専業主婦がカードローンでキャッシング!収入証明書は必要?不要?

271view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

専業主婦

「カードローンに申込むと、収入証明書の提出を求められる」

こんな話を耳にしたことがある方も多いかと思います。収入証明書は、読んで字のごとく「収入を証明する書類」のことを指します。カードローンやキャッシングは、申込み条件に「継続的に安定した収入があること」が求められるので、収入証明書の提示が求められるのも不思議ではありません。

キャッシング探すとはいえ、収入がない専業主婦は自分自身の収入証明書を用意することは不可能。ここで「カードローンの申込みには、配偶者の収入証明書が必須なの?」なんて不安もでてくるかもしれませんね。

そんな不安を解消するために、今回は専業主婦のカードローンと収入証明書の関係についてご説明していきたいと思います。

専業主婦のカードローン 収入証明書は必要?不要?

カードローンやキャッシングには必ず審査がありますが、この審査にあたり、金融機関側から「収入証明書」の提出が求められることがあります。では、本人の収入証明書を出すことができない専業主婦は、どう対応すれば良いのでしょうか?

収入証明書ってどんなもの?

収入証明書は「収入を証明する書類」のことですが、具体的には次のようなものを指します。

  • 給与明細書(賞与がある場合は賞与明細書も含む)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書(課税証明書など)

金融機関によって求められる書類の種類は異なりますが、いずれの場合でも最新のもの(発行3ヶ月以内など)の提出が求められるのが一般的です。

金融機関から指定されたものが給与明細書などであれば、保管している書類を提出すればOKですが、所得証明書などを求められた場合は市役所などで発行してもらう必要があります。

この収入証明書、申込み側も書類を準備する手間がかかりますが、金融機関側も確認・審査する時間とコストがかかります。では、なぜ金融機関は手間ひまをかけてまで収入証明書を必要とするのでしょうか?

収入証明書は返済能力をはかる目安になる

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは、無担保で申し込むことができます。そのため、申込者の返済能力や属性、信用度が厳しく審査されます。もちろん、この審査において重視される項目のひとつが「収入」です。

この収入ですが、申込み欄に記入するのはいわば「自己申告」の金額です。収入証明書は、この記入した金額の裏付けとなる書類といえるもの。そう考えると、金融機関が収入証明書を求める理由が理解しやすいかもしれませんね。

貸金業法によって収入証明書の提出が義務づけられている

2010年6月に消費者金融などの貸金業者にかかわる「貸金業法」が完全施行されて以降、次のようなケースで収入証明書に提出が義務づけられるようになりました

  1. 50万円以上の借入枠を作る場合
  2. 複数の業者からの借入枠の合計が100万円を超える場合

※銀行法が適用される銀行のカードローンなどは、貸金業法に該当しないため除外

実は、消費者金融は申込者の事故情報(クレジットなどの滞納や遅延など)を調べることはできますが、年収の詳細を調べることはできません。このことも、条件によって収入証明書の提出が必要なことに関係しています。

また、貸金業法で総量規制が導入されてことによって、消費者金融などの貸金業者からの借入は、現在「年収の1/3」に制限されています。

つまり、専業主婦の場合「収入がない」「収入証明書の提出ができない」という2つの理由から、消費者金融などの貸金業者からの借入ができないことになります。

収入証明書不要で申し込める専業主婦向けカードローン

専業主婦OKの銀行カードローン

専業主婦は自分自身の収入がないため、収入証明書の提出義務のない「消費者金融からの50万円未満のキャッシング」にも申し込むことができません。

ここでポイントとなるのが、収入証明書の提出義務や総量規制は貸金業法によるもの、だということです。つまり、貸金業法が適用されない借入であれば、専業主婦でも申込み可能なケースがあるということです。

その代表的なものが、銀行法が適用となる銀行のカードローンです。総量規制が施行されて以降、専業主婦は消費者金融からの借入が原則不可となりましたが、最近はその受け皿として銀行が「専業主婦でも申込み可能なカードローン」を打ち出すことが増えてきました。

専業主婦向けカードローンの特徴

  • 配偶者に安定した収入があれば申込み可能
  • 原則、収入証明書不要
  • 申込みに際し、配偶者や家族に配慮してもらえる

といったものがあり、現在では多くの主婦が上手に活用しています。

ただし、収入証明書の提出に関しては「絶対に必要ない」わけではないので注意が必要です。例えば、借入額が大きい場合や申告した配偶者の年収に不審な点がある場合などは、申込み後に改めて収入証明書を求められることもあります。

この追加依頼の連絡によって、配偶者や家族にカードローン申込みが発覚してしまった!なんて話もあるので気をつけて下さいね。

配偶者の収入証明書と同意があれば銀行カードローン以外に申し込める?

実は、収入がない人の借入を制限する総量規制には例外の規定があります。これは「配偶者貸付」と呼ばれるもので、消費者金融からの借入ができなくなった専業主婦を救済する目的で設けられたものです。

配偶者貸付とは、簡単にいうと「申込者本人に収入がない場合でも、配偶者と合計した年収の3分の1を上限に貸付ができる」というもの。つまり、収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、消費者金融から借入ができるというわけですね。

ただ、この配偶者貸付は申込みのハードルが高い上、配偶者や家族に内緒で申込みができないため、非常に使い勝手の悪いものとなっています。

例えば、申込みにあたって必要な書類として以下のものがあり、手続き自体もとても面倒です。

  • 婚姻関係の証明書(住民票、戸籍抄本など)
  • 配偶者の同意書
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 収入証明書(※借入枠による)

さらに消費者金融側は、申込書に合わせてこれらの書類を確認、審査することになるため、手続きに大きな手間とコストがかかってしまいます。そうなると、会社・企業としての「うまみ」はとても薄くなってしまいますよね。

そのため、現状この配偶者貸付制度に対応している業者は大変少なく、ほとんど制度として機能していないようです。事実、誰でも会社名を知っているような大手消費者金融の中で、配偶者貸付OKとしている業者はありません。

そもそも、配偶者貸付は夫(妻)の同意が必須ですので、専業主婦のキャッシング申込みとしては現実的なものではないかもしれませんね。お金の借り入れを検討する場合は「配偶者貸付という制度もある」というくらいの認識で大丈夫でしょう。

収入がある主婦は消費者金融のカードローンにも申込みできる!

ATMと女性パートやアルバイトなどで収入がある主婦であれば、銀行カードローンだけでなく、消費者金融の借入にも申し込むことができます。安定した収入があれば、借入先の選択肢が広がるだけでなく審査にも受かりやすいですし、場合によっては低い金利のローンに申し込むことができる可能性もあります。

ただ、本人名義で消費者金融のキャッシングやカードローン申し込む場合、希望する借入枠によっては収入証明書の提出が必要になりますし、自分自身の信用度や返済能力を厳しく審査されることになります。

当然、収入に対して大きすぎる借入希望額は通りませんし、申込書に虚偽記載や記入ミスがあれば審査に落ちてしまいます。申込みの際には正しい情報を金融機関に申告することを念頭において、丁寧・誠実な記入を心がけましょう。

また、家族に内緒で申込みをする場合には、郵送物や電話連絡で発覚しないよう対策をとることも忘れずに。郵送物は時間指定をして受け取る、電話連絡は携帯電話にしてもらうなど、細かなところにも気を抜かず、しっかりと対処して下さいね。

パー土主婦OKの消費者金融カードローン

まとめ

  1. 収入証明書は文字通り収入を証明する書類を指す
  2. 収入証明書は、金融機関が申込者の返済能力を判断するために求められる
  3. 専業主婦が申し込める銀行カードローンでは収入証明書の提出は不要
  4. 配偶者の同意と収入証明書があれば配偶者貸付の利用が可能(ただし、現実的ではない)
  5. 収入がある主婦の場合は、銀行からだけでなく消費者金融からも借入ができる
  6. 主婦が本人名義でカードローンやキャッシングに申し込む場合も、借入枠によっては収入証明書が必要となる

専業主婦も借りる
どこでキャッシングするのがおすすめ

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP