お金が足らない専業主婦…カードローン限度額は増額可能?

835view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

お金がない

この記事で分かること

  • 専業主婦のカードローンで追加融資を受けられるかどうか
  • カードローンの限度枠を増額することができるか
  • 限度枠増額に関する落とし穴

専業主婦が申込みできる銀行カードローンは、基本的に利用限度額が30万円、多くて50万円となっています。この上限金額は専業主婦の返済能力と、家計からの返済となる点を考慮して設定されたものだと言われています。

この利用限度額、カードローンを利用しているうちに足りないかも、なんて感じることがあるかもしれませんね。予定外の出費が重なったり、大きな買い物が必要となったりした場合などに「30万円の程度の限度額では不安になる」なんて声もよく耳にします。

では実際のところ、専業主婦が利用できる銀行カードローンで限度枠の増額を申請したり、追加融資を受けたりすることは可能なのでしょうか?今回はこの疑問について解説していきたいと思います。

専業主婦のカードローン 追加融資は受けられる?

カードローンは種類を問わず、必ず「限度額」が設けられています。この限度額は、申込者の返済能力や属性、信用度などを総合的に判断して設定されるものです。限度額は「借入可能額」とも呼ばれ、追加融資と深い関係がある借入枠となっています。

専業主婦の限度額はどのように決められるの?

専業主婦の場合は「本人に定期的な安定収入がない」という点が重視されるため、限度額は低めに設定されます。基本的には限度額の上限は30万円が一般的で、高いところでも50万円となっています。

銀行員ただし、この30-50万円という金額は「上限」のため、希望すればもっと低く設定することもできます。専業主婦向けのカードローンの場合、下限10万円というケースが多いため、10万円で申し込む方も少なくありません。これは、希望限度額が低ければ低いほど審査に有利に働くと考えられるからです。

カードローンはこの借入枠内であれば「出し入れ自由」という特徴があり、限度額の範囲内であれば追加融資を受けることが可能です。

例えば、限度額が30万円だった場合、すでに5万円借りていれば25万円まで追加で借入を行うことができます。また、借りていた5万を完済した後であれば、限度額いっぱいの30万円まで追加融資してもらえます。

カードローンですでに借入を行っていて、さらにお金が必要となった場合は、まず限度額に余裕がないか確認しましょう。

限度額のイメージ例:借入限度額が30万円の場合
すでに10万円借入済み
追加で10万円借りることを希望
・合計した金額が借入限度額内のため、問題なく追加融資を受けられる
すでに10万円借入済み
追加で25万円借りることを希望
・合計した金額が35万円のため、15万円の借入は不可
・すでに借りている10万円を完済した後であれば、25万円借りることができる

・限度額を超過した5万円を返した場合は、限度額ギリギリとなる25万円を借りることが可能(金利によっては不可となることも)

専業主婦はカードローン限度額の増額を申請できる?

カードローンの借入限度額は契約時に決定されます。ただ、この借入可能枠は申込者の返済能力や信用度によって決められるため、取引実績のない新規の顧客に対しては低めに設定されている場合がほとんどです。

皆さんの中にも「希望限度額を30万円で申し込んだのに、10万円の契約になった」なんて方もいるのではないでしょうか?また「カードローンを使っているうちに限度枠ギリギリまで借りてしまったので不安……」なんて悩みもあるかもしれませんね。

そんな時に頭をよぎるのが「カードローンの限度額を増額することはできないの?」と疑問です。結論を先に言えば、増額申請は条件付で可能です。ただし、専業主婦の場合はかなりハードルが高いこと、条件によっては申込み自体不可能なことを覚悟しておいて下さい。

では、借入限度額の増額申請ができる条件を見てみましょう。

  • 銀行の定める借入限度額の上限を超えていない
  • 利用実績が一定水準を超えている
  • 信用情報に問題がない
  • 資金用途に問題がない

これらの条件について少し詳しくご説明しますね。

銀行の定める借入限度額の上限を超えていない

銀行カードローンは総量規制の適用範囲外にあるため、借入金額の合計が収入の1/3以下になるよう制限は行われません。

ただし、各行独自の基準で限度額の上限を定めているので、借入可能額が青天井になることもないです。基準の一例には「最大限度額は年収の2分の1となるよう設定。他社借入がある場合は、そこから差し引きした金額が限度額とする」などがあります。

銀行この基準に照らすと、年収300万円、他社借入が50万あるといったケースであれば、限度額は最大で100万円となります。

ただ、専業主婦の場合はそもそも安定収入がないため、年収などから限度額を割り出すことができません。そのため「家計から返済できると考えられる金額」「専業主婦の返済能力」を考慮して、限度額が設定されます。

専業主婦が申し込めるカードローンの多くが「限度額上限30万円-50万円」となっているのは、これらを反映してのことなんですね。

さらに、収入がゼロという点は動きませんので限度額の上限が変動する可能性も極めて低いと考えられます。つまり、すでに30万円-50万円といった借入枠の上限をもらっている場合は、増額申請はまず不可能と考えておきましょう。

一応「専業主婦でもカードローンの限度額を増額可能」と謳っている銀行もありますが、上記の理由から増額の実現はかなり難しいということを、心に留めておいていただければと思います。

利用実績が一定水準を超えている

利用実績とは、カードローンの利用期間や返済状況を総合的に判断したものです。といっても内容は意外に単純なものです。簡単に言えば「長期間利用すれば利用するほど高く評価される」「返済を毎月きちんと行っていれば高評価」といったものとなっています。

増額申込みに限っていれば「延滞なしの状態で6ヶ月以上カードローンを利用している」という条件をクリアすれば、利用実績があるとみなされ、申込みに支障がないと言われています。とはいえ、利用実績についての判断は銀行独自の基準で行われるため「6ヶ月しっかり返済した実績を作る=増額申込みOK」というわけではないので注意が必要です。6ヶ月の継続利用はあくまで目安として覚えておいて下さいね。

信用情報に問題がない

カードローンの限度額増額を申し込むと、どの銀行も審査を行います。この増額審査は申込時の審査に準ずるもののため、信用情報も再度チェックされます。

信用情報にはその人の過去・現在の借り入れ状態が詳しく記録されているため、他社の借入金額や返済状況、債務整理などの金融事故の有無が一目瞭然です。

この信用情報のチェックで、

  • 他社借入総額が大きすぎる
  • 他社の支払いや返済に遅れがみられる
  • 任意整理や破産手続きを行った記録がある(事故情報)
  • 増額申請用紙に記入した内容と異なる情報がみられる

といったことが確認されると、その時点で審査に落ちてしまうため、増額NGとなります。

資金用途に問題がない

専業主婦が申込みできる銀行カードローンは、基本的に学資ローンや住宅ローンのように使用用途や目的を限定したものではありません。

ただ「借り換えには使用不可」「ギャンブルや投機を目的とした申込みは不可」といった条件がついているケースは少なくありません。増額申込みをする場合は、資金用途に問題がないかどうか今一度しっかり確認しておくようにしましょう。

専業主婦でも条件をクリアすることで増額申込みは可能。しかし……

契約しているカードローンが増額申込みに対応していれば、専業主婦でも増額申請することが可能です。ただし、申込み条件のハードルは高く、審査もかなり厳しいものとなっています。

「増額申込みは可能かもしれないけれど、増額を実現するのは難しい」

ちょっと厳しいかもしれませんが、これが現実です。とはいえ、計画的にカードローンを活用しながら毎月返済を続け、地道に利用実績を積み重ねて増額を実現したという例も決して少なくありません。

中には、銀行の方から「増額ができますがいかがですか?」といった連絡が入ったなんて話もあります。この場合も審査は行われますが、落ちることはほとんどないと言われています。

限度額の増額を考えている方は、銀行から声がかかるくらいの優良顧客となれるよう、無理のない借入と正しい返済を心がけてみて下さいね。

カードローン限度枠増額を申請するリスクとは

繰り返しになりますが、限度額の増額を申請すると信用情報の確認をはじめとした審査が行われます。ここで注意が必要なのは「審査の結果によって、利用中のカードローンが使えなくなる可能性がある」ということです。

例えば、一度の延滞もなく6ヶ月以上カードローンを利用した実績があったとしても、他社での支払いや返済に問題があれば増額審査に落ちてしまいます。

この時、審査落ちだけで済めば良いのですが、銀行が他社借入の詳細を把握したことがきっかけとなって、なんと!限度額がよりも低く再設定される可能性もあるのです。増額を申し込んだのに、さらに借入枠が下がってしまうなんて本末転倒もいいところですよね。

カードローン利用を停止させられてしまうことも

さらに、最悪の場合は「他社借入金額が多すぎる」「他社で延滞がみられるため信用度が低い」などの理由から、カードローンの利用を止められてしまう危険性もあります。

増額申込みをする場合は、これらのリスクを念頭に置き「本当に増額申請が必要なのか」「個人情報や返済能力、信用度に問題がないか」といった点を、今一度十分確認することをおすすめします。

注意点やリスクを簡単にまとめると「契約当初よりも条件や借り入れ状況が悪くなっている」「利用実績が十分でない」場合は、審査に通らないばかりか、限度枠の減少や利用制限の可能性があるということです。

少しでも自信がない、審査に不利な情報があると言った場合は、申込みは断念した方が無難です。むやみな増額申請は自分の首を絞めるということを心に留めておいて下さいね。

まとめ

  • カードローンは限度額の範囲内で追加融資を受けることができる
  • 専業主婦でも増額申込み可能だが、条件が厳しくハードルも高い
  • 限度額増額を申請すると、個人情報のチェックをはじめとした審査が行われる
  • 審査の結果によっては、限度額が下げられたりカード利用ができなくなったりする場合があるので注意が必要

お金が必要な主婦の方!
おすすめのカードローンは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP