重視されるポイントを確認しながら、なぜ審査に通りにくい人が出てきてしまうのか考えてみたいと思います。

専業主婦が審査に通りやすい人の配偶者属性

働く女性一般的に、キャッシングやローンの申込み資格は「安定した定期収入のある20歳から65歳までの人」とされています。これに照らし合わせると、定期収入のない専業主婦は申込み資格がないことになります。

実際、総量規制の実施後、信販会社や消費者金融のような貸金業者からの借入が年収の1/3に制限されたため、収入のない専業主婦は、貸金業者のキャッシングやローンへ申し込むことができなくなりました。

しかし、銀行は銀行法という法律が適用されるため総量規制の範囲外なので、専業主婦でもカードローンへ申込み可能なケースが少なくありません。実際、パート収入などがない専業主婦でも、銀行カードローンを活用している方は多いですよね。

では、なぜ同じ専業主婦でも、銀行カードローン審査に通る人・通らない人がでてくるのでしょうか?この分かれ目に大きく関わってくるのが「配偶者の属性」です。

配偶者の属性とは?

自身に定期収入のない専業主婦がカードローンに申込むには、配偶者に安定した定期収入があることが前提条件となります。これは当然と言えば当然のことですよね。

では、配偶者に一定の定期収入があれば審査に通るかというと、そう簡単なことではありません。カードローンの審査は通常

  • 属性を元にしたスコアリング
  • 信用情報の照会
  • 本人確認書類の精査
  • 在籍確認(専業主婦の申込みの場合は省略)

といった流れで行われますが、属性チェックの段階で審査に落とされるケースが少なくありません。では、具体的にカードローンの審査で主に見られる属性を見てみましょう。

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務先
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 住居形態(持ち家or賃貸)
  • 自宅の居住年数
  • 住宅ローンの有無、家賃の負担額
  • 電話の種類(固定電話回線の有無)
  • 健康保険の種類

これらの項目を審査する理由は、簡単にいうと「申込者の配偶者に返済能力があるか」をチェックするためです。通常、銀行カードローンでは申込者が専業主婦として生活ができている時点で、申込み資格ありと判断します。ですが、だからといって「返済能力があり」とするわけではないというわけですね。

銀行カードローンの審査では、上記のような項目をチェックして「属性スコアリング」というものを出しますが、スコアが低すぎる場合は、残念ながら審査落ちということになります。

特に重視される属性項目とは?

給料属性審査で特に重視されるのは「安定した収入が見込めるか」「毎月継続した返済が可能か」という点です。そのため、重視する項目も返済能力に関わる項目になります。

銀行によって若干重視する項目は異なりますが、全行に共通するのは「年収、勤務先、勤続年数」などです。例えば、安定した職業の代表といわれる公務員や、民間の大手企業に勤務している場合は高評価となりますし、個人事業主などの場合は安定性が低いと判断され、年収が高くても低評価になりがちです。

また、業種や職種、役職、勤続年数なども審査に影響しますが、これらは銀行カードローンの審査では大きな影響を与えることはありません。ただ、一般的に高給取りと言われている商社や金融、メディア業界に勤務していたり、高い役職に就いていたりする場合は、ある程度審査でプラスに働いてくれます。

また、勤続年数は3年以上あれば問題ありません。判断基準としては勤続年数1年未満でちょっと不利、1年以上3年未満で有利不利なし、3年以上で有利と考えておけばOKです。

属性審査を総合的に考えた場合、有利・不利となるケースは次の通りとなります。ただ、これはかなりざっくりした分け方ですので、参考程度に覚えておいて下さいね。

有利 公務員、一部上場企業などの大手企業の正社員
やや有利 中小企業正社員
やや不利 自営業、個人事業主、契約社員、パート・アルバイト

専業主婦はカードローン審査前に旦那の借入状況をチェック

カードローンの審査では、配偶者に返済能力があるかどうかを重視

そのため、過去の借入状況もしっかりとチェックされます。

この借り入れ状況の審査は、信販会社や消費者金融の情報を管理する信用情報機関(※)のデータベースにアクセスして確認されます。データベースには、その人の借り入れ履歴や借入先、返済状況といった信用情報が記録されているので「借入額の合計はいくらか」「過去、いくつの金融機関から借り入れしているか」「滞納や債務整理の記録がないか」などがしっかり確認できます。

当然、滞納や多重債務などがあれば評価がグッと下がりますし、任意整理や自己破産などの情報があれば即審査落ちに繋がります。

では、借入がまったくなければ審査に有利かと、そうとは言い切れないのがカードローンの難しいところです。実は、銀行側もカードローンを使ってもらわないと利益がでないので、審査通過後に使ってもらえなさそうな人には高評価をつけない傾向にあるんです。

そのため、まったく借入の履歴がない人よりも、定期的に適正な借入を行いながら返済を継続して、クレジットヒストリーを積み重ねた人の方が審査では有利になります。

(※)信用情報機関

株式会社シー・アイ・シー(CIC)や株式会社日本信用情報機構(JICC)などがあり、本人が自分の信用情報を確認することも可能です。

信用情報がホワイトだと審査で不利?

信用情報にクレジット情報がまったく見られない状態を「(スーパー)ホワイト」と呼ぶことがあります。現金主義の人の場合、過去にローンやクレジットの利用履歴がないケースがほとんどなので、信用情報がホワイトとなっていることがほとんどです。

このホワイト、実はカードローンの審査で非常に不利となると言われています。借り入れ履歴がないだけでなぜ?と疑問に思われるかもしれませんが、これは自己破産などの債務整理と関係があります。

例えば、自己破産をした場合は信用情報機関に異動情報(事故情報)が記録されますが、法定免責として5年経過するとその情報が消去されます。実は、この事故情報の消去後に信用情報を照会すると、借入を行ったことのないホワイトとまったく見分けがつかない状態となってしまうのです。

銀行側としても、自己破産をはじめとした債務整理経験のある人を審査に通すのは避けたいところ。そのため、申込者の信用情報がホワイトの場合、リスクを避けるために即審査落ちと判断するケースが多いというわけです。この場合、属性審査の基準を満たしていても審査NGとなりますので注意が必要です。

申込みの際の注意ポイント

「属性でも過去の借り入れ状況でも問題は見当たらない!」そんな自信満々な方でも審査に落ちることはあります。こんな時に原因として考えられるのは、申込み内容に問題があることがほとんどです。

例えば、専業主婦の場合は家計の中から返済することとなるため、配偶者の年収がいくら高くても、限度額は30万円までとされるのが一般的です。そのため、申込時に限度額を高く設定すればするほど、審査では低い評価とされてしまいます。

また、属性や信用情報に自身がある方の場合、一度審査に落ちるとすぐ他行のカードローンに申込みしがちですが、これも審査に悪影響を与えてしまうので避けたいところ。

複数のカードローンに申込は審査落ちの原因に

短期間に複数の会社に申込みを行った場合、信用情報機関に申込み履歴が残さされるのですが、実はこの情報が審査を不利にしてしまいます。銀行側からすると「短期間に複数の銀行に申込みをしている=お金に困っている」と見えてしまうんですね。カードローンの再申込みをする場合は、前回の申込みから最低半年ほど時間を空け、審査に悪影響を与えないよう心がけましょう。

そして、意外に見落としがちなのが「申込書の記入もれ、記入間違い」です。カードローンの審査では返済能力の他にも、申込者がお金にルーズではないか、信用度が低すぎないかという点もチェックされます。

そのため、申込書に虚偽記載が認められたり、誤字脱字が目立ったりした場合、信用に値しない申込者と判断されてしまいます。特に、収入や借入金額の項目に誤った情報を記入した場合、記入者に悪意がない単純な間違いであっても「審査に有利となるよう嘘の情報を記入した」と思われる危険性があります。

申込書を作成する場合は、銀行側に信用してもらえるよう正確な情報をしっかりと書き込み、節度ある内容を記入するよう気をつけて下さいね。

まとめ|カードローン申込前に事前のチェックポイントを抑えよう

専業主婦のカードローン審査は、配偶者の属性や過去の借り入れ状況、申込書の記入内容に大きく影響されます。カードローンに申し込む場合は、事前にこれらのポイントをチェックし、問題がないことを確認してから行うことをおすすめします。

専業主婦OK
キャッシングが利用できるのは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP