専業主婦でも今すぐお金を借りたい!カードローンで即日キャッシングする方法

972view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

専業主婦

日頃、家計管理を任されている専業主婦だからこそ、緊急時に利用できるローンやキャッシングを用意しておきたいものですよね。とはいうものの、世知辛いこの世の中、本人に収入のない専業主婦が利用できるローンがあるかどうか不安……、という方も多いはず。

そこでこのページでは、今すぐお金が必要な専業主婦が即日でお金が借りられるの?という疑問にお答えしたいと思います。

専業主婦でも即日借入は可能?

銀行カードローンなら即日融資の可能性あり

専業主婦でも即日借入ができるかどうか。結論から言えば可能です。ただ、即日融資に申し込む場合、ちょっとしたミスで申込み不可になったり、審査に落ちてしまったりするので注意が必要です。

また、借入先の選択肢は狭く、実現するためのハードルもそれなりに高いため、誰でも即日融資OKというわけにはいきません。ここで、専業主婦が申し込むことができる銀行カードローンについてご説明しますので、申込み可能かどうか、しっかり確認してみて下さいね。

専業主婦が申し込めるのは銀行ローンのみ

個人向けのローンやキャッシングの借入先は、消費者金融や信販会社などの貸金業者と銀行の2つに分けられます。この2つはどちらも個人向けの貸付ができるようになっていますが、それぞれ次のように適用される法律が異なります。

貸金業者 貸金業法
銀行 銀行業法

実は、自分自身に収入がない専業主婦の場合、貸金業法が適用される貸金業者のローンやキャッシングを利用することはできません。そのため、原則として専業主婦が申込みできるのは、銀行が取り扱うローンのみとなっています。

専業主婦が貸金業者を利用できない理由

やりくり専業主婦が貸金業者のローンやキャッシングに申し込めない理由は、総量規制に引っかかってしまうためです。

総量規制とは、貸金業法に含まれる重要な規制の一つで、2010年6月に施行されました。総量規制を簡単に説明すると「年収の3分の1を超える借入を制限する規制」です。例えば、年収300万円の方の場合、貸金業者から総額100万円以上の借入ができない、ということになります。

つまり、個人収入が0円の専業主婦の場合、総量規制によって貸金業者からの借入ができないというわけですね。これが、専業主婦が貸金業者からお金を借りられない理由です。

一応、総量規制を含む貸金業法の施行後、配偶者貸付と呼ばれる救済措置が実施され、これが適用される場合「(貸金業者から)夫婦の合計年収の1/3までの金額を借り入れる」ことが可能です。

しかし、配偶者貸付は申込みに必要な書類が多く、確認の手間やコストが大きいというリスクがあります。そのため、配偶者貸付を適用している貸金業者や金融商品は非常に少なく、利用できるケースはほとんどないというのが実情です。

また、提出した書類や情報の確認に時間がかかるため、そもそも即日融資には対応できない、という問題もありますね。これらの理由から、専業主婦の借入先の選択肢から貸金業者は消えてしまうというわけです。

専業主婦が利用できるのは銀行カードローンのみ

銀行専業主婦が貸金業者からの借入ができない理由は、貸金業法の総量規制にあります。ですが、銀行は銀行法が適用されるため、総量規制による影響を受けません。そのため、専業主婦でも申込み可能な小額限定の銀行カードローンが存在します。

一般的に、銀行カードローンの申込み条件は「20歳から65歳で、安定した継続収入がある方」となっています。専業主婦はこれに当てはまらないと考えられますが、実際には、配偶者に安定した収入がある場合、専業主婦でも申込みOKとしている銀行カードローンはとても多いのです。

最近は、貸金業者からの借入が困難な専業主婦のニーズを見込み、貸し付け条件を緩和したり、煩雑な手続きを廃したりしたカードローンも数多く登場し、利用者数も増えてきています。

これに伴って、申込み後の審査や手続きにかかる時間が短縮化され、専業主婦でも銀行カードローンで即日融資可能となるケースが増えてきています。どうしても今すぐお金が必要!といった緊急事態におちいってしまった場合は、まず落ち着いて、すぐに申し込むことができる即日対応のカードローンがないか確認してみましょう。

このページの最後に、困った時に心強い味方となってくれるカードローンをいくつかご紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さいね。

専業主婦が即日カードローンを利用する方法

銀行カードローンで即日融資を実現するには、いくつかのハードルをクリアする必要があります。では、即日融資を実現するためのポイントをご紹介しましょう。

  1. 収入証明書不要のカードローンを選ぶ
  2. 申し込み額は少額で
  3. 銀行口座があるなら大手銀行カードローンがおすすめ

収入証明書不要のカードローンを選ぶ

即日でカードローンを利用するためには、手続きにかかる手間や時間をできるだけ省くことが大切です。これは、申込み側にとっても銀行側にとっても重要なこと。そのため、提出する書類や情報が少なければ少ないほど良い!ということになります。

より具体的に言うと、収入証明書不要・身分証のみの提出で申込み可能なカードローンを選ぶのがポイントです。収入証明書とは、源泉徴収票や所得証明書などを指しますが、申込みの際にこれらの証明書が必要な場合、審査や確認に時間がかかるケースがほとんどです。

しかし、最近は専業主婦が利用できる小額融資に絞ったカードローンの場合、収入証明書や在籍確認なしでも申込み可能なケースが増えてきています。即日融資にこだわる場合は、収入証明書不要のカードローンを選択してみて下さいね。また「即日融資可能」と明記されているかどうかの確認も忘れずに。

申込み額はできるだけ小額設定で

1万円カードローンを申し込む場合、申込者本人は希望する限度額を設定することができます。しかし、この限度額が大きければ大きいほど審査に長い時間がかかりやすく、審査に落ちるリスクも高くなってきます

そのため、限度額は可能な限り低く抑えることが成功の鍵になります。

そもそも、専業主婦の場合は家計からの返済となる見込みのため、特に明記がなくとも限度額は30万円程度が上限です。限度額の記載がないからといって、50万円・100万円といった大きな金額を記入すると即審査に落ちてしまうので注意しましょう。

即日融資の実現を重視する場合は、限度額の下限(10万円の場合が多い)に設定することをおすすめします。

銀行口座があるなら大手銀行カードローンがおすすめ

大手銀行の口座を持っている場合は、その銀行で即日カードローンの申込みができるかどうか確認してみましょう。

口座をすでに持っている場合は、銀行で口座開設や取引の実績があるため、口座から新規でカードローンを申し込む場合に比べて、申込みがスムーズに進むことが多いです。

ただし、すでに口座を持っているからといって、カードローンにまつわる審査や確認に手心が加えられるというわけではありません。申込み不備や虚偽記載による審査落ちを回避するためにも、申込みに際しては慎重に慎重を重ね、正しい情報をしっかりと申告するよう心がけて下さいね。

専業主婦OKのカードローン

まとめ|専業主婦でも30万円程度以内なら即日融資も可能

10万円から30万円程度の小額借入であれば、専業主婦でも銀行カードローンで即日融資が可能となるケースがあります。不測の事態に対応できるカードローンがあるのとないのでは、心の余裕に大きな違いがあります。ぜひ、今回の記事を参考に、利用可能な即日融資可能なカードローンがないかどうか、確認してみて下さいね。

専業主婦が今すぐ借りる
銀行カードローンで30万円以内なら可能?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP